上を向いて歩こう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上を向いて歩こう
坂本九シングル
B面 あの娘の名前はなんてんかな(オリジナル盤)
九ちゃんの炭坑節(米盤・ジュークボックス向け)
幸せなら手をたたこう(1976年版)
見上げてごらん夜の星を(1988年版)
リリース
録音 -
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝レコード
東芝EMI
EMIミュージック・ジャパン
作詞・作曲 永六輔(作詞)
中村八大(作曲)
プロデュース 草野浩二
チャート最高順位
坂本九 シングル 年表
九ちゃん音頭 (それが浮世と云うものさ)
(1961年)
上を向いて歩こう
(1961年)
モデル・ガール
(1961年)
テンプレートを表示

上を向いて歩こう」(うえをむいてあるこう、別名:スキヤキ、SUKIYAKI)は、坂本九の楽曲。作詞は永六輔、作曲は中村八大[2]、プロデューサーは草野浩二ビルボード(Billboard)誌では、1963年6月15日付に、現在においても日本人のみならずアジア圏歌手唯一となる週間1位を獲得。同誌の1963年度年間ランキングでは第10位にランクイン。後に数多くのアーティストによってカバーされ、いまだに外国人によるモノマネのネタにもされる。坂本の突然の航空機事故死永六輔のメモリアルソングとしても、よく用いられる。

日本でのヒット[編集]

元々は中村八大が1961年7月21日に開催した自身のリサイタルのために制作した楽曲であったが、曲直瀬信子の推薦により、坂本九のシングル曲としてレコーディングされることになった[3][4]

1961年7月21日、産経ホールで開催された「第3回中村八大リサイタル」で、坂本九の歌によって初披露された[5][6]坂本九はリサイタルの2時間ほど前に初めて譜面を渡され、ぶっつけ本番で初披露した。その際、譜面では4ビートなのだが、坂本はそれを8ビートでアレンジして歌った。また、曲中マイナーになる部分があるが、坂本が外してマイナーで歌ってしまったため、マイナーになったという説もある。中村八大は、歌手がたまたま音程が外れたり、アレンジしたものが面白かったらその場で譜面を書き換えてしまう大らかさがあった。

同年8月19日NHKで放送されていたテレビ番組夢であいましょう」でテレビ初披露[7]。 同番組において、1961年10月・11月の「今月のうた」として発表され、同年10月15日にレコードが発売されると爆発的なヒットとなった。発売から3か月で30万枚を突破[8]。当時の日本のレコード売り上げランキング(『ミュージック・ライフ』誌に掲載されていた国内盤ランキング[9])では1961年11月 - 1962年1月まで3ヵ月にわたり1位を独走した[10]

売り上げだけを見れば相当なものであったが、当時最も新しく不良の音楽とされたロカビリー(現代でいうロックン・ロール)出身の九の独特な歌い回しが耳に合わない当時の保守的な日本の歌謡界においては評価は高くなかった。日本レコード大賞にも選ばれていない。だが、この評価は世界での大成功により覆された。

坂本九は本楽曲で1961年の「第12回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。また、2000年の「第51回NHK紅白歌合戦」の第一部終了後、紅白に出演していた時の坂本九の映像のもと、出場歌手によって「上を向いて歩こう」が大合唱された。

「夢であいましょう」の出演者の一人だった黒柳徹子は、当時の日本に「ランキング」というもの自体無く(オリコンの集計は1968年開始)、ましてや「全米ビルボード1位」というのが、どれほどすごいことなのか分からず、坂本がアメリカから帰って来た時も「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」として、世界各国で発売されていることは知っていたため、それに対して「すごいね」とは言ったものの、「よくやった」、「おめでとう」という言葉を、当時の坂本に言うことが出来なかった。作詞の永六輔や作曲の中村八大も、特に喜んでいる素振りもなく、普通にしていた、と後に語っている[11]

