半保護されたページ

くじらのホセフィーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くじらのホセフィーナ
ジャンル ファンタジーアニメ
アニメ
原作 ホセ=マリア・サンチェス=シルバ
監督 黒川文男(チーフディレクター)
脚本 山本優小山高男
曽田博久新井光
キャラクターデザイン 富沢和雄
音楽 河野土洋
アニメーション制作 葦プロダクション
製作 東京12チャンネル
葦プロダクション
国際映画社
放送局 東京12チャンネル
放送期間 1979年4月2日 - 1979年8月28日
話数 全24話(総集編1話)
テンプレート - ノート

くじらのホセフィーナ』は、国際映画社葦プロダクションが制作したテレビアニメであり、国際映画社初のアニメ作品でもある。 原作はスペインの児童文学作家、ホセ=マリア・サンチェス=シルバ(Jose Maria Sanchez Silva)の作による童話『さよならホセフィーナ(原題:『Adiós, Josefina』)』。

1979年4月2日から同年8月28日まで、東京12チャンネル(現:テレビ東京)にて放送された。

ストーリー

寂しがりやの少年・サンティーの親友は、コップの中に住む不思議なくじら・ホセフィーナ。 ホセフィーナは夜になると大きくなり宙を舞い、サンティーを不思議な冒険の世界へと連れて行ってくれるのだ。

作品について

ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』から『女王陛下のプティアンジェ』まで、葦プロダクション作品は日本アニメーションとの共同制作によるものであった。本作以降、『宇宙戦士バルディオス』まで葦プロは、国際映画社と共同でアニメーション制作に関わっている。

第3話、第20話の絵コンテ・原画は本作と同じ国際映画社作品である『ずっこけナイトドンデラマンチャ』の第6話絵コンテ・原画、『銀河旋風ブライガー』と『魔境伝説アクロバンチ』のOPとEDの演出・原画を後に担当する金田伊功が描いている。

本作の映像の著作権は現在プロダクションリードが所持しており、共同制作者の国際映画社は権利を放棄している(ただし国際映画社作品の主題歌を集めたCD等には、本作の主題歌も収録されている)。

登場キャラクター・キャスト

スタッフ

主題歌

  • オープニング - 「くじらのホセフィーナ」
作詞 - 関根栄一 / 作曲 - 穂口雄右 / 編曲 - 青木望 / 歌 - 大杉久美子コロムビアゆりかご会
  • エンディング - 「さよならサンティー」
作詞 - 関根栄一 / 作曲 - 穂口雄右 / 編曲 - 青木望 / 歌 - 大杉久美子、フィーリング・フリー

放送局

放送リスト

[9]

サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 放送日
1 コップの中のひみつ 山本優 湯山邦彦 1979年
4月9日
2 ふしぎな海のたび 広川和之 4月16日
3 ぼくだけの無人島 金田伊功 西牧秀夫 4月23日
4 おばけの町のぼうけん 西牧秀夫 新田義方 4月30日
5 こんにちはニッポン 小山高男 湯山邦彦 5月7日
6 学校なんて大きらい 山本優 神田武幸 行田進 5月21日
7 かぜひきシンドバット 曽田博久 新田義方 5月28日
8 はじめての学校 新井光 貞光紳也 広川和之 6月11日
9 よそんちの子になっちゃった 小山高男 湯山邦彦 6月18日
10 神様に会っちゃった 山本優 西牧秀夫 6月25日
11 親切はだれのため 山田繁男 行田進 7月3日
12 魚は絶対食べないぞ 曽田博久 広川和之 7月10日
13 たから星ひみつ星 山本優 湯山邦彦 7月17日
14 教室にきたコウノトリ 金春智子 玉川真知子 湯山邦彦 7月24日
15 エスコリアルの騎士 山本優 山崎和男 玉川真知子 7月31日
16 ぼくの素敵な女の子 新井光 新田義方 湯山邦彦 8月7日
17 大変だァ!山火事だァ! 曽田博久 貞光紳也 広川和之 8月14日
18 天国の大冒険 山本優 広川和之 湯山邦彦 8月21日
19 山賊をつかまえろ 新井光 新田義方 8月28日
20 北極海のたたかい 山本優 金田伊功 湯山邦彦 9月11日
21 恐怖の海の大魔王 曽田博久 湯山邦彦 行田進 9月18日
22 さばくの魔王をやっつけろ 曽田博久 広川和之 9月25日
23 前編 さよならホセフィーナ 広川和之
山崎和男
藤原良二
24 後編 さよならホセフィーナ 山本優 富沢和雄 広川和之
総集編

第23話と第24話は本放送時は未放送に終わったが、翌年1月の12チャンネルでの再放送時に、第23話と第24話の内容を含む総集編として放送された。なお単独で全24話が放送されたのは、チバテレビをはじめ一部の放送局だけであった。

ビデオソフト化

  • 1984年に東芝映像ソフトから総集編のビデオソフトがVHSとベータで発売された[10]。ビデオはその後一切再発売されておらず、BD・DVD化も行われていない。
  • 原作側との権利が切れた際にオリジナルフィルムを海外に返却してしまい、現在、国内の一部の話数の放送用プリントフィルムが紛失している。CS放送のファミリー劇場で再放送が行われた際には東北新社経由でフィルムが捜索されたが、放送可能な素材は12回分しかなかった。権利元の話によると、全話、現存するがフィルムの状態が悪い為に全話の放送及びソフト化が困難とされている。テレビ局、ビデオ会社など大きなスポンサーを見つけない限り映像修復は困難との事である。
  • 2013年に日本コロムビアから発売されたDVD『大杉久美子TV主題歌大全集』にオープニング映像とエンディング映像が収録されている。

脚注

  1. ^ a b c d e f 「全国放映リスト」『アニメージュ』1979年10月号、徳間書店、 70頁。
  2. ^ 福島民報』1979年12月15日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『福島民報』1982年2月5日 - 3月11日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ a b c d e 「全国放映リスト」『アニメージュ』1979年10月号、徳間書店、 71頁。
  5. ^ 北國新聞』1980年10月24日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1982年9月号、徳間書店、 96頁。
  7. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1980年4月号、徳間書店、 65頁。
  8. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1981年10月号、徳間書店、 101頁。
  9. ^ 参考資料:アニメージュ 1980年2月号 47頁「主要作品全放映リスト」
  10. ^ 「'89ビデオソフト全カタログ」1989年、小学館、テレパル/ビジパル共同編集

外部リンク

東京12チャンネル 月曜19:30枠(1979年4月~6月)
前番組 番組名 次番組
くじらのホセフィーナ
東京12チャンネル 火曜19:30枠(1979年7月~8月)
くじらのホセフィーナ