松崎真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつざき まこと
松崎 真
本名 澤井 一郎(さわい いちろう)
生年月日 (1932-05-07) 1932年5月7日
没年月日 2015年5月
出生地 日本の旗 日本京都府
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1960年 - 2006年
著名な家族 沢井三郎(父)
主な作品
笑点
テンプレートを表示

松崎 真(まつざき まこと、1932年5月7日 - 2015年5月)は京都府出身の元俳優。元自衛隊隊員。本名、澤井 一郎(さわい いちろう)。父は性格俳優の沢井三郎

来歴・人物[編集]

1957年に自衛隊に入隊、1959年に除隊している。

1971年7月18日から1984年9月30日まで日本テレビ系列の『笑点』で山田隆夫の前任の座布団運び役(5代目)を務めていたことで有名であり、13年間の長期間に渡って担当していた。就任のきっかけは松崎がプロデューサーの親戚であったことである[1]。強面司会者だった三波伸介の毒舌にも笑みを絶やさず、ときには志願して答えることもあった。また、力が強く、座布団をめぐるどたばたで人気のあった三波時代でも大量の座布団の持ち運びをほぼ1人でこなすことができていた。挨拶の締め、「手を上げて、横断歩道を渡りましょう」のフレーズは流行語にもなった[1](このフレーズにより「交通安全に対する協力」ということで警察より表彰をされている)。『笑点』は公には「俳優業に専念する」ため卒業したが、実際には体調不良による降板だった。その後、2006年5月14日の40周年スペシャルで久々の出演を果たした。

なお、それ以前におなじ日本テレビ系のバラエティ番組『あの人は今!?』に出演し子供向けの交通安全教室で講師を務める姿が紹介されたこともある。この時のリポーターとして松崎のもとを訪れたのは山田隆夫であり、別番組ながら新旧の『笑点』座布団運び役が共演を果たした(衣装もともに『笑点』でおなじみの赤い着物姿だった)。

2006年に俳優業を引退して、主に全国で講演活動をしていた。2015年5月、老衰のため死去[2]。83歳没。

趣味はパチンコ。子どものころは乗馬をしたという。 かつて、売れる前のビートたけし新宿思い出横丁で一緒に飲んだことがあるという。

また『シャボン玉ホリデー』にレギュラー出演していた当時、植木等が「松崎ー!!」と当時の付き人だった松崎雅臣(のちの小松政夫)を呼ぶと一緒に振り返ってしまうことがよくあり紛らわしかったため、真のほうを「大松(大きい松崎の意)」、雅臣のほうを「小松(小さい松崎の意)」と呼ぶようになった。これがきっかけとなり雅臣のほうは正式に芸能界デビューするにあたって「小松政夫」の芸名を拝命することになり、真はその命名のきっかけを作ったといえる。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

レコード[編集]

  • 音頭で大行進(1979年、岡ゆう子・ビクター少年民謡会との共演)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『笑点五〇年史 1966-2016』ぴあ〈ぴあMOOK〉、2016年、131頁。ISBN 978-4-8356-3118-9
  2. ^ 「50周年「笑点」50の秘話」『週刊文春』8月11日・18日夏の特大号、株式会社文藝春秋、2016年8月3日、 168頁。

外部リンク[編集]

先代:
小野千春桂米助
1970年6月 - 1971年7月
笑点」座布団運び
5代目
1971年7月 - 1984年9月
次代:
山田隆夫
1984年10月 -