くろねこルーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くろねこルーシー』は、永森裕二企画、正来賢考汐野翔原案、倉木佐斗志十月サクヒ著による小説。および、それを原作としたテレビドラマ、2012年秋に公開された劇場版映画作品。

概要[編集]

日本で初めて黒猫をメインキャストにした動物実写ドラマ。2011年10月 - 12月まで放送されていた『マメシバ一郎』に次ぐ、東名阪ネット6制作の動物ドラマシリーズの一つである。テレビドラマは、共同制作局では2012年1月 - 3月に放送した。

製作協力のアミューズメントメディア総合学院からは、ノベルス学科の学生がノベライズ本を執筆し、脚本の制作にも同学科の学生が参加するなど、全ての学科から学生が参加している作品である。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

鴨志田 陽
演 - 山本耕史(幼少期:村山謙太
自称、「日本一黒猫に目の前を横切られる男」。会社をリストラされ、新たに浄水器の訪問セールスの仕事を始めたが、その直後に母親が入院してしまう。母からは2匹の黒の子猫の世話を押し付けられ、その子猫の世話のために会社を休みがちになってしまい、結局クビになってしまう。元は一人暮らしだったが、子猫の世話のため、実家に戻る。今日もまた、子猫の世話、美紀の相手、母親の見舞い、仕事探しにハローワーク通い、時には病院に子猫を連れてゆき…と、忙しい毎日。家では黒猫ばかりにかまけていた父のことは大嫌いだったが、そんな父を時々思い出してしまうことがある。父繋がりで占いや黒猫も大嫌いだったが、ルーとシーは世話をしているうちに、そうでもなくなってきた。結局仕事は見つからないまま、父が遺してくれた遺産を元手に、占い学校に通い始めるようになる。
佐山 美紀
演 - 京野ことみ
陽の彼女で、陽とは半同棲中。陽とは違い、占いが大好き。花屋に勤めている。実は幼い頃に、陽の父・賢に占ってもらったこともある。極端な猫アレルギーで、当初は陽の家では鼻水とくしゃみが止まらなかったが、慣れてきたのか、鼻水やくしゃみが出ないことも。仕事の見つからない陽に不安を抱く。その後陽にプロポーズされ結婚、男女の双子を出産する。

鴨志田家[編集]

鴨志田 賢
演 - 塚地武雅ドランクドラゴン
陽の父。テレビドラマでは既に他界しており、陽の回想の中で、幼い頃の陽と一緒に登場するのみ。生前は占い師を生業としており、『黒猫占い師』として巷ではちょっとした有名人だった。大の猫好きで、家では家族より猫と過ごすことが多かった。しかし一方で陽の事もきちんと気にかけていた事が、物語中盤以降判明する。
鴨志田 幸子
演 - 鷲尾真知子
陽の母。夫が飼っていた2匹の黒猫、ルーとシー(陽が飼っている黒猫たちとは別)は夫の7周忌を前にして2匹とも亡くなったが、夫のよりも黒猫たちの遺影の方を大きく扱うほどの猫好き。入院していたが、入院中も元気そのものであった。『占い師の妻』や『占い師の息子を持つ母』といったテーマで本を出版する著作家でもある。

占いスクール[編集]

北別府 かおり
演 - 水崎綾女
陽が通う占いスクールの生徒。思ったこと・占いに出たことは良いことも悪いことも包み隠さず言うため、占った人を怒らすこともしばしば。
君塚 タエ
演 - 渡辺真起子
陽が通う占いスクールの代表。関西弁で話しており、喋り方がキツい。黒猫占いの賢のことも知っていたが、「あんなのは占いではない」と毛嫌いしていた。

その他[編集]

