アイドル伝説えり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイドル伝説えり子
アニメ
監督 アミノテツロー
シリーズ構成 小山高生
脚本 小山高生、荒川稔久影山由美川崎裕之
キャラクターデザイン 山内則康スタジオ・ライブ
音楽 渡辺俊幸
アニメーション制作 葦プロダクション
製作 テレビせとうちビッグウエスト、葦プロダクション
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1989年4月3日 - 1990年3月26日
話数 全51話
その他 テレビせとうち初の自社制作による全国ネットアニメ
田村えり子
朝霧麗
阿木星吾
大沢洋
フォルテシモ
ピアニシモ
矢島晶子
松井菜桜子
松本保典
柴本浩行
鷹森淑乃
本多知恵子
テンプレート - ノート

アイドル伝説えり子』(アイドルでんせつえりこ)は、葦プロダクション(現・プロダクション リード)・テレビせとうち(TSC)制作のテレビアニメ(全日帯アニメ)。テレビ東京TXN)系列で1989年4月3日から1990年3月26日まで放映された。全51話。

概要[編集]

芸能界を舞台にアイドル歌手としてデビューした少女のサクセスストーリーを描く。実在のタレント田村英里子タイアップして制作されたオリジナルアニメである。本作品はTSC自社制作アニメ第1号でもある。

関連商品の売上は80億円に達した[1]。この成功により、後番組として『アイドル天使ようこそようこ』が製作されることとなる。

大げさな芝居、主人公に次々と襲い掛かる不幸、泥沼化して行くストーリー、それらを盛り立てる滝沢久美子のシリアス溢れたナレーションなど、大映ドラマシリーズの作風を踏襲した作風に大きな独自性が見られる。シリアスで真面目なストーリーだったが、そのクサさは大映ドラマと同様にギャグと紙一重でもあった[2][3]

アイドルとのタイアップを活かし全話に渡って田村英里子の楽曲がふんだんに使用されていた。使用回数が非常に多く、使用された楽曲数も多数にのぼる。多くの曲が使用できたことにより、シーンの盛り上げに役立っていた上に、芸能界物のアニメーションとしてリアリティを出す効果をもたらしていた。使用された楽曲は、多くは田村英里子がリリースしたオリジナル音源によるものだが、芝居の都合で田村えり子役の矢島晶子による歌であることも多かった。

マツコ・有吉の怒り新党では、大げさなナレーションが取り上げられ、マツコなどに、泳げないだけでこんな大げさなのと突っ込まれていた。

elilinコーナー[編集]

本放送時、本編後のCMと予告編との間に「elilinコーナー」と名付けられた1分間のコーナーが設けられ、田村英里子本人が出演してPRを行っていた[4]。予告編につなぐ際には、田村英里子本人により「来週のアイドル伝説えり子はどうなっちゃうんでしょう?」というセリフが、毎週使用されていた。

このコーナーが挿入されていた分だけ、本編の尺数は他のアニメ番組よりも短くなっている。著作権や肖像権などの版権の関係でVHSビデオ・DVD-BOX及びBlu-ray BOXには未収録になっている。2000年代にテレビ東京で再放送された際もこのコーナー部分のみカットされていた。

ストーリー[編集]

芸能プロダクション・タムラプロ社長の娘として幸せに暮らしていた中学3年生の少女・田村えり子は、両親の突然の事故で過酷な運命の渦に巻き込まれる。心ならずもアイドルとしての道を進む事になる彼女だったが、やがて歌を通して自らの人生を切り開いていく。

登場キャラクター・声の出演[編集]

