モリナオヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モリナオヤ
出生名 森 直哉(もり なおや)
生誕 (1973-02-22) 1973年2月22日(46歳)
出身地 日本の旗 大分県臼杵市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
アーティスト
デザイナー
ウェブデザイナー
俳優
撮影監督
映画監督
代表取締役
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1992年 -
「モリナオヤ」名義での音楽活動
2000年 - 2001年
2009年 - 2011年
レーベル レイズイン
2000年 - 2001年
事務所 レイズイン
2000年 - 2001年
共同作業者 ハッピーアニマル
2002年
タイムレスマシン
(個人発信、2003年
モリナオヤBAND
2006年 - )
うたのおねえさんとどうぶつばんど
2007年 - )
公式サイト モリナオヤWebSite

モリナオヤ1973年2月22日 - )は、大分県臼杵市出身のシンガーソングライター株式会社遊園地化計画代表取締役。血液型O型。

経歴[編集]

[1]

  • 絵画、物語制作、歌などに没頭。小学校の夏休みの課題では、挿絵満載の小説を作るような少年であった。中学では、文化祭で原作脚本の芝居を制作したり、休日は映画制作に没頭。 高校ではそれに加え音楽制作も開始。幼少期から描いたマンガ、イラスト、作った曲は数知れず。高校のデザイン科を卒業後、上京。

1992年

  • フリーランスアーティストとしてイラスト、デザイン、イベント企画等多数携わる。

1996年

  • フリーマーケットにてリサイクル活動。
  • 似顔絵、立体アートの販売をスタート。
  • 書籍等のイラストレーターとして活躍。

1997年

  • 井の頭公園表参道にてアート露店「七百屋」を出店。手作りオブジェが雑誌・TVなどで取り上げられる。露店で歌うオリジナルソングが注目され、 路上ライブを始める。

1998年

  • アート露店、路上ライブを精力的に行い、関東各所で活動。

1999年

  • 音楽活動がメインとなり、井の頭公園や中野サンプラザなどで単独ライブを行う(デビュー前のアーティストが行うのは史上初)。

2000年

  • 4月21日、「エジソン」にて「モリナオヤ」の名でメジャーデビュー。
  • 10月4日、「夕空の紙飛行機」が発売され、アニメ「はじめの一歩」の主題歌に起用される。

2001年

  • メジャー音楽活動と同時進行で個人活動再開。
  • 似顔絵をメインとしたアート露店「SAUCE」出店。
  • 大阪大学桜花学園大学の学園祭に招かれる。

2002年

  • 着ぐるみパフォーマンス集団「ハッピーアニマル」発足。
  • アートイベント「クウキイレ」主催。
  • 青山学院高等学校の学園祭に招かれる。

2003年

  • 個人発信の音楽活動を「タイムレスマシン」として再開。
  • 環境問題講話イベント、その他自主イベント多数。
  • 三鷹観光ビデオ音楽担当、役者として出演。
  • 三鷹カフェ「雑多楽や」イベント・夜間営業担当。
  • 自身が撮影、監督を行なったドキュメント短編映画「絆」を愛知万博で上映。

2004年

  • アンダーグラウンドカフェ「ヘブンズドア」開店。オリジナルメニュー制作、各種イベント開催。
  • 江ノ島海の家イベント「シースープ」主催。

2005年

  • アメリカ ニューヨークにて、パフォーマー ジロー今村のゲリラライブに同行し、ドキュメント映像の撮影、監督、制作を担当。
  • 海上知明著「環境思想 歴史と体系」表紙絵制作。

2006年

  • 音楽メジャー時代の事務所とコラボを行い「モリナオヤBAND」として大阪を中心にライブツアー。
  • 立体作品「眠りの森人形館」表参道ヒルズ出展。
  • 表参道、下北沢にてイベント「空中遊園地」多数開催。
  • 自身の活動名を総称して「遊園地化計画」と名付ける。

2007年

  • 着ぐるみが生演奏を行う子供向けバンド「うたのおねえさんとどうぶつばんど」始動。
  • 岡元雄作監督短編映画「神様の言うとおり」「IRODORI」に役者として出演。
  • キャラクターデザインした神戸水陸両用車バス「スプラッシュ」運転開始。

2008年

  • 自身のデザインがスイス水筒メーカー シグの「ボトル2008モデル」で採用、世界発売。
  • スターバックステイスティングイベントにてライブペイント(横浜、名古屋)。
  • 似顔絵師として各種イベント出演多数。
  • デザイナーとしてウェブ等のコンテンツ制作。