鈴木 隆明
演 - 工藤俊作
ハローワーク職員。常に冷静に、陽に対して厳しくアドバイスする。実は猫好き。
白藤 紅葉
演 - 遼河はるひ
陽がよく連れて行く動物病院の獣医。
清原 ゆり江
演 - 川上麻衣子
陽のご近所さん。猫を飼っている。
佐藤 純導
演 - 小宮孝泰コント赤信号
街中で、これまた『黒猫占い』を掲げている占い師。とはいえ黒猫以外にもソース占いなど、色々な占いをやっている。元は賢の弟子であったが、破門された。陽の事は幼い頃から知っており、今では陽のことは「ジュニア」と呼んでいる。
井岡 辰巳
演 - 相島一之
サラリーマンだったが、リストラされてしまう。
ルー・シー
2匹の黒猫。オーディションを勝ち抜いた生後50日の子猫。

テレビドラマ[編集]

くろねこルーシー
ジャンル テレビドラマ
企画 永森裕二
脚本 川上亮
亀井亨
野尻克己
中田悠仁
長島法透
倉木佐斗志
監督 亀井亨
野尻克己
出演者 山本耕史
京野ことみ
塚地武雅
鷲尾真知子
オープニング 富樫美鈴「ハテ・サテ・ミライ」
エンディング 村井理沙子「LUCY」
製作
プロデューサー 飯塚達介
森角威之
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 放送局で異なる(参照
放送時間 放送局で異なる(参照
放送分 30分
公式サイト

ストーリー[編集]

鴨志田陽、自称「日本一黒猫に目の前を横切られる男」。黒猫が大の苦手で、彼らが自分の前を横切ると必ず不吉な事が起こった。

「ルー」、「シー」と名付けられた2匹の黒猫を使った『黒猫占い』でちょっとした有名人だった父・賢は、家では家族より黒猫にかまってばかり。そんな父に馴染めず家を飛び出した陽にとって、黒猫はまさに天敵だった。父は6年前に他界したが、そんな父の7回忌の日、ルーとシーが同じ日に亡くなる。法要の後片付けをしていた陽は見た事のない2匹の黒色の子猫に出会う。

なんと、その子猫たちは2代目のルーとシーだった。母親が入院してしまったため、母親から無理矢理、大嫌いだった黒猫の世話を押し付けられる陽。しかし、ルーとシーの世話をしていくうちに、何となく父の事を思い出しながら、次第に考えを改めていく。そして、自らも父と同じ道を歩む事になる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 サブタイトル
第1話 先人は言う。黒猫が横切るとなんたら……
第2話 先人は言う。下駄の鼻緒が切れたらなんたら……
第3話 先人は言う。流れ星を見たら三回願い事をなんたら……
第4話 先人は言う。食べてすぐに寝ると牛になんたら……
第5話 先人は言う。夜に口笛を吹くとなんたら……
第6話 先人は言う。猫が顔を洗うとなんたら……
第7話 先人は言う。下の歯は屋根へ、上の歯はなんたら……
第8話 先人は言う。クシャミをすると自分の噂をなんたら……
第9話 先人は言う。雷が鳴ったらへそをなんたら……
第10話 先人は言う。雛壇を片づけないとなんたら……
第11話 先人は言う。夜に爪を切ると親のなんたら……
最終話 先人は言う。茶柱が立つとなんたら……

ネット局[編集]

