青のSP―学校内警察・嶋田隆平―

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青のSP
—学校内警察・嶋田隆平—
ジャンル 連続ドラマ
原案 佐々木充郭『スクールポリス』
脚本 大石哲也
山岡潤平
小島聡一郎
演出 国本雅広
白川士
高橋貴司
監修 石坂隆昌(警察)
出演者 藤原竜也
真木よう子
山田裕貴
泉澤祐希
たくませいこ
渋谷謙人
智順
兒玉宣勝
金沢雅美
音尾琢真
石井正則
須賀健太
遠藤雄弥
明日海りお
峯村リエ
升毅
山口紗弥加
高橋克実
音楽 菅野祐悟
エンディング SHE'S「追い風」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 河西秀幸
国本雅広
髙橋史典
製作 関西テレビ放送
ケイファクトリー
放送
放送チャンネル フジテレビ系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2021年1月12日 -
放送時間 火曜 21:00 - 21:54
放送枠 火曜21時枠
放送分 54分
公式ウェブサイト

特記事項:
初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
テンプレートを表示

青のSP—学校内警察・嶋田隆平—』(あおのスクールポリス がっこうないけいさつ・しまだ りゅうへい)は、2021年1月12日からカンテレケイファクトリー制作により、フジテレビ系火曜21時枠」で放送されている、作家・佐々木充郭による『スクールポリス』(ポプラ文庫)を原案とするテレビドラマ。主演は藤原竜也。ヒロインは真木よう子[1]

キャッチコピーは「守ってやるが、容赦はしない。」。

あらすじ[編集]

東京都では公立中学校にスクールポリス制度を試験的に導入されることが決定し、警視庁捜査一課の刑事・嶋田隆平は日本初のスクールポリスに志願し、住浜区立赤嶺中学校に配属されることになる。表向きはごく平凡な赤嶺中学校であったが、スクールポリスの嶋田が配属されたことでSNSトラブル、生徒の薬物使用疑惑、盗撮事件、教師のマタハラ、セクハラなど、世間を騒がせる社会問題が次々とあぶりだされていく。罪を犯した生徒に対し、無情にも手錠をかける嶋田に対し、スクールポリス制度に関し反対の意見を持つ国語教師・浅村涼子は生徒の側に立ち、嶋田と衝突を繰り返す。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

嶋田隆平(しまだ りゅうへい)
演 - 藤原竜也[1]
本作の主人公。住浜署生活安全課少年係スクールポリス。1984年12月15日生まれ。階級は警部補
警視庁捜査一課から志願してスクールポリスとなり赤嶺中学校に配属される。常に冷静沈着で毒舌家にしてドライな性格。頭脳明晰な切れ者。三枝曰く、かつては情のある性格であったがある事件を契機に冷徹な性格に変貌した模様。勤務中は涼子を始めとする教師達と必要最低限のやり取りしかしようとせず、馴れ合いを好まない。
生徒たちに対し、冷酷で容赦ない面と命の危険から守ろうとする面の両方の顔を持ち、教師でも生徒でも、法に触れれば容赦無く逮捕する。
教室や職員室、保健室などに秘密裏に盗聴器を仕掛け校内で教員たちの会話を盗み聞きしており、場合によってはその情報を元に三枝に校外での捜査を指示する。
浅村涼子(あさむら りょうこ)
演 - 真木よう子[1]
赤嶺中学校3年1組の担任。国語教師。聡明で職業意識が高い。
スクールポリス制度に関し反対の意見を持ち、生徒を逮捕する嶋田と対立するが事件解決のために協力することもある。
嶋田が学校にやって来てから様々な事件が発生するようになり、自身の手で事件を解決出来ず生徒たちを守れていない現状に次第に焦りを見せるようになる。(第3話)
行きつけの食堂「王様の味」の激辛麻婆豆腐である「鬼殺し」を毎回注文し、さらに七味唐辛子を加えるほど大の辛党。

スクールポリスの関係者[編集]

三枝弘樹(さえぐさ ひろき)
演 - 山田裕貴[2]
住浜署生活安全課少年係の刑事。嶋田の後輩。階級は巡査部長
不良少年・少女たちの更生を願う真面目な人物。かつて嶋田と一緒に犯人を逮捕した事があり、彼を相棒のように思っているが、嶋田からは便利使いされている。

赤嶺中学校[編集]

教員[編集]

