中村八大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中村 八大
基本情報
出生 1931年1月20日
学歴 早稲田大学文学部卒業
出身地 中華民国の旗 中華民国青島市
死没 1992年6月10日(満61歳没)
担当楽器 ピアノ
活動期間 1951年 - 1991年

{{{Influences}}}

中村 八大(なかむら はちだい、1931年1月20日 - 1992年6月10日)は、日本作曲家ジャズピアニスト青島(当時は中華民国、現在の中華人民共和国)出身。

上を向いて歩こう』、『こんにちは赤ちゃん』、『遠くへ行きたい』、『明日があるさ』など、1950年代末から1960年代にかけての数々のヒット曲を作曲した。

兄の中村二大はクラリネット奏者。妹の夫は漫画家の寺田ヒロオ

略歴[編集]

中国大陸で出生後、1945年に福岡県久留米市へ引き揚げ、そこで旧制中学校時代を過ごす[1]。旧制中学明善(現・福岡県立明善高等学校)、早稲田大学高等学院早稲田大学文学部卒業。

学生時代からピアニストとして活動。早稲田大学高等学院在籍時には、ダンスバンド『谷口安彦とプレミア・スウィング』や人気学生コンボの『レッド・ハット・ボーイズ』などに客演するようになった。早稲田大学に進学してからは、ジョージ川口松本英彦小野満と共にジャズバンド「ビッグ・フォー」を結成していた。

その活躍ぶりが、当時早稲田大学のベーシストだった渡辺晋(後の渡辺プロダクション創業者)の耳にも届き、早稲田大学文学部に進学後 兄・二大を通じて渡辺晋と対面。渡辺が結成していたコンボバンド『ファイヴ・ジョーズ&ア・ジェーン(後の『渡辺晋とシックス・ジョーズ』)に加入した。しかしながらアーテスト志向の中村とエンターテナー志向の渡辺とでは意見を異する場面もあり結局、渡辺と袂を分かち1953年からはドラマーのジョージ川口率いるカルテット「ビッグ4」のメンバーとなり、当時の日本における大衆的ジャズブームの渦中で非常な人気を得た。

その後、1950年代末からは作曲家としての活動に主軸を転じ、ジャズのセンスを生かした特異な作風で、それまでの日本の歌謡曲とは一線を画したユニークな歌曲を多く作った。永六輔とのコンビ(ともに早稲田大学出身)で多くのヒット作を世に送り出したことから、『六・八コンビ』と呼ばれる(「上を向いて歩こう」など二人の歌をしばしば歌った歌手の坂本九を合わせて、『六・八・九』と呼ばれることもある)。

上を向いて歩こう(Sukiyaki)[編集]

1961年 7月21日「第三回中村八大リサイタル」で初演。歌詞に秋の部分を加えると共に、構成とアレンジを練り上げ、NHKテレビ「夢であいましょう」の「今月の歌」で流れる。大反響を呼び10 - 11月の2ヵ月に延長。10月15日東芝レコードより発売 (作詞:永六輔、作曲:中村八大、歌:坂本九)
1962年 フランスのパテ・マルコーニから発売
1963年 米国のキャピトル・レコードから発売され、日本人の曲として初の全米チャート1位を獲得 (ビルボード6月15日から3週連続、キャッシュボックス4週連続)
1981年 黒人女性デュオ「テイスト・オブ・ハニー」が英語版を発売。 ビルボード最高位3位を獲得
1993年 黒人ラッパー「スヌープ・ドギー・ドッグ」がデビューアルバムで取り上げ、史上初の全米チャート初登場1位に輝く
1995年 ボーカルグループ「4PM」がカバー。 ビルボード最高位8位を記録

その他の作品[編集]

主な作曲作品[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中村八大夢逢会の活動準備が順調”. 広報くるめ (2003年9月15日). 2011年2月5日13:43閲覧。