峯村リエ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

みねむら りえ
峯村 リエ
本名 鈴木 りえ
生年月日 (1964-03-24) 1964年3月24日(58歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 173 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1986年 -
配偶者 なし(離婚歴あり)
事務所 シス・カンパニー
テンプレートを表示

峯村 リエ(みねむら りえ、本名;鈴木 りえ1964年3月24日 - )は、日本女優ナイロン100℃及びシス・カンパニー所属。東京都吉祥寺出身[1]。身長173cm。血液型A型

人物・来歴

幼少期、芝居好きの母親の影響を受けた。「小さいころから新劇や小劇団の芝居を見に連れていかれてました。『はなれ瞽女おりん』を見たときには、小学校1年生ぐらいだったので、意味がわからず、男性の局部を切るシーンに、“なんで?”と大きな声で聞いたら、ものすごく怒られたことを覚えています(笑)」と当時を述懐している[2]

173cmと長身。高校生まで水泳を続け、自由形選手で東京都大会に出場。高校時代に女子プロレスのビューティ・ペアの試合を観戦した際に、スカウトされた経験がある。「男の人に“君、いい身体しているね”と声をかけられ、スカウトされそうになったけど、“私、闘争心がないんです”と答えたら、“ダメだな”とあきらめてくれました。いまも格闘技は見るのが好きで、WWEとか見ています」と後に語っている[2]

高校卒業後、俳優養成所『五月舎』の演出部に入所[1]。そこで出会った犬山イヌコに誘われ[1]劇団健康第二回公演の舞台に立つも、一旦は劇団「ザ・スーパーカムパニィ」に入団[1][3]。その後1989年からは劇団健康に参加[3]。解散後にKERAが立ち上げたナイロン100℃結成に参加[4]。現在に至る。

若手時代はいつかは市井で普通に働くのだろうと思っていたが、ある日、事務員の求人広告を見たら、28歳以下、30歳以下などという年齢制限を自分が超えてしまっていた。そこから、役者に本腰を入れようと思い直した[2]

堤幸彦作品には多く起用されている。「映像は、憧れの世界で、小劇場の人間が、足を踏み入れてはいけないと思っていました。それが、“大河”や“民王”をやってから、意識が変わり、演じることはみんな一緒だと思えるようになりました」と振り返っている[5]

事務所はオフィススリーアイズを経て、2010年8月よりシス・カンパニーに所属している。

人物

  • NHK大河ドラマ『真田丸』で、“なりませぬ”の決めゼリフと“ヒール”なお局キャラで注目された女優である。これがきっかけでバラエティ番組への出演も増え、2017年の取材では「いまでも、(スタッフには)必ず“なりませぬ”を言ってください、と言われますね。抵抗? 楽しんで言っちゃいます(笑)」と笑っている[5]
  • NHK土曜時代ドラマ『悦ちゃん』で姉・鶴代役で出演していることについては「“浅はかさ”が、(『真田丸』での)大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)と共通していると思います。でも、それが人間っぽいし、愛すべきところじゃないでしょうか」[5]
  • 睡眠は1日7時間取るのが普通であり、5時間を下回ると辛くなるという[2]
  • 酒は飲めば飲むほど頭がしっかりするので記憶が飛ぶことはない。家で飲むことがないので酒はあまり好きではないとしみじみと取材で回答したことがある[2]
  • 2017年の取材では、今後、演じてみたい役に“天璋院篤姫”の晩年を挙げた。「江戸幕府がなくなってから千駄ヶ谷に住んで、49歳で亡くなるまで自由を謳歌(おうか)していたそうです。晩年に初めて、自由な生活をして、楽しんだということを聞いて、面白いな、と思いました。当時の女性としては、ちょっと大柄だったことや、写真を見たら顔が、ちょっと怖い感じだったので、シンパシーを感じています。制約の多かった時代の女性たちが、どう生きてきたのか、興味があり、演じてみたいです」と話している[2]

