パーフェクトワールド (有賀リエの漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーフェクトワールド
ジャンル 少女漫画恋愛漫画
漫画
作者 有賀リエ
出版社 講談社
掲載誌 Kiss
レーベル 講談社コミックスKiss
発表号 2014年5月号 -
発表期間 2014年3月24日[1] -
巻数 既刊8巻(2018年9月13日現在)
映画:パーフェクトワールド
君といる奇跡
原作 有賀リエ
監督 柴山健次
脚本 鹿目けい子
音楽 羽毛田丈史
制作 ホリプロ
製作 「パーフェクトワールド」製作委員会
配給 松竹
LDH PICTURES
封切日 2018年10月5日
上映時間 102分
テレビドラマ
原作 有賀リエ
脚本 中谷まゆみ
演出 三宅喜重
白木啓一郎
制作 カンテレ
放送局 フジテレビ
放送期間 2019年4月(予定) -
話数
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画ドラマ

パーフェクトワールド』は、有賀リエによる日本少女漫画。主人公の女性と、事故により身体障害者となった男性との恋愛を描く[2]。『Kiss』(講談社)において、2014年5月号から掲載されている。

また『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(パーフェクトワールド きみといるきせき)のタイトルで2018年には、本作を原作とする実写映画が公開された。

さらに原作と同名タイトルで、2019年4月からカンテレ制作・フジテレビ系でテレビドラマ化される予定である[3]

あらすじ[編集]

東京のインテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは、設計事務所との飲み会で、高校の同期生・鮎川樹と再会する。樹は大学生のとき事故に遭い、以来、車椅子生活を送っていた。つぐみはそのことに戸惑いつつ樹を気にかけるようになるが、そんな折、樹が褥瘡のため入院したと聞かされる。病床でコンペティション用の作業を進める樹を見たつぐみは彼の作業を手伝う。この一件を経て樹への恋心を自覚したつぐみは樹に告白し、樹も彼女の想いを受け入れる。

交際を始めた2人は、地元である長野県松本市に帰省する。つぐみは樹との交際を家族に報告するが、父親から難色を示される。また、つぐみと樹は、同じく松本に帰省していた高校の同期生・是枝洋貴と顔を合わせる。是枝は高校時代、つぐみに好意を抱いており、再会を機につぐみにアプローチするようになる。

東京に戻ったつぐみは、樹の介護ヘルパー・長沢と出会う。長沢は樹に好意を寄せており、彼女の存在に不安を抱いたつぐみは樹と会う回数を増やすが、無理がたたり、駅のホームから転落する。樹は、自分がつぐみを不幸にしていると考え、つぐみに別れ話を切り出す。そして、樹と別れたつぐみのもとに、今度は父親がガンを患ったという連絡が入る。つぐみは退職して松本に帰ることを決意する。つぐみの決意を知った是枝は彼女に告白し、2人は交際を始める。

松本に戻ったつぐみは介護の講習会に参加し、そこで高木圭吾という男性と知り合う。彼は車椅子の女性・西村楓と交際しており、彼女と暮らす家を建てるため、樹に設計を依頼していた。つぐみは圭吾から、彼らの家のインテリアデザインを担当するよう頼まれ、樹と仕事を共にすることになる。しかし、上棟式の日、松本で大きな地震が発生する。樹の身を案じたつぐみは圭吾と共に樹の家へ向かい、家に閉じ込められていた樹を救出する。

地震が落ち着いた後、つぐみは、東京で知り合った高校生・舞花に呼ばれて東京を訪れる。舞花は幼馴染の晴人と交際していたが、その後、別れていた。しかし、舞花と晴人はそのことに後悔はないと言い切り、その姿を見たつぐみは樹の住まいを訪れ、樹に「後悔がある」と告げる。

登場人物[編集]

川奈 つぐみ(かわな つぐみ)
本作の主人公。
絵が得意で、高校卒業後、東京のインテリアデザイン会社に就職する。その後、父親が病を得たことを機に退職し、地元である長野県松本市に戻る。
高校時代、無自覚ながら樹に恋をしていたが、樹に恋人がいたので告白出来ずに卒業する。東京で再会したことを機に彼と交際する。しかし樹から別れを告げられ、その後は是枝と交際している。
鮎川 樹(あゆかわ いつき)
本作のもう1人の主人公。東京の設計事務所に所属する一級建築士。大学生のときに身体障害者となり、以来、車椅子生活を送っている。
つぐみは高校の同期生であり、高校時代は互いの将来の夢について語り合う間柄だった。また高校時代はバスケットボール部に所属しており、身体障害者となってからは車いすバスケットボールに取り組んでいる。高校時代から事故に遭って身体障害者になるまで付き合っていた女性がいたが、障害を理由に別れている。
是枝 洋貴(これえだ ひろたか)
東京でシステムエンジニアとして働く男性。つぐみや樹にとって高校の同期にあたる。
高校時代、つぐみに好意を抱いていたが、告白できないまま高校を卒業する。その後、松本でつぐみと再会して心に火が点き、樹と破局したつぐみに告白し、恋人となる。
長沢(ながさわ)
樹の介護ヘルパー。元はリハビリセンターに勤める看護師で、樹とは彼が障害を負い、リハビリセンターに入院したころからの付き合いである。既婚者でありながら樹に想いを寄せており、そのため、つぐみに嫉妬心を抱いている。年上で専門職に就いていながら初心者であるつぐみに対して大人気無い一面を持っている。
晴人(はると)
東京在住の高校生。バスケットボールの強豪校でエースを務めていたが、事故で身体障害者となる。親が自宅をバリアフリーリフォームしようとしたことがきっかけで、樹やつぐみと知り合い、車いすバスケットボールを始める。
舞花(まいか)
晴人の幼馴染。晴人を通じて樹やつぐみと知り合い、つぐみの良き相談相手となる。
小さいころから晴人に好意を抱いており、高校入学後、交際を開始する。晴人との交際がきっかけで福祉の大学に進学することを決めるが、後に晴人と別れ、幼馴染の間柄に戻る。
高木 圭吾(たかぎ けいご)
松本のジビエ料理店で働く料理人。車椅子の女性・西村楓と交際しており、介護の講習会を通じてつぐみとも交流を持つ。楓と暮らす家を建てるため、樹に家の設計を、つぐみに家のインテリアデザインを依頼する。

