海賊王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海賊王子
アニメ
原作 石森章太郎(原案)
脚本 吉野次郎浜田稔山浦弘靖、荒木けんじ
音楽 宮崎尚志
アニメーション制作 東映動画
製作 東映動画
放送局 NET(現・テレビ朝日)系列
放送期間 1966年5月2日 - 1966年11月28日
話数 全31話
漫画:少年キング版
原作・原案など 石森章太郎
作画 いずみあすか(赤塚不二夫、石森章太郎)
出版社 少年画報社
掲載誌 週刊少年キング
発表号 1966年10号 - 1966年22号
漫画:まんが王版
原作・原案など 石森章太郎
作画 いずみあすか(赤塚不二夫、石森章太郎)
出版社 秋田書店
掲載誌 まんが王
発表号 1966年8月号 - 1966年11月号
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

海賊王子』(かいぞくおうじ)は、1966年5月2日から同年11月28日までNET(現・テレビ朝日)系列局で放送されていた石森章太郎(後の石ノ森章太郎)原案、東映動画(現・東映アニメーション)制作のテレビアニメである。全31話。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

東映動画初の海洋冒険アニメで、『ピーター・パン』や『シンドバッドの冒険』の影響が見受けられるキャラクターコスチュームとストーリー展開が特徴[1]。主役のキッドの声を担当していた古谷徹(当時12歳)は、本作がデビュー作にして初主演作となった。

また、本作は大丸デパート単独提供のアニメ枠『大丸ピーコック劇場』の第3作にして最終作である。本作放送期間中の1966年10月に、木曜21:00枠で同じく大丸デパート提供のドラマ枠『大丸名作劇場』(毎日放送製作)がスタートしたが、それ以後も本作は同店の提供で放送され続けたのか、複数社提供へ移行したのかは不明。

ストーリー[編集]

カリブ海の島に住む少年キッド。ある日キッドは、育ての親が死んだ時、自分はかつて7つの海を制覇した海賊王モーガンの息子であった事を知る。そして少女パール・長老クラップ達と共に、愛船ハリケーン号で世界の海へと出発した。だが行く手には、貪欲者の海賊・虎フグがあの手この手で邪魔をする。キッド達は虎フグと戦いながら、世界の海を旅していくのであった。

登場人物[編集]

キッド
- 古谷徹(第1話のみ千葉重樹
主人公。海賊王と言われた亡きモーガン船長の息子で、ハリケーン号の船長となって冒険の旅に出る。
パール
声 - 坂倉春江
クラップの孫。勝ち気で、キッドと対立する事が多い。
虎フグ
声 - 永井一郎
帆船バラクーダ号の船長である、貪欲者の海賊にしてキッドの宿敵。ハリケーン号や財宝を横取るべく、キッド達のいる所のどこにでも現れる。口三味線でファンファーレを言うのが癖。
カトル
声 - 和久井節緒
キッドの部下。長身で呑気者。
オクトパス
声 - 加藤修
キッドの部下。小柄で慌て者。
シャーク
声 - 須磨啓
キッドの部下。銃とナイフの名手でニヒル。
バド
声 - 立壁和也
キッドの仲間であるアホウドリ。キッドを脚に掴まらせて飛ぶ。
クラップ
声 - 寄山弘
ハリケーン号の長老。モーガン船長の頃からハリケーン号に乗っていたベテラン。
モンク
声 - 白石冬美
キッドの仲間であるサル
ドラ
声 - 不明
虎フグのペットにして、唯一の部下であるシャムネコ。いつも虎フグの海賊帽の中に隠れている。虎フグには忠実だが、弱い者には陰険。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「海賊王子」
作詞 - 吉野次郎 / 作曲 - 服部公一 / 歌 - 友竹正則上高田少年合唱団朝日ソノラマ
エンディングテーマ「海賊稼業はやめられない」
作詞 - 浦川けんじ / 作曲 - 宮崎尚志 / 歌 - ボーカル・ショップ

