声優アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
声優アワード
受賞対象 最も印象に残る声優
日本の旗 日本
授与者 声優アワード実行委員会
初回 2007年
公式サイト https://www.seiyuawards.jp/

声優アワード(せいゆうアワード)は、日本声優関連のである。年1回、声優アワード実行委員会が選定する優秀な声優に与えられる賞で、毎年3月に授賞式が開催される。

概要[ソースを編集]

2006年が「外画放送開始50周年」にあたることを記念して、声優業界の発展と人材育成の場として同年度に設立された。

主演男優・女優賞助演男優・女優賞新人男優・女優賞歌唱賞パーソナリティ賞特別功労賞および功労賞シナジー賞富山敬に加え第3回より海外ファン賞、第4回よりキッズファミリー賞、第5回より高橋和枝、第6回より最多得票賞声優アワード特別賞が追加、第7回で海外ファン賞が廃止となり、第13回よりMVS(Most Valuable Seiyu)外国映画・ドラマ賞ゲーム賞インフルエンサー賞が追加され[1]、計16部門20賞が授与される。

第3回までは全賞とも授賞式の際に受賞者の発表が行われたが、第2群(海外ファン賞は除く。後述)は第4回から第9回まで、第1群は第6回から第9回まで、それぞれ公式サイト上にて先行して発表されるようになったが、第10回は、授賞式の際に第2群のキッズファミリー賞を含む、第1群の受賞者の発表が行われた。第11回は授賞式の際に第2群の特別賞を含む、第1群の受賞者の発表が行われた。第12回は授賞式の際に第2群のシナジー賞、キッズファミリー賞、特別賞を含む、第1群の受賞者の発表が行われた。第13回は授賞式の際に(旧)第2群のキッズ・ファミリー賞と特別賞を含む(旧)第1群とこの回から新設された4部門の受賞者の発表が行われる。

授賞式の模様は第2・3回はBS11、第7・8・11回はTOKYO MXで放送。また、第4回からは超!A&G+(生ワイド番組内を含む)でも生中継されている。第8・9回は文化放送(AM1134Khz)、超!A&G+で全受賞者発表特番が配信されていた。第10回は超!A&G+で全受賞者発表特番を生中継で完全配信する予定だったが主演男優賞と大会総評のみ配信されないトラブルが生じた[注 1]。第11・12回は超!A&G+で全受賞者発表特番を生中継で配信して、こちらの方は配信時間内(18時 - 19時30分)に収まった。第13回は超!A&G+で18時から20時、&CAST!!!で18時から授賞式終了まで配信される[2]

主演男優・女優賞・パーソナリティ賞の受賞者は授賞式後、文化放送『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』→『A&G TRIBAL RADIO エジソン[注 2][3]、歌唱賞の受賞者は『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン[注 3]に生出演している。

授賞概要[ソースを編集]

声優アワードは、当初、「7つの部門を設け各々の定義に従って選定・評価・贈賞する」ものとされていたが[4]、第2回で富山敬賞、第3回で海外ファン賞、第4回でキッズファミリー賞、第5回で高橋和枝賞、第6回で最多得票賞・声優アワード特別賞の2部門がそれぞれ設けられたが、第7回で海外ファン賞が廃止となり12部門となっていた。その後、第13回からMVS(Most Valuable Seiyu)・外国映画・ドラマ賞・ゲーム賞・インフルエンサー賞の4部門が設けられた[1]

選考方式[ソースを編集]

第1回 - 第12回[ソースを編集]

第1回から第12回は各部門、一般投票をもとに候補者の一次選出を行う第1群と、選考委員会にて顕彰される特別賞などの第2群の2種類に分けて選考が行われていた。

第1群は主演男優・女優賞、助演男優・女優賞、新人男優・女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞、最多得票賞の6部門9賞である。受賞者数は第1回では当初各賞とも1名ずつと定めたが、結果として複数の受賞者を出し第2回では定めていない。部門における男優・女優の性別は作品中(声を演じるキャラクター)の性別ではなく、声優自身の性別である。第1回では第1群の各賞は一般投票による一次選出が行われた後、選考委員会がさらに候補者を絞る二次選出が行われ最終的に選考委員会の審議により受賞者が決定していた。第2回から第5回までは各投票サイト・施設にて行われた一般投票での得票を各媒体ごとに集計し、その結果をもとに最終選考へのノミネート者を決定。その後、選考委員会による二次選考によって最終的な受賞者を決定していた。第6回から第12回まではそれに加えて、中央選考委員会を設けて、ノミネート者決定、選考委員会によって決定する受賞者、そして、その結果を精査・確認する中央選考委員会の3段階の審査で、最終的な受賞者を決定していた[5]

