山本耕史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまもと こうじ
山本 耕史
山本 耕史
2015年、第76回菊花賞の表彰式にて
(左は北島三郎
生年月日 (1976-10-31) 1976年10月31日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都新宿区[1]
身長 179 cm[2]
血液型 B型[2]
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1976年 -
配偶者 堀北真希(2015年 - )
公式サイト MAGNAM1031
主な作品
テレビドラマ
ひとつ屋根の下
新選組!
華麗なる一族
陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜
薄桜記
真田丸
映画
時の輝き
彼岸島
ステキな金縛り
舞台
レ・ミゼラブル
レント
『The Last Five Years』
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
嵐が丘
備考
第56回NHK紅白歌合戦 白組司会(2005年)

山本 耕史(やまもと こうじ、1976年10月31日[2] - )は、日本俳優歌手東京都新宿区出身[1]

身長179cm、体重65kg、血液型はB型[2]。妻は女優堀北真希

来歴[編集]

0歳の頃から乳児モデルとして活動[1][3]

1987年、10歳の時に日本初演の『レ・ミゼラブル』で少年革命家ガブローシュを演じ[4]舞台デビュー[1][5]。なお、同作では16年後の2003年に初演の時から念願だったマリウス役を務めている[4]

1993年、16歳の時に連続ドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)で車椅子の少年・文也を演じ一般に名前が浸透する[1][3]

1995年、『さんかくはぁと』(テレビ朝日)で連続ドラマ初主演。

1996年、『花より男子』のテレビアニメシリーズおよび劇場版アニメに声優として出演。花沢類役をつとめる。

1997年、『IMAGINE』でCDデビュー。

1998年、21歳の時にブロードウェー・ミュージカル『RENT』の日本初演でマークを演じたことが、役者観が変わるほどの大きな転機となり[5]海外にも目を向けるようになる[6]パックンに英語を習い、23歳の時に3か月間ニューヨークで暮らす[6]

2004年NHK大河ドラマ新選組!』に出演。局長近藤勇を支え続ける土方歳三を演じ、人気を博す[3]2000年三谷幸喜脚本・演出のオケピ!出演時に、三谷に土方役に見初められての抜擢だった。視聴者からの多くの要望により、2006年には大河ドラマとして初の続編スペシャルドラマ『新選組!! 土方歳三 最期の一日』が「NHK正月時代劇」として制作され、再び土方歳三役として主演を務めた[7]。さらに2015年には連続テレビ小説あさが来た』で9年ぶりに土方歳三を演じている[8]。これはNHKからの熱烈な要請を受けたためであり、大河ドラマと朝の連続テレビ小説で同一人物が同じ役を演じるのは極めて異例のことであった[8]

2005年、『第56回NHK紅白歌合戦』の白組司会に抜擢された。

2006年DonDokoDon山口智充がMCをつとめる日本テレビ・水曜深夜番組『MusiG』(2006年4月 - 2007年9月)にレギュラー出演、「今週の丸投げ」コーナーで毎回出されるお題に基づき、山口と即興でギターセッションをしながら曲を作っている。また、山口、佐野元春と「The Whey-hey-hey Brothers」として、1枚のシングルを発売した。

2010年、Team YAMAMOTO presents ロックミュージカル『GODSPELL ゴッドスペル』で初めて演出を手掛け、また自ら主演を務める。

私生活[編集]

2015年8月22日、当時は女優として活動していた堀北真希との婚姻届を代理人を通じて提出したことを当時の堀北の所属事務所が発表した[9]。この発表以前、仕事において堀北とは、2009年に連続ドラマ『アタシんちの男子』(フジテレビ)で初共演後、2010年のスペシャルドラマ『わが家の歴史』(フジテレビ)で夫婦になる役で再び共演、2015年5月の舞台『嵐が丘』で3作品目の共演をしている[10]

2016年6月21日、公式ファンクラブサイトで妻・堀北の第1子妊娠を報告[11]。同年12月18日に、堀北の所属事務所により、堀北が第1子を出産していたことが正式に発表された。性別や出産日、体重などの詳細は公表されていない[12]

人物[編集]

主に舞台を活動の中心としており、多くのミュージカルに主演している。「KOJI YAMAMOTO & K.D earth」としてインディーズレーベルよりCDをリリース、ボーカル・ギター・キーボードなどをこなしコンサート活動もしていた。デビューから現在まで個人事務所に所属している[3][13]

