幼獣マメシバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幼獣マメシバ』(ようじゅうマメシバ)とは2009年に制作及び公開・放送された映画・TVドラマである。全11回放送。映画公開は同年6月。

また青木光恵による漫画版が『まんがくらぶオリジナル』(竹書房)2009年3月号より10月号まで連載された。

本稿では、『幼獣マメシバ』の続編・シリーズとなる以下の作品に関しても説明する。

  • マメシバ一郎』(まめしばいちろう)
    同作の続編で2011年10月-12月(後述する各制作局)にTV放送、2012年2月4日に映画を公開[1][2]
  • マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』(まめしばいちろう フーテンのしばじろう)
    • 同作の続編で2012年10月-12月(後述する各制作局に)TV放送、2013年2月9日に映画公開。
  • 幼獣マメシバ 望郷篇
    • 同作の続編で2014年7月-9月(後述する各制作局)にTV放送、2014年9月20日に映画公開[3]

幼獣マメシバ[編集]

あらすじ[編集]

無職の中年ニート芝二郎は引きこもりの生活を送っていたが、父が旅行先で亡くなり母も家出してしまう。数日後、陽介が二郎の家を訪れ、鞠子に「二郎に渡して欲しい」と頼まれた封筒を届けに来る。中には「芝一郎」名義の通帳が入っていた。「一郎って誰?」と二人が疑問に思っていると自宅の庭にひょっこり柴の子犬が現れる・・・

キャスト[編集]

芝二郎(しば・じろう)(佐藤二朗
実家で長年ひきこもり生活をしている無職の中年ニート(35歳)。芝家の一人息子(長男)なのに「二郎」という名前の由来は歌手の冠二郎にちなんで名づけたため(第2話より)。趣味はブログを書くこと。好物はうまい棒[4]。話の間と語尾に「ウン」と言うのが口癖。何事も真に受けやすい単純な性格で、父良男の嘘を信じ続けてきた。[5]辛くならないように引きこもって昔の事,辛かった事を忘れる。(中学時代八島秀吉にパシリに使われた事や、昔一郎(一代目)を飼っていた事等も忘れていた。)
八島秀吉(山田将之
二郎の中学時代の同級生。二郎をパシリに使っていた。
成人後も柄の悪さは変わらず夫婦でパチンコ店に入り浸り、二郎に絡んでくる。
八島千秋(木夏リオ
秀吉の妻。
ポロ(まめてぃ)
秀吉夫妻に飼われている犬。チワワ。
一郎(二代目)
二郎が飼っている犬。(相方,相棒) 生後2カ月の豆柴
一郎(一代目)
二郎が子供の頃に飼っていた柴犬。
芝鞠子(しば・まりこ)(藤田弓子
二郎の母。二郎の事を成人後も「二郎ちゃん」と呼ぶなど優しい母親。家にひきこもり生活を続け、なかなか人と触れ合わない二郎のために失踪計画を企てる。
芝良男(しば・よしお)(笹野高史
二郎の父、故人。遺影に使われた写真は二郎が撮影した物でピンボケしていた。(劇場版では、芝鞠子の失踪計画の為に死んだ事にして富士山の芝小屋に三郎(一郎の兄弟)といて生きていた。)

二郎が子供の頃、一郎(一代目)が喋ったと思わせるイタズラをしたり、二郎が旅行に行きたいと言わなくなるように「県道を越えたら最後。二度と人を信じられなくなる。」等と嘘をついて二郎が半径3キロ圏内から出なくなる原因になった。

