週刊ぼくらマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

週刊ぼくらマガジン』(しゅうかんぼくらマガジン)は、『週刊少年マガジンの弟分』として講談社より発行されていた漫画雑誌である。1969年1号(11月18日)から1971年23号(6月1日)まで発行された。

当時、『週刊少年マガジン』が大学生にも読まれるようになるなど、まんが読者層の高年齢化が進行していた。そのため低年齢層向けの雑誌として、幼年向け月刊雑誌『ぼくら』を誌名変更・週刊化して創刊されたが、およそ1年半で『週刊少年マガジン』に統合される形で廃刊となった。

対象年齢層を考慮し、掲載作品にはヒーロー漫画やSF漫画が多く、テレビ作品とのタイアップにも積極的な傾向が見られた。

アニメ監督の新房昭之は一番好きな漫画雑誌として本誌を挙げている[1]。小学生の中・高学年向けという触れ込みだが、トラウマになりそうな漫画ばかりでとても小学生が読むような漫画ではなかった、と語っている。

主な連載作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「夜想bis+新房監督(秘)インタビュー番外篇」2011年刊行