ドラゴンボール』シリーズの大ファン[13]野沢雅子孫悟空の声で吹き込んだ目覚し時計を使用し[14]ベジータや孫悟空のイラストを書くのが得意だという。『月刊TVnavi』2008年3月号にて野沢と対談し、野沢が悟空・悟飯悟天の会話を実演した時には興奮しながら「対談テープください!」と雑誌記者に頼んでいたほど。作中のキャラクターを演技の参考にすることもしばしばで[13]、『新選組!』の土方はベジータ、『華麗なる一族』の銀平はピッコロ、『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』の坂崎磐音は、普段の温厚さと戦う時の強さとのギャップとかっこよさから、孫悟空を参考に役作りをしているとのこと[15]。『漫道コバヤシ』の「映画ドラゴンボールZ 神と神公開記念!出でよ神龍!! SP」(2013年3月24日放送回)にも出演した[16]

2人だけのバイクチームを組んでいる山口智充とは公私ともに仲が良い[17]
また『新選組!』の共演者・関係者が集まり毎年忘年会が行われていると述べている[18]。特に同学年であり主演を務める香取慎吾とは、香取が「友達を作らない主義」であるにも関わらず「数少ない友人」と公言しているほど親交が深い[19][20]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 楼蘭(1986年) - シンクーラ王子 役
  • レ・ミゼラブル
    • レ・ミゼラブル (1987年 - 1988年) - ガブローシュ 役
    • レ・ミゼラブル (2003年 - 2004年) - マリウス 役
  • スタンド・バイ・ミー
    • スタンド・バイ・ミー(1991年) - クリス 役
    • スタンド・バイ・ミー(1994年) - エース 役
  • 滅びかけた人類、その愛の本質とは…(1993年) - ケイン 役
  • 渦巻(1995年) - ニッキー・ランカスター 役
  • 40カラット(1998年)
  • 怪しき村の旅人(1998年)
  • レント(1998年、1999年) - 主演・マーク 役
  • BOYS TIME 〜つよく正しくたくましく!!〜(1999年) - 菊原正之 役
  • オケピ! 2000年版(2000年) - パーカッションの河田 役
  • シラノ・ザ・ミュージカル(2000年 - 2001年) - クリスチャン 役
  • 天国の本屋(2001年) - 上原さとし・田中一郎 役
  • ロミオとジュリエット2001(2001年) - 主演・ロミオ 役
  • ファントム・ペイン(2001年、第三舞台) - 深町慎史 役
  • GODSPELL(2001年、2010年[46]) - 主演・キリスト
  • 魔法の黄色い靴(2002年) - 三宅澤和彦 役
  • ピッチフォーク・ディズニー(2002年) - コスモ 役
  • Thank you! Broadway! Vol.2(2002年)
  • ピルグリム(2003年) - 直太郎 役
  • ROOFTOP(2003年)
  • tick,tick…BOOM! - 主演・ジョナサン 役
    • (2003年)
    • (2006年)
    • (2012年9月13日 - 30日)※演出・振り付け・翻訳も担当[47]
  • リンダリンダ(2004年、シアターアプル 他)[48] - 主演・ヒロシ 役
  • Broadway Gala Concert 2005(2005年)
  • The Last Five Years(2005年、2007年、2010年) - 主演・ジェイミー 役
  • リトルショップ・オブ・ホラーズ(2005年) - 主演・シーモア 役
  • 小森輝彦&服部容子デュオリサイタル(2006年) - 朗読で参加
  • ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2007年[49]、2008年、2009年) - 主演・ヘドウィグ 役
  • ドリアン・グレイの肖像(2009年) - 主演・ドリアン 役
  • 琉球ロマネスク テンペスト(2011年2月6日 - 28日、赤坂ACTシアター / 3月5日 - 20日、新歌舞伎座) - 浅倉雅博 役
  • ウサニ(2012年8月3日 - 26日、ル テアトル銀座) - スネーク 役
  • ロックオペラ モーツァルト(2013年2月9日 - 24日、東急シアターオーブ / 22日 - 24日:梅田芸術劇場) - 主演・モーツァルト / サリエリ 役(中川晃教と交互主演)[3]
  • おのれナポレオン(2013年4月9日 - 5月12日〈4月6日 - 7日:プレビュー公演〉、東京芸術劇場プレイハウス) - モントロン伯爵 役[50]
  • ヴォイツェク(2013年10月4日 - 14日、赤坂ACTシアター / 10月25日 - 27日、シアターBRAVA!) - 主演・ヴォイツェク 役[5]
  • オーシャンズ11(2014年7月、東急シアターオーブ / 10月23日 - 11月2日、梅田芸術劇場) - ラスティ・ライアン 役[51][52]
  • Lost Memory Theatre(2014年8月、神奈川芸術劇場 / 9月、兵庫芸術文化センター) - 主演
  • メンフィス - 主演・ヒューイ・カルフーン 役
    • (2015年1月30日 - 2月10日、赤坂ACTシアター / 2月20日 - 22日、キャナルシティ劇場)[53]
    • (2017年12月2日 - 17日予定、新国立劇場中劇場)※演出も担当[54]
  • 嵐が丘(2015年5月6日 - 26日、日生劇場) - ヒースクリフ 役 [55]
  • マハゴニー市の興亡(2016年9月6日 - 22日、KAAT神奈川芸術劇場) - 主演・ジム 役 [56]
  • 劇団☆新感線髑髏城の七人』 Season花(2017年3月30日 - 6月12日、IHIステージアラウンド東京) - 無界屋蘭兵衛 役 [57]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