  • 田村 えり子 - 主人公。カナヅチ。中学3年生で15歳。内田プロダクションに所属。数々の栄冠を乗り越え、勝利の栄冠を手にいれた努力家でもある。何事も前向きであり、騙されやすい控えめ性格でもある。おとなしい性格で、わりと傷つきやすい。当初は女学校に通っていたが、出演していた番組を先生に見られ、退学され、それ以降は芸能活動をしてもいい学校に通っている。ニューヨークでのオーディションでは落ちてしまったが、日本での新人賞では、優勝した。スキーは初心者。1975年1月16日生まれ やぎ座 B型 好きな食べ物 いちごのタルト シーフード パエリア ストレス解消法は飼っている犬と遊ぶこと。
- 矢島晶子 / 歌 - 田村英里子
  • 朝霧 麗 - 主人公のライバルの歌手。16歳。良子と項介の娘。項介のタムラプロに所属。常に先端だけを走り続けて、栄光の座と戸惑いの愛を手にいれた。母の良子とは不仲であり、母親だとは思っていない。わりと勝気でもある。えり子が危なくなると助けてくれるので根はやさしい所もある。えり子のことは、項介が策略により、雄介の娘は麗だと告げ、えり子を毛嫌いしていたが、ニューヨークでオーディションが終わると、和解した。雄介のことを父親のように尊敬している。ニューヨークでは、見事オーディションに合格した。A型
声 - 松井菜桜子 / 歌 - 橋本舞子
  • 田村 項介 - えり子の叔父。雄介の兄、良子の元夫で麗の父親。当初はタムラプロの専務だった。雄介の死後、弟のタムラプロを乗っ取る。本編の仇役。キャラクターデザインのイメージは長門裕之[5]。貧欲に生き続け、生と死の合間をかいま見た。当初は、えり子を引き取り、ステージに立つえり子を見て、歌手になるべく、スパルタさせ、金を手に入れようとしていたが、内田の策略により、えり子が家から出てしまったため、内田とえり子をつぶそうと企てる。社員からも、項介のことをすごく嫌っていて、退職して内田の会社に転職した。ニューヨークで、麗が襲われているときに、助けようとしたところ、銃で撃たれて、意識不明となるが、生還することができた。バツ2で現在は独身。
声 - 飯塚昭三 
  • 田村 雄介 - えり子の父で芸能プロのタムラプロ社長。交通事故で死去。項介とは違い、誰に対しても優しく接するため、信頼が厚い。O型
声 - 土師孝也
  • 田村 美奈子 - 旧姓・星。えり子の母で元歌手。事故で昏睡状態に。途中で、長い末に目を覚まし、記憶喪失になりながらも、衝撃に遭遇しながらも、新しい現実に帰っていく。お触りじいさんに会い、失った記憶を取り戻した。そして、項介の手により、奪われた田村家の家も取り戻すことができた。
声 - 滝沢久美子
  • 阿木 星吾 - STEAのボーカル。マイペース 麗とは仲が良い。タムラプロ所属。足を痛め、松葉づえを使用していた。えり子とは仲が良く、麗とのライバル関係を作ったきっかけでもある。歌を歌うことと、女の子と遊ぶことが得意。歌以外の番組には出演するのは好きではない。
声 - 松本保典 / 歌 - 有待雅彦
  • 内田 真也 内田プロダクションの事務所の社長、いつも皆の悲しみを受けとめ、支えとなってきた。えり子に歌ってみた方がいいと、ステージに立たせ、歌手を目指すきっかけをつくった人物である。えり子を引き取り、歌手として、頑張っていくように支えている。
声 - 西村知道
  • 朝霧 良子 - 項介の元妻で麗の母。女優。怨念に包まれたまま足掻きついに挫折を味わった。項介とは仲が良く、えり子を潰そうとしている。洋を高く評価して、洋を引き取り、えり子に勝負を挑もうとする。AB型
声 - 榊原良子
  • アーサー・ハワード 大物プロデューサーであり、えり子をテレビで見て、興味を持ち、高く評価している。そして、えり子にオーディションを受けさせ、いろいろと試している。結果、麗をオーディションで合格させる。
声 - 田中信夫 
  • 大沢 洋 マイペース サックスと歌がうまい。旅をすることが好きであり、よく披露している。良子に高く評価されている。良子についたのもただ単に面白そうだからとのこと。無口であり、あまりしゃべらないが、言いたいことは言う。動物と話すことができる。新人賞では、えり子に敗れる。
声 - 柴本浩行 / 歌 - 片山諭
  • 仲田 靖子 - えり子を応援する学校の先輩。バイク乗りであり、喧嘩は強い。男口調である。お金持ちのお嬢様である。
声 - 鷹森淑乃
  • 麻美 - えり子の親友。女学校の生徒。アニメ劇中では姓は山形。漫画版では瀬山姓。デザインのイメージは富田靖子[5]。えり子のことを応援している唯一の味方である。
声 - 本多知恵子
  • 内田 一樹 事務所の社長の内田真也の息子。人々の運命を横目にとうとうイチ高校生だった。えり子をかげながら応援している。えり子とは小さい頃からの仲良しである。えり子を芸能界で活躍していることをよく思っておらず、前の普通の女の子に戻って欲しいと思っている。
声 - 中原茂
  • 西条 テレビ関係者。えり子の才能を認めて、番組に出演させた。
声 - 青森伸
  • 平田 堅三 通称:お触りじいさん。雄介と美奈子の結婚式の仲人を務め、事故の前日に見舞いに行った人。初登場の時は、退院する。美奈子と会い、美奈子の記憶を取り戻した人物である。
声 - 水鳥鉄夫   
  • 桂木 ユキ えり子の家のお手伝いさん。えり子を応援している。えり子が家出をしたときは、えり子と一緒に暮らしている。
声 - さとうあい
  • 唐沢 英二郎 えり子の家の車の運転手。えり子を応援している。えり子が家出をした時も、項介の所に働いている。そのため、企みなどは、ユキの所に報告する。
声 - 滝雅也
  • ロックマン上条 ラジオパーソナリティー、えり子と一緒に出演して、カオリが自殺をほのめかす電話をかけて来たときに、いたずらしないでと怒る。
声 - 堀内賢雄  
  • 伊集院 とにかく一生懸命だった。元はタムラプロで働いており、項介が気に入らず、会社を退職し、内田プロダクションに移籍し、えり子のマネージャーとなる。わりとかっとなりやすく、えり子に止められている。
声 - 鈴木勝美
  • 綱野 麗のマネージャー
声 - 中村大樹
  • 柿本 - 芸能レポーター。梨元勝をイメージにデザイン[5]
声 - 菅原淳一
  • 親衛隊隊長 えり子の熱狂的なファン
声 - 高木渉
  • 小中 比呂 えり子の転校した学校の生徒
声 - 菊池正美
  • 山口 カオリ 14歳。えり子のファンであり、えり子が出演しているラジオで、電話して、自殺をすると言い、えり子が電話待ってますと聞くと、再び電話するが、上条が怒りびっくりして切って、ビルの屋上まで行き、叫び、再びえり子に電話をして、自殺をやめると言って、おさまった。
声 - 水谷優子
  • 保科 朗
声 - 小杉十郎太
  • 桜木 哲也 アクション俳優で、ロボットみたいな自分を見るのが嫌なため、スキーコテージで働いていた。えり子をスキーで助けて、仲良しになるが、ホテルの火災でえり子がエレベーターに閉じ込められて、助けに行き、えり子と一緒にマットの下まで降りたほど勇敢である。
声 - 速水奨 
  • 鉄柳黒子 - ミュージック・ラボ司会者 由来は黒柳徹子から 本人そっくりにしゃべっている。若い。
声 - 本多知恵子
  • コサギン - ミュージック・ラボ司会者
声 - 鈴木勝美
  • ナレーション 大げさにナレーションをいつも言う。
声 - 滝沢久美子