財部陽介(たからべ・ようすけ)(高橋洋
二郎の親戚の青年で郵便局員。歌手を目指している。第9話では、出世した事を(郵便局員)二郎に冷やかされる場面も。二郎の良き理解者であり、彼の元を頻繁に訪れている。二郎の事を「二郎ちゃん」と呼ぶ。二郎からは「べーちゃん」と呼ばれる。
芝富子(しば・とみこ)(角替和枝
二郎の叔母で重男の妻。良男の葬儀終了後、鞠子に対し30歳を過ぎてもひきこもり生活を続けて職に就かず、頼りない性格の二郎に家の跡取りが務まるのかと愚痴をこぼした。[6]
芝重男(しば・しげお)(志賀廣太郎
二郎の叔父(良男の弟)。
芝加代子(渋谷琴乃
二郎のいとこ。
市村景虎(高橋直純
ペットショップ店員。超のつくほどの温厚な性格。じんじゃーまんファン。
御手洗藤子(りりィ
犬の銅像のある家、家主。
山下知輔(ささの堅太
喜助の息子。
氷川さとみ(伊藤かな恵
富士見公園5時の少女。なかなか子離れしてくれない父の事で悩んでいる。
御手洗クリス(FIFI
新造の妻、離婚調停中。
御手洗新造(西本竜樹
藤子の息子、工場経営者。
笹波幸四郎(西田幸治笑い飯))
犬好きの元サラリーマン。飼い主と散歩中の犬をストーカーしていた為勘違いされ逮捕された。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 自分の部屋から半径3キロ以内で、全然生活できるのだ。
  2. 時として人生は、誰かの思惑に逆らえないのだ。
  3. 社会は、甘くない時はとても甘くないのだ。
  4. どん底を経験すると、その後少し前向きになれるのだ。
  5. 人の気持ちは、小鳥を持つ様にやさしく掴むのだ。
  6. 旅の恥は、なかなか掻き捨てられないのだ。
  7. 間に入って「まあまあ」と丸く収めるのは、才能なのだ。
  8. 人の取り柄は、気付かなければ一生開花しないのだ。
  9. ちゃんと気持ちを伝えた事が、生きてて一度もなかったのだ。
  10. 神様を信じてもいいかと、一瞬だけ思ったのだ。
  11. (最終回)思えば遠くに来たもんなのだ。

主題歌[編集]

  • オープニング - タイムカプセル/高橋直純
  • エンディング - 歩いて帰ろう/高橋直純

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
東・名・阪 ネット6 
埼玉県 テレビ埼玉 2009年1月14日 - 3月25日 水曜 21時00分 - 21時30分 独立UHF局
神奈川県 テレビ神奈川 2009年1月16日 - 3月27日 金曜 21時00分 - 21時30分
兵庫県 サンテレビジョン 金曜 21時30分 - 22時00分
京都府 KBS京都 2009年1月18日 - 3月29日 日曜 22時00分 - 22時30分
三重県 三重テレビ放送 日曜 22時55分 - 23時25分
千葉県 千葉テレビ放送 2009年1月20日 - 3月31日 火曜 23時00分 - 23時30分
その他放送局
日本全国 ひかりTV 2009年1月21日 - (終了) ネット配信
日本全国 ギガミランカ 2009年1月28日 - (終了)
鹿児島県 南日本放送 2010年3月30日 - 6月15日 火曜 24時40分 - 25時10分 TBS系列
宮城県 仙台放送 2010年4月12日 - 6月28日 月曜 25時40分 - 26時10分 フジテレビ系列
石川県 北陸朝日放送 2010年6月28日 - 9月6日 月曜 25時15分 - 25時45分 テレビ朝日系列
福島県 福島中央テレビ 2010年8月25日 - 11月10日 水曜 10時55分 - 11時25分 日本テレビ系列
北海道 札幌テレビ放送 2010年10月8日 - 12月24日 金曜 10時25分 - 10時55分
岡山県
香川県
山陽放送 2010年10月18日 - 12月27日 月曜 25時50分 - 26時20分 TBS系列
大分県 大分放送 2011年10月17日 - 11月2日 月-木曜 10時20分 - 10時50分 「ホッとTime」枠[7]
新潟県 新潟総合テレビ 2014年7月4日 - 9月19日 金曜 15時30分 - 16時00分 フジテレビ系列

劇場版[編集]

幼獣マメシバ
監督 亀井亨
脚本 永森裕二
製作 永森裕二間宮俊二関佳史松本宏青柳洋治波多美由紀細井俊介江副純夫小川貴史伊藤明博曽我勉岡田修紀
出演者 佐藤二朗安達祐実
音楽 野中“まさ”雄一
主題歌 高橋直純「あの丘へ」
撮影 中尾正人
配給 AMGエンタテインメント
公開 2009年6月13日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 マメシバ一郎3D
テンプレートを表示

2009年6月13日に全国9館にて公開。 追加キャスト

上映時間106分。

キャッチコピーは「ボクが連れて行ってあげる」。

TVドラマ版の総集編等ではなく、時系列的にはTVドラマ版の後の話となるが、TVドラマ版と連続した物語でないパラレルワールド的な内容となっている。

キャスト(映画第1弾)[編集]