作詞者の永六輔自身は、レコーディングの時に歌い出しの「上を向いて……」の部分を初めて聴いて「ウエヲムーイテ」が「ウヘホムフイテ」に聞こえたといい、「何だその歌い方は!」と九に向かって激怒し、「これでは絶対ヒットしない」と言った[12][13]。この独特の歌い方は、母がやっていた小唄と、プレスリーやバディ・ホリーの影響であるとも言われている[12]。永六輔は後に、九の母が九に小唄や清元などの邦楽を教えたという話から、九と邦楽の歌い方を結びつけて考えるようになり、九の邦楽的な歌い方が、この歌の世界的なヒットと関係があると考えた[13]。 また、この坂本が編み出した独特の歌唱法は、当時はとても斬新で、個性的に捉えられた。

ちなみに歌中の口笛は、口笛が得意だった坂本九本人によるものである。

日本以外でのヒット[編集]

1962年、ヨーロッパでこの曲が紹介され、大ヒットした。フランスなどでは原題と同じ意味のタイトルで発売されたが、イギリスでは「SUKIYAKI」、ベルギーオランダでは「忘れ得ぬ芸者ベイビー」と意味不明な改題をされた。

1962年、イギリスのディキシーランド・ジャズのトランペッター、ケニー・ボール英語版が彼のバンドでインスト曲として演奏し、「SUKIYAKI」(無論、曲自体に『すき焼き』という単語は出てこない)というタイトルで発売、全英チャートで10位にランクインした。

「SUKIYAKI」という曲名は、ケニー・ボールの所属したイギリスのパイ・レコードの社長ルイス・ベンジャミンが契約の話で来日した際、土産にもらった数枚の日本のシングルレコードをホテルに帰ってから聴いた中にあった「上を向いて歩こう」を大変気に入り、帰国後ジャズでリリースすることに決めた。その際レコードには日本語のタイトルしか印刷されておらず、『原題の「UE O MUITE ARUKOU(上を向いて歩こう)」のタイトルがわからず、日本で契約の際に会食した「スキヤキ」が心に残る食べ物だった』という理由で、日本料理の名前を付けたものだと言われている。しかしケニー・ボールの証言では、「上を向いて歩こう」ではタイトルが長くなってしまうので短くわかりやすい日本語の曲名をつけたかったが彼が知っていたものが「SUKIYAKI」と「SAYONARA(さよなら)」ぐらいだったため、「サヨナラ」では暗すぎるのでどうすれば良いかと思案していたが、中華料理屋での会食で同席していた友人の女性歌手ペトゥラ・クラーク(当時の彼女は仏ヴォーグ・レーベルに所属していたが、英国でのレコード発売権をパイ・レコードに委託している)に相談したところ「SUKIYAKI」がいいと言われたこともあって、そうすることにしたとのことである。なお原題の英語での直訳は「I LOOK UP WHEN I WALK」で特段長いタイトルではない。

実はケニー・ボールはレコーディングの直前に最愛の母を亡くしており、その哀しみをトランペットに込めて演奏(本人の談によれば曲の雰囲気を出すために何とおまるを使ったとのこと)、これもヒットにつながった要因の一つといえる。

ちなみにケニー・ボールは現在でも自分のバンドの演奏レパートリーにこの曲を加えており、2005年にはこの曲が海外でヒットした経緯を辿る番組のために、彼のコンサートを訪れていた坂本九の次女の大島舞子(舞坂ゆき子)を特別にヴォーカルに迎えて演奏した。

アメリカでは、イギリスでヒットしたケニー・ボール楽団のレコードが発売されたが、チャートの100位以内には入らなかった。しかしワシントン州パスコのラジオDJリッチ・オズボーンが偶然坂本九のレコードを入手し(彼の番組のリスナーの高校生が日本にいるペンフレンドに貰ったものを送ってきたという)、ラジオ番組で「SUKIYAKI」として紹介すると、局に問い合わせが殺到した。メロディも今までの曲調とは違い、ボーカルもジャズやロックシンガーのようなテイストがあるとティーンエイジャーから火が付いた。当時は女性が歌っていると勘違いする人もいたという[14]。そして1963年、「SUKIYAKA」の題でキャピトル・レコードから発売が決定した。この「SUKIYAKA」という米題は誤植ではなく、ラジオDJが曲紹介をする際、歌手の「KYU SAKAMOTO」とを踏ませるために、キャピトル・レコードのデイヴ・デクスター・ジュニア英語版が意図的に命名したものである。しかし、東芝レコードの石坂範一郎の説得により発売時には「SUKIYAKI」に訂正された[15]