第2群は特別功労賞および功労賞、シナジー賞、富山敬賞、キッズファミリー賞、高橋和枝賞、声優アワード特別賞の6部門7賞である。各部門ごとの受賞者数は、第1回から特に定めていない。第2群の賞については実行委員会が長年の功績をもとに受賞者を推薦し、その結果を選考委員会で承認することにより決定していた。

第13回以降[ソースを編集]

第13回から、第1群と第2群の区分を廃止し、それぞれの部門とも、実行委員会と選考委員会による選考に変更された[6]。選考の手順として、各種メディアの反響とデータを基に実行委員会と選考委員会が受賞者を選出する[1]

ただし、MVS(Most Valuable Seiyu)については、一般投票(インターネット・ツイッター)で受賞者を決する[7]。これについては、第1回から第12回までの投票の方法について、多岐に渡った結果「わかりづらさ」が生じ、投票をしない人が多くいたため、「より身近に、どなたでも簡単に投票していただける」という目的のもと、投票の内容を「シンプルにわかりやすく」刷新したもの[1]

各賞[ソースを編集]

(旧)第1群[ソースを編集]

主演男優・女優賞
その年に発表された作品の中で、主演として演じた声優に贈られる。
助演男優・女優賞
その年に発表された作品の中で、サブキャラクターあるいは助演として演じた声優に贈られる。
第2回までは「サブキャラクター男優・女優賞」という名称だった。第3回から現在の名称となった。
新人男優・女優賞
原則としてデビューして5年以内であり、対象期間中に新人賞を取るにふさわしい活躍をした声優に贈られる。
歌唱賞
声優自身の名前、もしくは作品中の役名で歌唱を発表している声優に贈られる。
パーソナリティ賞
声優自身の名前、もしくは作品中の役名でラジオインターネットラジオテレビ・その他の媒体の番組でパーソナリティ司会として活躍した声優に贈られる。

(旧)第2群[ソースを編集]

特別功労賞
故人の中で、長年にわたり多くのジャンル(外画を含む)において活躍した役者および作品に贈られる。第9回以降は年度中に逝去した声優を顕彰する形式に変更されているが、特別功労賞の枠自体は廃止されていない。
功労賞
長年にわたり多くのジャンル(外画を含む)において活躍した役者および作品に贈られる。
シナジー賞
声優の魅力を十分に発揮した作品に贈られる。ただし、必ずしも年度中に製作された作品に贈られるとは限らず、過去に放送された作品が選出される年もある。
富山敬賞
第2回から新設された賞で、その1年間の間、最も「声優という職業を各メディアを通じて多く広めた男性」に贈られる。
第4回までは男女共通の賞だったが、第5回から高橋和枝賞の新設に伴い男性限定の賞となった。
キッズ・ファミリー賞
第4回から新設された賞で、「子どもたちの目線でもっとも魅力的な声優」に選ばれた人物に贈られる。
高橋和枝賞
第5回から新設された賞で、その1年間の間、最も「声優という職業を各メディアを通じて多く広めた女性」に贈られる。
声優アワード特別賞
第6回から新設された賞で、上記のいずれの賞にも該当しないものの、表彰すべき特別な活動をした人物に贈られる。

第13回から設けられた賞[ソースを編集]

外国映画・ドラマ賞[8]
その年に発表された外国映画・ドラマで活躍した声優に贈られる。
ゲーム賞[8]
その年に発表されたゲームコンテンツで活躍した声優に贈られる。
インフルエンサー賞[8]
その年にSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)によって、印象を残した声優に贈られる。
MVS〈Most Valuable Seiyu〉[8]
声優・アニメファンが「最も活躍した声優」だと思った声優に投票する形式でこの賞を決する。