出演

舞台

劇団健康

  • 第2回公演「逆回転アワー~日本一アブナイお芝居~」(1986年3月21日 - 23日、新宿アシベホール)
  • 第6回公演「カラフルメリィでオハヨ~いつもの軽い致命傷の朝~」(1988年8月24日 - 30日、下北沢ザ・スズナリ)
  • 第8回公演「スマナイ。」(1989年7月20日-31日、新宿THEATER TOPSほか)
  • 第2回番外実験公演「プチ天変地異」(1989年11月17日-19日、渋谷LA MAMA)
  • 第9回公演「牛の人」(1990年3月15日 - 25日、下北沢ザ・スズナリ)
  • 第10回公演「ボーイフレンド」(1990年8月24日-9月7日、新宿THEATER TOPS)
  • 第11回公演「愛と死~LOVE&DEATH~」(1991年2月15日 - 17日、作:天久聖一/中川いさみ/山田花子/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/健康、新宿スペースゼロ)
  • 第12回公演「カラフルメリィでオハヨ ~いつも軽い致命傷の朝91~」(1991年7月17日 - 22日、本多劇場)
  • 健康スペシャル・プロデュース公演「SUNDAY AFTERNOON」(1991年12月14日-25日、渋谷シードホール)
  • 第15回公演「トーキョーあたり」(2005年8月7日 - 28日、作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、下北沢・本多劇場)- 文子/赤茶背広/他
 など計11本出演。

ナイロン100℃[4]