同年5月3日[16]にアメリカでレコードが発売されると、ビルボードBillboard Hot 1006月15日付から6月29日付まで3週連続、キャッシュボックスのTop 100で6月15日付から7月6日付まで4週連続1位のヒットとなった。ビルボードのR&Bチャートでは最高18位にランクインされている。Billboard Hot 100において、英語以外の歌では1958年ドメニコ・モドゥーニョボラーレ」(イタリア語)以来2曲目の1位であり、アジア圏の楽曲によるBillboard Hot 100の1位制覇は、2016年3月現在においても「上を向いて歩こう」のみである。また、同年のシングルレコード年間チャート13位にもランクインしている[17]。日本でも「全米1位」の影響を受け、シングルが新たにプレスされて『ミュージック・ライフ』の国内盤ランキングに再チャート入りを果たした。

当時、「SUKIYAKI」の全米1位は、日本においてリアルタイムで一般紙が報道した形跡は確認されていない[16]。アメリカでも一般紙による報道は非常に少なく、例外的にロサンゼルス日本語新聞羅府新報』が1963年6月15日付にて報じた[16]。『週刊朝日』の1963年6月21日号では、「世界第4位のレコード生産」という記事の導入部で「SUKIYAKI」が全米2位(当時)になったことを報じた[18]。また、日本の東芝レコードの反応は「あまりの遠い国での出来事に実感がなかった」という。

なお、キャピトル側は最初、アメリカで英語以外の歌がヒットした前例がほとんど無いことから坂本九に英語で歌わせようとしたが、米軍時代に駐日経験のあるオズボーンは日本語で売り出した方が受けがいいと主張、日本語のオリジナルバージョンがそのまま発売された[19]

この大ヒットを受けて、同年8月に坂本九はキャピトル・レコードの招きで渡米、空港に到着した際3000人を超える坂本のファンが押し寄せた[20]。「SUKIYAKI」の全米でのヒットが一般紙において本格的に報じられるのはこの頃からである[16]。テレビ番組「スティーブ・アレン・ショー」にゲスト出演し(実は「エド・サリバン・ショー」からも出演依頼が来ていたが、スケジュールが合わず出演は果たせなかった)、さらにアメリカ国内の売り上げが上昇して100万枚を突破し、翌1964年5月15日には外国人としては初めての全米レコード協会ゴールドディスクを受賞した(当時は100万枚以上がゴールド)。ちなみにこの頃、アメリカ国内の音楽雑誌の記事には手書きの「鋤焼(すきやき)」が「鍬焼(くわやき)」となったりレコードジャケットの「坂本九」が「坂九」となるなどの誤植が見られた。「鍬焼」に関しては、NHK「夢であいましょう」内でもヒットの話題を伝える黒柳徹子が触れていた。

このほか世界約70ヵ国で発売され、総売り上げは1300万枚以上[21][8]とされる。また1988年までにアメリカのラジオでのオンエア回数は100万回を超えた。

2005年6月から「上を向いて歩こう」がイギリスの携帯ネットワーク会社スリー・モバイルのCMソングに起用され、問い合わせが殺到。同年8月29日にイギリスで坂本九のアルバム「メモリアル・ベスト」が発売された。9月には「上を向いて歩こう」をシングル発売。

アルゼンチンではスペイン語に訳されアルゼンチン・タンゴへと編曲され、1964年に「SUKIYAKI(Naranjos en Flor)」として、南米長期滞在中であった日本のタンゴ歌手・阿保郁夫が歌い、空前の大ヒットとなっている。

その後のアメリカでの活動[編集]