過去の賞[ソースを編集]

海外ファン賞(第2群)
第3回から第6回まで実施され、海外の人たちの視点で選ばれた人物に贈られていた賞だった。第7回からは海外からの投票も一般投票に統合されたため、「海外ファン賞」という独自の枠は廃止となった[9]
最多得票賞
第6回から新設された賞で、一般投票で賞のカテゴリーを問わず、最も「多くの票数を集めた方」に贈られる。第7回までは第2群の部門賞となっていたが、第8回から第1群の部門賞になった。しかし、第11回以降は実施されなくなった。

開催期間[ソースを編集]

回次(年度[注 4] 一般投票期間 授賞式
第1回
(2006年度)
2006年(平成18年)10月21日 - 2007年(平成19年)1月10日 2007年(平成19年)3月3日
第2回
(2007年度)
2007年(平成19年)10月20日 - 2008年(平成20年)1月15日 2008年(平成20年)3月8日
第3回
(2008年度)
2008年(平成20年)10月1日 - 2009年(平成21年)1月1日 2009年(平成21年)3月7日
第4回
(2009年度)
2009年(平成21年)10月1日 - 2010年(平成22年)1月1日 2010年(平成22年)3月6日
第5回
(2010年度)
2010年(平成22年)10月22日 - 2011年(平成23年)1月1日 2011年(平成23年)3月5日
第6回
(2011年度)
2011年(平成23年)11月1日 - 11月30日 2012年(平成24年)3月3日
第7回
(2012年度)
2012年(平成24年)10月1日 - 11月30日 2013年(平成25年)3月2日
第8回
(2013年度)
2013年(平成25年)10月1日 - 11月30日 2014年(平成26年)3月1日
第9回
(2014年度)
2014年(平成26年)10月1日 - 11月30日 2015年(平成27年)3月7日
第10回
(2015年度)
2015年(平成27年)10月1日 - 11月30日 2016年(平成28年)3月12日
第11回
(2016年度)
2016年(平成28年)10月1日 - 11月30日 2017年(平成29年)3月18日
第12回
(2017年度)
2017年(平成29年)10月1日 - 11月30日 2018年(平成30年)3月3日
第13回
(2018年度)
2018年(平成30年)8月1日 - 9月30日[注 5] 2019年(平成31年)3月9日

歴代受賞者[ソースを編集]

(旧)第1群の歴代受賞者[ソースを編集]