スタッフ(映画第1弾)[編集]

主題歌(映画第1弾)[編集]

『あの丘へ』
歌 - 高橋直純 / 作詞 - 吉津屋こまめ / 作曲・編曲 - 野中“まさ”雄一

マメシバ一郎[編集]

あらすじ[編集]

母の仕掛けた冒険から二年。二郎は再び引きこもっていた。そんな二郎の元に、母から再びミッションが下った。

キャスト[編集]

芝二郎(佐藤二朗
無職の中年ニート(37歳)。
一郎
二郎が飼っている犬。豆柴
芝鞠子(藤田弓子
二郎の母。今は海外にいる。
北条由紀(美波
動物ボランティア。 鞠子とは海外で知り合った。
日比谷九州男(綾田俊樹
近所の一人暮らしの盲人の老人。意に沿わないながら、元盲導犬のライラの調教を二郎と由紀に依頼するがなかなかいう事を聞かないので困っている飼い主。
川崎葉子(穂花
獣医。
笹崎しのぶ(中丸シオン
借りてきたペットで動画コンテストに作品を送り続ける。
清瀬楓(米山実来
飼っていたオールド・イングリッシュ・シープドッグの里親探しを由紀に依頼した少女。
清瀬麻子(桜田聖子
楓の母。
道場謙太(椎野翔一
牛乳屋のバイト。廃業寸前の牛乳屋の電気・水道と引き換えに、飼っていた猫を二郎に託す。
鮫島勝也(渋谷樹生
二郎の家の庭にこっそりと現れて一郎を餌付けする謎の少年。通称座敷わらし
横山ミキ(塩澤葉子
鮫島家のお手伝いさん。
権田清次(岡部尚
ブルドッグの飼主。
権田友恵(粕谷由佳利
清次の妻。
北見キク(今林とし子
パグの里親に応募した老婦人。
北見浩二(山口和理
キクの息子。
財部陽介(高橋洋
二郎の親戚。郵便局員。
市村景虎(高橋直純
ペットショップ店長。
芝富子(角替和枝
二郎の叔母。
芝重男(志賀廣太郎
二郎の叔父。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 部屋と通帳と私と犬なのだ。
  2. ライフラインは直訳すると命綱なのだ。
  3. ありがとうと言える人は強い人なのだ。
  4. 人に何かをしてあげるなんて一生無いと思っていたのだ。
  5. 大人と子供の境界線は有るようで無いのだ。
  6. NOと言える日本人は日本人のあこがれなのだ。
  7. 大事なものは失ってみないとわからないのだ。
  8. 一度閉じた扉を開くにはたくさんの力がいるのだ。
  9. 正しい答えは時折、見えなくなるのだ。
  10. 見てみぬふりをしたら見えないものだと思っていたのだ。
  11. 頭で思っていても、どうしょうもない事はどうしょうもないのだ。
  12. (最終回)後ろ向きに歩くと前は見えないのだ。

主題歌[編集]

  • オープニング - おてんとさま/高橋直純
  • エンディング - スブタにパイナップル/盛岡冷麺 振り付け:高橋直純

放送局[編集]

前作「幼獣マメシバ」では制作局として東名阪ネット6各局(テレビ神奈川、千葉テレビ放送、テレビ埼玉、三重テレビ放送、KBS京都、サンテレビジョン)は正式には挙げられていなかったが、今作は東名阪ネット6各局及び札幌テレビ放送TVQ九州放送とちぎテレビが共同制作局となる。

