ヤング・レディース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤング・レディースは、日本における女性向けの漫画のジャンル。大人の若年(20代を中心とする)女性の生活や恋愛を描いていた。2020年時点の読者は30代以上が中心となっている[1][2]

近似する年代の女性読者を対象とする少女漫画誌(『月刊flowers』、『MELODY』など)と執筆者が重複することが多い。

歴史[編集]

ヤング・レディース雑誌の成立には大きく分けて『女学生の友』『セブンティーン』といったティーンズ向けの総合情報誌から漫画版として独立したものと、先行するレディース誌を母体として生まれたもの(多くは母体誌に「ヤング」がつけられた誌名であった)の2種類がある。

このジャンルの先駆者として講談社から『mimi』が1975年に創刊された。その当時は少女・女性向け漫画の年齢戦略が現在ほど細分化しておらず、ハイティーンより上の年代を読者層として想定していた。1977年小学館から『プチセブン』の漫画版として創刊された『プチコミック』も同様である。

1980年代中盤には女性漫画レディースコミック)が隆盛し、次いでレディース誌と少女誌の隙間とされた年代をターゲットにした雑誌が続々と創刊され、ヤング・レディースというジャンルが確立した。

1990年代後半、女性漫画のブームが落ち着くと共に淘汰が進み、大手出版社以外はこの分野からほぼ撤退している。「ヤング」付きの誌名を持つ雑誌は『FEEL YOUNG』一誌を残すのみとなった。

2010年代、レディースコミックの読者層が上がるに伴って (例えばBE・LOVEオフィスユーでは40代以上が中心となっている[3][2]) 、ヤング・レディース雑誌の読者層も上がっている。例えば2020年時点の講談社の広報資料によれば『Kiss』の読者構成は35歳以上の読者が約半数となっており、30代以上の読者が全体の約72%となっている[1]。また、集英社の広報資料によれば『Cocohana』の読者構成も35歳以上の読者が約半数となっており、30歳以上の読者が全体の約72%となっている[2]。また、2016年に日本雑誌協会が発行した『マガジンデータ2017』では『FEEL YOUNG』編集長が自身の雑誌について「おしゃれなアラサー女子に人気の執筆陣が連載」していると述べている[4][5]

2015年の元『Cocohana』編集者 (当時マーガレットの編集長) へのインタビューによれば、Cocohanaの読者層は30代のため、Cocohanaでは「人生に寄り添うような」話を担当作家にお願いしていたと述べている[6]

ヤング・レディースコミック雑誌[編集]

休廃刊[編集]

代表的な作家[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Kiss|講談社AD STATION (2020年時点のキャッシュ) 講談社
  2. ^ a b c 集英社 MEDIA GUIDE 2020 広告媒体資料 p.30 集英社 2020年
  3. ^ BE・LOVE|講談社AD STATION (2020年時点のキャッシュ) 講談社
  4. ^ ポプテピピック作者の「ショート新連載」が本当にショートすぎる KAI-YOU 2017年2月8日
  5. ^ 『マガジンデータ2017』 日本雑誌協会 2016年12月21日
  6. ^ マーガレットコミックス特集 ~あの頃も、これからも!一生少女マンガ宣言~ 番外編 マーガレット&別冊マーガレット編集長インタビュー (2/3) ナタリー 2015年