回次 主演男優賞 主演女優賞 助演男優賞 助演女優賞 新人男優賞 新人女優賞 歌唱賞 パーソナリティ賞 最多得票賞
第1回
(2006年度)
[注 6]
福山潤 朴璐美 石田彰
宮田幸季
小清水亜美
後藤邑子
柿原徹也
森田成一
鹿野優以
平野綾
水樹奈々 浅野真澄
第2回
(2007年度)
宮野真守 平野綾 小野大輔
神谷浩史
釘宮理恵
斎賀みつき
羽多野渉
代永翼
加藤英美里
小林ゆう
もってけ!セーラーふく
平野綾
加藤英美里
福原香織
遠藤綾
鈴村健一
第3回
(2008年度)
神谷浩史 釘宮理恵 井上和彦
杉田智和
遠藤綾
沢城みゆき
岡本信彦
梶裕貴
阿澄佳奈
戸松遥
中島愛 神谷浩史
第4回
(2009年度)
小野大輔 沢城みゆき 浪川大輔
三木眞一郎
井上喜久子
堀江由衣
阿部敦
前野智昭
伊藤かな恵
豊崎愛生
放課後ティータイム
豊崎愛生
日笠陽子
佐藤聡美
寿美菜子
竹達彩奈
小野坂昌也
第5回
(2010年度)
(該当者なし) 豊崎愛生 岡本信彦
中井和哉
新井里美
伊藤かな恵
内山昂輝 金元寿子
佐藤聡美
茅原実里 豊崎愛生
第6回
(2011年度)
平田広明 悠木碧 木村良平
宮野真守
加藤英美里 江口拓也
松岡禎丞
茅野愛衣
三上枝織
ST☆RISH
寺島拓篤
鈴村健一
谷山紀章
宮野真守
諏訪部順一
下野紘
井口裕香 神谷浩史
第7回
(2012年度)
梶裕貴 阿澄佳奈 小野友樹
諏訪部順一
大原さやか
戸松遥
島﨑信長
山本和臣
石原夏織
大久保瑠美
後ろから這いより隊G
阿澄佳奈
松来未祐
大坪由佳
岩田光央
第8回
(2013年度)
佐藤利奈 細谷佳正 石川由依 石川界人
山下大輝
内田真礼 宮野真守 (該当者なし)
第9回
(2014年度)
小野大輔 神田沙也加 小西克幸
森川智之
沢城みゆき
花澤香菜
逢坂良太
斉藤壮馬
花江夏樹
雨宮天
上田麗奈
洲崎綾
μ's
新田恵海
南條愛乃
内田彩
三森すずこ
飯田里穂
Pile
楠田亜衣奈
久保ユリカ
徳井青空
小野大輔
神谷浩史
第10回
(2015年度)
松岡禎丞 水瀬いのり 鈴村健一
細谷佳正
伊藤静
早見沙織
梅原裕一郎
武内駿輔
村瀬歩
上坂すみれ
高橋李依
田中あいみ
i☆Ris
山北早紀
芹澤優
茜屋日海夏
若井友希
久保田未夢
澁谷梓希
鈴村健一 神谷浩史
(殿堂入り)[注 7]
第11回
(2016年度)
神木隆之介 上白石萌音 大塚芳忠 潘めぐみ 伊藤節生
内田雄馬
小林裕介
小澤亜李
千本木彩花
田中美海
Aqours
伊波杏樹
逢田梨香子
諏訪ななか
小宮有紗
斉藤朱夏
小林愛香
高槻かなこ
鈴木愛奈
降幡愛
花江夏樹 (実施せず)
第12回
(2017年度)
豊永利行 黒沢ともよ 諏訪部順一 大西沙織
佐倉綾音
西山宏太朗
堀江瞬
八代拓
七瀬彩夏
福緒唯
どうぶつビスケッツ×PPP
尾崎由香
小野早稀
本宮佳奈
相羽あいな
築田行子
佐々木未来
根本流風
田村響華
佐倉綾音
大西沙織
第13回
(2018年度)
内田雄馬 三瓶由布子 古谷徹
三宅健太
芹澤優
東山奈央
天﨑滉平
石井マーク
落合福嗣
仲村宗悟
石見舞菜香
楠木ともり
林鼓子
本泉莉奈
本渡楓
ヒプノシスマイク
木村昴
石谷春貴
天﨑滉平
野津山幸宏
速水奨
木島隆一
諏訪部順一

(旧)第2群の歴代受賞者[ソースを編集]