動物ドラマシリーズの前後作(『犬飼さんちの犬』、『くろねこルーシー』)の制作局である岐阜放送は今作に限り共同制作局には入っておらず、放送予定もない。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
東・名・阪 ネット6 
兵庫県 サンテレビジョン 2011年10月2日 - 12月18日 日曜 22時00分 - 22時30分 JAITS 共同制作局
京都府 KBS京都 日曜 23時00分 - 23時30分
千葉県 千葉テレビ放送 2011年10月4日 - 12月20日 火曜 22時00分 - 22時30分
神奈川県 テレビ神奈川 2011年10月6日 - 12月29日[8] 木曜 21時00分 - 21時30分
埼玉県 テレビ埼玉 2011年10月7日 - 12月23日 金曜 21時00分 - 21時30分
三重県 三重テレビ放送 2011年10月10日 - 12月26日 月曜 19時55分 - 20時25分
その他放送局
福岡県 TVQ九州放送 2011年10月3日 - 12月19日 月曜 25時53分 - 26時23分 テレビ東京系列 共同制作局
栃木県 とちぎテレビ 2011年10月4日 - 12月20日 火曜 20時00分 - 20時30分 JAITS
北海道 札幌テレビ放送 2011年10月7日 - 12月23日 金曜 10時25分 - 10時55分 日本テレビ系列
日本全国 ひかりTV 2011年10月9日 - 12月25日 日曜 11時00分 - 11時30分 ネット配信
福島県 福島中央テレビ 2011年12月7日 - 2012年3月7日 水曜 10時55分 - 11時35分 日本テレビ系列
鹿児島県 南日本放送 2011年12月14日 - 2012年3月7日 水曜 24時40分 - 25時10分 TBS系列
宮城県 仙台放送 2012年3月23日 - 6月8日 金曜 26時10分 - 26時40分 フジテレビ系列
大分県 大分放送 2012年9月3日 - 9月24日 月-木曜 10時20分 - 10時50分 TBS系列 「ホッとTime」枠
岡山県・香川県 山陽放送 2012年9月7日 - 10月12日 金曜 9時55分 - 10時55分 2話連続放送
新潟県 新潟総合テレビ 2014年9月26日 - 12月12日 金曜 15時30分 - 16時00分 フジテレビ系列
秋田県 秋田放送 2015年4月6日 - 6月22日 月曜 10時55分 - 11時25分 日本テレビ系列

劇場版[編集]

マメシバ一郎3D
監督 亀井亨
脚本 永森裕二
製作 「マメシバ一郎」製作委員会
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 佐藤二朗
音楽 野中“まさ”雄一
主題歌 高橋直純「大切なキミ」
撮影 中尾正人
編集 亀井亨
配給 AMGエンタテインメント
公開 2012年2月4日
上映時間 58分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 幼獣マメシバ
次作 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
テンプレートを表示

2012年2月4日に公開された映画『幼獣マメシバ』のその後を描く映画シリーズ第2弾。全編3D映画での上映。

キャッチコピーは「働かざるもの、食うべからず。37歳児、芝二郎。明日はどっちだ?」。

映画版の『幼獣マメシバ』と同様に、TVドラマ版の『マメシバ一郎』とはパラレルワールド的な物語となっている。

キャスト(映画第2弾)[編集]

スタッフ(映画第2弾)[編集]

  • 製作総指揮 - 吉田尚剛
  • 企画・脚本 - 永森裕二
  • 音楽 - 野中“まさ”雄一(ヘッドオフ)
  • プロデューサー - 飯塚達介、森角威之
  • ラインプロデューサー - 田中梓
  • 撮影 - 中尾正人
  • 照明 - 福田裕佐
  • 録音 - 甲斐田哲也
  • 助監督 - 島崎謙太郎
  • 制作担当 - 柏田藤子
  • ヘアメイク - 唐澤知子
  • 衣装 - 永井伸子
  • 美術 - 西村徹
  • アニマルトレーナー - ZOO動物プロ
  • DIT - 石川真吾
  • VFX - 東海林毅
  • スチール - 山本千里
  • メイキング - 馬車馬企画
  • WEB制作 - 伊藤あやこ
  • 制作プロダクション - 杜方
  • 宣伝協力 - マジックアワー
  • 企画・配給 - AMGエンタテインメント
  • 監督・編集 - 亀井亨

主題歌(映画第2弾)[編集]

『大切なキミ』
作詞・歌 - 高橋直純 / 編曲 - 高橋直純&チチクリギターズ

マメシバ一郎 フーテンの芝二郎[編集]

あらすじ[編集]

芝二郎は、前作『マメシバ一郎』で中年ニートから脱し、ペットショップで働くことになった。しかし実家が売られ、二郎は追い出され、更には二郎の前に借金取りが現れてしまう。

キャスト[編集]