作風・評価[編集]

本作は、「障害を持つ相手との恋愛に感じるハードル」というテーマを真摯に描いた点が読者から評価されている[4]

書誌情報[編集]

ムービーコミック[編集]

2018年9月25日からdTVで配信開始された。

キャスト(ムービーコミック)[編集]

スタッフ(ムービーコミック)[編集]

  • 主題歌 - E-girls「Perfect World」(rhythm zone)

映画[編集]

パーフェクトワールド
君といる奇跡
監督 柴山健次
脚本 鹿目けい子
原作 有賀リエ『パーフェクトワールド』
製作 古久保宏子
西麻美
井上竜太(企画・プロデュース)
石田麻衣(企画・プロデュース)
製作総指揮 大角正
吉田繁暁
森広貴
津嶋敬介
出演者 岩田剛典
杉咲花
須賀健太
芦名星
マギー
大政絢
伊藤かずえ
小市慢太郎
財前直見
音楽 羽毛田丈史
主題歌 E-girls「Perfect World」
撮影 板倉陽子
編集 森下博昭
制作会社 ホリプロ
製作会社 「パーフェクトワールド」製作委員会
配給 松竹
LDH PICTURES
公開 日本の旗 2018年10月5日
香港の旗 2018年11月1日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

パーフェクトワールド 君といる奇跡』(パーフェクトワールド きみといるきせき)のタイトルで実写映画化され、2018年10月5日に公開された。監督は柴山健次

本映画は岩田剛典杉咲花のダブル主演作品であり、このうち杉咲にとって本映画は映画初主演作である[7]。映画では岩田が樹、杉咲がつぐみを演じるが、原作とは異なり、つぐみは樹の高校時代の後輩という設定になっている。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

関連商品[編集]

ノベライズ[編集]

オフィシャルブック[編集]

  • 編集:講談社、『パーフェクトワールド 君といる奇跡 official book』 (2018年9月10日発売[講 10]ISBN 978-4-06-512641-7

サウンドトラック[編集]

  • 羽毛田丈史『映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」オリジナル・サウンドトラック』(2018年10月3日発売、松竹音楽出版、SOST-1031)

テレビドラマ[編集]

パーフェクトワールド
ジャンル 連続ドラマ
原作 有賀リエ
『パーフェクトワールド』
脚本 中谷まゆみ
演出 三宅喜重
白木啓一郎
出演者 松坂桃李
山本美月
音楽 菅野祐悟
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 河西秀幸
製作 カンテレ
放送
映像形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年4月 - (予定)
放送時間 火曜 21:00 - 21:54
放送枠 火曜21時
放送分 54分
公式サイト

パーフェクトワールド』のタイトルで、カンテレ制作・フジテレビ系「火曜21時」枠で2019年4月から放送される予定[8]。主演は松坂桃李[8]山本美月

キャスト(テレビドラマ)[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

  • 原作 - 有賀リエ 『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
  • 脚本 - 中谷まゆみ
  • 音楽 - 菅野祐悟
  • プロデューサー - 河西秀幸(カンテレ)
  • 演出 - 三宅喜重、白木啓一郎
  • 制作著作 - カンテレ

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 4月(予定)
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ aru_rieの2014年3月24日21時34分のツイート2018年7月4日閲覧。
  2. ^ 車椅子生活になった初恋の人との恋描くマンガ「パーフェクトワールド」実写化”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年5月27日). 2017年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月22日閲覧。
  3. ^ “松坂桃李が車いすの建築士に 山本美月と初共演のラブストーリー『パーフェクトワールド』4月放送”. Real Sound. (2019年1月30日). https://realsound.jp/movie/2019/01/post-312268.html 2019年1月30日閲覧。 
  4. ^ 【4月の「このマンガがすごい!」ランキング オンナ編】人外あり、不倫あり、男×男あり…だけどやっぱり「LOVE」なんだ!”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. p. 2 (2015年3月20日). 2017年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月22日閲覧。
  5. ^ 有賀 リエ (2014年3月25日). “読み切り掲載中”. ある日のあるリエ. 2016年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月14日閲覧。
  6. ^ 有賀 リエ (2014年7月25日). “パーフェクトワールド 第2話”. ある日のあるリエ. 2016年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月14日閲覧。
  7. ^ 三代目JSB岩田剛典&杉咲花、来年公開「パーフェクトワールド」でW主演!”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2017年6月10日). 2017年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月22日閲覧。
  8. ^ a b c “松坂桃李、山本美月と『パーフェクトワールド』連ドラ化 純粋ラブストーリーに「そわそわ」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年1月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2128441/full/ 2019年1月30日閲覧。 

講談社コミックプラス[編集]

以下の出典は『講談社コミックプラス』(講談社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

外部リンク[編集]