Kiss (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Kiss
ジャンル ヤング・レディース
読者対象 20代女性 - 40代女性[1]
刊行頻度 月刊(毎月25日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 540円
出版社 講談社
編集部名 Kiss編集部
発行人 林田慎一郎
編集長 冨澤絵美[2]
雑誌名コード 02993
刊行期間 1992年3月16日(1992年4月号) -
発行部数 24,667部(2024年1月 - 2024年3月日本雑誌協会調べ)
レーベル 講談社コミックスKiss
ウェブサイト Kiss公式サイト
テンプレートを表示

Kiss』(キス)は、講談社が発行する日本漫画雑誌。刊行頻度は月刊であり、毎月25日に発売される[3]

概要[編集]

本誌は、講談社から発行されていた漫画雑誌・『mimi』の別冊として[4]1992年に創刊された[5]

刊行頻度・発売日は時期によって変化している。創刊当時は月刊で[5]、毎月16日に発売されていた。その後、1997年4月10日より月2回刊化され、毎月10日・25日に発売された。2013年3月25日より再び月刊誌となる[5]

掲載作品の傾向[編集]

本誌は「読むと恋をする」をキャッチフレーズとしており[6]、恋愛漫画を中心に大人女性の王道を目指すという編集方針が掲げられている[7]。掲載作品には、仕事や恋愛について、働く女性の「リアル」と「本音」を描いた作品が多く[8]、20代から30代の女性をメインターゲットとしつつ、それ以上の年代の女性にも親しまれている[3]

本誌の元編集長である鈴木学は、本誌のカラーを作った漫画家として、こやまゆかり小沢真理の2人を挙げている[7]

連載作品[編集]

※2024年6月号時点。作品名五十音順。

過去の主な連載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や・ら・わ行[編集]

  • ヤマありタニおり(日下直子):2009年17号 - 2010年15号
  • 夜明け前のうた(花本鹿乃子):2016年8月号 - 2018年4月号
  • 余命一年、男をかう(原作:吉川トリコ、漫画:志真てら子):2022年3月号[41] - 2023年4月号
  • ライン(西村しのぶ):1997年11号 - 2005年4号
  • ラブリラン(天沢アキ):2014年8月号 - 2016年1月号
  • レッドポイント(六花チヨ):2010年20号 - 2011年20号
  • 恋愛の美子ちゃん(小坂かおる):1998年23号 - 2000年1号
  • れんと。(軽部潤子):2006年1号 - 2008年9号
  • ワーキングピュア(小山田容子):2007年8号 - 2011年16号
  • 私の愛した母の恋人(須野ゆき子):2022年5月号 - 2023年6月号
  • わたしのお嫁くん(柴なつみ):2018年6月号 - 、2019年4月号[42] - 2023年11月号[21] ※シリーズ連載[42]
  • 私の町の千葉くんは。(おかもととかさ):2019年11月号 - 2021年9月号 ※『ハツキス』より移籍
  • ワンダフルライフ?(ケイケイ):2007年12号 - 2012年4号

講談社コミックスKiss[編集]

講談社コミックスKissは、『Kiss』に掲載された作品を収録する漫画単行本レーベルである。1993年に創刊された。

2017年現在、同レーベル最大のヒット作は『のだめカンタービレ』であり、単行本の累計発行部数は3700万部を記録している[3]

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、202,583部[43]
  • 2004年9月 - 2005年8月、183,208部[43]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、176,958部[43]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、167,600部[43]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、159,250部[43]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、145,542部[43]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、127,962部[43]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、104,834部[43]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、93,559部[43]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、85,889部[43]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、84,764部[43]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、82,221部[43]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、79,647部[43]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、76,072部[43]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日、70,308部[43]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日、57,967部[43]
  • 2019年10月1日 - 2020年9月30日、45,042部[43]
  • 2020年10月1日 - 2021年9月30日、37,242部[43]
  • 2021年10月1日 - 2022年9月30日、30,600部[43]
  • 2022年10月1日 - 2023年9月30日、28,258部[43]

関連誌[編集]