サブタイトル[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 美術 作画監督 演出
1 5月2日 南海の王子 吉野次郎 福本智雄 菊池貞雄 黒田昌郎
2 5月9日 鮫と宝石(世紀の大レース) 浜田稔
3 5月16日 幻の白鯨 羽根章悦 矢吹公郎
4 5月23日 がめつい魔女 田島実 田中亮三
5 5月30日 どくろ島の姫君 近藤英輔 茂野一清
6 6月6日 海賊プロレス大会 山浦弘靖 久岡敬史
7 6月13日 魔の人魚島 小華和為雄 高見義雄
8 6月20日 虎フグのニセ紳士 田島実 田中亮三
9 6月27日 海底の秘宝 小華和為雄 久岡敬史
10 7月4日 ガロン島の燃える水 中根芳明 鈴木伸一 茂野一清
11 7月11日 地中海をつっぱしれ 山口康男 菊池貞雄 山口康男
12 7月18日 海賊野郎 浜田稔 明比正行
13 7月25日 バラクーダの宝 三木瀬たかし 田島実 田中亮三
14 8月1日 海賊同盟 矢吹公郎 羽根章悦 矢吹公郎
15 8月8日 虎フグ作戦 三木瀬たかし 菊池貞雄 高見義雄
16 8月15日 珍宝島 吉野次郎 鈴木伸一 茂野一清
17 8月22日 サーカス気ちがい 荒木けんじ
黒田昌郎
小華和為雄 黒田昌郎
18 8月29日 消えた王冠 荒木けんじ
田中亮三
田島実 田中亮三
19 9月5日 女王様を救え 山浦弘靖
原田大吉
近藤英輔 明比正行
20 9月12日 替え玉王子 浜田稔 菊池貞雄 久岡敬史
21 9月19日 ペテン師に御用心 柴田夏余 我妻宏 永樹凡人
大谷恒溝
22 9月26日 おてんばなパール 山浦弘靖 小華和為雄 山口康男
23 10月3日 怪盗ウミボーズ団 若林一郎 田島実 高見義雄
24 10月10日 サファイアの唄 若井基成
柴田夏余
近藤英輔 明比正行
25 10月17日 海賊ドリンクで乾杯 柴田夏余 我妻宏 永樹凡人
大谷恒溝
26 10月24日 わなにかかるな 浜田稔 田島実 高見義雄
27 10月31日 なぞの黒覆面 吉野次郎 沼井肇 近藤英輔 明比正行
28 11月7日 ドンダ海峡を突破せよ 浜田稔 田島実 大谷恒溝
29 11月14日 海のならず者 なべたくや 近藤英輔 明比正行
30 11月21日 人魚狩り 若林一郎 田島実 大谷恒溝
31 11月28日 海賊旗よ永遠に 荒木けんじ 近藤英輔 明比正行

[2]

放送局[編集]

映像ソフト化[編集]

  • 2005年4月20日発売の『東映アニメモノクロ傑作選 Vol.2』に全31話の中から厳選された4話が収録されている。2006年1月25日にはこれの単品DVDが発売された。
  • 2008年7月21日発売の『石ノ森章太郎生誕70周年記念DVD-BOX』に第1話が収録されている。
  • 2016年4月29日発売の『海賊王子 DVD-BOX デジタルリマスター版』に全話が収録されている。

漫画[編集]

アニメの放送に合わせ、同名の漫画作品が『週刊少年キング』(少年画報社)に1966年10号から同年22号まで「企画 - 東映動画 / 原作 - 石森章太郎 / まんが - いずみあすか」名義で連載されていた。いずみあすかは赤塚不二夫と石森の共同ペンネームである[4]。設定は基本的にアニメと変わらないが、虎フグの愛船「バラクーダ号」が帆船ではなく潜水艦になっている。

他にもいずみあすかによる同名の漫画作品があり、『まんが王』(秋田書店)に1966年8月号から同年11月号まで連載されていた。こちらはキャラクターの一部がアニメと異なっている。キッドは本名を「ハヤト」といい、日本の若君の出身。クラップは「カニエモン」となっており、元家老という設定だった。また、ドラは「キャットン」、バラクーダ号は「ガラクータ号」となっていた(形状は少年キング版と同じ)。

脚注[編集]

  1. ^ 海賊王子 - TOEI ANIMATION”. 東映アニメーション. 2015年5月18日閲覧。
  2. ^ 「東映動画アーカイブス」(ワールドフォトプレス)149頁 2010年
  3. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1966年(昭和41年)11月 テレビ欄
  4. ^ 『赤い火と黒かみ(1)』(U・マイア(赤塚不二夫・水野英子・石ノ森章太郎), いずみあすか((赤塚不二夫・石ノ森章太郎))|講談社コミックプラス”. 講談社. 2015年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]

NET系列 月曜19:00枠
(本作まで『大丸ピーコック劇場』枠)
前番組 番組名 次番組
ハッスルパンチ
(1966年1月10日 - 1966年4月25日)
海賊王子
(1966年5月2日 - 1966年11月28日)
魔法使いサリー(第1作)
(1966年12月5日 - 1968年12月30日)
NET系列 大丸デパート単独提供枠
(本作まで『大丸ピーコック劇場』枠)
ハッスルパンチ
(1966年1月10日 - 1966年4月25日)
※月曜19:00枠
海賊王子
(1966年5月2日 - 1966年11月28日)
※月曜19:00枠
大丸名作劇場
(1966年10月20日 - 1967年8月24日)
※木曜21:00枠