覇王マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

覇王マガジン』(はおうまがじん)は、1993年から1997年にかけて講談社が刊行していたゲーム雑誌(創刊時の雑誌名は『覇王 -HAOH-』)。

概要[編集]

講談社は、子会社のアスク講談社(現・アスク)がゲームソフトの開発・販売に進出していたものの集英社小学館などに比べるとゲーム業界とはある程度の距離を置く関係を続けて来た。ところが、1993年に一転してゲーム雑誌参入を表明し同年9月に『コミックボンボン』のゲーム担当編集者らが中心となって『覇王』が創刊された。当初は月刊誌で、創刊時から半年後に月2回刊へ移行することを宣言していた。

毎号、漫画家がリレー形式で表紙を手がけており創刊号は大友克洋、この他に 安彦良和麻宮騎亜島本和彦石川賢なども表紙を描いている。また、ラジオ番組佐竹雅昭の覇王塾』(文化放送)との番組・誌面での連動も行っていた。

しかし、1994年末の次世代ゲーム機ラッシュに伴うゲーム雑誌の氾濫で部数が低迷。1996年3月より『月刊覇王マガジン』に改題し、『Vジャンプ』(集英社)や『ファミ通ブロス』(エンターブレイン)に近い路線へリニューアルしたが、部数は回復せず1997年5月号を最後に休刊した。

特徴[編集]

『覇王』の頃はスーパーファミコンとメガドライブのゲームを多く紹介しており、一方でPCエンジンに関しては少なめであった。スーパーファミコンの一部のゲームソフトの容量を他誌では明示していたのに対し、『覇王』は“容量未定”とするなど、他のゲーム誌に比べて情報収集は遅かった。レビューについては、1990年代まで講談社が得意としていた『機動戦士ガンダム』系のゲームや講談社系の漫画を題材にしたキャラクターゲーム等は、他誌のレビューよりも評価が甘いという指摘もある。

『覇王マガジン』時代には、プレイステーションとセガサターンのソフトの紹介をするようになったが、情報の遅れは変わらず、ガンダム関連のゲームの特集ページにほとんどを費やすようになった。特に小学館集英社などの他誌からとのタイアップ作品は、一切掲載せず、講談社のメディアミックス路線の一環としてのゲーム情報誌の立場を堅持した。

『覇王』のイメージキャラクターとして、当時の人気格闘家佐竹雅昭を起用し「佐竹雅昭の覇王塾」というミニコーナーを連載していた。また、『覇王』のタイアップ番組に『スーパーゲームクイズ覇王』(テレビ東京系)も存在した。

ゲーム攻略本[編集]

『覇王』が創刊される前は、『コミックボンボン』のムックでゲーム攻略本を刊行していたが、『覇王』創刊後にゲーム攻略本「覇王ゲームスペシャル」として1994年に刊行。主に『覇王』と『覇王マガジン』で掲載されたゲームを中心に、中にはカプコンから発売されたディズニー系のゲームの攻略本も刊行していた。また、現在小学館の独占になっている『ポケットモンスター』(一部の作品による)の攻略本も出していた。 『覇王マガジン』本誌の休刊後も、『コミックボンボン』のゲームコーナーなどで紹介していたゲーム(『メダロット』『ロックマン』他)をメインに刊行。2001年まで“覇王”ブランドで刊行された。

現在、講談社が刊行するゲーム攻略本は「講談社ゲームBOOKS」で、こちらは主にバンダイナムコゲームス(『ゴッドイーター』など)、セガ(『戦場のヴァルキュリア』『シャイニングシリーズ』など)のゲームソフト(PSPPS3などSCEI系ハードで発売されたゲームソフトのみ扱う)と講談社系キャラクターゲーム(こちらも主にSCEI系ハードで発売されたゲームソフトのみ扱う)を中心に刊行中。このため、任天堂系(WiiDS3DSほか)ハードで発売されたゲームソフトの攻略本は一切刊行されていない。かつてはアーケードゲーム『三国志大戦』シリーズの攻略本も出していたが、『~猛き鳳凰の天翔』以降の新バージョン対応の攻略本は発売されていない。

ガンダム関連のゲームソフト攻略本も「覇王ゲームスペシャル」と「講談社ゲームBOOKS」の両誌で刊行されていたが、2005年発売のPS2ソフト『機動戦士ガンダム 一年戦争』を最後に、現在ガンダム関連のゲーム攻略本は刊行されていない。

エニックス(当時)のゲーム『スターオーシャン』シリーズ、『ヴァルキリープロファイル』を講談社が全面的にプッシュしていたため、ゲーム攻略本も刊行していたが、スクウェア・エニックス合併後は刊行されていない。

連載漫画[編集]

『覇王』と『覇王マガジン』で連載された代表作はこちら。このうち『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』と『新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST』は、その後ボンボンKCで再版された。