菊正宗酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊正宗酒造株式会社
Kiku-Masamune Sake Brewing Co.,Ltd.
菊正宗酒造
種類 株式会社
略称 キクマサ
本社所在地 日本の旗 日本
658-0046
神戸市東灘区御影本町1-7-15
設立 1919年11月20日
業種 食料品
法人番号 7140001001324
事業内容 清酒「菊正宗」「百黙」、焼酎、梅酒の製造ならびに販売
代表者 代表取締役社長 十二代目 嘉納治郎右衛門
資本金 1億円
売上高 110億円 [1](2016年)
関係する人物 嘉納治郎右衛門(本嘉納家当主)
外部リンク http://www.kikumasamune.co.jp/
特記事項:創業は1659年(万治2年)
テンプレートを表示

菊正宗酒造株式会社(きくまさむねしゅぞう)は、兵庫県神戸市東灘区に本社を置く、日本の酒造会社である。

概要[編集]

灘五郷の一つである御影郷に本拠を構える大手の一角。「キクマサ」の愛称でも知られる。

創業万治2年(1659年)と古く、業界の大手として清酒業界をリードしてきた。2009年に創業350年を迎えた老舗メーカーの一つである。古くは後醍醐天皇に、澤乃井より汲んだ水で酒を造り献上したといわれており、その時天皇より嘉納の名を賜ったとされている。創業御影の名門、嘉納家の本家(本嘉納家)にあたり、一門からは、同じ御影郷にある日本最大手の酒造メーカーである白鶴酒造の嘉納家(白嘉納家)[2]や、講道館を創設し柔道を創始した嘉納治五郎の嘉納家(浜東嘉納家)、日本ボクシングの源流の一つである、神戸ジムの創始者の嘉納健治(浜嘉納家)を出した。

なお、「菊正宗」はとりわけ関東地方で根強い人気を誇り、辛口が多い。現在では手間がかかるためあまり行われていない、生酛造りにこだわっている。 また、樽酒ではトップシェアを取っており[要出典]、料理と一緒に飲むお酒として人気がある。

なお「やっぱり俺は菊正宗」(作詞:永六輔・作曲:中村八大・唄:西田佐知子、正式タイトルは『初めての街で』)というCMソングでも知られる。以前はラジオCMのみであったが、特撰・上撰・佳撰のリニューアルに伴い、2008年10月から、TBS[3]にてテレビCMを再開。2009年1月には、朝日放送テレビ朝日の共同制作番組[4]で提供を再開した(提供クレジットは清酒 菊正宗)。

2009年9月よりテレビCMをリニューアル。歌は同じであるが、ジェロによってカバーされた。(なお、このCDは非売品である。)

沿革[編集]

  • 1659年 - 嘉納家が神戸の御影にて酒造を始める。
  • 1814年 - 1万1000石(1980kl)の清酒を醸造。
  • 1877年 - 清酒をイギリスに輸出。
  • 1927年 - 灘中学校の設立に関わる。(菊正宗・白鶴・櫻正宗)
  • 1947年 - 昭和天皇が本社に行幸する。
  • 1971年 - 「灘の酒造用具」505点が国の重要有形民俗文化財に指定される。
  • 1981年 - 業界に先駆け、三増酒を全廃。(2000年頃再開)
  • 1988年 - 主力酒を全て本醸造酒に。
  • 1995年 - 阪神・淡路大震災により、酒造記念館などを破損する。
  • 1999年 - 酒造記念館を復興。
  • 2007年 - 特撰・上撰・佳撰のラベルを41年ぶりに一新。
  • 2009年 - 350周年を記して「真・辛口宣言」を発表し、本醸造酒と純米酒を全生もと化。製品の4割が生もと造りとなる。
  • 2012年 - 吟醸酒と純米吟醸酒を全生もと化。上撰以上のレギュラー酒がすべて生もと造りとなる。
  • 2016年 - 新ブランド「百黙」発表。

[5]

商標の由来[編集]