芝二郎(佐藤二朗
38歳。前作『マメシバ一郎』で中年ニートからは脱し、今作はペットショップ店員として描かれる。今まで暮らしていた実家は売りに出された為、アパートで一郎と暮らす事に。
一郎
二郎が飼っている犬。豆柴
真田まちこ(南沢奈央
しつけ教室のトレーナーで、二郎の同僚でもある。当初は二郎を疎ましく思っていたが、次第に理解を示す。
実は権藤とは親子。[9]
仁政一成(野間口徹
無職の犬ビギナーの男性。境遇が似ている二郎を「先輩」と呼ぶ。定職には就かずアフィリエイトで稼ごうとする。当初は二郎に対して友好的に接していたが、次第に攻撃的な態度を取るようになり、それを不審に思った二郎が彼を尾行した所、彼の家が売りに出された二郎の家である事が判明。(第10話)実は香里とは夫婦で、以前は夫婦で商売をしていたが失敗し多額の借金を抱えていたため、2人で占有屋をしていた際に鞠子と出会い、彼女から「二郎をいじめて欲しい」[10] と依頼された事を二郎に明かした後、今後は香里と再び新たな商売を始める事を告げて二郎の元を去った。(第11話)
陣内香里(原史奈
ペットショップのお客。実は仁政の妻。
椎名ノゾミ(さいとうみき
ペットショップのお客の女子高生。犬好きでペットショップを頻繁に訪れていた際に些細な事から二郎にキツイ言葉を浴びせる。
元々は犬好きの優しい性格の少女で、後に二郎と和解する。
ペットショップの女性客(千鶴ちい
チワワの飼い主。
福山(元田牧子
主婦。
芝鞠子(藤田弓子
二郎の母。今は海外にいる。
芝富子(角替和枝
二郎の叔母。二郎&一郎が暮らすアパートの大家でもある。
芝重男(志賀廣太郎
二郎の叔父。劇中のナレーション(前回のあらすじ紹介)も担当。
財部陽介(高橋洋
二郎の親戚。郵便局員。まちこの事が少し気になっている。二郎の良き理解者。
市村景虎(高橋直純
二郎が働いているペットショップ店長。温和な性格で二郎を温かく見守る。第11話で統括マネージャーに昇格した。
権藤茂(ダンカン
二郎の前に現れた借金取り。実は元警察犬の訓練士であり、鞠子に頼まれて「借金取り」に扮して二郎に近づいていたが、最終話で実は「借金」は嘘[11] で二郎から徴収していたお金は鞠子の元に送金していた事が明かされた。

サブタイトル[編集]

  1. 人生の試練は大体、突然訪れるのだ。
  2. 僕より不幸な誰かを、いつも感じていたいのだ。
  3. 人生の困難は、なかった事にしておきたいのだ
  4. 家長が家庭のリーダーとは限らないのだ
  5. 長年育んだ信頼関係なんて、5秒で壊れるのだ
  6. 本当に賢い奴は、本能的だったりするのだ
  7. 横から目線でいい人ぶっても、効かない関係もあるのだ
  8. 褒めるのが下手な人は、褒められても伸びないのだ
  9. 自己責任とか言われると、とっても萎えるのだ
  10. やりがいは、無くてもあることにしておくのがセオリーなのだ
  11. 自分が正しいと思った時から、すべての間違いが始まるのだ
  12. そして、みんないなくなっても、僕は僕なのだ(最終回)

主題歌[編集]

  • オープニング - フーテンカイト/高橋直純
  • エンディング - スブタにパイナップル 社会人編/盛岡冷麺 振り付け:高橋直純

放送局[編集]