前番組「マメシバ一郎」同様、東名阪ネット6各局(tvkチバテレビテレ玉三重テレビKBS京都サンテレビ)および札幌テレビTVQ九州放送岐阜放送が製作委員会に参加した。「マメシバ一郎」で製作委員会に参加していたとちぎテレビは今回は入っておらず、放送予定もない。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
 東・名・阪 ネット6 
神奈川県 tvk 2012年1月5日 - 3月22日 木曜 21:00 - 21:30 独立局
埼玉県 テレ玉 2012年1月6日 - 3月23日 金曜 21:00 - 21:30
兵庫県 サンテレビ 2012年1月8日 - 3月25日 日曜 22:00 - 22:30
京都府 KBS京都 日曜 23:00 - 23:30
三重県 三重テレビ 2012年1月9日 - 3月26日 月曜 19:55 - 20:25
千葉県 千葉テレビ 2012年1月10日 - 3月27日 火曜 22:00 - 22:30
その他放送局
北海道 札幌テレビ 2012年1月6日 - 3月23日 金曜 10;25 - 10:55 日本テレビ系列
岐阜県 岐阜放送 2012年1月7日 - 3月24日 土曜 11:30 - 12:00 独立局
日本全域 ひかりTV 2012年1月8日 - 日曜 11:00 - 11:30 ネット配信
福岡県 TVQ九州放送 2012年1月10日 - 4月3日 火曜 26:58 - 27:28 テレビ東京系列
鹿児島県 南日本放送 2012年3月14日 - 5月30日 水曜 24:40 - 25:20 TBS系列
福島県 福島中央テレビ 2012年4月2日 - 7月2日 月曜 10:55 - 11:25 日本テレビ系列
大分県 大分放送 2012年12月18日 - 12月26日 火曜 - 金曜 14:55 - 15:55 TBS系列 2話連続放送
宮城県 仙台放送 2012年10月8日 - 10月24日 月曜 - 金曜 深夜 フジテレビ系列
岡山県・香川県 山陽放送 2013年1月11日 - 2月15日 金曜 9:55 - 10:55 TBS系列 2話連続放送

映画[編集]

くろねこルーシー
監督 亀井亨
脚本 永森裕二
製作 飯塚達介
森角威之
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 塚地武雅
安めぐみ
大政絢
濱田マリ
山本耕史(特別出演)
京野ことみ(特別出演)
佐戸井けん太
生瀬勝久
音楽 野中“まさ”雄一
主題歌 平松愛理「花と太陽」
撮影 中尾正人
製作会社 くろねこルーシー制作委員会
配給 AMGエンタテインメント
公開 2012年10月6日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2012年10月6日公開の『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』の一連のテレビドラマ連動シリーズのハートフル映画。サンディエゴ映画祭、世界国際映画祭、マサチューセッツ・インデペンデント映画祭、ジパングフェスト正式招待作品。当初は2012年夏公開とされていたが、後に2012年10月6日に公開予定と発表された。

映画はテレビドラマより30年前の時代設定となっており、テレビドラマでは既に故人となっている陽の父・賢が主人公である。賢が若い頃の苦労が語られる。陽役の山本耕史・美紀役の京野ことみも「特別出演」という形で出演する。

キャッチコピーは「きっと大丈夫。猫もそう言ってます」。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

  • 監督 - 亀井亨
  • 企画・脚本 - 永森裕二
  • 製作総指揮 - 吉田尚剛
  • プロデューサー - 飯塚達介、森角威之
  • 撮影 - 中尾正人
  • 美術 - 須坂文昭
  • 劇中似顔絵制作・似顔絵師役監修 - モリナオヤ
  • 音楽 - 野中“まさ”雄一
  • 録音 - 甲斐田哲也
  • 音響効果 - 丹愛
  • 衣裳デザイン - 永井伸子
  • ヘアメイク - 清水ちえこ、渡辺順子
  • ライン・プロデューサー - 岩城一平
  • アシスタントプロデューサー - 田口梓
  • 制作担当 - 角田隆
  • 助監督 - 金子直樹
  • 製作会社 - くろねこルーシー制作委員会
  • 配給 - AMGエンタテインメント

主題歌(映画)[編集]

黒ねこルーシー[編集]

実写ドラマのスピンオフ企画として放送された1分間のショートアニメ。テレビ神奈川や、ひかりTVなどのCM枠で2012年2月から3月まで放送された[1]

スタッフ(アニメ)[編集]

原作小説・漫画[編集]

原作小説は、上巻・下巻の全2巻。上巻を倉木佐斗志が、下巻を十月サクヒが執筆。2012年1月26日竹書房から発売。文庫判・カラーグラビア付き。

漫画は、永森裕二原作、たかうま創作画で、電子書籍である角川コンテンツゲート「BOOK☆WALKER」より配信中の「ねこマンガ缶」の収録作品としてvol.2より連載開始。テレビドラマとは異なり、陽は売れない占い師をしており、妻子とは別居中、という設定である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]