※特記のないものは 作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

  • 1st SESSION「インタラクティブテクノ活劇 予定外」(1993年8月、下北沢本多劇場)- コリー・ナイス役
  • 2nd SESSION「SLAPSTICKS」(1993年12月、新宿シアターTOPS)- ミンダ・ダーフィー役
  • 3rd SESSION「1979」(1994年5 - 6月、新宿シアターアプル)- 坂井リカ役
  • Side SESSION #1「喜劇 箸の行方」(1994年7月、吉祥寺バウスシアター)
  • 5th SESSION「ウチハソバヤジャナイ ~Version 100℃~」(1995年5月4日-14日、下北沢本多劇場)- 高野マチルダ
  • 6th SESSION「4.A.M.」(1995年11 - 12月/タイチ・演出によるアナザー・バージョンを含む、新宿シアターTOPSほか)
  • Side SESSION SPECIAL「アリス・イン・アンダーグラウンド」(1996年3月、新宿スペース・ゼロ)
  • 7th SESSION「下北ビートニクス」(1996年5月、大阪近鉄小劇場ほか)- 原田役
  • 8th SESSION「フリドニア ~フリドニア日記 #1~」(1996年7 - 8月、新宿シアターTOPS)
  • 9th SESSION「ノンストップサクセスストーリー ビフテキと暴走」(1996年9 - 10月、青山円形劇場)
  • 10th SESSION ANNIVERSARY「カラフルメリィでオハヨ '97 ~いつもの軽い致命傷の朝~」(1997年4 - 5月、大阪近鉄小劇場ほか)- 看護婦上石役
  • 12th SESSION「ライフ・アフター・パンク・ロック 1980SUMMER」(1997年8月、下北沢ザ・スズナリ)
  • 13th SESSION「フランケンシュタイン ~Version 100℃~」(1997年12月、原作:メアリー・シェリー、新宿SPACE ZERO)- インガ役
  • 14th SESSION「ザ・ガンビーズ・ショウ」(1998年2 - 3月、作:KERA/宮藤官九郎/児島雄一(マギー)/故林広志/ブルースカイ、下北沢本多劇場ほか)
  • Side SESSION #6「Φ(ファイ)」(1998年6 - 7月、中野ザ・ポケット)
  • 15th SESSION「フローズン・ビーチ」(1998年8月、新宿 紀伊国屋ホール)- 千津役
  • Side SESSION SPECIAL「偶然の悪夢」(1998年10月、原作:ギュンター・アイヒ<放送劇「夢」>、青山円形劇場)- 老婦人/婦人/母/女1妻
  • Side SESSION #7『イギリスメモリアルオーガニゼイション』(1998年10月、作・構成・演出・出演:大倉孝二/ブルースカイ/峯村リエ/村岡希美、代々木フジタヴァンテ)
  • 16th SESSION「薔薇と大砲 ~フリドニア日記 #2~」(1999年3 - 4月、新宿スペースゼロ)- エリセンダ役
  • 17th SESSION「テイク・ザ・マネー・アンド・ラン」(1999年9 - 10月、下北沢本多劇場ほか)- 姉役
  • 18th SESSION「テクノ・ベイビー ~アルジャーノン第二の冒険~」(1999年12月 - 2000年1月、下北沢本多劇場)- 今のアルジャーノンの母親役
  • 19th SESSION「絶望居士のためのコント」(2000年3 - 4月、作:いとうせいこう、ブルースカイ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、別役実、新宿紀伊国屋ホール)
  • 20th SESSION「ナイス・エイジ」(2000年9月、下北沢本多劇場)- 廻澄代役
  • 21st SESSION「すべての犬は天国へ行く」(2001年4月、下北沢本多劇場)- エリセンダ役
  • 23rd SESSION「フローズン・ビーチ(再演)」(2002年7 - 8月、新宿紀伊国屋ホールほか)- 千津役
  • 24th SESSION「東京のSF」(2002年12月、新宿シアターアプル)- インガ、ヒグラシ(局長の妻)役
  • ホリプロ×ナイロン100℃ SPECIAL SESSION「ドント・トラスト・オーバー30」(2003年5 - 6月、青山劇場ほか)- メグミの母、堅部社長役
  • 28th SESSION「カラフルメリィでオハヨ ~いつもの軽い致命傷の朝~」(2006年4 - 5月、下北沢本多劇場ほか)- 利江(母)、写真部員役
  • 29th SESSION「ナイス・エイジ(再演))」(2006年12月、世田谷パブリックシアター)- 廻澄代役
  • 31st SESSION「わが闇」(2007年12月 - 2008年1月、下北沢本多劇場ほか)- 守口艶子役
  • 32nd SESSION 15years Anniversary「シャープさんフラットさん」(2008年9 - 10月、下北沢本多劇場)- 赤坂弥生役(ブラックチーム)
  • 33rd SESSION「神様とその他の変種」(2009年4 - 5月、下北沢本多劇場ほか)- 女1(サトウケンタロウの母親)役
  • 35th SESSION「2番目、或いは3番目」(2010年6 - 7月、下北沢本多劇場ほか)- ダーラ役
  • 36th SESSION「黒い十人の女 ~version100℃~」(2011年5 - 6月、原作:和田夏十、青山円形劇場)- 風市子役
  • Side SESSION #11「持ち主、登場」(2012年2月、作・演出・出演:大倉孝二/峯村リエ/村岡希美/KENTARO!!/ブルースカイ、CBGKシブゲキ!!)
  • 38th SESSION「百年の秘密」(2012年4 - 6月、下北沢本多劇場ほか)- コナ・アーネット役
  • 40th SESSION「わが闇(再演)」(2013年6月 - 7月、下北沢本多劇場ほか)- 守口艶子役
  • 42nd SESSION「社長吸血記」(2014年9 - 11月、下北沢本多劇場ほか)- マサヨ(曲の姉)、女1(山田千津)役
  • 44th SESSION「ちょっと、まってください」(2017年11 - 12月、下北沢本多劇場ほか)- 女5(金持ちの娘)役
  • 45th SESSION「百年の秘密」(2018年4 - 5月、下北沢本多劇場ほか)- コナ・アーネット役
  • 47th SESSION「イモンドの勝負」(2021年11 - 12月、下北沢本多劇場ほか)- タモツの母親役 他

