野間佐和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野間 佐和子(のま さわこ、1943年7月27日 - 2011年3月30日[1])は、株式会社講談社6代代表取締役社長日本雑誌広告協会理事長読書推進運動協議会会長日本出版クラブ会長国際文化フォーラム会長。元テレビ朝日非常勤監査役。活字文化推進会議推進委員[2]

東京都文京区出身[3]

人物[編集]

「講談社中興の祖」と呼ばれた4代社長野間省一の長女(一人娘)。1964年三菱電機に勤務していた阿南惟道(野間惟道)との結婚が決まると、当時通っていた清泉女子大学文学部英文科を中退。翌1965年に惟道を婿養子に迎える形で結婚し、家庭に入った。

1987年、5代社長に就任していた夫・惟道の急死を受け、6月20日付で6代社長に就任。専業主婦からの転身となったが、同年9月に刊行した村上春樹著『ノルウェイの森』をはじめ、24年間の在任中に数々のベストセラーを世に送り出した。1990年代後半には年間売上高を2000億円を超えるまでに伸ばしたが、近年はいわゆる「出版不況」により売上高が減少。2002年度には戦後初の赤字決算も経験し、業績改善に努めた。

1996年から講談社インターナショナル社長を兼務[4]

一方、主婦経験をもとに、子どもの読書推進運動に取り組み、児童文学シリーズや絵本を積極的に刊行した。絵本をキャラバンカーに積んで各地の幼稚園公民館を巡回し、読み聞かせをする「全国訪問おはなし隊」を、1999年に創設。在任中の実施回数は1万3000回を数えた。

2011年2月23日、講談社は、4月中旬を目途とした社長交代を公表[5]。佐和子は会長に退き、7代社長に、長男で副社長の野間省伸が昇格することになった[6]。しかし、社長交代予定直前の3月30日に、社長在任のまま心不全のため東京都内の病院で死去。67歳没[1]。翌31日、省伸が予定を繰り上げて後任社長に就任した。

家族[編集]

学歴[編集]

映画製作[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “講談社の野間佐和子社長が死去 67歳”. 朝日新聞. (2011年3月30日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0330/TKY201103300304.html 2011年3月30日閲覧。 
  2. ^ 読売人物データベース
  3. ^ 朝日新聞人物データベース
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 講談社、デジタルと海外強化 野間次期社長”. 日本経済新聞 (2011年2月24日). 2011年3月30日閲覧。
  6. ^ 講談社、社長交代へ…野間省伸副社長が昇格”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). 2011年3月30日閲覧。
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
先代:
野間惟道
講談社社長
第6代(1987年 - 2011年
次代:
野間省伸