シナジー賞・特別賞の括弧内は代表登壇者。

回次 特別功労賞 功労賞 シナジー賞 富山敬賞 海外ファン賞 キッズ・
ファミリー賞
高橋和枝賞 特別賞
第1回
(2006年度)
富山敬 大平透
池田昌子
小原乃梨子
向井真理子
ポケットモンスター
松本梨香
第2回
(2007年度)
城達也 野沢那智
羽佐間道夫
来宮良子
仮面ライダー電王
関俊彦遊佐浩二
てらそままさき、鈴村健一)
古谷徹
第3回
(2008年度)
武藤礼子 内海賢二
富田耕生
永井一郎
鉄腕アトム
清水マリ水垣洋子
勝田久
山寺宏一 福山潤
第4回
(2009年度)
高橋和枝 玄田哲章
杉山佳寿子
田中信夫
機動戦士ガンダム
(古谷徹、池田秀一
水樹奈々[注 8] 斎賀みつき 水田わさび
第5回
(2010年度)
野沢那智 ささきいさお
鈴木弘子
矢島正明
名探偵コナン
高山みなみ
小山力也 沢城みゆき 竹内順子 田中真弓
第6回
(2011年度)
小林修
滝口順平
渡部猛
麻生美代子
肝付兼太
イナズマイレブン』シリーズ
(竹内順子、寺崎裕香
堀内賢雄 櫻井孝宏 大谷育江 戸田恵子 『絵本読み聞かせキャラバン隊』
中尾隆聖
川上とも子
第7回
(2012年度)
青野武 近石真介
野沢雅子
タツノコプロ50周年』
(大平透、森功至
岡本茉利、小原乃梨子)
三ツ矢雄二 (統合廃止) 田中真弓 緒方恵美 (該当なし)
第8回
(2013年度)
内海賢二
来宮良子
キートン山田
納谷六朗
ガールズ&パンツァー
渕上舞
三木眞一郎 比嘉久美子 三石琴乃 それいけ!アンパンマン
(戸田恵子、中尾隆聖)
第9回
(2014年度)
(実施せず)
[注 9]
大竹宏
白石冬美
妖怪ウォッチ
(戸松遥、関智一
大塚明夫 小桜エツコ 高島雅羅 Wake Up, Girls!
吉岡茉祐、田中美海、青山吉能
第10回
(2015年度)
千々松幸子
中村正
野村道子
ちびまる子ちゃん
TARAKO
森久保祥太郎 ピエール・コフィン[注 10] 井上喜久子 A応P
第11回
(2016年度)
小林清志
清水マリ
堀絢子
君の名は。 中尾隆聖 ペット』キャスト一同 島本須美 のん
第12回
(2017年度)
片岡富枝
増岡弘
怪盗グルーのミニオン大脱走
(スチュアート)
チョー (該当者なし) 冨永みーな リカちゃん誕⽣50周年
松谷孝征
第13回
(2018年度)
緒方賢一
京田尚子
ポプテピピック
(ポプ子、ピピ美)
山口勝平 TARAKO かないみか 『ちびまる子ちゃん』

第13回から設けられた賞の歴代受賞者[ソースを編集]

回次 外国映画・ドラマ賞 ゲーム賞 インフルエンサー賞 MVS〈Most Valuable Seiyu〉
第13回
(2018年度)
森川智之
甲斐田裕子
東山奈央 南條愛乃 神谷浩史

実行団体等[ソースを編集]

  • 第13回時点
主催
声優アワード実行委員会
共催
KADOKAWA[注 11]文化放送小学館小学館集英社プロダクション[注 12]
協賛
アミューズメントメディア総合学院学校法人東放学園東京アナウンス学院日本工学院専門学校日本工学院八王子専門学校日本デザイナー学院九州校日本芸術専門学校アニプレックスエイベックス・ピクチャーズエー・ティー・エックス
後援
経済産業省東京都、日本音声製作者連盟、日本動画協会コンピュータエンターテインメント協会衛星放送協会
協力
日本声優事業社協議会日本俳優連合ドワンゴTSUTAYA、Rocket Base LLC

関連商品[ソースを編集]

ドラマCD[ソースを編集]

こゑこひ
〜あなたの声に恋してる〜
第1回声優アワード記念作品
ドラマCD
発売元 ドワンゴ・エージー・エンタテインメント
レーベル BinaryMixx Records(BMCA-1001)
発売日 2007年10月19日
収録時間 64分24秒
話数 全5話+キャストクレジットトーク
枚数 1枚
テンプレート - ノート
  • 『こゑこひ 〜あなたの声に恋してる〜』(第1回声優アワード記念作品)

第1回の主演・サブキャラクター・新人賞受賞者10人による、オムニバス形式のドラマCD(2007年10月19日発売)。

  1. ドラマ「Still live, still love」(福山潤、小清水亜美)
  2. ドラマ「Fool's Present」(石田彰、朴璐美)
  3. ドラマ「あの日の海へ」(宮田幸季、平野綾)
  4. ドラマ「一番近くの恋」(柿原徹也、鹿野優以)
  5. ドラマ「万華鏡」(森田成一、後藤邑子)
  6. キャストクレジットトーク

ポストカード[ソースを編集]

第2回の主演・サブキャラクター・新人・シナジー賞受賞者のうち、釘宮理恵を除く13人(主演賞は1人2枚。シナジー賞は4人集合)が写っているものとサインカード・インデックス(目録)カードが入っているポストカード(2008年(平成20年)3月29日発売)。