外部公演

  • ハイレグ・ジーザス「Baby、五臓六腑にしみわたるのさ」(2001年2月21日- 27日、作・演出:河原雅彦、駅前劇場)
  • R・U・Pプロデュース「世にも素敵なネバーエンディングストーリー」(2001年9月22日 - 10月8日、作・演出:河原雅彦、近鉄小劇場)
  • 大人計画 ウーマンリブvol.6「キラークイーン666」(2001年10月19日 - 25日、作・演出:宮藤官九郎、新宿シアターアプル)
  • THE SHAMPOO HAT「女の足の裏」(2002年4月2日 - 7日、作・演出:赤堀雅秋、下北沢ザ・スズナリ)
  • パルコ キューブ「SLAPSTICKS」(2003年1月31日 - 3月2日、作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、パルコ劇場,・シアタードラマシティ)
  • ワルプルギスの音楽劇 「FAUST ファウスト」(2004年3月、原作:ゲーテ、構成・演出:白井晃、世田谷パブリックシアター)
  • 「真夏の夜の夢」(2004年5月30日 - 6月12日、作:ウィリアム・シェイクスピア、演出:木野花、東京グローブ座)
  • Me & Her コーポレーション「イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー 〜パパと呼ばないで!〜」(2004年7月8日 - 8月8日、作:レイ・クーニー、演出:山田和也、ルテアトル銀座ほか)
  • NODA・MAP 第10回公演「走れメルス −少女の唇からはダイナマイト!−」(2004年12月3日 - 2005年1月30日、作・演出:野田秀樹、Bunkamura シアターコクーンほか)- 桐島年江 役
  • Cherry Bonbers project「Cherry Bombers Strikes Back」(2005年10月19日 - 23日、作・演出:長田奈麻、笹塚ファクトリー)
  • KARACOMPLEX 「調教師」(2005年11月5日 - 20日、作:唐十郎、演出:内藤裕敬、Bunkamuraシアターコクーン)
  • 阿佐ヶ谷スパイダース「桜飛沫」(2006年2月10日 - 19日、作・演出:長塚圭史、世田谷パブリックシアターほか)
  • 阿佐ヶ谷スパイダース「アジアの女」(2006年9月28日 - 10月15日、作・演出:長塚圭史、新国立劇場・小劇場ほか)- 鳥居
  • Me & Her コーポレーション「えっと、おいらは誰だっけ?」(2007年1月24日 - 2月8日、作:マイケル・クーニー、演出:綾田俊樹、青山円形劇場ほか)
  • メルシィ! 僕ぅ?(2007年6月26日- 7月5日、作:フランシス・ヴェベール、上演台本:白川ヒロ、演出:渡邉光男、東京グローブ座ほか)
  • FABRICA[12.0.1](2007年10月4日 - 14日、脚本:高井浩子、演出:本広克行、新宿シアタートップス)
  • 劇団ダンダンブエノ七味公演「ハイ!ミラクルズ」(2008年7月、作:福原充則、演出:近藤芳正、青山円形劇場ほか)
  • 大人計画 ウーマンリブvol.11「七人は僕の恋人」(2008年11月8日-12月7日、作・演出:宮藤官九郎、下北沢本多劇場ほか)
  • 真心一座 身も心も「流れ姉妹 たつことかつこ ~獣たちの夜~」(2009年2月、脚本:千葉雅子、演出:河原雅彦、下北沢本多劇場ほか)- 日替わりゲスト
  • 舞台「パッチギ!」(2009年12月4日-23日、脚本:羽原大介、総合演出:井筒和幸、舞台演出:茅野イサム、新国立劇場中劇場)- オモニ 役
  • tpt「この雨 ふりやむとき」(2010年11月8日 - 10日、作:アンドリュー・ボヴェル、演出:鈴木裕美、東京芸術劇場小ホール2)
  • 葛河思潮社「浮標」(2011年1月17日 - 23日、作:三好十郎、演出:長塚圭史、神奈川芸術劇場)
  • 劇団鹿殺し 夏の女優祭り「岸家の夏」(2011年7月28日 - 8月7日、脚本:丸尾丸一郎、演出:菜月チョビ、青山円形劇場ほか)
  • 「往転-オウテン」(2011年11月06日 - 20日、脚本:桑原裕子、演出:青木豪、シアタートラム)