えり子の愛犬[編集]

フォルテシモ
声 -鷹森淑乃
えり子の飼い犬種ポメラニアン[5]。性別オス?(ネクタイアニメでは、寝るシーンが多いが、動いているシーンがある。項介のことが嫌いでよく吠える。
ピアニシモ
声 - 本多知恵子
えり子の飼い犬。犬種はマルチーズ[5]。性別メス(リボン)お気に入りのお出かけバッグに入るのが大好き。項介のことが嫌いでよく吠える。

スタッフ[編集]

キャラクターデザイン[編集]

キャラクターデザインはメインキャラクターを担当した山内則康を中心としたスタジオ・ライブの合作である。担当は次のとおり[6][5]

  • 山内則康 - 田村えり子、朝霧麗、内田一樹、フォルテシモ、ピアニシモ
  • 芦田豊雄 - 仲田靖子、田村項介
  • 富永真理(現・とみながまり) - 田村美奈子、阿木星吾、コスチュームデザイン
  • こうじなひろし(現・神志那弘志) - 田村雄介
  • 小林早苗(現・近永早苗) - 山形麻美、朝霧良子
  • 近永健一 - 柿本、ラーメン屋、ペンションオーナー

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「涙の半分」
歌 - 田村英里子 / 作詞 - 田口俊 / 作曲 - 筒美京平 / 編曲 - 小林武史
エンディングテーマ
「Unchained Heart」
歌 - 橋本舞子 / 作詞 - 森山進治 / 作曲 - 都志見隆 / 編曲 - 樫原伸彦
「May be Dream」(最終回)
歌 - 田村英里子 / 作詞 - 松本一起 / 作曲 - 筒美京平 / 編曲 - 船山基紀

各話リスト[編集]