菊正宗は、元々“正宗”という名であり、江戸時代ではその商標で流通していた。だが、“正宗”という清酒は、今日でも数多くの銘柄が見られるように、これは「正宗」を訓読すると「セイシュウ」となり、清酒に通ずるところから採用されたといわれる。しかし実際は諸説あり、いずれが正しいかは定かではない。一般論としては、正宗という銘柄が江戸で大流行したのを契機に、世に正宗と名乗る酒が蔓延したといわれる。よって明治時代に、正宗を正式に商標登録を申請しようとしたが、他にも多くの蔵元が正宗の名を名乗り出たため、“正宗”が普通名詞として扱われたが故に受理されず、ふと思いついたを冠し、「菊正宗」という商標が付けられることになった。

主な商品[編集]

  • 菊正宗:特撰(本醸造:生もと造り)
  • 菊正宗:上撰(本醸造:生もと造り)
  • 菊正宗:佳撰(普通酒:糖類、酸味料無添加)

(上記3種類は2007年にデザインを41年ぶりに一新)

嘉宝蔵シリーズ[編集]

  • 嘉宝蔵:生もと純米吟醸(超特撰:純米吟醸酒)
  • 嘉宝蔵:生もと吟醸(超特撰:吟醸酒)
  • 嘉宝蔵:生もと特別純米(特別純米酒)
  • 嘉宝蔵:生もと本醸造(特撰:本醸造)
  • 嘉宝蔵:生一本(純米酒)
  • 嘉宝蔵:冷やおろし(本醸造)
  • 嘉宝蔵:しぼりたて(本醸造)

吟醸系[編集]

  • 治郎衛門:純米大吟醸
  • 嘉宝:純米大吟醸(菊正宗の最高峰の日本酒)
  • 純米大吟醸(2011年に大吟醸からリニューアル)

純米酒系[編集]

  • 雅:特別純米酒(2012年にデザインリニューアル)
  • 極上:特別本醸造(2012年にデザインリニューアル)
  • 本嘉納正宗(本醸造)
  • 男の辛口(上撰クラス:2011年に生もとと速醸もとのブレンドから生もと造りに変更。菊正宗では最初の生もと造り普通酒)
  • 生貯蔵酒(上撰クラス:2012年にリニューアルが行われ、菊正宗では2種類目の生もと造り普通酒となったが、従来品は本醸造であり、実質的な格下げとなった)
  • 生もと辛口 純米酒(上撰クラス:生もとの純米酒を低価格で楽しめる商品)

パック酒[編集]

  • キクマサピン / ピン淡麗仕立(低価格クラス:2008年に2種ともデザインを変更)
  • 辛口パック - 超辛口の旨さ -(低価格クラス:2010年現在で、菊正宗では最も辛口な商品(日本酒度:+10))

その他[編集]

  • ほろよい流:GABAを多く含み、カロリーも押さえた日本酒(2008年にデザインリニューアル)
  • 樽酒・樽酒カップ・冷し樽酒・たるざけ ミニ樽:本醸造
  • 梅冷酒(2007年以降に柚子仕立てを冬季限定発売)
  • らんぷ(粕取り焼酎)
  • おいしい日本酒(冬季)/おいしい日本酒・冷用酒(夏季)
  • 正宗印冷用酒

など

受賞歴[編集]

全国新酒鑑評会

平成14酒造年 - 29酒造年[6]

  • 「菊正宗」金賞受賞 - 平成29年受賞

企業博物館[編集]

スポンサー番組[編集]

現在[編集]

PT・カウキャッチャー[編集]

過去[編集]

テレビ

PT・カウキャッチャー[編集]

テレビ

ラジオ

など

関連書籍[編集]

  • キクマサ読本―やっぱり俺は、菊正宗(2009年9月出版)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞2016年5月30日 大阪夕刊
  2. ^ 菊正宗の嘉納本家を「本嘉納」と呼ぶのに対し、白鶴の嘉納家を「白嘉納」と呼ぶ
  3. ^ パナソニック ドラマシアター』のヒッチハイク枠
  4. ^ 金9ドラマ
  5. ^ 菊正宗の歴史
  6. ^ 独立行政法人 酒類総合研究所 -「全国新酒鑑評会 入賞酒一覧表」

外部リンク[編集]