まりちゃんズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まりちゃんズ
(まりちゃんず)
出身地 日本の旗 日本 東京都大田区
ジャンル コミックソング
活動期間 1974年 - 1976年
1995年 -
レーベル エレックレコード(1974年 - 1976年)
メンバー 藤岡孝章
尾崎純也
藤巻直哉

まりちゃんズ日本コミックバンド

来歴[編集]

東京都大田区立池上小学校、同大森第四中学校の同級生だった藤岡孝章、尾崎純也、藤巻直哉の3人が、1974年「ブスにもブスの生き方がある」の楽曲でフォークコンテストに出場したところ、「歯に衣を着せない」歌詞を評価され、スカウトされた。慶應義塾大学で「梅毒蟻地獄」を歌ったときに審査員をしていた慶應義塾大学野球部のスター山下大輔に絶大な支持を受けたという話もある。1975年に活動停止したが解散はしていなかった。バンド名の由来はクラスの憧れの人の名からとったという(メンバーがそれぞれ、天地真理夏木マリ田中真理のファンだったという説もある)。

1974年から1976年までの実質2年間しか活動していないにもかかわらず、リリースした曲のほとんどが放送禁止となる、彼らにとっては「武勇伝」を持つ異色のバンドである。歌詞の内容が、SMフェチ、ハードゲイなど、1970年代当時の日本の音楽シーンでは考えられないほど挑発的・刺激的であった。

1993年9月15日、「尾崎家の祖母」(おざきんちのばばあ、と読む)が、JFN系のラジオ番組赤坂泰彦ミリオンナイツ』で紹介された。シングルCDとして再発され、15万枚を超えるヒットとなった。

1995年に再びまりちゃんズとしての活動を開始。2005年11月23日には尾崎抜きで「藤岡藤巻」というユニットを組んで再デビューする。2008年には「藤岡藤巻と大橋のぞみ」なるユニットでアニメ映画『崖の上のポニョ』(宮崎駿監督)の同名主題歌を担当、ヒットとなる。

なお彼らの楽曲には、「男の世界」「SM(サドマゾ)夜曲」等のゲイホモをテーマとした物が存在するが、彼ら自身はノンケ異性愛者)であり、それぞれ結婚して家庭も持っている。 

「ブスにもブスの生き方がある」が、女性団体にバッシングされ放送禁止になったが、歌詞の内容は不美人の女性をただ闇雲に批判しているわけではなく、前向きなメッセージも込められている。「ひがみブルース」という楽曲の中でこの曲がバッシングされたことに対して言い訳を述べ、自虐的なギャグにしている(「ブスにも〜」のリリース決定についてはレコード会社の強制ではもちろんない)。[要出典]

藤巻によると、「尾崎家の祖母」のギターは下積み時代のCharだが、Char本人は、そのことに触れられたくない様子であるという。

活動再開時、「FM STATION」にインタビューが掲載されたが、メンバーの写真には黒目線が入っていた。

メンバー[編集]

藤岡孝章1952年6月5日 - )
早稲田大学商学部中退。デビュー当時のプロフィールには(通称=ジェフ、特技=でんぐり返し、ベーゴマ、メンコ)と書いていた。解散後、山梨鐐平、板垣秀雄と「DO!」を結成。1981年まで活動した。「DO!」では長渕剛と親交があり、長渕と「チョコレッツ」というバンドを組んでツアーを行ったり、一緒にラジオ番組を持ったりしていた。また、藤巻直哉の結成した「すみちゃんとステゴザウルス」にも曲を提供していた。1982年にミュージシャン活動をやめ、CBSソニーに入社し、主にアイドルシブがき隊)、歌謡曲のディレクターを担当。活動再開当時、ソニーミュージックの新人発掘セクション所属。「新人を売らないで、自分のCDにもなっていない曲をヒットさせて、どうするんだ」とぼやいていた。2004年ソニーミュージックを早期退職し、F2エンタテイメントを設立し、音楽プロデューサーとして活動。そのかたわら、「藤岡藤巻」の活動を行う。2006年から「藤岡藤巻Without藤巻」と称してソロでライブも行っている。家族は妻と2女。桃太郎電鉄シリーズジャンプ放送局で知られるさくまあきらは従兄弟である。
尾崎純也(1952年4月4日 - )
慶應義塾大学に藤巻より遅れて入学。デビュー当時のプロフィールには(通称=スティーブ、特技=音程をちょびっとはずして歌うことが出来ること)と書いていた。解散後、まりちゃんズの流れを組んだ「バスケットシューズ」を結成。1980年頃まで活動した。その後、「草刈優作」や「矢沢拓郎」の名で活動し、カセットテープでリリースされたインディーズのコンピレーション盤に1曲参加している。活動再開当時、東急東横線祐天寺駅界隈のスナックでミュージシャン活動を続行。しかし、現在は音楽活動はやめた模様。1995年、『BSフォークソング大全集』にまりちゃんズとして出演した際、近況についてたずねられ「主夫」と答えているが実際のところは不明である。
藤巻直哉(1952年8月20日 - )
慶應義塾大学法学部を2年間休学。デビュー当時のプロフィールには(通称=ポール、特徴=色は茶色しか知らないこと)と書いていた。解散後、博報堂入社。会社員として勤務する傍ら、1981年に「すみちゃんとステゴザウルス」を結成。ソニーのオーディションに合格している。「キャンパス・レポート もっとクリスタル」などをリリースするが本業が多忙のため1年で消滅。活動再開当時、担当していた『平成狸合戦ぽんぽこ』などスタジオジブリアニメのスタッフロールに名を連ねている。現在も会社員として勤務しつつ『藤岡藤巻』としても活動している。性格は「おおらかでノンビリ」。2人の子供を持つ父親である。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 活動時のもの
    • ブスにもブスの生き方がある(1974年)
    • ひがみブルース/尾崎家の祖母(1975年)
    • 武道館でジョイントを(1975年)
  • フォーライフからの再発売
    • ブスにもブスの生き方がある(1981年)
  • ポリスターからの再発売
    • 尾崎家の祖母(1994年6月25日) - カップリングは「口づけ」。ノベルティグッズとしてトランプがつくられた。
  • 活動再開時のもの

アルバム[編集]

  • 活動時のもの
    • 三巴狂歌
    • お買徳
  • リバイバル版
    • まりちゃんズ ベスト
    • まりちゃんズ ワースト
  • 活動再開時のもの
    • 埋蔵盤 - CDとTシャツのセットとして限定発売されたが、のちに分売もされている。CDのパッケージには秋元康の文章が印刷されたシールが貼付されている。