アメリカ合衆国ではその後、渡辺はま子のカバー「支那の夜(China Nights)」[22]が最高58位、アルバム『Sukiyaki and Other Japanese Hits』(有名な「坂木九」の誤植は、このレコードである)も最高14位(いずれもビルボード誌)に止まった。次のシングル「九ちゃんの炭坑節(Tanko Bushi)」(こちらは日本でも発売された。アメリカでの片面は「東京五輪音頭」)も発売されたが、三井三池炭鉱で起こった爆発事故の影響で歌うことを自粛し、これに伴いアメリカでの活動も事実上終了した。その後にも契約が残っていたヨーロッパではそれらに次ぐシングルとして、中国の歌謡曲に英語詞をつけた「Rose, Rose, I Love You」(日本未発売)が発売された。キャピトル・レコードはビートルズのアメリカでのプロモーション以上に宣伝費用をかけたといわれるが、結局、アメリカでは一発屋に終わってしまった。

予定では、本格的に活動拠点を日本国外に移す計画もあったという。なお、坂本九がアメリカでの活動を終えたことで、それ以降ピンク・レディーが37位にランクインするまで、日本人歌手がビルボードのHOT 100のランキング挙がることはなかった。

なお、1975年にはアメリカとの企画でアルバム「ターニング・ポイント」を制作。録音はアメリカワーナーブラザーズスタジオにて行われ、制作も全て現地スタッフによりおこなわれた。シングル「襟裳岬/若者たち」、アルバムがアメリカと日本で同時発売された。

81年にはA Taste of Honeysukiyakiの英語詞でカバーして再び全米1位を獲得。その際、A Taste of Honey坂本九は冗談のようだが一緒にすき焼きを食べている。

坂本の認知度は高く、坂本がプライベートで海外のショーを観客席で見ていても「kyu sakamotoが来ている」と司会者に必ず紹介されていたほどだった。

アニバーサリー・シングル盤[編集]

東芝レコードが東芝EMIになった後、何度かアナログ、およびCDのシングル盤がリリースされていたが、ここ10年近くは新品の市場流通も途絶え、坂本九のベストCD、および同時代の歌謡曲を収録したオムニバスCD以外の形では、曲が収録されたメディアを入手することの難しい状況が続いていた。

2011年(平成23年)、音源の原盤を保有し続けるEMIミュージック・ジャパンでは、同年7月に公開されるアニメ映画『コクリコ坂から』の挿入歌として採用されたことと、やはり同年に起こった東日本大震災後にコマーシャルメッセージに使われたこと(#その他の節参照)、「元気が出る曲」としてリバイバル的人気が高まったことを受け、“ アニバーサリー・シングル ”として7月13日にマキシシングル盤とカセットテープ盤を、iTunes Store音楽配信にてリリースすることになった(同時収録は「見上げてごらん夜の星を」・「一人ぼっちの二人」・「ともだち」)。

また2011年5月1日に発売されたローソン発売版の『コクリコ坂から』前売券の購入特典として、「上を向いて歩こう」を収録したCD(収録曲は一曲のみ)が制作・頒布された。

B面曲・シングルジャケット[編集]

日本盤のオリジナル(赤盤、東芝音楽工業 JP-5083)・1965年再発盤(黒盤、東芝音楽工業 TR-1150)、アメリカ盤(Capitol 4945)、イギリス盤(HMV POP-1171)等のB面曲は「あの娘の名前はなんてんかな」(Anoko No Namaewa Nantenkana。ドイツ盤(Electrola E-22477)では「Anoko-No」という表記になっている)。アメリカのジュークボックス用レコードのB面曲は「九ちゃんの炭坑節」(Tanko Bushi)である。

JP-5083のジャケットは2種類存在する。オリジナル版と、本曲がアメリカで「SUKIYAKI」のタイトルでヒットしたことをきっかけに、1963年7月1日に『上を向いて歩こう「スキヤキ」』のタイトルで新たにプレスされたものである。再プレス版はジャケットデザインがオリジナル版と異なるほか、「世界のヒット!」というコピーが記されている。