柴田透(しばた とおる)
演 - 泉澤祐希[2]
社会科教師。2年の副担任。出身中学のOGである先輩の涼子を慕っている。
涼子同様事件解決のためなら生徒に対しても容赦の無い嶋田のやり方には否定的。
阿部裕亮(あべ ひろあき)〈42〉
演 - 音尾琢真[2]
体育教師。3年3組担任。
熱血漢の野球部顧問。教師の中では比較的硬派で、昔ながらの考えが少なからず強い。スイーツに目がない。
一ノ瀬悟(いちのせ さとる)〈45〉
演 - 石井正則[2]
数学教師。2年2組担任。
真田や西田など一部の生徒から見下され、その状況にストレスを感じており、問題児たちを嶋田に逮捕させるためにわざと真田を挑発し教室で暴れさせるが嶋田には魂胆を見透かされていた。後日「ブルーナイト」に風俗店に出入りしている様子を動画サイトに投稿され世間に晒される。校内に不審者が侵入しても生徒を避難誘導せず、真っ先に逃げ出している。(第1話)
新津清(にいつ きよし)
演 - 須賀健太[2]
英語教師。1年の副担任。卓球部顧問。
気弱で先輩教員からの頼みごとを断れない。
小川香里(おがわ かおり)
演 - 明日海りお[3]
音楽教師。故人。
1年前に自宅アパートで転落死している。
福島美津子(ふくしま みつこ)
演 - 峯村リエ[2]
副校長。現役時代は理科の教師。
水野楓(みずの かえで)
演 - 山口紗弥加[2]
英語教師。3年2組担任。陸上部顧問。
不妊治療の甲斐があり、子宝に恵まれ現在妊娠3ヶ月。受験を控えた3年生を受け持つ担任であることから産休に入ることを校長や一部の同僚教師、保護者たちのみならず教え子の2組の生徒たちからも快く思われておらず、嫌がらせをうける。最初は職員室の机にハツカネズミの死骸を入れられ、後日、愛用の水筒を流産を誘発させるハーブが混入したドリンクにすり替えられたものを飲み倒れてしまう。退院後の夜にはドリンクをすり替えた犯人の青木に襲われるが嶋田によって助けられる。事件後は教師という仕事に嫌気がさしてしまい一度は教師を辞めようと考えるが、翌日の全校集会での嶋田のマタハラを糾弾するスピーチがきっかけで再び教師を頑張ることを誓う。(第2話)
木島敏文(きじま としふみ)
演 - 高橋克実[2]
校長。典型的な事なかれ主義者。
スクールポリスの導入を受け入れるが、退職後のセカンドキャリアを気にしてトラブル案件を隠ぺいしようとする。一方、嶋田が事件を解決をした際は周囲に良い顔を振りまくなど、強かな面もある。
荒井英子(あらい えいこ)
演 - たくませいこ
教師。
青木祐志(あおき ゆうじ)
演 - 渋谷謙人 (第1話 - 第2話)
理科教師。3年2組副担任。大学卒業後は海外を放浪しており、30代を迎えた時に中途採用で教員の職を得ている。水野が受け持つ陸上部の雑用などを引き受け、妊娠している彼女のフォローを買って出ているが、実は偽造した理科の教員免許を教育委員会に提出した無免許の偽教師で、英語の教員免許も持っていると虚偽の報告をしていたことから、産休に入る水野の後任で英語教員を引き継ぎ、持っていない英語教員の免許をまた教育委員会に提出しなければならない状況に陥り[注 1]、水野を流産させることでそれを食い止めようと彼女が飲む妊婦用の特製ドリンクに流産を誘発するハーブ[注 2]を混入する工作を行った。ハーブで流産させることに失敗すると強行手段で治療を受けた病院から帰宅する水野を襲撃しようとするが、嶋田に制圧される。教員をすることにやりがいがあり、教員を続けたかったと自身の犯行を正当化するが、嶋田に身勝手な行いを断罪された上逮捕され、懲戒免職となる。(第2話)
澤田敦子(さわだ あつこ)
演 - 智順
理科教師。
古賀一成(こが いっせい)
演 - 兒玉宣勝
教師。サッカー部顧問。サッカー部でドラッグ使用疑惑が起こり、それに関連して学校の備品の盗難事件の容疑もサッカー部に向けられた時は、生徒たちのことよりも自身の責任がどうなるかを真っ先に言及している。(第3話)
三田恵子(みた けいこ)
演 - 金沢雅美
養護教諭。ハツカネズミの死骸を見て気絶してしまった水野を保健室で介抱する。(第2話)
藤永雅子(ふじなが まさこ)
演 - 井上とし子
教師。
有働沙里(うどう さり)
演 - 宇田川はるか
教師。
首藤直義(しゅとう なおよし)
演 - 宇羅げん
教師。
香原由美(かはら ゆみ)
演 - 鳥森まど
教師。
鈴田蘭子(すずた らんこ)
演 - 百瀬葉
教師。