  • 騒音歌舞伎(ロックミュージカル)「ボクの四谷怪談」(2012年9月17日 - 10月14日、脚本・作詞:橋本治、演出:蜷川幸雄、Bunkamura シアターコクーン他)
  • 「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹」(2012年12月9日 - 30日、脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、Bunkamura シアターコクーン他)
  • 「マシーン日記」(2013年3月14日 - 31日、作・演出:松尾スズキ、東京芸術劇場)
  • 親族代表 THE LIVE vol.10 「第三次性徴期」(2013年8日 - 18日、演出:佐々木充郭、下北沢 ザ・スズナリ)
  • ニッポンの河川 第6回公演「大きなものを破壊命令」(2014年3月1日 - 9日、脚本・演出:福原充則、東京芸術劇場 シアターイースト)
  • シス・カンパニー「抜目のない未亡人」(2014年6月28日 - 7月31日、上演台本・演出:三谷幸喜、新国立劇場・中劇場)
  • シス・カンパニー「鼬 (いたち)」(2014年12月01日 - 28日、作:真船豊、演出:長塚圭史、世田谷パブリックシアター)
  • 「地獄のオルフェウス」(2015年5月7日- 5月31日、作:テネシー・ウィリアムズ、演出:フィリップ・ブリーン、Bunkamura シアターコクーン他)
  • 「大逆走」(2015年10月9日 - 25日、作・演出:赤堀雅秋、Bunkamura シアターコクーン)
  • ホリプロ「イニシュマン島のビリー」(2016年3月25日 - 4月10日、脚本:マーティン・マクドナー、演出:森新太郎、世田谷パブリックシアター)
  • 月影番外地その5「どどめ雪」(2016年12月3日 - 12日、作:福原充則、演出:木野 花、下北沢ザ・スズナリ)
  • 「陥没」(2017年2月4日 - 3月6日、作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、Bunkamura シアターコクーン他)- 声の出演
  • 「マリアの首-幻に長崎を想う曲-」(2017年5月10日 - 28日、作:田中千禾夫、演出:小川絵梨子、新国立劇場)
  • 「プレイヤー」(2017月8月4日 - 27日、作:前川知大、演出:長塚圭史、Bunkamura シアターコクーン他)
  • ONWARD presents 新感線☆RS「メタルマクベス」disc3 produced by TBS(2018年11月9日 - 12月31日、作:宮藤官九郎、演出:いのうえひでのり、IHI ステージアラウンド東京)
  • 東宝「ブラッケンムーア~荒地の亡霊~」(2019年8月14日 - 27日、作:アレクシ・ケイ・キャンベル、演出:上村聡史、シアタークリエ他)
  • KAKUTA presents「往転(オウテン)」(2020年2月20日 - 3月1日、作・演出:桑原裕子、本多劇場)- 萩田宣子
  • 「母を逃がす」(2020年5月7日 - 25日、作:松尾スズキ、演出:ノゾエ征爾、Bunkamura シアターコクーン)※コロナ禍により全公演中止
  • 本多劇場グループnext「DISTANCE-TOUR-」(2020年8月5日 - 11日、企画・総合監修:川尻恵太・御笠ノ忠次、下北沢本多劇場)
  • 明後日 asatte FORCE「わたしの茶の間 沢村貞子の言葉」(2020年10月13日、テキスト:「わたしの茶の間」、構成・演出:コイズミキョウコ、下北沢本多劇場)
  • 明後日 asatte FORCE「ピエタ」リーディング(2020年10月18日、原作:大島真寿美、脚本:ペヤンヌマキ、演出:ペヤンヌマキ・小泉今日子、下北沢本多劇場)
  • シス・カンパニー「ほんとうのハウンド警部」(2021年3月5日 - 31日、作:トム・ストッパード、演出:小川絵梨子、Bunkamura シアターコクーン)
  • シス・カンパニー「ザ・ウェルキン」(2022年7月7日 - 31日、作:ルーシー・カークウッド、演出:加藤拓也、Bunkamura シアターコクーン 他)