日本で1976年に「ベスト・カップル・シリーズ」の一作として再発された(東芝EMI TP-10118)際のB面曲は「幸せなら手をたたこう」、1988年にCD化された(東芝EMI XT10-2268)際のカップリング曲は「見上げてごらん夜の星を」である(1994年に発売されたもの(東芝EMI TODT-3208、TODT-3309)はオリジナルと同じく「あの娘の名前はなんてんかな」をカップリングに収録)。

日本に於ける本作著作権[編集]

2017年現在、本作の出版者は八大コーポレーション作品事業部となっており、録音、ビデオ、映画、通信カラオケ等でJASRACが権利を保有していない。それゆえ本楽曲はカラオケ業者のモバイルサイトでの歌詞閲覧サービスに登録されていない(JASRAC作品コード:010-0006-3)[23]

カバーしたアーティスト[編集]

日本のアーティスト[編集]

「上を向いて歩こう2000(SUKIYAKI 2000)」(2000年9月マキシシングル発売)。テクノR&B系の新アレンジでリミックスされ、実娘と坂本が互い伝いに歌唱する構成。

日本以外のアーティスト[編集]

その他、フランス語やデンマーク語、ポルトガル語等のカバーもあり、すき焼を食べる内容の歌詞に変えられたバージョンも存在する。また、エルヴィス・プレスリー1964年にカバーする予定だったが、坂本九で1位を取っていることと、良い英語の歌詞が見つからなかったことを理由に断念したという。なお、エルヴィスは後年、ラスベガスでのステージを見に坂本九が訪れたことを知ると「もっと早く知っていればステージに上げて紹介したのに」と残念がったという。

映画[編集]

上を向いて歩こう
監督 舛田利雄
脚本 山田信夫
製作 水の江滝子(企画)
出演者 坂本九
浜田光夫
高橋英樹
吉永小百合
音楽 中村八大
撮影 山崎善弘
編集 辻井正則
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1962年3月4日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1962年3月4日に日活より同名の映画が公開された。同時上映は石原裕次郎主演の『銀座の恋の物語[28]

少年鑑別所から集団脱走して「当たり屋」をした九は刑事永井徳三に、良二はヤクザな商売をしている松本健に助けられる。この九と良二の更生と趣味に傾斜する行く末を軸に、高度経済成長期に生きる若者達の青春群像を描いている。刑事の娘が紀子で、小児まひを克服しているが精神的に歩けない妹の光子を九が歩けるように力づける。紀子には秘密があり、健に話す。良二は恩師のドラムをカタにするが負けて取られる。松本は妾の子で兄と確執がある。九は新車のトラックをもらい、口添えした光子は歩けるように。良二は10万のドラムを取り戻そうと車泥棒を持ちかける。兄の誕生日に健が訪問して大学生になったことを報告するが、父も兄も冷たい。紀子が激怒。ドラムを手に入れたのに、良二は新車を盗み、壊し、二人で喧嘩。健も喧嘩するが紀子が止める。……。

「あの娘(こ)の名前はなんてんかな」(作詞・永六輔、作曲・中村八大)も劇中歌。同映画のエンディングは、坂本九、高橋英樹浜田光夫吉永小百合ら出演者が『上を向いて歩こう』を合唱する場面であるが、その際には原曲とは別バージョンの歌詞が追加で作られ、それを歌っている[29]

先述したアニバーサリー・シングル盤の関連商品として初DVD化され、2011年7月2日に発売された。なお、本作のみ収録されたものと、本作と同年に製作・上映された姉妹編的劇映画『ひとりぼっちの二人だが』も収録した「『上を向いて歩こう』DVDスペシャル・コレクション」と題したDVD-BOXの2種類が発売された。

2011年12月31日には、テレビ東京の年末特番『大みそかシネマスペシャル』の一環として、本作が15:00 - 17:00(JST)で放送、ラストの合唱シーンでは歌詞テロップが添えられて放送された。なお、この後に放送された『第44回 年忘れにっぽんの歌』では、冒頭とエンディングで全出演者により『上を向いて歩こう』が合唱された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビ東京 大みそかシネマスペシャル
前番組 番組名 次番組
エレキの若大将
(2010年)
上を向いて歩こう
(2011年)
(終了)

