長崎尚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長崎 尚志(ながさき たかし、1956年1月14日[1] - )は、日本の漫画編集者漫画原作者、漫画プロデューサー。

経歴[編集]

宮城県仙台市出身。幼い頃は名古屋東京横浜金沢などで過ごす。1980年小学館入社。『ビッグコミック』『週刊少年サンデー』『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックスペリオール』などの編集を担当する。1999年7月『ビッグコミックスピリッツ』編集長に就任[1]。2001年に小学館を退社、フリーとなり、以降は漫画原作者として活動する。東周斎雅楽(とうしゅうさい がらく)、 江戸川啓視(えどがわ けいし)、リチャード・ウーなど複数のペンネームで多くの作品を手掛ける。

漫画原作・脚色・プロデュース等[編集]

長崎尚志名義[編集]

プランダ村名義[編集]

空論(創作委員会)名義[編集]

江戸川啓視名義[編集]

東周斎雅楽名義[編集]

ビッグ・オー名義[編集]

  • ジナス (作画:吉田聡) (2005年 - 2008年、モーニング) - プロット共同制作

リチャード・ウー名義[編集]

その他の作品[編集]

小説[編集]

長崎尚志名義
  • アルタンタハー 東方見聞録奇譚 (2010年1月 講談社、ISBN 9784062158497) - 歴史ミステリ、2編収録
    • 黄金の鶏 (「アルタンタハー 東方見聞録奇譚」のタイトルで講談社の文芸誌『パンドラ』Vol.2B(2008年12月)に掲載)
    • 黄金の鞍 (書き下ろし)
  • 闇の伴走者 (2012年4月 新潮社、ISBN 9784103321712) - クライムミステリー、長編書き下ろし
  • 黄泉眠る森(2015年3月 新潮社)
  • パイルドライバー(2016年9月 KADOKAWA)

映画脚本[編集]

長崎尚志名義
  • 20世紀少年 3部作
    • 20世紀少年 監督:堤幸彦 (2008年)福田靖・浦沢直樹・渡辺雄介と共同 - 映画脚本(企画兼任)
    • 20世紀少年 第2章 最後の希望 監督:堤幸彦 (2009年)渡辺雄介と共同 - 映画脚本(企画兼任)
    • 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 監督:堤幸彦 (2009年)浦沢直樹と共同 - 映画脚本(企画兼任)

脚注[編集]

  1. ^ a b 以上経歴は『TKman』 作:柴田亜美 (1999年 - 2000年)第17話より
  2. ^ 「ハンサムウーマン」とプランダ村について(芳崎せいむの日記記事)より