物語は、デビューから受賞までの1話〜40話、単発エピソードの41話〜48話、えり子の失踪エピソードの49話〜51話の3部構成になっている[7]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1部
1 1989年
4月3日
悲しみの前奏曲(プレリュード) 小山高生 アミノテツロー 山内則康
2 4月10日 運命の序曲(オーバーチュア) アミノテツロー 内田祐司 梶谷光春
3 4月17日 パパに捧げる鎮魂歌(レクイエム) 荒川稔久 吉田健次郎 近永健一
4 4月24日 明日への追走曲(カノン) 影山由美 大庭寿太郎 井上修 加藤興治
5 5月1日 光と闇の二重奏(アンサンブル) 川崎裕之 アミノテツロー 鈴木敏明 佐藤道雄
6 5月8日 デビューへの断奏(スタッカート) 小山高生 小林真理 畑良子
7 5月15日 父の形見の生誕曲(デビューきょく) 影山由美 うえだひでひと 中村喜則 工藤裕加
平岡正幸
8 5月22日 新たなる旅立ちの奏鳴曲(ソナタ) 荒川稔久 アミノテツロー 大庭寿太郎 山内則康
9 5月29日 炎の予感の練習曲(エチュード) 吉田健次郎 関野昌弘
10 6月5日 愛と憎しみの三重奏(テルツェット) 川崎裕之 小林真理 三島道夫 畑良子
11 6月12日 雨あがりの二重唱(デュエット) 鈴木敏明 佐藤道雄
12 6月19日 仕組まれた不協和音(ディスコード) 影山由美 吉田健次郎 近永健一
13 6月26日 絶望の分散和音(アルペジオ) 森一浩 村田美樹子
14 7月3日 希望への変奏曲(パルティータ) 荒川稔久 倉井さとし 関野昌弘
15 7月10日 束の間の無伴奏(ア・カペラ) 川崎裕之 アミノテツロー 内藤孝 工藤裕加
杉浦悦子
16 7月17日 復活の詠唱(アリア) 影山由美 吉田健次郎 山内則康
17 7月24日 砕かれた喜遊曲(ディベルティメント) 荒川稔久 三島道夫 畑良子
18 7月31日 25メートルの幻想曲(ファンタジー) 小山高生 鈴木敏明 中島五郎
19 8月7日 絶望への転調(モデュレイション) 川崎裕之 倉井さとし 関野昌弘
20 8月14日 潮風の交響曲(シンフォニー) 影山由美 森一浩 近永健一
21 8月21日 初恋の小夜曲(セレナーデ) 渡辺誓子 吉田健次郎 村田美樹子
22 8月28日 夕陽の受難曲(パッショーネ) 影山由美 吉田健次郎 鈴木敏明 中島五郎
23 9月4日 二つの星のための協奏曲(コンチェルト) 荒川稔久 アミノテツロー 村山靖 山内則康
24 9月11日 心をつなぐ輪舞曲(ロンド) 影山由美 米谷良知
三島道夫
米谷良知 武内啓
25 9月18日 時迫る運命の助奏(オブリガード) 川崎裕之 倉井さとし 関野昌弘
26 9月25日 衝撃の即興曲(トッカータ) 小山高生 吉田健次郎 近永健一
27 10月2日 ガラスの枯葉の哀歌(エレジー) 荒川稔久 寒竹清隆 鈴木敏明 林委千夫
28 10月9日 破局への序奏(イントロダクション) 渡辺誓子 アミノテツロー 伊藤久美子
29 10月16日 迷宮の輪唱(ラウンド) 影山由美 米谷良知 武内啓
30 10月23日 心の雨に子守歌(ララバイ) 荒川稔久 吉田健次郎 山内則康
31 10月30日 嵐の中の間奏曲(インテルメッツオ) 影山由美 倉井さとし 羽生頼仙 伊藤久美子
32 11月6日 終りなき情熱の舞曲(ダンス) 川崎裕之 鈴木敏明 林委千夫
33 11月13日 あぶない物語曲(レジェンド) 影山由美 村山靖 村田美樹子
34 11月20日 それぞれの夜想曲(ノクターン) 小山高生 吉田健次郎 山内則康
35 11月27日 翼をくれた賛歌(グローリア) 川崎裕之 ますなりこうじ 畑良子
36 12月4日 摩天楼に響く交声曲(カンタータ) 渡辺誓子 森一浩 堀澤聡志
37 12月11日 愛と優しさの多重音楽(ポリフォニー) 川崎裕之 アミノテツロー 鈴木敏明 林委千夫
38 12月18日 うたかたの聖歌(キャロル) 影山由美 倉井さとし 羽生頼仙 関野昌弘
39 12月25日 栄光への行進曲(マーチ) 小山高生 アミノテツロー 吉田健次郎 山内則康
40 1990年
1月8日
ささやかな交響組曲(シンフォニックスーツ) アミノテツロー 羽生頼仙 伊藤久美子
第2部
41 1月15日 不死鳥の旋律(メロディー) 影山由美 垂永士 栗山美秀 畑良子
42 1月22日 恋に恋して田園曲(パストラル) 荒川稔久 福多潤 岡田聡 林委千夫
43 1月29日 未来へ続く諧謔曲(スケルツォ) 渡辺誓子 鈴木敏明 山内則康
44 2月5日 揺れ動く心の詩曲(ポエム) 川崎裕之 倉井さとし 羽生頼仙 小森高博
45 2月12日 真冬の恋歌(ラブソング) 小山高生 吉田健次郎 関根昌弘
46 2月19日 かきみだされた斉唱(ユニゾン) 影山由美 栗山美秀 畑良子
47 2月26日 きらめきの祝福曲(ソリュージョン) 荒川稔久 倉井さとし 岡田聡 林委千夫
48 3月5日 感謝をこめた卒業曲(ほたるのひかり) 小山高生 鈴木敏明 山内則康
第3部
49 3月12日 さまよいの装飾曲(アラベスク) 荒川稔久 村上憲治 伊藤久美子
50 3月19日 風がはこんだ衆賛歌(コラール) 影山由美 栗山美秀 村山靖 小森高博
51 3月26日 そよ風の前奏曲(プロローグ) 荒川稔久 吉田健次郎 山内則康