その他[編集]

  • 坂本九が『スター誕生!』の司会をしていた時にEDテーマとして使われ坂本が歌った。
  • 春のセンバツ高校野球大会の入場行進曲が日本の曲(前年の流行曲)になった第1号である。
  • 坂本はその後日航ジャンボ機墜落事故で逝去したため、命日である8月12日の慰霊式における鎮魂曲として奏でられた。
  • 1990年元旦に催行(放送は翌日)されたいか天のイベント『輝く! 日本いか天大賞』の個人賞受賞者によるセッション・バンドによって演奏された。
  • 1999年に発行された「わたしの愛唱歌シリーズ第9集」で、切手の題材になった。
  • 2005年にNHKが実施した「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」で白組39位を記録した。
  • 2007年3月4日から、常磐線友部駅発車メロディとして使用されている。
  • 2008年12月20日から、京急本線京急川崎駅接近メロディとして使用されている[30]
  • 2016年12月10日から、東海道本線川崎駅で発車メロディとして使用されている。これに先立ち、川崎市商工会議所や川崎区選出市議会議員団らが署名活動を行い、約4000の署名を集めて川崎市とJRに提出していた[31]
  • 永六輔、中村八大は1位を取った快挙で、2人の存命時にはアメリカでは滞在先でVIP待遇を受けていた。
  • 東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の復興ソングとして、多くの坂本の曲とともに歌われている。特に、サントリー大阪市)の企業CMでは、同社グループのCMキャラクターや同社スポンサー番組の出演者の総勢71名のタレントが、レコーディングスタジオにて同曲をリレー形式で歌う、と言うものであり(サントリー公式サイト(公開終了))、4日で完成している[32]。編曲は山下宏明が担当した[33]。このCMと『見上げてごらん夜の星を』込みで、CM名「歌のリレー」が「Tokyo Art Directors Club(ADC)」において「ADCグランプリ」を獲得した[32]
  • 坂本ゆかりの地であり、東日本大震災で被災した茨城県笠間市の復興の合言葉として『上を向いて歩こう笠間』が笠間市役所などで使われている。
  • 2011年7月18日の22:00 - 22:50(JST)に、NHK総合テレビにて、『上を向いて歩こう〜日本人の心の歌・その真実』と題したドキュメンタリーの特別番組を放送した。
  • サクサク土曜日 中邨雄二です』(ABCラジオ)のテーマ曲として吹奏楽演奏版が使われている。
  • 2013年1月にはイギリスBBC電子版で「世界を変えた20曲」に選ばれている[34]。1963年当時のアメリカ人にとって戦争で敵対した日本人が謎めいた民族ではなく、自分達と同じく美しく繊細な感情を表現できる人達と気付かせてくれた曲、と評された。
  • 合唱曲では、三宅大輔が編曲してあり、ア・カペラ版にアレンジされている。
  • 坂本の歌唱で 「悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに」を、「悲しみは月のかげに 悲しみは星のかげに」と逆に歌っていたことは、数回あった。
  • 『上を向いて歩こう展―奇跡の歌から、希望の歌へ―』を世田谷文学館で2013年4月20日〜6月30日に開催。
  • 作曲者の中村八大は戦後久留米で青春時代を送ったことから、この曲がJR久留米駅前のからくり時計で流れている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.officialcharts.com/artist/_/kyu%20sakamoto/
  2. ^ 当時3人は「六八九トリオ」と呼ばれてもてはやされた。
  3. ^ 『坂本九 上を向いて歩こう』日本図書センター、2001年、52頁。ISBN 4820559729
  4. ^ 坂本九さん「上を向いて歩こう」、初の12センチCDが発売へ、RRB TODAY、2011年6月15日16時14分。
  5. ^ 世界で一番有名な「ジャパニーズ・ソング」はこうして生まれた! 決意と挫折と希望が育んだ永遠の名曲、誕生秘話 (1)、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN (2012/03/03閲覧)
  6. ^ 木琴の音色が世界に愛される曲を生んだ! 作曲家・中村八大の“ミクスチャー”音楽体験、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN (2012/03/03閲覧)