3年1組生徒[編集]

西田雄一(にしだ ゆういち)
演 - 池田優斗[4]
真田や市原と共に一ノ瀬の授業を聞かずに悪ふざけをしていた。後に真田が教室で暴れる様子がネットにアップされると常に携帯をいじっていた佐々木をネットにアップした犯人と疑い口論になる。(第1話)
相良恭子(さがら きょうこ)
演 - 石井薫子[4]
寺岡蒼太(てらおか そうた)
演 - 石岡飛鳥[4]
市原健太(いちはら けんた)
演 - 奥智哉[4]
竹村隼人(たけむら はやと)
演 - 小野瀬悠太[4]
森凪紗(もり なぎさ)
演 - 小畑仁乃[4]
藤川美沙希(ふじかわ みさき)
演 - 筧かな[4]
アレン徳永(アレン とくなが)
演 - 川村ジーモン凛一朗[4]
三村翔子(みむら しょうこ)
演 - 吉柳咲良[4]
親友の岩井真帆がネットリンチを受け自殺する切っ掛けを作った収賄容疑で逮捕された真帆の父をネットで誹謗中傷した大人たちを「ブルーナイト」のアカウントでプライバシーを暴露する動画を投稿サイトで拡散し復讐していたが[注 3]、同時に伸び悩みんだ成績のストレスを発散しており、そのことを嶋田に見抜かれ「ただむしゃくしゃしてやっただけだろ」と真帆への想いを真っ向から否定される。直後、翔子の復讐に遭った1人の男が学校を襲撃し殺されそうになる[注 4]が嶋田に救出される。自分の復讐で無関係な人々を危険に晒したことを嶋田に糾弾され、自分の軽率な行為を反省し名誉毀損の容疑で逮捕される[注 5]。(第1話)
学校に復帰後、ドラッグ事件が発生した際は嶋田に呼び出され真田と共に仲村に恨みを抱く人物を探してほしいと協力を求められそれに応える[注 6]。(第3話)
山岸真季(やまぎし まき)
演 - 四ノ宮樹美[4]
菊池京介(きくち きょうすけ)
演 - 鈴木悠仁少年忍者 / ジャニーズJr.[4]
尾崎香澄(おざき かすみ)
演 - 鈴木梨央[4]
3年1組の学級委員長。正義感や周囲への思いやりが強い。
井上双葉(いのうえ ふたば)
演 - 唯藤絵舞[4]
深山敏春(みやま としはる)
演 - 田中奏生[4]
成田千佳(なりた ちか)
演 - 田畑志真[4]
3年2組担任の水野を慕っており、彼女が嫌がらせ[注 7]で気を失い保健室に搬送されたと聞きつけ駆け付けている。水野から妊娠で栄養補給するための特製ドリンクのレシピを教えてもらっており、そのレシピを3年2組副担任の青木に教えている。(第2話)
真田一樹(さなだ かずき)
演 - 中川翼[4]
数学の授業中に騒いでいたことを一ノ瀬に注意、挑発[注 8]され教室で暴れだしたため、嶋田に器物損壊および暴行の現行犯で逮捕される。その後は厳重注意に留まったため[注 9]、翌日にはクラスに戻るが「ブルーナイト」によって自身が学校で暴れ嶋田に逮捕される様子をネットにアップされてしまう。(第1話)
学校に復帰後、ドラッグ事件が発生した際は嶋田に呼び出され三村と共に仲村に恨みを抱く人物を探してほしいと協力を求められそれに応える[注 6]。(第3話)
矢島裕(やじま ゆう)
演 - 長島令玖[4]
松本柚葉(まつもと ゆずは)
演 - 牧野羽咲[4]
向井大(むかい だい)
演 - 水野哲志[4]
佐々木悠馬(ささき ゆうま)
演 - 宮世琉弥[4]
常に携帯をいじっていたため、真田が一ノ瀬を暴行する動画をネットにアップした犯人ではないかと西田に疑われ口論になる。(第1話)
2年までサッカー部に所属しており都大会を目指し練習に励んでいたが、練習中にチームメイトの仲村と接触したことで右膝を負傷したためレギュラーを取れずサッカー部を去る。目標を失い鬱屈した気持ちから学校の備品を窃盗し転売して小遣いを稼いでいたが嶋田に突き止められたことで反省し、転売前の窃盗した備品とこれまで転売で儲けた金の全額を返却したことから、事なかれ主義の校長の木島に反省したとして窃盗を不問にされる。(第3話)
中野夏美(なかの なつみ)
演 - 宮原和[4]
楠田大地(くすだ だいち)
演 - 宮本龍之介[4]
渡辺奈美(わたなべ なみ)
演 - 山本海心[4]
涌井美月(わくい みづき)
演 - 米倉れいあ821[4]
笹本エレーヌ(ささもと エレーヌ)
演 - 和氣マヤ[4]