  • 1997年 - 『mimi』の姉妹誌、『mimi Carnival』の流れをくむ『Kiss Carnival』が創刊し、2001年まで刊行されている。
  • 2001年 - 本誌の姉妹誌として『One more Kiss』が創刊。
  • 2006年 - 本誌の増刊号として『Beth』が創刊し、2008年まで刊行された。
  • 2007年 - 『One more Kiss』休刊。
  • 2008年 - 『One more Kiss』後継誌、『Kiss PLUS』が創刊し、2014年まで刊行された。
  • 2014年 - 『Kiss PLUS』休刊後に後継誌、『ハツキス』が創刊された[44]
  • 2021年 - 『ハツキス』が36号をもって休刊した[45]

脚注[編集]

  1. ^ Kiss|講談社AD STATION 講談社
  2. ^ “Vol.2 殺し屋、桃太郎、イケメン、猫…多種多様なテーマに沿った作品26選”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年2月1日). https://natalie.mu/comic/column/462684 2022年2月2日閲覧。 
  3. ^ a b c 木俣冬 (2017年2月8日). “『逃げ恥』『東京タラレバ娘』『のだめカンタービレ』など『Kiss』の漫画がヒットドラマになる理由”. Yahoo!ニュース. 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。
  4. ^ 編集長の部屋 (5) 前編:Kiss 鈴木学編集長-漫画家と編集者の関係は「友達以上恋人未満」かな(笑)”. トキワ荘プロジェクト公式サイト. NPO法人NEWVERY (2014年11月5日). 2017年7月30日閲覧。
  5. ^ a b c Kissが月刊誌にリニューアル、3月25日発売号から”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年2月10日). 2017年7月30日閲覧。
  6. ^ 女性誌”. 講談社. 2017年7月30日閲覧。
  7. ^ a b 編集長の部屋 (5) 中編:Kiss 鈴木学編集長-初代Kiss編集長にさんざん言われたんです。「ヌカ味噌くさい漫画を作るなよ」って(笑)。”. トキワ荘プロジェクト公式サイト. NPO法人NEWVERY (2014年11月12日). 2017年7月30日閲覧。
  8. ^ 『このマンガがすごい!』編集部 編『このマンガがすごい!2017』宝島社、2016年、80頁。ISBN 978-4-8002-6449-7 
  9. ^ 人恋しいOLと距離感がおかしいイケメンのラブストーリー「いじわるお兄ちゃん」”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年12月23日). 2023年10月25日閲覧。
  10. ^ a b 義理姉弟の家庭内恋愛&嘘から始まるラブストーリー、KissでW新連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年10月25日). 2023年11月25日閲覧。
  11. ^ 小川彌生の新連載「エメとヒメ」がKissで、姉妹同然に育った少女と犬を描くショート”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年6月23日). 2023年10月25日閲覧。
  12. ^ 「イチケイのカラス」浅見理都の新連載がKissで、父を殺された主人公描くサスペンス”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年7月25日). 2024年3月25日閲覧。
  13. ^ 正反対な女2人の“仲良くない”同居生活、海野つなみの新連載「クロエマ」がKissで”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年8月25日). 2023年10月25日閲覧。
  14. ^ 「ブルーサーマル」小沢かなの新連載がKissで、忘れられない恋を描くラブストーリー”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年4月25日). 2023年10月25日閲覧。
  15. ^ a b c “志村貴子「おとなになっても」がKissで完結、胸騒ぎの大人の百合物語”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年8月24日). https://natalie.mu/comic/news/538091 2023年10月25日閲覧。 
  16. ^ 児童養護施設で育った幼なじみを描くラブストーリー、有賀リエ「零れるよるに」”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年9月24日). 2023年10月25日閲覧。
  17. ^ 日々の杏 2024年1月17日のポスト2024年1月25日閲覧。
  18. ^ 「御手洗家、炎上する」藤沢もやしの新連載がKissで、永野芽郁との対談も掲載”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年7月25日). 2023年10月25日閲覧。
  19. ^ 志村貴子「こいいじ」スピンオフ新連載、歳の差夫婦が織りなすマリッジストーリー”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年4月25日). 2024年4月25日閲覧。
  20. ^ 「重版出来!」の松田奈緒子が描く大人のラブロマンスがKissで、ナガノ描き下ろし付録も”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年12月25日). 2024年3月25日閲覧。
  21. ^ a b 子供を守る少年課の警察官描くお仕事コメディ「ヤングダイヤル」、kissで新連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年9月25日). 2023年10月25日閲覧。
  22. ^ a b c d e “天沢アキ&上野はる菜の新連載がKissで始動、「サギ、欲情に鳴く」の移籍連載も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月25日). https://natalie.mu/comic/news/429642 2024年2月24日閲覧。 
  23. ^ a b “オノ・ナツメがKiss初登場、平均年齢70歳の大人の恋描く新連載「僕らが恋をしたのは」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年6月25日). https://natalie.mu/comic/news/434188 2024年2月24日閲覧。 
