吉川英治賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉川英治賞(よしかわ えいじしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が、優れた文学小説、並びに文化活動に取り組んだ人物や団体に贈賞する制度。

贈賞内容[編集]

前身[編集]

現在の吉川英治賞の前身は、1962年2月に創設された毎日新聞主催の文学賞。吉川英治が存命中の1962年に、受賞した毎日芸術大賞の賞金を毎日新聞社に寄託し、新人作家育成のための「吉川英治賞」が創設された。この毎日新聞主催の「吉川英治賞」は三回の授賞発表があった。1965年の第3回の授賞発表の翌年、財団法人吉川英治国民文化振興会が設立され(事務所は講談社内)、現在の吉川英治賞の制度になった。[1]

毎日新聞主催の吉川英治賞の受賞作一覧

脚注[編集]

  1. ^ 吉川英治賞 公募型で始まったはずが、いつの間にやら姿を変える。” (2010年8月15日). 2014年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c 吉川英治賞受賞作候補作一覧”. 2014年9月23日閲覧。