3年2組生徒[編集]

大林優也(おおばやし ゆうや)
演 - 荒木飛羽[4]
担任の水野に対して「流産すればいい」と周囲に言い回り、彼女の机にハツカネズミの死骸を入れたことをクラスメイトの彩花に非難され、暴力をふるったため、嶋田に暴行罪の現行犯で逮捕される。
しかし実際は3年2組の中で唯一水野の妊娠を祝福している思いやりのある性格の持ち主。当初クラスの生徒たちは水野を慕っていたが、妊娠をきっかけにクラスによる嫌がらせが始まったことに強い怒りを覚えており、水野を守るためマタハラ問題を顕在化させ女生徒たちの同情心が水野に向くように仕向ける目的で敢えて彼女の悪口を周囲に言い回り、ハツカネズミの事件を起こし容疑の目を自分に向くよう仕掛けていた。母親が水野への抗議に来校した時に水野をかばうため本気の怒りを見せる矛盾した行動をとったことで嶋田に自身を逮捕させることが計算であったことを見抜かれる。事件解決後、嶋田のマタハラを糾弾するスピーチに対して安堵した表情を見せる。(第2話)
三上真司(みかみ しんじ)
演 - 木村聖哉[4]
父親が大学で薬品の研究をしており、大林の命令で父の勤務する大学からハツカネズミの死骸を持ち出すが嶋田に見抜かれ尋問を受ける。(第2話)
長田彩花(ながた あやか)
演 - 豊嶋花[4]
水野の机にハツカネズミの死骸を入れた大林を非難したことから、大林に暴力を振るわれる。(第2話)
1組の佐々木に1年の頃から好意を寄せているが彼からは拒絶されており、家庭が裕福でこれまで欲しい物は全て手に入れてきたことから、彼を恋人にすることを諦めきれずストーカー行為や1人で佐々木に勉強を教える様子を妄想する現実逃避を繰り返すようになる。佐々木に近付くべく彼の行きつけのスポーツ店の店長の高山と親しくなり、そこで偶然高山がドラッグを密売していることを知り、佐々木に喜んでもらおうと彼がサッカー部を辞めるきっかけを作った仲村にドラックを使い復讐することを思いつく。しかしサッカー部出身の佐々木にドラッグ事件の犯人の疑いの目が向けられたことから彼を容疑から外すため無差別犯の犯行に偽装しようとバトミントン部のドリンクにドラッグを混入しようとしていたところを嶋田に取り押さえられる。佐々木に拒絶されては自分は生きていても意味が無いと自暴自棄になるがその発言が嶋田の逆鱗に触れたことで額に拳銃を向けられ、自身の命を蔑ろにすることの愚かさを説かれたことで涙を流しながら謝罪し、拳銃を向けられた恐怖から膝から崩れ落ちる[注 10]。(第3話)
笹峰エマ(ささみね エマ)
演 - 東ノエル
水野の机にハツカネズミの死骸を入れた大林のことを彩花とともに非難する。(第2話)
城岡さくら(しろおか さくら)
演 - 丸本凛
彩花とエマが逮捕された大林の悪口を言っていたところに大林が登校したため、彼女たちの悪口を制止する。(第2話)

その他の生徒[編集]

今井莉緒(いまい りお)
演 - 藤嶋花音[4]
奈良橋英里(ならはし えり)
演 - 長澤樹[4]
音楽室でモーツァルトの「レクイエム」をピアノ演奏しており、嶋田に赤嶺中学校には無念の死を遂げたある人物がさまよっているという噂話を教える。(第1話)
1年前に事故死した音楽教師・小川香里について嶋田から何か変わった様子はなかったかと問われると「死ぬ前、ピアノの音が揺れてた」と答え、更に嶋田から小川の死に何か関係しているのかと問い詰められると「私が先生を殺した」と吐露する。(第3話)
坂木司(さかき つかさ)
演 - 山時聡真[4]