  7. ^ 世界で一番有名な「ジャパニーズ・ソング」はこうして生まれた! 決意と挫折と希望が育んだ永遠の名曲、誕生秘話 (4)、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN (2012/03/03閲覧)
  8. ^ a b 「メロディーとともに (38) 上を向いて歩こう」『神戸新聞』2000年1月21日付夕刊、3面。
  9. ^ 『ミュージック・ライフ』誌のランキングは、オリコンが発足する以前の日本において、著名なレコード売り上げランキングの一つであった。
  10. ^ データボックス (2)、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN (2012/03/03閲覧)
  11. ^ 黒柳徹子スペシャルインタビュー|ビルボードジャパン
  12. ^ a b 『坂本九 上を向いて歩こう』51-52頁。
  13. ^ a b 永六輔『二度目の大往生』岩波書店〈岩波新書〉、1995年初版、137-139頁。
  14. ^ ビートルズを蹴って「ミス・サカモト」を選んだアメリカ人、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN (2012/03/03閲覧)
  15. ^ 全米のDJのために、当初“SUKIYAKA”としてリリースされていた「SUKIYAKI」、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN (2012/03/03閲覧)
  16. ^ a b c d 今から50年前、全米を制したのは日本の音楽だった。Billboard JAPAN。(2015/4/24閲覧)
  17. ^ The Billboard Hot 100 1963年
  18. ^ 「週刊朝日の目次で振り返る昭和(5) 上を向いて歩いていたころ」『週刊朝日』2013年6月21日号、80頁。
  19. ^ 『坂本九 上を向いて歩こう』58-59頁。
  20. ^ BSコンシェルジュ』旅のチカラ ~徳永英明さんをお迎えして~ NHK総合テレビ/BSプレミアム 2012年6月8日付放送分
  21. ^ 『坂本九 上を向いて歩こう』59頁。
  22. ^ この曲は発売当時は作曲家の専属契約の問題があり、専属契約に対しての縛りが緩和された後には、新たに「支那」の差別用語が問題となり、長年日本では発売されなかった。2004年に発売された坂本九のアルバム「メモリアル・ベスト」で日本発売・初CD化された。
  23. ^ JASRAC作品データベース検索サービスより
  24. ^ 阿部サダヲ主演「殿、利息でござる!」主題歌はRCサクセション「上を向いて歩こう」”. 映画ナタリー (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。
  25. ^ “柴咲コウ「続こううたう」で星野源、GAO、マイラバ、陽水ら名曲カバー”. 音楽ナタリー. (2016年6月10日). http://natalie.mu/music/news/190333 2016年6月10日閲覧。 
  26. ^ 27時間“笑顔”に包まれた大感謝祭を放送!, , とれたてフジテレビ (フジテレビ), (2016年7月25日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160725-i197.html 2016年7月26日閲覧。 
  27. ^ テレビ番組出演、坂本九 Official Web Site。(2016/7/2閲覧)
  28. ^ 映画『上を向いて歩こう』には、原曲にはない“冬の日”の歌詞が存在していた! (1)、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN
  29. ^ 映画『上を向いて歩こう』には、原曲にはない“冬の日”の歌詞が存在していた! (2)、上を向いて歩こう特集 Powerd by MUSIC Imidas - Yahoo! JAPAN
  30. ^ 京浜急行電鉄 報道発表資料
  31. ^ 発車メロディーに「上を向いて歩こう」 JR川崎駅が10日から2016年12月8日 産経新聞
  32. ^ a b 朝日新聞、2011年7月11日夕刊7面ADC全面広告より。この広告には参加した芸能人ではなく坂本の写真を起用している。
  33. ^ Twitter@yamacimo 2011/4/6
  34. ^ 全米チャート1位から50年「スキヤキ」再評価 「日本人は繊細な感情を表現できる」2013年3月26日 msn産経ニュース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
レスリー・ゴーア
涙のバースデイ・パーティ
ビルボード Hot 100 1位獲得シングル
1963年6月15日-6月29日
次代:
エセックス
内気な17才