日本語吹き替え[編集]

PV[編集]

インターネットドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

「バーモントカレー」(1987年)
「ククレカレー」(1997年)
  • 住友林業「住友林業の家」(2003年 - 2005年)
  • 大新社「ディースター」(2006年 - 2007年)
  • メルセデス・ベンツ・ジャパン「メルセデス・ベンツ・SLK」(2011年11月)
  • イシンホールディングス「イシンホーム」(2012年12月)
  • サントリー「澄みわたる梅酒」(2017年3月)

音声ガイド[編集]

  • 大阪市立美術館ほか「歌川国芳展」(2011年) - 音声ガイド

ディスコグラフィ[編集]

山本耕史 名義[編集]

KOJI YAMAMOTO & K.D earth 名義[編集]

  • IN MY HANDS (2005年10月31日)
  • JUMP (2006年5月11日)
  • 3-wish (2007年2月15日)
  • john (2008年6月14日)

雑誌連載[編集]

  • 山本耕史のちょっと休憩しませんか!(2005年4月 - )
    • 第1回 - 第90回、『月刊TVnavi
    • 第91回 - 現在、『TVnaviSMILE』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 山本耕史”. KINENOTE. 2015年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d PROFILE”. MAGNUM1031:山本耕史オフィシャルファンクラブ. 2015年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 山本耕史 (2013年2月3日). 〔No.97〕山本耕史 俳優とは何か。問いかけ、ぶつかり、ひとり歩んできた。役を超えたいという欲望を胸に秘めて。(1/9ページ). インタビュアー:宮地ゆう. 朝日新聞GLOBE.. http://globe.asahi.com/breakthrough/2013013100003.html 2015年1月3日閲覧。 
  4. ^ a b ジョン・ケアード (2013年2月3日). 山本耕史を語る / 演出家 ジョン・ケアード(John Caird)さん. インタビュアー:宮地ゆう. 朝日新聞GLOBE.. http://globe.asahi.com/breakthrough/2013013100003.html?page=9 2015年1月3日閲覧。 
  5. ^ a b c 山本耕史. vol.107 俳優 山本耕史 覚悟して自分を貫く(1/2ページ). (インタビュー). 朝日新聞×マイナビ転職.. http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/107 2015年1月3日閲覧。 
  6. ^ a b 山本耕史 (2013年2月3日). 〔No.97〕山本耕史 俳優とは何か。問いかけ、ぶつかり、ひとり歩んできた。役を超えたいという欲望を胸に秘めて。(2/9ページ). インタビュアー:宮地ゆう. 朝日新聞GLOBE.. http://globe.asahi.com/breakthrough/2013013100003.html?page=2 2015年1月3日閲覧。 
  7. ^ a b 『真田丸』石田三成役に山本耕史、大谷吉継役に片岡愛之助”. ORICON (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
  8. ^ a b c “山本耕史朝ドラ出演 NHKの求愛実る”. デイリースポーツ. (2015年10月1日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/01/0008446743.shtml 2015年10月1日閲覧。 
  9. ^ ご報告”. スウィートパワー (2015年8月22日). 2015年8月22日閲覧。
  10. ^ 山本耕史、堀北真希に40通の手紙“攻撃” 6年間の片思い実る - oricon style (2015年8月24日). 2017年5月1日閲覧。
  11. ^ “山本耕史「静かに見守って」堀北の第1子妊娠を報告”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年6月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1666772.html 2016年6月22日閲覧。 
  12. ^ “山本耕史さん・堀北真希さん夫妻に第1子誕生”. YOMIURI ONLINE. (2016年12月18日). オリジナルの2016年12月19日時点によるアーカイブ。 2016年12月18日閲覧。
  13. ^ a b c 山本耕史. vol.107 俳優 山本耕史 覚悟して自分を貫く(2/2ページ). (インタビュー). 朝日新聞×マイナビ転職.. http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/107/2 2015年1月3日閲覧。 
  14. ^ 山本耕史「ちょっと休憩しませんか!番外編」、『TVnavi SMILE』2014 vol.014、産経新聞出版、 81-84頁。
