太田克史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 克史(おおた かつし、1972年3月22日 - )は、日本男性編集者である。2020年現在、講談社の100%出資子会社として設立された出版社・星海社の代表取締役社長[1]

経歴[編集]

岡山県倉敷市出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。1995年に講談社入社、『別冊フレンド』編集部へ配属される。1998年、文芸局文芸図書第三出版部(通称「文三」)へ異動。講談社ノベルスを中心に京極夏彦清涼院流水上遠野浩平舞城王太郎佐藤友哉西尾維新奈須きのこ竜騎士07などの若手小説家を担当。文芸雑誌『メフィスト』の編集に従事する。通称"J"。

2003年、講談社の社内公募企画で最優秀評価を受け、講談社史上最年少の編集長として。ひとり編集部体制で文芸誌『ファウスト』を創刊する。長く講談社文芸図書第三出版部所属だったが、2006年10月に新設された海外文芸出版部に異動。特例に近い形で文芸レーベル「講談社BOX」を創刊。ここ数十年では異例のスピードで部長に就任する。

いわゆる新本格ムーブメントを作り上げた編集者・宇山日出臣の影響を色濃く受けた編集者の一人。「最強」「最前線」「天才」「傑作」といった大げさな表現を誌面で多発する傾向がある。

2006年11月に立ち上げた講談社BOXは小説・漫画・ノンフィクションを取り扱う総合レーベルを目指し、編集長を務めた。なお、『ファウスト』編集長は講談社BOX編集長就任後も兼任している。

『ファウスト』編集部も文三とは別のフロアにあったが、講談社BOX編集部は講談社本社ビルではなく、2007年に野間道場の建て替えのため建てられた講談社第1別館にオフィスを構えた。編集部には講談社の社員は太田以外一人だけだったが、後に増員された。当時は講談社の中ではもっとも平均年齢が若い編集部だった。

2008年12月、講談社BOX編集長(部長)から異動し、講談社文芸局付き担当部長という形で、講談社BOXから離れている。「講談社BOXを次の段階にすすめるために必要なこと」とコメントされている。

2010年、文芸局管轄になり、文三と合流した講談社BOXから独立する形で設立された新会社・星海社の副社長に就任。担当作家陣からは西尾維新、舞城王太郎、清涼院流水を除く主力作家が合流し、代わりに芝村裕吏などが加わり、『ファウスト』編集長も変わらず兼任している。

2020年、星海社代表取締役社長に就任。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]