前作「マメシバ一郎」での制作局9局に加え、「マメシバ一郎」では制作局に入らなかった岐阜放送とテレビせとうちも制作局に加わり、東名阪ネット6の6局、そのほかの局5局とあわせて11局の共同制作となる。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
東・名・阪 ネット6 
兵庫県 サンテレビジョン 2012年10月7日 - 12月22日 日曜 22時00分 - 22時30分 JAITS 共同制作局
千葉県 千葉テレビ放送 2012年10月4日 - 12月20日 木曜 22時00分 - 22時30分
神奈川県 テレビ神奈川 木曜 21時00分 - 21時30分
京都府 KBS京都 2012年10月6日 - 12月21日 土曜 23時30分 - 24時00分
埼玉県 テレビ埼玉 土曜 12時30分 - 13時00分
三重県 三重テレビ放送 土曜 14時00分 - 14時30分
その他放送局
福岡県 TVQ九州放送 2012年10月4日 - 木曜 27時30分 - 28時00分 テレビ東京系列 共同制作局
栃木県 とちぎテレビ 2012年10月8日 - 月曜 19時00分 - 19時30分 JAITS
北海道 札幌テレビ放送 2012年10月12日 - 金曜 10時25分 - 10時55分 日本テレビ系列
岐阜県 岐阜放送 2012年10月6日 - 土曜 11時30分 - 12時00分 JAITS
岡山県・香川県 テレビせとうち 2013年1月11日 - 3月8日
2013年11月24日 - 2014年3月2日
金曜 25時59分 - 26時29分
日曜 6時00分 - 6時30分
テレビ東京系列
日本全国 ひかりTV 2012年10月8日 - 月曜 19時00分 - 19時30分 ネット配信
宮城県 仙台放送 2013年4月13日 - 土曜 25時35分 - 26時05分 フジテレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ 2014年12月19日 - 2015年3月20日[12] 金曜 15時30分 - 16時00分

劇場版[編集]

マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
監督 亀井亨
脚本 永森裕二
製作 「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」製作委員会
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 佐藤二朗
音楽 野中“まさ”雄一
主題歌 高橋直純「カラクル」
撮影 中尾正人
配給 AMGエンタテインメント
公開 2013年2月9日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 マメシバ一郎3D
次作 幼獣マメシバ 望郷篇
テンプレートを表示

2013年2月9日に公開された、映画シリーズ第3弾。

キャッチコピーは「中年ニート・芝二郎、幼獣・一郎と自分探し中。柴犬なんて、ララーラーララララーラー♪」

キャスト(映画第3弾)[編集]

スタッフ(映画第3弾)[編集]

  • 製作総指揮 - 吉田尚剛
  • 企画・脚本 - 永森裕二
  • 音楽 - 野中“まさ”雄一(ヘッドオフ)
  • プロデューサー - 平体雄二、飯塚達介
  • ラインプロデューサー - 近藤あゆみ
  • 撮影 - 中尾正人
  • 照明 - 福田裕佐
  • 録音 - 田中博信
  • 助監督 - 島崎謙太郎
  • 制作担当 - 吉田智
  • ヘアメイク - 岩本みちる
  • 衣装 - 永井伸子
  • 美術 - 松塚隆史
  • アニマルトレーナー - ZOO動物プロ
  • 整音 - 藤林繁
  • 音響効果 - 丹愛
  • スチール - コタニシンスケ
  • 宣伝美術 - 土屋英俊(SOIL DESIGN WORKS)
  • WEB制作 - 伊藤あやこ
  • 制作プロダクション - スタジオブルー
  • 企画・配給 - AMGエンタテインメント
  • 監督・編集 - 亀井亨

主題歌(映画第3弾)[編集]

『カラクル』
作詞・歌 - 高橋直純 / 作曲・編曲 - 高橋直純&チチクリギターズ

幼獣マメシバ 望郷篇[編集]

幼獣マメシバ 望郷篇
ジャンル テレビドラマ
放送期間 2014年7月 - 9月(10回)
放送国 日本の旗 日本
企画 AMGエンタテインメント
監督 御法川修
脚本 永森裕二
出演者 佐藤二朗
野間口徹
菊池亜希子
左とん平
高部あい
城戸愛莉
高橋直純
高橋洋
宍戸開
志賀廣太郎
オープニング 高橋直純&チチクリギターズ
「ふうらいぼうきょう」
外部リンク 映画&ドラマ『幼獣マメシバ 望郷篇』公式サイト
テンプレートを表示

ドラマ版の監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や『恋文日和』(日本テレビ)を手掛けた御法川修が務め、ファンタジックなメルヘンムードを漂わせる作風に変化しており、芝二郎が旅先で出会うマドンナとの恋愛模様を匂わせる演出が強調されている。

あらすじ[編集]

芝二郎は、前作『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』でペットショップで働くことになったが、今作では家出してしまったというストーリーである。

キャスト[編集]

芝二郎(佐藤二朗
40歳。前作『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』でペットショップ店員であったが、家出してしまい再びニートになる。
一郎
二郎が飼っている犬。豆柴