東京都教育委員会[編集]

尾崎賢治(おざき けんじ)
演 - 升毅(第1話)
教育長。

その他[編集]

六田
演 - 谷川昭一朗
涼子と柴田の行きつけの食堂「王様の味」の店主。

ゲスト[編集]

第1話
岩井真帆(いわい まほ)
演 - 森崎美月
三村翔子の自殺してしまった親友。
真田泉美(さなだ いずみ)
演 - 春木みさよ
真田一樹の母。
住浜署の警官
演 - 中野剛
真田一樹を厳重注意扱いで逮捕を取り下げる。
岩井達夫(いわい たつお)
演 - 木村清志
真帆の父。収賄容疑で逮捕された官僚。
黒鉄哲夫(くろてつ てつお)
演 - 今里真
三村翔子にプライバシーを晒され赤嶺中学校に復讐に現れた男。
慶城附属中学校の生徒たち
演 - 元木湧 / 内村颯太 / 深田竜生少年忍者 / ジャニーズJr.[5]
浅村にカツアゲを目撃される中学生。嶋田にカツアゲを注意されたことに逆切れし暴力をふるうが返り討ちにあい逮捕される。
かりすま〜ず
演 - かりすま〜ず
真田たちが数学の授業中にスマートフォンで視聴していた動画に出ていたお笑いコンビ。
第2話
大林優也の母
演 - クノ真季子
息子が水野にハツカネズミの死骸を使って嫌がらせをした濡れ衣を着せられたと伝え聞き、学校に抗議に訪れるが[注 11]、嶋田から威力業務妨害で逮捕することになると制止される。
沼田修(ぬまた おさむ)
演 - 内藤聖羽
理科の教員免許を持つ中学校教員。3年2組副担任・青木の友人。5年前、青木に教員免許を貸し出し、青木はその免許を元に自分の名前の教員免許を偽造している。
第3話
仲村紀明(なかむら のりあき)
演 - 藤本哉汰[6]
3年3組の生徒。サッカー部所属。授業中に突然大声で笑い出し、服を脱ぎ捨てて廊下の窓から飛び降りようとするが嶋田に間一髪のところで制止され、そのまま失神する。異常行動をとったことからドラッグ使用疑惑が持ち上がり、同時期に学校の備品が盗難されネットで転売される騒ぎがあったことから、ドラックを購入する資金にするために備品を盗んでいたのではないかと嫌疑をかけられる。元々サッカー部では補欠であったが2年の時に練習試合で佐々木を負傷させてしまい佐々木がそのまま怪我の悪化により部を辞めたことでレギュラーになった経緯から、わざと佐々木に怪我を負わせたという噂があった。佐々木の負傷事故は不慮の出来事であったが、佐々木に好意を寄せていた長田に恨みを買われ朝練のドリンクにドラッグを混入されドラッグ使用疑惑からサッカー部は無期限活動停止に追い込まれる。事件の真相が嶋田によって解明され無実が証明されたことから謹慎を解かれサッカー部の活動再開を認められる。
沼尻裕太(ぬまじり ゆうた) / 新垣毅(あらがき たけし)
演 - 夏目航太朗[7] / 岡島遼太郎[8]
赤嶺中学サッカー部の2年生。仲村と同じく服を脱ぎ捨て大声で笑いながら校庭に走り出し失神したため、サッカー部全体がドラックで汚染されている疑惑が浮上し、本人たちはドラックの使用を否定するが、サッカー部は無期限の活動停止となる。後に嶋田の捜査で朝練で仲村と同じボトルのドリンクを3人で回し飲みしていたことが確認され、調査を依頼された三枝の協力でドリンクのボトルにドラックが仕込まれていたことが判明する。
高山(たかやま)
演 - 大迫一平
高山スポーツの店長。赤嶺中学サッカー部のOBで佐々木が兄のように慕う人物。学校の備品盗難の件で問い詰められ逃げ出した佐々木が逃げ込んでいないか確認に訪れた浅村にドラッグを買いに来た客と、激しい動悸と異常な発汗をする様子を目撃され、ドラッグを使用していることを気付かれたため、口封じに浅村を襲おうとするが駆けつけた嶋田に制圧される。スポーツ店で取り扱っているサッカーボールの中にスノーシャワーと呼ばれるドラッグを隠す手口で南米からドラッグを密輸していた。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[10] 脚本 演出 視聴率
第1話 1月12日 日本初のスクールポリスが学校悪を裁く! 最恐の救世主誕生 大石哲也 国本雅広 8.9%[11]
第2話 1月19日 学校内警察が撃退! 妊娠教師脅かす悪人 8.3%[12]
第3話 1月26日 盗難&薬物…犯人に鉄槌を! 命を説く学校内警察 山岡潤平 白川士 8.0%[13]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
  • 初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 20代から海外を放浪していたのに、英語教員を頼まれた際は英語を使ってないから無理と断った矛盾から嶋田に目をつけられた。
  2. ^ パラリーセという無香料のハーブ。
  3. ^ 「女子高生とタダでエッチできる」という餌をまいて指定の場所に集まってきた大人たちを撮影し、個人情報を晒していた。
  4. ^ 翔子を狙った暴漢であったことから、嶋田から「お前が巻いた種だ、自分で落とし前つけろ」と対応するように仕向けられていた。
  5. ^ その後は厳重注意に留まり第2話では学校に復帰している。
  6. ^ a b 真田と三村は無償で協力を求められ初めは協力を拒もうとしたが、嶋田から警視庁のマスコットキャラ・ポビットくんのステッカーを渡されたことで協力している。その後、三村は失踪した佐々木の行きそうな場所を質問された際も回答を渋りかけるが、嶋田が見せたポビットくんのキーホルダー欲しさに協力している。
  7. ^ 職員室の机の引き出しにハツカネズミの死骸を入れられていた。
  8. ^ 成績優秀だった兄と比較された。
  9. ^ 担任の涼子や母親の泉美たちが警察へ逮捕取り消しを訴えたことや、被害者の一ノ瀬から訴えるつもりはないとされたため。
  10. ^ 但し、拳銃は空砲で実弾は入っていなかった。
  11. ^ 来校し教員にクレームをつけていたことから、嶋田から「モンスター」と罵られる。

