海上知明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海上 知明(うながみ ともあき、1960年 - )は、日本評論家、日本戦略研究フォーラム研究員[1]茨城県生まれ。中央大学経済学部[1]。企業勤務。2002年、「環境思想の体系と史的分析 : 多様化するエコロジー思想」で国士舘大学博士(経済学)を取得[2]。戦略研究学会古戦史研究部会代表、孫子経営塾理事[1]、環境戦略研究会代表。複数の大学で非常勤講師を務めている[1]

著書[編集]

  • 『環境思想 歴史と体系』NTT出版 2005
  • 『環境戦略のすすめ エコシステムとしての日本』2006 NTT出版ライブラリーレゾナント
  • 『信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪』2006 ベスト新書
  • 『環境問題としてのエネルギー 危機管理の経済史』ビイング・ネット・プレス 2009
  • 『新・環境思想論 二十一世紀型エコロジーのすすめ』荒地出版社 2009
  • 『環境問題の戦略的解決 環境戦略試論』芙蓉書房出版 2010

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 海上知明(うなかみ ともあき)日本戦略研究フォーラム研究員”. 日本戦略研究フォーラム. 2012年11月10日閲覧。
  2. ^ 環境思想の体系と史的分析 : 多様化するエコロジー思想 海上知明”. 国立国会図書館. 2012年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]