mimi (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
mimi
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少女
刊行頻度 月刊→月2回刊→月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 230円 (創刊時)
出版社 講談社
刊行期間 1975年8月(1975年10月号)- 1996年12月(1997年2月号)
レーベル 講談社コミックスmimi

mimi』(ミミ)は、講談社が発行していた日本の少女向け漫画雑誌1975年8月に創刊。1996年12月に休刊。

概要[編集]

1975年8月に創刊。当初は10代後半の女性をターゲットに、少女漫画のほかアイドルやファッション情報なども掲載。1980年代にはティーン向けのコミック誌として、『あさきゆめみし』(大和和紀)、『アイドルを探せ』(吉田まゆみ)などの作品で人気を得た。1990年代には、「ENTERTAINMENT FOR YOUNG」「新・ドラマチックコミック!」とキャッチフレーズを変えたが、1996年12月に休刊となった。

歴史[編集]

  • 1975年8月 - 『月刊ミミ(mimi)』創刊(1975年10月創刊号)。
  • 1983年6月 - 『Fortnightly mimi』として月2回刊に変更(1983年6月24日号)。発売日は第2・4金曜日。少女誌・女性誌には珍しい中綴じに変更された。
  • 1992年1月 - 『Monthly mimi(月刊ミミ)』として再び月刊化(1992年3月号)。発売日は毎月28日。再び平綴じに変更。
  • 1996年12月 - 1997年2月号を最後に休刊。

主な掲載作品[編集]

姉妹誌[編集]

  • mimi Excellent(ミミエクセレント)
1985年11月に季刊誌として創刊。2月、5月、8月、11月に発売。「ミミ特別編集」との位置づけで、『mimi』に掲載されていた『あさきゆめみし』(大和和紀)のほか、『天上の虹』(里中満智子)、『美人秘書香都子さんの事件簿シリーズ』(西尚美)などの作品も連載された。1993年に休刊。
  • mimi DX(ミミデラックス)
1978年11月に季刊誌として創刊(創刊号は1979年冬の号)。2月、5月、8月、11月に発売。1982年に月刊化するが、1987年、『mimi Carnival』に誌名を改める。
  • mimi Carnival(ミミカーニバル)
1987年に月刊誌として創刊。『mimi DX』の後継誌。毎月8日発売。1997年11月に発売された12月号を最後に休刊。翌月、Kiss(後述)の姉妹誌『Kiss Carnival』として再出発。
1992年、『mimi』の若手作家の作品を中心にして創刊。『mimi』休刊後は軽部潤子、小野佳苗などが活躍の場を移し、事実上の後継誌となった。

KCmimi[編集]

  • 1976年に創刊。背表紙にはKCの二段組みに筆記体で「mimi」というデザインが特徴であり、廃止される1997年まで使われていた。

初期のデザインは「Koudansha Comics mimi」(mimiという部分は筆記体)という2.4cmの自由に色指定ができる色付きの塗りつぶしラインが特徴だった。 その後、表紙の上部のラインは廃止となり、全面的に表紙画が配置され、逆三角の二段組みデザインでKC(上段)、mimi(筆記体)と表記されるレーベルロゴを用いる。