出典[編集]

  1. ^ a b c Inc, Natasha. “藤原竜也主演の警察×学園ドラマが来年放送、ヒロインは真木よう子(動画あり / コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年10月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 藤原竜也主演『青のSP』追加キャストが決定 山田裕貴、須賀健太ら出演”. ORICON NEWS. 2020年11月6日閲覧。
  3. ^ 明日海りお、『青のSP』で音楽教師役に挑戦 宝塚歌劇団退団後初のテレビドラマ出演へ” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2020年11月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae ザテレビジョン. “藤原竜也主演「青のSP」生徒役に鈴木梨央、ジャニーズJr.鈴木悠仁、荒木飛羽ら31人が決定 (2/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年11月16日閲覧。
  5. ^ ザテレビジョン. “少年忍者・元木湧、内村颯太、深田竜生がテレビドラマ初出演!藤原竜也主演「青のSP」【コメントあり】 (1/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年12月5日閲覧。
  6. ^ 『青のSP』第3話 “隆平”藤原竜也、備品盗難事件捜査中に生徒のドラッグ使用疑惑” (日本語). クランクイン!. 2021年1月25日閲覧。
  7. ^ STARDUST - スターダストプロモーション制作3部 - 夏目航太朗のプロフィール”. スターダスト オフィシャルサイト. 2021年1月26日閲覧。
  8. ^ 【岡島遼太郎】火曜ドラマ「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」第3話#岡島遼太郎:新垣毅 役”. テアトルアカデミー. 2021年1月27日閲覧。
  9. ^ SHE'S『青のSP』で初のゴールデン連ドラ主題歌! 主演の藤原竜也「子供たちへの応援歌のよう」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年12月11日). 2020年12月10日閲覧。
  10. ^ カンテレドーガ「青のSP—学校内警察・嶋田隆平—」
  11. ^ "藤原竜也主演「青のSP」初回視聴率は関東8.9% 関西12.7%で発進". スポーツ報知. 報知新聞社. 13 January 2021. 2021年1月13日閲覧
  12. ^ "藤原竜也主演「青のSP」第2話視聴率は関東8.3%、関西11.8%". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 January 2021. 2021年1月20日閲覧
  13. ^ “藤原竜也主演「青のSP」第3話視聴率は関東8.0%、関西12.4%”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年1月27日). https://hochi.news/articles/20210127-OHT1T50020.html 2021年1月27日閲覧。 

外部リンク[編集]

カンテレ制作・フジテレビ系 火曜21時枠
前番組 番組名 次番組
姉ちゃんの恋人
(2020年10月27日 - 12月22日)
青のSP—学校内警察・嶋田隆平—
(2021年1月12日 - )