Kiss (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kiss
ジャンル ヤング・レディース
読者対象 20代女性 - 40代女性[1]
刊行頻度 月刊(毎月25日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 540円
出版社 講談社
編集部名 Kiss編集部
発行人 嘉悦正明
編集長 鎌倉ひなみ
雑誌名コード 02993
刊行期間 1992年3月16日(1992年4月号) -
発行部数 41,533部(2020年7月 - 2020年9月日本雑誌協会調べ)
レーベル 講談社コミックスKiss
姉妹誌 ハツキス
ウェブサイト Kiss公式サイト
テンプレートを表示

Kiss』(キス)は、講談社が発行する日本漫画雑誌。刊行頻度は月刊であり、毎月25日に発売される[2]

概要[編集]

本誌は、講談社から発行されていた漫画雑誌・『mimi』の別冊として[3]1992年に創刊された[4]

刊行頻度・発売日は時期によって変化している。創刊当時は月刊で[4]、毎月16日に発売されていた。その後、1997年4月10日より月2回刊化され、毎月10日・25日に発売された。2013年3月25日より再び月刊誌となり[4]、現在に至る。

掲載作品の傾向[編集]

本誌は「読むと恋をする」をキャッチフレーズとしており[5]、恋愛漫画を中心に大人女性の王道を目指すという編集方針が掲げられている[6]。掲載作品には、仕事や恋愛について、働く女性の「リアル」と「本音」を描いた作品が多く[7]、20代から30代の女性をメインターゲットとしつつ、それ以上の年代の女性にも親しまれている[2]

本誌の前編集長は、本誌のカラーを作った漫画家として、こやまゆかり小沢真理の2人を挙げている[6]。現在の編集長は鎌倉ひなみ。

連載作品[編集]

※2020年8月号時点。作品名五十音順。

過去の主な連載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や・ら・わ行[編集]

  • ヤマありタニおり(日下直子)
  • 夜明け前のうた(花本鹿乃子
  • ライン(西村しのぶ)
  • ラブリラン(天沢アキ)
  • レッドポイント(六花チヨ)
  • 恋愛の美子ちゃん(小坂かおる
  • れんと。(軽部潤子)
  • ワーキングピュア(小山田容子)
  • ワンダフルライフ?(ケイケイ)

講談社コミックスKiss[編集]

講談社コミックスKissは、『Kiss』に掲載された作品を収録する漫画単行本レーベルである。1993年に創刊された。

2017年現在、同レーベル最大のヒット作は『のだめカンタービレ』であり、単行本の累計発行部数は3700万部を記録している[2]

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、202,583部[8]
  • 2004年9月 - 2005年8月、183,208部[8]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、176,958部[8]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、167,600部[8]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、159,250部[8]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、145,542部[8]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、127,962部[8]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、104,834部[8]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、93,559部[8]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、85,889部[8]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、84,764部[8]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、82,221部[8]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、79,647部[8]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、76,072部[8]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日、70,308部[8]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日、57,967部[8]

関連誌[編集]

  • 1997年 - 『mimi』の姉妹誌、『mimi Carnival』の流れをくむ『Kiss Carnival』が創刊し、2001年まで刊行されている。
  • 2001年 - 本誌の姉妹誌として『One more Kiss』が創刊。
  • 2006年 - 本誌の増刊号として『Beth』が創刊し、2008年まで刊行された。
  • 2007年 - 『One more Kiss』休刊。
  • 2008年 - 『One more Kiss』後継誌、『Kiss PLUS』が創刊し、2014年まで刊行された。
  • 2014年 - 『Kiss PLUS』休刊後に後継誌・『ハツキス』が創刊され[9]、現在も刊行中である。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Kiss|講談社AD STATION 講談社
  2. ^ a b c 木俣冬 (2017年2月8日). “『逃げ恥』『東京タラレバ娘』『のだめカンタービレ』など『Kiss』の漫画がヒットドラマになる理由”. Yahoo!ニュース. 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。
  3. ^ 編集長の部屋 (5) 前編:Kiss 鈴木学編集長-漫画家と編集者の関係は「友達以上恋人未満」かな(笑)”. トキワ荘プロジェクト公式サイト. NPO法人NEWVERY (2014年11月5日). 2017年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c Kissが月刊誌にリニューアル、3月25日発売号から”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年2月10日). 2017年7月30日閲覧。
  5. ^ 女性誌”. 講談社. 2017年7月30日閲覧。
  6. ^ a b 編集長の部屋 (5) 中編:Kiss 鈴木学編集長-初代Kiss編集長にさんざん言われたんです。「ヌカ味噌くさい漫画を作るなよ」って(笑)。”. トキワ荘プロジェクト公式サイト. NPO法人NEWVERY (2014年11月12日). 2017年7月30日閲覧。
  7. ^ 『このマンガがすごい!2017』『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2016年、80頁。ISBN 978-4-8002-6449-7
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p JMPAマガジンデータによる1号当たりの平均部数。
  9. ^ 新マンガ誌・ハツキス創刊!ヤマザキマリ「ジョブズ」移籍”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年4月25日). 2017年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]