悲しいボーイフレンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悲しいボーイフレンド
監督 草野陽花
脚本 草野陽花
祢寝彩木
音楽 村山達哉
TOKYO GRAND ORCHESTRA
撮影 鈴木一博
編集 目見田健
配給 ジョリー・ロジャー
公開 2009年2月21日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

悲しいボーイフレンド』(かなしいボーイフレンド)は、2009年2月21日公開の日本映画。監督は草野陽花。大人になり、誰もがもつ青春時代の「郷愁」を思いおこさせる、大人の初恋物語。寺脇康文初の単独主演作品である。

あらすじ[編集]

製薬会社の営業部課長の岩津は37歳で、独身。部下や上司の間に挟まれながら、日々の仕事に追われている。ある日突然、岩津の携帯電話に卒業アルバムを見た、と謎の少女、香奈から電話が入る。香奈の強引な誘いに、流れのまま岩津の故郷、神戸三宮まで連れて行かれる岩津。そして、次々と香奈によって岩津の過去が蘇ってゆく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]