DVD[ソースを編集]

第2回の受賞者の公式インタビュー映像を始め控え室や舞台裏、受賞パーティーでの様々な様子、東京国際アニメフェアの声優アワードステージでのトークの模様を収録したDVD(2008年10月1日発売)。

新人発掘オーディション[ソースを編集]

新しい人材の育成を目指して、オーディションを行っている。声優アワード第1回(2007年)から毎年行われている。オーディションに合格した者は、声優事務所に養成所特待生として所属することができる。 第13回は最終審査の模様を&CAST!!!で生配信する[2]

合格者

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ あらかじめ通常の土曜日17時 - 18時の30分×2番組と18時 - 19時の30分×2番組は別曜日のイレギュラー放送に振り替えられて特番中継の放送枠を配信する枠を確保していた。
  2. ^ 主演男優賞は第5・7・8・11回(第5回は該当なし)、主演女優賞は第7 - 9回、パーソナリティ賞は第8回(該当なし)・第12回をそれぞれ除いて出演(第1・11回のパーソナリティ賞は当該番組のパーソナリティが自ら受賞)、第12回は新人賞の受賞者も出演。
  3. ^ 第6 - 12回を除いて出演。
  4. ^ 各年度は第5回まで1月1日から12月31日、第6回から第12回までは前年12月1日から11月30日。
  5. ^ この回から設けられたMVS(Most Valuable Seiyu)の投票期間となる。
  6. ^ 選考に苦労し、第1回はサブキャラクター賞・新人賞共に複数名受賞になったことが公式ページに記されている。
  7. ^ 5年連続受賞となったことから、殿堂入り扱いとなった[10]
  8. ^ 第5回から男性限定の賞となり女性は高橋和枝賞へ移行となったため、水樹は女性唯一の富山敬賞受賞者ということになった。
  9. ^ 年度内の物故者を顕彰。
  10. ^ アメリカの3Dアニメ映画『ミニオンズ』の監督。作中に登場するミニオンたちの声を演じた。
  11. ^ 第7回までは角川書店
  12. ^ 第2回までは小学館プロダクション。

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d “『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場”. アニメイトタイムズ. (2018年7月17日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1531800550 2018年7月21日閲覧。 
  2. ^ a b 声優アワード実行委員会. “『第十三回 声優アワード』受賞者 先行発表!”. 声優アワード公式サイト. 2019年2月19日閲覧。
  3. ^ 3/12の「エジソン」は、声優アワードの受賞者3人とアニメ「アクティヴレイド」の小澤亜李さん相坂優歌さんが登場!!”. 2016年3月6日閲覧。
  4. ^ 声優アワード実行委員会. “受賞概要”. 声優アワード公式サイト. 2008年5月23日閲覧。
  5. ^ 第六回声優アワード受賞者”. 声優アワード公式サイト. 2019年1月23日閲覧。
  6. ^ 第十三回声優アワード開催概要”. 声優アワード公式サイト (2018年8月1日). 2018年8月7日閲覧。
  7. ^ 一般投票”. 声優アワード公式サイト (2018年8月1日). 2018年8月9日閲覧。
  8. ^ a b c d 第13回声優アワード開催概要”. 声優アワード実行委員会. 2019年1月2日閲覧。
  9. ^ 第七回声優アワード受賞者発表”. 声優アワード公式サイト (2013年3月2日). 2013年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月5日閲覧。
  10. ^ “第10回声優アワード:神谷浩史が5年連続の最多得票賞で殿堂入り 「自慢で誇り」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年3月12日). http://mantan-web.jp/2016/03/12/20160312dog00m200020000c.html 
  11. ^ 『声優のマネージャーになる! 声優マネージャーの養成指南本』.一迅社.(2016).p.75

関連項目[ソースを編集]

  • 東京国際アニメフェア - 過去1年間に制作されたアニメ作品や、アニメ関係者を分野別に表彰する東京アニメアワードの授与などを実施。
  • アニメーション神戸 - 商用アニメーションについて優れた作品やクリエーター、長年にわたってアニメーション業界に貢献した者などを表彰するアニメーション神戸賞の授与などを実施。

外部リンク[ソースを編集]