ウナギイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天才バカボン > ウナギイヌ

ウナギイヌは、赤塚不二夫漫画天才バカボン』および本作品を原作としたアニメに登場するキャラクターイヌの父とウナギの母との間に生まれた「ハーフ」である。故郷は浜名湖。アニメでの声優池水通洋(『元祖天才バカボン』)、 田原アルノ(『平成天才バカボン』)、 塩屋浩三(『レレレの天才バカボン』)。また映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』ではCGキャラクターとして登場し、新井浩文が声を演じた。

2007年5月からは、故郷の浜名湖に面している浜松市のマスコットキャラクター【はままつ市長】(『福』は赤丸に白抜き文字)として採用されていた[1]が、2012年度には出世大名家康くんにその地位を譲る形で、マスコットキャラクターとしての契約は終了した[2]

特徴[編集]

「ワンワン」と鳴き、日本語を喋ることもできる。全身はウナギのようにヌルヌルしていて捕まえようとしても、捕まえる手が滑ってしまいうまく逃げられてしまう。真っ黒く太いウナギの胴体にイヌの4本足を備えており、おにぎり型の頭がついている。尻尾は木の葉状で、ウナギの尾びれをオーバーに表現したような形をしている。顔には、ピンク色のタラコ唇、イヌのヒゲ(洞毛)、まん丸の目、申しわけ程度の耳がある。口の中の一本歯とのどちんこ(口蓋垂)が特徴である。言葉遣いは丁寧。語尾に基本的に「ワンワン」をつける。犬小屋を細長くしたような住みかを川岸に建てて住んでいる。なお、その小屋の上半分は陸上にあり、下半分は水中に没している。

原作漫画ではバカボンのパパがウナギイヌの家に招待され、両親を紹介されるエピソードがある。ウナギイヌの誕生の経緯について、父イヌが「自分はイヌのくせに『泥棒ねこ』だった」と語り、盗みに入った魚屋で母ウナギを見初め、そのまま駆け落ちしてウナギイヌが生まれた。としている。この原作での設定をもとに、アニメ第3作『平成天才バカボン』では、ウナギイヌは登場した際に自分は以前は「泥棒ねこ」だったと言い、そのときに盗みに入った魚屋で自分の妻であるメスの黒いウナギイヌに出会ったと設定された。

1972年の「週刊少年マガジン」(講談社)51号で、巻末に「衝撃の告白!! 作者が明かすウナギイヌの正体」という特集記事が組まれ、その中に「ウナギイヌ#㊙調書大公開」と題し、ウナギイヌの家系図が掲載。それによると、ウナギイヌには「ウナギイヌ江」という姉と、「ウナギイヌ子」という妹が存在。妹は従軍看護婦、姉はポーラ化粧品のセールスマンで、べし(『もーれつア太郎』)の息子・コルゲンコーワというカエルと「国際結婚」し、「ウナコーワ」という娘を誕生させている。また、父イヌの浮気相手は「夜のイヌ」であり、さらに父イヌの先祖はかつて「勤王のシシ」という獅子と戦った「幕府のイヌ」という[3]

キャラクター誕生の経緯[編集]

ウナギイヌが生まれた背景には、真夏の昼前に実施された『天才バカボン』のアイデア会議の際、フジオプロの打ち合わせ部屋のクーラーが壊れて暑くなり、おかげですっかりヤル気をなくした赤塚がウナギ屋へ避暑に行こう(=サボろう)としたのを、掲載誌である『週刊少年マガジン』の担当、五十嵐隆夫記者がこれを阻止せんとしきりに粘った攻防があった。

五十嵐記者は何とか掲載号のアイデアを捻出させようと「目ン玉繋がりのお巡りさんが暑くてウナギを食べたがっているんですよ」とネタを振り、これを受けた長谷邦夫が「犬をウナギと間違えて、捕らえて食おうと飛びかかる」と話を広げた。「いくらなんでも犬は食わないだろう[4]。」「あのお巡りは犬とウナギを見間違える程の幻覚を見たんだ」などと話を膨らませ、それではと赤塚が犬とウナギを合体させたキャラクターをスケッチしたところウケたため、この絵を見た古谷三敏が「コイツはウナギみたいに捕らえどころがないんだろう」「体の色は黒い方がいい」とこのキャラクターの方向付けをした。こうしてウナギイヌが誕生し、五十嵐記者はヤル気のなかった赤塚から無事に上がり原稿を入手することができた[5]

補足[編集]