  24. ^ a b “女装趣味のサラリーマン描く、木原音瀬「美しいこと」コミカライズがKissで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年3月25日). https://natalie.mu/comic/news/372665 2024年3月25日閲覧。 
  25. ^ a b “志村貴子が大人の女性同士の恋を描く新連載「おとなになっても」Kissで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年3月25日). https://natalie.mu/comic/news/325286 2024年3月25日閲覧。 
  26. ^ “セクハラ・パワハラ被害に迫る、ももち麗子「問題提起シリーズ」新章がKissで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年7月25日). https://natalie.mu/comic/news/292592 2024年3月25日閲覧。 
  27. ^ “石田拓実「カカフカカ」がKissで完結、添い寝から始まる大人のラブストーリー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年11月25日). https://natalie.mu/comic/news/406142 2024年3月25日閲覧。 
  28. ^ “「姉の友人」のばったんがKissで新連載、絶縁状態の姉妹描く「けむたい姉とずるい妹」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年8月25日). https://natalie.mu/comic/news/442361 2024年2月24日閲覧。 
  29. ^ “みくりと平匡さんが帰ってくる!「逃げるは恥だが役に立つ」Kissで再び連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月24日). https://natalie.mu/comic/news/309270 2024年3月25日閲覧。 
  30. ^ a b “海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」がフィナーレ、結婚生活やみくりの妊娠描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年2月25日). https://natalie.mu/comic/news/368537 2024年3月25日閲覧。 
  31. ^ a b c “オノ・ナツメ、天沢アキ、上野はる菜らが登場、Kiss新連載ラインナップ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年4月24日). https://natalie.mu/comic/news/425839 2024年2月24日閲覧。 
  32. ^ “東村アキコ「東京タラレバ娘」の番外編がKissで、アラサー3人組のその後を描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月25日). https://natalie.mu/comic/news/305130 2024年3月25日閲覧。 
  33. ^ 『東京タラレバ娘 リターンズ』(東村 アキコ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年3月25日閲覧。
  34. ^ “令和時代の“タラレバ娘”を描く、東村アキコ「東京タラレバ娘」新シリーズ開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月25日). https://natalie.mu/comic/news/329374 2024年3月25日閲覧。 
  35. ^ a b “「東京タラレバ娘」シーズン2が完結、夢も目標もないフリーター女子の奮闘描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年9月25日). https://natalie.mu/comic/news/446624 2024年2月24日閲覧。 
  36. ^ a b c “実写映画&ドラマ化も果たした、有賀リエ「パーフェクトワールド」がKissで完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/413707 2024年3月25日閲覧。 
  37. ^ 『Travel journal』(海野 つなみ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年3月25日閲覧。
  38. ^ “海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」みくり&平匡の結婚生活編がKissで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/317310 2024年3月25日閲覧。 
  39. ^ Kiss 2024年4月号”. Kiss-読むと恋をする-講談社の女性漫画誌-. 講談社. 2024年2月24日閲覧。
  40. ^ “板垣巴留が個性豊かな家族との思い出を綴る「パルノグラフィティ」Kissでスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月25日). https://natalie.mu/comic/news/348861 2024年3月25日閲覧。 
  41. ^ “がん宣告を受けたアラフォーOLがピンク頭のホストと出会う「余命一年、男をかう」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/463095 2024年2月24日閲覧。 
  42. ^ a b “実はズボラなバリキャリ女子とオカン系の後輩男子「わたしのお嫁くん」シリーズ連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年2月25日). https://natalie.mu/comic/news/321449 2024年3月25日閲覧。 
  43. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t JMPAマガジンデータによる1号当たりの平均部数。
  44. ^ 新マンガ誌・ハツキス創刊!ヤマザキマリ「ジョブズ」移籍”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年4月25日). 2017年7月30日閲覧。
  45. ^ 『Kiss』の姉妹誌『ハツキス』休刊 創刊から7年”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2021年6月25日). 2021年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]