ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ヒットパレード
〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ渡辺プロダクション
企画 栗原美和子渡辺ミキ
演出 鈴木雅之
脚本 矢島正雄
プロデューサー 後藤博幸、栗原美和子、渡辺ミキ
出演者 柳葉敏郎
データ放送 番組連動データ放送
第1夜
放送時間 金曜21:00〜22:52(112分)
放送期間 2006年5月26日(1回)
第2夜
放送時間 土曜21:00〜22:54(114分)
放送期間 2006年5月27日(1回)

特記事項:
渡辺プロダクション創立50周年記念番組。
テンプレートを表示

ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜』(ザ・ヒットパレードげいのうかいをかえたおとこわたなべしんものがたり)は、2006年5月26日27日に、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマスペシャルである。

放送日時・時間[編集]

(時間は日本時間で表記している。)

概要[編集]

  • 渡辺プロダクション創立50周年プロジェクトの一環で製作された。そのため、キャストの多くがワタナベエンターテインメント所属俳優・タレントで占められている。
  • テレビ界の改革者、その上芸能界エンターテインメントの礎を築き上げた、渡辺晋の生涯にスポットを当てつつ、彼を支えてきた妻の美佐や、キラ星のごとく登場したスターおよび熱きテレビマン達が生きたテレビ黎明期を描いている。当然、実話が元にはなっているが、清水高志や森山猛らの架空の人物も加えるなど、ドラマ的フィクションが加わった作品に仕上がっている。
  • 所々で、実際のニュース映像やCM、番組映像(同局で2010年まで元日に放送していた『新春かくし芸大会』に加え、日本テレビの『シャボン玉ホリデー』・NHKの『紅白歌合戦』など)も挿入され、ドラマの本編では、当時を意図した白黒画像処理された映像やカラー放送開始当初の映像質感も取り入れられている。
  • また、番宣ポスター等がフジテレビの旧ロゴ(1986年3月まで)になっている。

ストーリー[編集]

  • 前編は、晋がジャズバンドという職に目をつけ、高志らと「渡辺晋とシックス・ジョーズ」として米軍キャンプで演奏するところから話は始まる。そこで曲直瀬美佐(のちの渡辺美佐)と知り合い、自分達のマネージャーになってほしいと依頼する。まもなく、ロカビリーの時代が到来し、仲間達の挫折を目の当たりにした中で、「マネージメントで日本のエンターテインメントを変える」ことを決意し、美佐と結婚、「渡辺プロダクション」を設立する。ハナ肇や山下敬二郎、植木等ら新しい才能を発掘してゆく。そして、文化放送から開局間近になったフジテレビに移籍する椙山が、ハナ肇とクレージーキャッツにテレビの出演を依頼し、青島を放送作家として起用して『おとなの漫画』として成功するのと同時に、番組のスポンサーであった大空石油社長の森山猛から誘われ「若手財界人の会」へ入会する。『おとなの漫画』の成功を受けて、椙山らと『ザ・ヒットパレード』を企画。しかし、資金面の問題で一度挫折しかけるが、晋が椙山に「制作費は全部ウチが出す。その代わり、(渡辺プロダクションの)テロップを出してほしい」と持ちかけたため、再び企画が動き出す。番組は、「手弁当感覚でやろう」ということで、司会にはミッキー・カーチス、“売り”はのちにザ・ピーナッツとなる双子の姉妹、バックバンドとして「踊る指揮者」として異名を取っていたスマイリー小原とスカイライナーズでやろうということにもなり、タイトルも『ザ・ヒットパレード』と決定した。しかし、晋が「何かが足りない…」と言い出したため、強烈なインパクトを与えるために、番組のテーマ曲を作ることを決め、第1回目の放送を迎えることになる。
  • 後編は、山下の独立と、『おとなの漫画』のスポンサーであった大空石油社長の森山から誘われて入会した「若手財界人の会」から除名を言い渡されるところから展開してゆく。そんな中、植木が鼻歌で口ずさんでいた歌が自社製作でレコード化されることになるものの、青島がつけた歌詞がバカバカしく、「こんなバカげた歌を歌うために歌手になったんじゃない」と思い悩んだ植木は実家の父(真宗大谷派の寺の住職)に相談する。ところが、歌詞の一部である「わかっちゃいるけどやめられない」のフレーズを聞いたとき、植木の父は、「これは、親鸞聖人に通ずるものがある。また、誰がお前のためにレコードを製作してくれる会社がある」と諭され、植木は歌うことを決意する。これがのちの「スーダラ節」になる。晋は、一度見放された財界へ向き合おうと決意し努力するが、身体は精神的にも肉体的にも追い詰められ、社内でも孤立していき、遂に晋は倒れてしまう。そんな中、突然のキャンディーズの解散宣言で、忘れかけていた“マネージメントで日本のエンターテインメントを変えること”を美佐とともに思い出す。キャンディーズに「いいよ、夢を与えてくれてありがとう、そしてお疲れ様」と解散を許す。それでも、晋の体調は次第に悪化してゆき、再度入院する。その病床で森山から「藍綬褒章」の受章が決まったと聞かされる。

キャスト[編集]

      ○

      ○

      ○

      ○

      ○

スタッフ[編集]

関連項目[編集]