  • 原作の初登場時(「ウナギのイヌのカバヤキなのだ」)では会話はせず、バカボンのパパに蒲焼きにされて食べられてしまう。2度目の登場時(「カエルはカエルがさばくのだ」)では扉のみ登場、食われずに済むようになったのは3度目の登場(「天才ウナギイヌ」)からである。アニメ第2作『元祖天才バカボン』では、バカボンのパパ達に食べられたことがある。その時には首から下はだけにされても生きていたが、すぐ元通りに復活した。
  • 先述の「天才ウナギイヌ」の扉には、背中にマントを着けオートバイに乗るウナギイヌが掲載、その上に『月光仮面』主題歌『月光仮面は誰でしょう』の替え歌による「ウナギイヌの歌」が掲載されていた。この歌は曙出版講談社から発売された単行本には収録されていなかったが、竹書房から発売された文庫本には掲載されている。なお『月光仮面』の原作者・川内康範はこのウナギイヌに大喜び、後に赤塚の自宅に遊びにいった際、23年間守った禁酒を破って赤塚と酒を飲み交わしたという[6]
  • 1999年からテレビ東京系列で放送されたアニメ第4作『レレレの天才バカボン』では、Aパートの前に登場して「こんばんは、ウナギイヌですワン。バカボンを見るときは、部屋を明るくして、テレビから離れて見てください」と視聴者に語りかけていた。また、白いウナギイヌがウナギイヌの恋人?として出演した。
  • また、これ以前の1990年にフジテレビ系列で放送されたアニメ第3作『平成天才バカボン』では、最終回のラスト、それまで放送された映像を見ていたレギュラー陣と全ゲストキャラが登場、さらにそのシーンを見ていた全キャラ→それを見ていた全キャラ…と連続メタフィクションオチが続いたところで登場し、「まったく、いい加減にしてほしいですねぇ。では、ごきげんよう」と言いながら番組を締めくくった。
  • TBS系列で放送された番組『おサイフいっぱいクイズ!QQQのQ』ではオープニングに本官さんと一緒に登場し、タイトルデザインのモチーフにもなった。
  • 2013年3月15日より東京ガスエネファーム」のテレビコマーシャルに「電気ウナギイヌ」として登場している[7]。こちらは腹にコンセントがあり、ヒゲが黄色くギザギザしたもの(電気の象徴化)になっている。声は田原アルノが担当[8]。また、同年12月27日放送開始のコマーシャルからは体色が緑で「電気ウナギイヌ」のいとこという設定の「節電気ウナギイヌ」も登場している[9]
  • 文化人類学者ジョン・G・ラッセル(岐阜大学教授)の著書『日本人の黒人観―問題は「ちびくろサンボ」だけではない』の中では、ウナギイヌを黒人メタファーであると誤解、糾弾する箇所があるが、赤塚にこのキャラクターに関するそのような認識はない。

脚注[編集]

  1. ^ 浜松市メールマガジン 市長インタビュー 浜松市マスコットキャラクター誕生” (日本語). 浜松市 (2007年6月22日). 2013年4月19日閲覧。
  2. ^ 『静岡新聞』2012年1月12日付朝刊1面。
  3. ^ 『天才バカボン』12、竹書房1995年、256 - 257頁。
  4. ^ これは日本で話されたことであり、中国・台湾・韓国などでは犬も食べる。犬食文化を参照。
  5. ^ 長谷邦夫『ギャグに取り憑かれた男』に詳細が書かれている。なお、ウナギイヌを生むキッカケを作った五十嵐は、2009年現在講談社の専務取締役であり、またこれとはやや異なる証言をしている。講談社『少年マガジン・トリビア134』によると、ウナギ屋に行こうとした赤塚と押し問答になった末、観念した赤塚が外を眺めながら、「犬もウナギに見えてきた」とこぼしたことからウナギイヌのアイデアが生まれたのだという。
  6. ^ 『赤塚不二夫マンガ大全「ぜんぶ伝説のマンガなのだ!!」』 宝島社2011年、106頁。
  7. ^ 家庭用燃料電池「エネファーム」の 最新テレビコマーシャルを3月15日(金)から放映開始”. 東京ガス株式会社 (2013年3月14日). 2013年3月21日閲覧。
  8. ^ 田原アルノ公式ブログ 2013年3月16日
  9. ^ 家庭用燃料電池「エネファーム」の最新テレビコマーシャルを12月27日(金)から放映開始 東京ガス 2013年12月26日

外部リンク[編集]

浜松市マスコットキャラクター【はままつ福市長】
先代
-
(制定前なのでなし)
2007年度 - 2011年
ウナギイヌ
次代
2012年度 -
出世大名家康くん