放送局[編集]

同時ネット

放送地域 放送局 放送期間 放送系列 備考
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC) 1989年4月3日 -1990年3月26日 テレビ東京系列 制作局
北海道 テレビ北海道(TVh)
愛知県 テレビ愛知(TVA)
大阪府 テレビ大阪(TVO)
関東広域圏 テレビ東京(TX)

時差ネット

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列
秋田県 秋田テレビ(AKT)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
石川県 石川テレビ(ITC)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KYT)
山形県 山形テレビ(YTS) テレビ朝日系列
福島県 福島放送(KFB)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
和歌山県 テレビ和歌山(WTV) 独立局
奈良県 奈良テレビ(TVN)
滋賀県 びわ湖放送(BBC)
岐阜県 岐阜放送(GBS)
三重県 三重テレビ(MTV)
兵庫県 サンテレビ(SUN)
岩手県 IBC岩手放送 TBS系列
青森県 青森テレビ(ATV)[8]
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日本テレビ系列

漫画化作品[編集]

小学館の『小学四年生』に北島洋子による漫画が連載され、全1巻の単行本が出版された。

角川書店の『ASUKA』でも河原歩による漫画が1989年5月号から1990年1月号まで連載され、全3巻の単行本が出版された。

ビデオグラム[編集]

1989年から1990年にかけて全話を収録した全13巻のVHSが発売。1996年にはレーザーディスクLD-BOXが、2003年にはDVD-BOXが、2013年にはオリジナルネガフィルムからHDリマスタリングを行って高画質化した「レジェンドBlu-ray BOX」が発売。

関連商品[編集]

メインスポンサーのユタカアガツマが人形など各種玩具を発売した他、ショウワノートからはぬりえ・きせかえなどの文具関連商品が発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ マーチャンダイジングライツレポート1990年1月号
  2. ^ 小黒祐一郎『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001』飛鳥新社、2006年、p.203。企画書を執筆したあかほりさとるインタビューより
  3. ^ 「アニメファンが求めるアイドルを探せ!」『別冊宝島330 アニメの見方が変わる本』宝島社、1997年、p.195
  4. ^ 「田村英里子 アイドル伝説を歩き始めた英里子の心の歌は『魔女っ子メグちゃん』の主題歌」『アニメージュ』1989年5月号、p.181
  5. ^ a b c d e f 「設定資料見聞録 第5回 アイドル伝説えり子」『アニメージュ』1989年5月号、pp.102-105
  6. ^ 小黒祐一郎「この人に話を聞きたい 第八十六回 芦田豊雄[後編]」『アニメージュ』2006年4月号
  7. ^ 小黒祐一郎『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001』飛鳥新社、2006年、p.454。アミノテツローインタビュー
  8. ^ 当番組再放送、後番組の時差放送は青森放送(RAB)が実施。

外部リンク[編集]

テレビ東京 (本作よりテレビせとうち制作アニメ枠)月曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
アイドル伝説えり子