サブタイトル[編集]

  1. 生まれて初めて家出してみたのだ
  2. なる様になるを実践するには勇気が要るのだ
  3. 泣かない強さより泣けない弱さは深刻なのだ
  4. ナリで生きてると色々巻き込まれるのだ
  5. 複雑な人間関係から人は逃げられないのだ
  6. 計算の無い人生はないと思っていたのだ
  7. 北風さんでは心の扉は開けないのだ
  8. 苦しまなければ成長できないというのは嘘なのだ
  9. 人生の役割は、ジョブローテーションしてるのだ
  10. 人生は一周回って少し外へいけるのだ(最終回)

放送局[編集]

今作では、2014年7月当初から放送予定と発表されている放送局全20局が制作局となっている(2014年8月以降にネット受けを決めた局は、制作局としては参加しない)。また、前作までは放送がなかった群馬テレビが参加・放送することになったことで、東名阪ネット6だけでなく5いっしょ3ちゃんねる共同制作ともなった。これらの制作局・放送局は、動物ドラマシリーズの前作である『猫侍』の制作局・放送局を基本的に引き継いでいる[13]

放送地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 備考
北海道 札幌テレビ放送 日本テレビ系列
共同制作局
木曜 25時29分 - 25時59分 2014年7月10日 - 9月11日
岩手県 IBC岩手放送 TBS系列
共同制作局
水曜 24時41分 - 25時11分 2014年7月2日 - 9月3日
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列 月曜 10時25分 - 10時55分 2014年9月1日 - 12月1日
栃木県 とちぎテレビ JAITS
5いっしょ3ちゃんねる加盟)
共同制作局
木曜 22時30分 - 23時00分 2014年7月10日 - 9月11日
群馬県 群馬テレビ 土曜 21時30分 - 22時00分 2014年7月12日 - 9月13日
神奈川県 テレビ神奈川 JAITS
東名阪ネット6
5いっしょ3ちゃんねる加盟)
共同制作局
月曜 19時00分 - 19時30分 2014年7月7日 - 9月8日
埼玉県 テレビ埼玉 月曜 23時00分 - 23時30分 2014年7月7日 - 9月8日
千葉県 千葉テレビ放送 火曜 23時30分 - 24時00分[14] 2014年7月8日 - 9月9日
石川県 北陸放送 TBS系列
共同制作局
月曜 - 金曜 9時55分 - 10時55分 2014年8月25日 - 8月29日 2話連続放送
静岡県 静岡第一テレビ 日本テレビ系列
共同制作局
土曜 26時20分 - 26時50分 2014年7月12日 - 9月13日
三重県 三重テレビ放送 JAITS
(東名阪ネット6加盟)
共同制作局
日曜 23時30分 - 24時00分 2014年7月6日 - 9月14日
京都府 京都放送
兵庫県 サンテレビジョン 月曜 19時25分 - 19時55分 2014年7月7日 - 9月8日
岡山県
香川県
テレビせとうち テレビ東京系列
共同制作局
土曜 25時30分 - 26時00分 2014年7月12日 - 9月13日
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列
共同制作局
月曜 25時55分 - 26時25分 2014年7月7日 - 9月8日
福岡県 TVQ九州放送 テレビ東京系列
共同制作局
金曜 25時58分 - 26時28分 2014年7月18日 - 9月19日
熊本県 熊本県民テレビ 日本テレビ系列
共同制作局
土曜 25時00分 - 26時00分 2014年8月2日 - 9月6日 2話連続放送
鹿児島県 南日本放送 TBS系列 火曜 25時10分 - 25時40分 2014年10月21日 - 12月23日
全国 ひかりTV インターネットテレビ
共同制作局
日曜 21時00分 - 21時30分 2014年7月6日 - 9月7日
BSフジ 衛星放送
共同制作局
日曜 23時00分 - 23時30分 2014年7月13日 - 9月21日
アニマルプラネット 金曜 20時30分 - 21時00分 2014年9月19日 - 11月14日
愛知県
名古屋市など)
スターキャット・
ケーブルネットワーク
ケーブルテレビ
共同制作局
日曜 22時30分 - 23時00分 2014年7月13日 - 9月14日

劇場版[編集]