  15. ^ 月刊TVnavi』の山本の対談コーナー「ちょっと休憩しませんか!」[要ページ番号]にて、度々語っている
  16. ^ 天津飯とランチの“その後”、CS「漫道コバヤシ」で鳥山明が言及。”. Narinari.com (2013年3月6日). 2015年8月31日閲覧。
  17. ^ INLIFE 男の履歴書 山本耕史
  18. ^ “【エンタがビタミン♪】堺雅人が『新選組!』忘年会で本音。「“倍返し”もう疲れた」”. Techinsight. (2014年2月10日). http://japan.techinsight.jp/2014/02/sakaimasato-baigaesitukareta-brunch20140208.html 2015年9月1日閲覧。 
  19. ^ 香取慎吾、“親友”山本耕史&堀北真希の結婚を祝福 生放送でコメント”. modelpress. 株式会社ネットネイティブ. 2017年9月18日閲覧。
  20. ^ スマステ香取23日放送最終回ゲストに親友山本耕史”. ORICON NEWS. オリコン (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  21. ^ 第42回奨励賞受賞作品 大河ドラマ「新選組!」(NHK)の演技
  22. ^ 山本耕史「思い続けなきゃだめでしょ」”. デイリースポーツ (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。
  23. ^ “山本耕史:結婚報道後初登場 ベストレザーニスト受賞に「ダブルで幸せ」”. MANTANWEB. (2015年8月28日). http://mantan-web.jp/2015/08/28/20150828dog00m200037000c.html 2015年8月31日閲覧。 
  24. ^ 第23回読売演劇大賞の結果発表”. 読売新聞 (2016年2月4日). 2016年2月4日閲覧。
  25. ^ 山本耕史さん、木村佳乃さん出演決定!”. コレ見て!ムービー あさが来た. NHK (2015年10月1日). 2015年9月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月8日閲覧。
  26. ^ “NHK時代劇「陽炎の辻2」完成会見に山本耕史ら”. zakzak. (2008年8月30日). http://www.zakzak.co.jp/gei/200808/g2008083012.html 2016年5月21日閲覧。 
  27. ^ 山本耕史主演『陽炎の辻』ついに完結、スピーディーなたては圧巻”. テレビドガッチ (2016年12月13日). 2016年12月20日閲覧。
  28. ^ 山本耕史 (2015年8月17日). 「生きざまに惚れた」山本耕史が語る“薄桜記”の魅力!. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/63349/ 2015年9月26日閲覧。 
  29. ^ “商店街の再生物語、実話を基に…BSプレミアム”. YOMIURI ONLINE. (2014年3月11日). オリジナル2014年3月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140312012512/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20140310-OYT8T00731.htm 2015年1月3日閲覧。 
  30. ^ 『このミステリーがすごい!』大賞受賞作家4人がドラマ原作を競作 . ORICON NEWS. (2014年12月1日) 2017年7月10日閲覧。
  31. ^ 唐沢寿明、麻生久美子&ムロツヨシら個性的俳優陣と共演!「ナポレオン村」”. cinemacafe.net (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  32. ^ 山本耕史演じる、主人公の親友がまさかの裏切り『ナポレオンの村』最終話”. テレビドガッチ (2015年9月20日). 2015年9月26日閲覧。
  33. ^ “観月ありさ:松本清張ドラマで初の殺人犯役 共犯者役で山本耕史”. MANTANWEB. (2015年8月30日). http://mantan-web.jp/2015/08/30/20150829dog00m200029000c.html 2015年8月31日閲覧。 
  34. ^ 二宮和也主演『坊ちゃん』、及川光博、山本耕史ら豪華俳優陣が“教師役”で出演決定”. クランクイン!! (2015年11月4日). 2016年1月19日閲覧。
  35. ^ バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  36. ^ バカリズム脚本4夜連続ドラマに柏木由紀・市原隼人・山本耕史・川口春奈ら出演”. マイナビニュース (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  37. ^ 米倉涼子、松本清張原作の歴史サスペンスに主演”. ORICON (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  38. ^ “山本耕史、結婚後初連ドラシャーロットと交際0日婚”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1615062.html 2016年3月11日閲覧。 
