ピロンの秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピロンの秘密(ピロンのひみつ)は、手塚治虫による日本漫画である。本稿ではこれを原作としたテレビドラマについても述べる。

漫画版[編集]

小学四年生」1960年10月号から「小学五年生」1961年7月号まで連載された。

また、同時期の「幼稚園」には幼年向けにアレンジされた「ピロンちゃん」が連載された。手塚が執筆したのは第一話のみで、第二話以降は藤子不二雄藤子・F・不二雄)が執筆した[1][2]。「小学一年生」には「すすめピロン」が連載され、こちらも藤子・F・不二雄が執筆している[2]

あらすじ[編集]

少年昭男(あきお)とその兄で警視庁刑事である鉄男(てつお)は山でキャンプをしていた際、ピロンという少年と女性型ロボットのミラに出会った。ピロンの正体はふたご座の「カストル星」という星の王子で、カストル星の大臣バレスが起こした反乱のため追っ手の手を逃れてミラと共に地球へ避難してきたという。昭男と鉄男の兄弟はふたりと打ち解け、ピロンの地球での暮らしに協力することにした。しかし、バレスは追っ手を地球に仕向けていた。

登場人物[編集]

昭男
本作の主人公で活発な少年。本名は本郷昭男。ブーメランが得意で武器としても使う。
鉄男
昭男の兄。警視庁のやり手の刑事で、射撃の名手である。
ピロン
カストル星の王子。父王とバレスの内乱から逃れて地球にやってきた。本来は地球人とは異なる姿をしているが、変身機で地球人の少年の姿になっている。自分たちの存在が昭男と鉄男以外の地球人に知られることを恐れ、秘密にしている。
ミラ
ピロンの護衛を務める女性型ロボット。飛行能力をはじめ様々な能力を持つ。
バレス
カストル星の大臣。王の地位を欲して反乱を起こした。王子であるピロンを抹殺するため追っ手「黒星」を仕向ける。

テレビドラマ版[編集]

日本テレビで1960年8月1日から1961年4月29日まで放送された。制作は紫苑プロダクション。帯ドラマ形式で、月曜から土曜の18:00から18:15まで週6回放送され、6回で一話が完結する形式だった。全234回、全39話。原版の現存は確認されていない。

キャスト[編集]

  • ピロン - ニッキー窪田 (ニッキー久保田)
  • 本郷昭男 - 遠藤恵一
  • ミラ - 峰和子 (峯和子)
  • 高村俊郎
日本テレビ系列 月曜 - 土曜18:00 - 18:15枠
前番組 番組名 次番組
ピロンの秘密

出典[編集]

  1. ^ 石上三登志『定本手塚治虫の世界』東京創元社、2003年、340頁。ISBN 978-4-488-01518-3
  2. ^ a b 米沢嘉博「第5章 日常とヒーロー譚」『藤子不二雄論』河出書房新社、2014年。ISBN 978-4309412825

外部リンク[編集]