2009 - 2011年

  • 似顔絵師、フェイスペインター、着ぐるみバンドなど、各種イベント出演、同時にアート系制作各種。
  • モリナオヤとして一時的に音楽活動再開し、音楽祭等ライブイベント出演。

2012年

  • 株式会社「遊園地化計画」設立。
  • モバイル端末のプロモーション企画「自転車で世界遺産を巡る旅」にライダーとして日本一周完走。
  • 映画「くろねこルーシー」にて劇中似顔絵制作、似顔絵師役監修。

2013年

  • 渋谷にて絵画個展「はじまりんご」開催。
  • 期間限定似顔絵教室開催。
  • イオンモール船橋イベント「週イチ☆エンタBOX」企画制作。

2014年

  • 「きりぱね」デザイン参加。
  • 似顔絵イベント新企画「似顔絵キャンドル」「似顔絵トートバッグ」「似顔絵羽子板」スタート。
  • パレードイベント企画スタート。

2015年

  • モーリー企画スタート(サウンドや仕掛けを使ったワークショップパフォーマンス)。
  • 1日で書き終えた短編小説「消えたシオン」発表。

2016年

  • 似顔絵侍企画スタート(墨絵似顔絵5分速描き)
  • NHKBSテレビドラマ「クロスロード」劇中似顔絵制作。
  • アートワークショップ企画「じぶんでつくる雑貨店・じぶん雑貨」スタート。
  • 縁日企画「こどもおもちゃまつり」スタート。
  • 自身の音楽制作・アート制作スタジオ「STUDIO 708」完成。

2017年

  • 自身の総合的作品制作開始。

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2000年4月21日 エジソン VPCC-82128
2nd 2000年7月21日 ラクガキに心をこめて VPCC-82130
3rd 2000年10月4日 夕空の紙飛行機 VPCC-82135
4th 2001年5月23日 360°/Kitchen VPCC-82145

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2000年11月22日 エンドレスツアー VPCC-81350

ミュージックビデオ[編集]

曲名 監督
エジソン 吉野宏樹
ラクガキに心をこめて 吉野宏樹
夕空の紙飛行機
Kitchen 竹原清

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 三鷹観光ビデオ(2003年) - 音楽担当・役者
  • 絆(2003年、愛知万博) - 撮影、監督
  • ジロー今村 ゲリラライブ ドキュメント映像(2005年) - 撮影、監督、制作
  • 神様の言うとおり(2007年)
  • IRODORI(2007年)
  • くろねこルーシー(2012年、くろねこルーシー制作委員会) - 劇中似顔絵制作、似顔絵師役監修

アート、小説作品[編集]

  • 海上知明著『環境思想 歴史と体系』(2005年) - 表紙絵
  • 立体作品『眠りの森人形館』(2006年、表参道ヒルズ出展)
  • 神戸水陸両用車バス『スプラッシュ』(2007年) - キャラクターデザイン
  • スイス水筒メーカー シグ『ボトル2008モデル』(2008年) - デザイン
  • きりぱね(2014年) - デザイン
  • 短編小説『消えたシオン』(2015年)

イベント[編集]

1997年

2001年

2002年

2003年

  • 環境問題講話イベント 出演
  • 三鷹カフェ「雑多楽や」 イベント・夜間営業担当

2004年

  • アンダーグラウンドカフェ「ヘブンズドア」 開店
  • 江ノ島海の家イベント「シースープ」 主催

2006年

  • 「空中遊園地」 開催(表参道・下北沢

2007年

  • スターバックス テイスティングイベント ライブペイント 出演(横浜・名古屋)

2012年

  • モバイル端末 プロモーション企画「自転車で世界遺産を巡る旅」 ライダー参加

2013年

  • 絵画個展「はじまりんご」 開催(渋谷)
  • 期間限定 似顔絵教室 開催
  • イオンモール船橋 イベント「週イチ☆エンタBOX」 企画・制作

2014年

  • 似顔絵イベント企画「似顔絵キャンドル」 開催
  • 似顔絵イベント企画「似顔絵トートバッグ」 開催
  • 似顔絵イベント企画「似顔絵羽子板」 開催
  • パレードイベント企画 開催

2015年

  • ワークショップパフォーマンス「モーリー企画」 開催

2016年

  • 似顔絵侍企画 開催
  • アートワークショップ企画「じぶんでつくる雑貨店・じぶん雑貨」 開催
  • 縁日企画「こどもおもちゃまつり」 開催
  • 音楽制作・アート制作スタジオ「STUDIO 708」 開催

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モリナオヤWebSite”. naoyamori.com. 2018年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]