  39. ^ 小松菜奈、NHKドラマ初出演 山本耕史と“主演”対決 . ORICON NEWS. (2016年12月14日) 2017年7月10日閲覧。
  40. ^ 山本耕史さん主演『植木等とのぼせもん』制作開始 . NHKドラマトピックス. (2017年7月7日) 2017年7月10日閲覧。
  41. ^ “黒柳徹子の半生が“帯ドラマ”に 『トットちゃん』松下奈緒、山本耕史ら出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2092113/full/ 2017年6月9日閲覧。 
  42. ^ “三谷幸喜氏、『真田丸』メンバーと1年ぶりNHKで時代劇 正月放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2095718/full/ 2017年8月16日閲覧。 
  43. ^ 山本耕史、白塗り吸血鬼への変身に2時間半!「新しい趣味を見つけた(笑)」”. cinemacafe.net (2010年1月11日). 2015年8月31日閲覧。
  44. ^ 登場人物は全員宇宙人!三谷幸喜監督作『ギャラクシー街道』未発表キャスト解禁”. cinemacafe.net (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  45. ^ 田中圭主演の『劇場版 びったれ!!!』、悪い父親役に竹中直人&ライバル役に山本耕史”. CINRA.NET (2015年5月7日). 2015年5月7日閲覧。
  46. ^ 2010年版は演出も担当。team YAMAMOTO presents ロックミュージカル『ゴッドスペル』より
  47. ^ 山本耕史 (2012年6月1日). トピックス・インタビュー22 『tick,tick…BOOM!』山本耕史さん. インタビュアー:小林英治. あうるすぽっと.. http://www.owlspot.jp/topics/22.html 2015年1月3日閲覧。 
  48. ^ “山本耕史「曲聞いて好きに」”. Daily Sports Online. (2004年9月30日). オリジナル2004年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041011210923/http://www.daily.co.jp/gossip/2004/09/30/145000.shtml 2015年9月26日閲覧。 
  49. ^ ロック・ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』公開舞台稽古”. シアターガイド (2007年2月20日). 2016年5月21日閲覧。
  50. ^ 三谷幸喜の舞台は13年ぶり! 山本耕史が『おのれナポレオン』を語る”. チケットぴあ (2013年1月17日). 2013年9月24日閲覧。
  51. ^ 「オーシャンズ11」主演の香取慎吾が山本耕史のコメントにダメ出し!?”. Smartザテレビジョン (2014年6月10日). 2015年1月3日閲覧。
  52. ^ “東急シアターオーブ「オーシャンズ11」”. 産経ニュース. (2014年7月5日). http://www.sankei.com/entertainments/news/140705/ent1407050005-n1.html 2015年1月3日閲覧。 
  53. ^ 藤沢志穂子 (2015年1月31日). “ミュージカル「メンフィス」 山本耕史、「一匹おおかみ」のDJ…重なる自身の生き方”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/entertainments/news/150131/ent1501310010-n1.html 2015年8月31日閲覧。 
  54. ^ 山本耕史×濱田めぐみ「メンフィス」が新演出で再び . ステージナタリー. (2017年3月21日) 2017年7月10日閲覧。
  55. ^ 山本耕史 (2015年4月27日). 【インタビュー】「嵐が丘」出演 山本耕史、重いテーマだけどきらきらさせたい. インタビュアー:岩村美佳. 朝日新聞「STAR☆FILE」.. http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/ASH4N5WRGH4NUEHF01J.html 2015年8月31日閲覧。 
  56. ^ “白井晃が問題作「マハゴニー市の興亡」に挑む、山本耕史やマルシアら出演”. ステージナタリー. (2016年4月27日). http://natalie.mu/stage/news/185209 2016年4月27日閲覧。 
  57. ^ “360°回転の新劇場、こけら落としは新感線「髑髏城の七人」1年3カ月ロングラン”. ステージナタリー. (2016年6月27日). http://natalie.mu/stage/news/192283 2016年6月27日閲覧。 
  58. ^ 山本耕史、プリキュア映画にゲスト出演 新妻聖子と『レ・ミゼ』の経験注入”. ORICON STYLE (2016年1月18日). 2016年1月19日閲覧。
  59. ^ 仲間由紀恵&山本耕史が『ジュラシック・ワールド』新吹き替え版に起用”. オリコン (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]