配信公演

  • 「しりあがり寿PRESENTS 新春!(有)さるハゲロックフェスティバル‘21『未知との接触』」(2021年1月23日、企画:しりあがり寿・天野天街、LIVEMINE)

映画

テレビドラマ

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

配信ドラマ

ラジオドラマ

アニメ

CM

その他

  • バットマン(WOWOW版)- 声優
  • グループ魂 MARCH731 (2000年7月31日、赤坂BLITZ)- ライブ出演
  • CLUBKING and TOWER RECORDS presents Live! Comedy Club King 第一回「実録!コメディー番組収録現場」(2003年7月18日、タワーレコード渋谷店 B1F STAGE ONE)- イベント出演

脚注

  1. ^ a b c d "一期一会 選・桑原茂一 ゲスト:峯村リエ(女優)". SHIPS MAG. 株式会社シップス. 1 August 2017. 2022年4月5日閲覧
  2. ^ a b c d e f “なりませぬ”でブレイクした峯村リエ、新たな『姑 (ヒール) 女優』が演じたい役とは(2/2ページ) 週刊女性PRIME.週刊女性 2017年8月15日号 2017/8/5 (主婦と生活社)(2017年8月22日閲覧)
  3. ^ a b "野田地図 NODA MAP 出演者 峯村 リエ (みねむら りえ)プロフィール". NODA MAP. NODA MAP. 1 December 2004. 2022年4月5日閲覧
  4. ^ a b ナイロン100℃・プロフィール
  5. ^ a b c “なりませぬ”でブレイクした峯村リエ、新たな『姑 (ヒール) 女優』が演じたい役とは(1/2ページ) 週刊女性PRIME.週刊女性 2017年8月15日号 2017/8/5 (主婦と生活社)(2017年8月22日閲覧)
  6. ^ "香取慎吾&岸井ゆきのが夫婦を演じる「犬も食わねどチャーリーは笑う」 井之脇海、的場浩司、余貴美子ら新キャスト発表". 映画.com. カカクコム. 23 June 2022. 2022年6月23日閲覧
  7. ^ “松山ケンイチが連続殺人犯演じる「ロストケア」父親役は柄本明、鈴鹿央士ら12名出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年9月28日). https://natalie.mu/eiga/news/495434 2022年9月28日閲覧。 
  8. ^ "【エール】峯村リエが演じる"国防婦人"も「何かを信じて真っ直ぐに生きていた」". ORICON NEWS. オリコン. 25 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  9. ^ 『真犯人フラグ』真相編の新ビジュアル公開 特別編は『あなたの番です』キャストが集合”. Real Sound映画部. 株式会社blueprint (2021年12月25日). 2021年12月25日閲覧。
  10. ^ “山田裕貴、泉澤祐希、音尾琢真、山口紗弥加、須賀健太ら、藤原竜也主演ドラマ『青のSP』出演決定”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年11月6日). https://realsound.jp/movie/2020/11/post-649993.html 2020年11月6日閲覧。 
  11. ^ “篠原涼子×岩田剛典でおくるNetflixシリーズ「金魚妻」2月14日独占配信決定!一線を越えた妻たちの禁断の本予告映像解禁”. SCREEN ONLINE (近代映画社). (2022年1月6日). https://screenonline.jp/SCREEN_Plus/17508871 2022年3月4日閲覧。 

外部リンク