幼獣マメシバ 望郷篇
監督 亀井亨
脚本 永森裕二
製作 「幼獣マメシバ 望郷篇」製作委員会
出演者 佐藤二朗
音楽 チチクリギターズ
撮影 松井宏樹
編集 増田嵩之
配給 AMGエンタテインメント
公開 2014年9月20日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
テンプレートを表示

2014年9月20日に公開された、映画シリーズ第4弾。

キャスト(映画第4弾)[編集]

主題歌(映画第4弾)[編集]

『望遠鏡』
作詞・作曲・歌 - 高橋直純 / 編曲 - チチクリギターズ

スタッフ(映画第4弾)[編集]

  • 監督 - 亀井亨
  • 製作総指揮 - 吉田尚剛
  • 企画 - 永森裕二
  • 脚本 - 永森裕二
  • プロデューサー - 宮田幸太郎 飯塚達介
  • ラインプロデューサー - 稲垣隆治
  • 撮影 - 松井宏樹
  • Bカメラ - 高橋航
  • 照明 - 高坂俊秀
  • 録音 - 日下部雅也
  • 美術 - 松塚隆史
  • 衣装 - 宮本まさ江
  • ヘアメイク - 金森恵
  • 編集 - 増田嵩之
  • 音楽 - チチクリギターズ
  • 音響効果 - 丹雄二/丹愛
  • キャスティング - おおずさわこ
  • 助監督 - 小野寺昭洋
  • 制作担当 - 佐藤幹也
  • スチール - 須藤秀之/川野結李歌
  • メイキング - 上野修平/森井勇佑

出版情報[編集]

フォトブック[編集]

漫画版[編集]

『まんがくらぶオリジナル』(竹書房)連載。上記フォトブックとの合本「オフィシャルコミック&フォトブック」として単行本化されている。

  • 幼獣マメシバ オフィシャルコミック&フォトブック(青木光恵 他・著/竹書房(2009年発行)ISBN 9784812440070

ノヴェライズ[編集]

柳雪花・著 文庫版上下巻が竹書房より刊行されている。

その他[編集]

  • 「豆柴犬」という犬種は、日本犬保存会JKC共に正式な犬種として現在認められておらず、作中のマメシバは小さな柴犬を指す愛称である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 連続テレビドラマ マメシバ一郎”. AMGエンタテインメント. 2011年9月19日閲覧。
  2. ^ 大人気の「幼獣マメシバ」続編「マメシバ一郎」”. テレビ神奈川. 2011年9月19日閲覧。
  3. ^ 佐藤二朗「僕のライフワーク」 『幼獣マメシバ』ドラマ&映画第4弾決定|オリコン
  4. ^ 彼の部屋にはお菓子のうまい棒の他にうまい棒の関連グッズが置かれている
  5. ^ 「県道の先は悪口ばっかり言う人達の住処」という嘘や、イタズラで一郎(一代目)が喋ったと信じた
  6. ^ これが鞠子が失踪計画を企てるきっかけとなる
  7. ^ 同枠では『ねこタクシー』→『犬飼さんちの犬』に続けて東名阪ネット6の動物シリーズの放送となった。
  8. ^ 11月3日にラグビー中継で放送が休止したため他の放送局より1週遅れの終了。
  9. ^ 正確には継父と継子の親子関係で血縁関係はない(権藤はまちこの母の再婚相手だったが現在は離婚している)
  10. ^ (社会人生活に慣れてきた二郎に試練を与えるため)「最初は友好的に接し、途中からは二郎を裏切って意地悪に振舞って欲しい」と頼んだ
  11. ^ ただし二郎の実家が売りに出されている事は事実で(経済的に困窮しているというわけではなく、「帰る場所があると二郎がまた元の状態(ニート)に戻ってしまう事を懸念して売りに出したのではないかと思う」と権藤は分析した)
  12. ^ 2015年1月2日1月23日は放送休止。
  13. ^ アニマルプラネットなど、『猫侍』ではネット受けのみで制作局にはなっておらず、当番組で初めて制作局になったケースがある。一方で福島中央テレビなど、『猫侍』と当番組いずれもネット受けのみのケースがある。
  14. ^ 7月中は『高校野球ダイジェスト』および『第85回都市対抗野球大会ダイジェスト』放送の都合上、25時00分 - 25時30分に移動。

外部リンク[編集]