桑田佳祐のやさしい夜遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桑田佳祐のやさしい夜遊び
ジャンル トーク、音楽
放送方式 生放送、稀に録音放送
放送期間 1995年4月1日~
放送時間 毎週土曜日23:00-23:55(55分)
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 桑田佳祐
企画 番組内容またはレギュラーコーナーを参照
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

桑田佳祐のやさしい夜遊び(くわたけいすけのやさしいよあそび)は、サザンオールスターズ桑田佳祐パーソナリティを務めるJFN系列ラジオ番組。桑田の冠番組。ほぼ毎週生放送であるが、桑田のスケジュールの都合で録音になる日もある。番組名・スポンサーの変遷は#番組名・提供スポンサーを参照。

番組名・提供スポンサー[編集]

  • 1995年4月1日 - 2008年3月29日:「桑田佳祐のキヤノンFMワンダーランド 〜やさしい夜遊び〜」(くわたけいすけのキヤノンエフエムワンダーランド 〜やさしいよあそび〜)、キヤノン販売(~2002年4月頃)→キヤノン(CM枠2分×3)[1]
  • 2008年4月5日 - 2009年3月28日:「TSUNEISHI GROUP SATURDAY NIGHT CRUISE 桑田佳祐のやさしい夜遊び」(ツネイシグループ サタデーナイトクルーズ くわたけいすけのやさしいよあそび)、常石グループ(CM枠1分30秒×2)
いずれも1社提供
  • 2009年4月4日 - 現在:「桑田佳祐のやさしい夜遊び
    • 2009年4月4日 - 11月21日:ノンスポンサー(CM枠は無し(ただし2009年6月6日からアースコンシャス等のCM(1分)が番組前後についている))
    • 2009年11月28日 - 12月26日:大塚製薬「UL・OS(ウル・オス)」(CM枠1分×1、自身の楽曲「君にサヨナラを」とタイアップしたため。番組前後のCMは継続)
    • 2010年1月2日 - 現在:ノンスポンサー(ただし2011年1月1日より番組後のスポンサー(ヒッチハイク)として三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ、40秒)が付いている。[2]
    • 2011年2月26日の桑田佳祐誕生日記念では、「三井住友フィナンシャルグループpresents 桑田佳祐のめでたい夜遊び ~いつもより55分延長してGO! GO!バースデースペシャル!」という事で桑田が三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ)のCMソングを提供したためにスポンサーについた。[3]
    • 2011年6月25日のサザン結成33周年記念は「三井住友銀行Presents 桑田佳祐のやさしい夜遊び 33回目のデビュー記念日に勝手にひとりで生歌スペシャル」前回と異なり子会社の三井住友銀行が冠スポンサー、桑田がCMに出演しているNTTドコモが前半のスポンサーを務めた。[4][5]
    • 2013年2月より桑田が出演している『サッポロビールプレミアム アルコールフリー』が提供スポンサー(20秒)となった(ヒッチハイクでの三井住友銀行のCMは変更なし)。
    • 2013年7月よりサザン他が出演しているフォルクスワーゲンNew Golfの20秒CMをカウキャッチャー(初回)[6]やヒッチハイク(2回目)に流し、翌週以降はオープニングスポットのサッポロCMの後に20秒CMとして流している。

概要[編集]

J-POP界の「大御所」桑田佳祐による、時には音楽講座、時にはその時事に適した話題、そして時にはちょっぴりエッチな企画でリスナーを楽しませるという、いかにも深夜のノリと言った番組。テレビ番組出演時やコンサートMCでは時間や内容等の制約もあり予定調和的なトークになってしまうが、本番組では自由な雰囲気でトークを繰り広げ、“DJ桑田佳祐”としてのセンスを存分に発揮している。

オープニングテーマに使用されている『美しい砂のテーマ』が流れる中、桑田が季節の話題を述べた後、「こんばんは。土曜の夜の○○、桑田『△△』佳祐です」と語るオープニングで始まる(○○と△△には毎回違った言葉が入るが、ここ最近は今週起きた出来事が大半だったが、以前は大抵がエッチなことを連想させる言葉が多かった。1997年以前は「△△」の部分は存在していなかった)。

かつては、番組の進行は桑田とビクター所属のサザンオールスターズの広報である『クリトリーナ池川』こと池川佳葉とアミューズ所属、サザンオールスターズのマネージャーである『シャウト中西』こと中西正樹とで行っていた(池川は2003年の途中で、中西は2007年の途中でそれぞれ降板)。現在は桑田一人である。ちなみに中西マネージャーは放送で番組URLを紹介する際に、「www」の部分がうまく発音できず、毎回桑田にツッコまれていたが、桑田もまれに中西不在の時「www」を読む時に噛む事があった(降板後は「www」を省略している)。以前は、出演当時ビクタータイシタスタッフであった青木薫と池川の2人が番組中で桑田をサポートしていた。番組内ではそれぞれ「ボッキー青木」など、同番組ならではのニックネームがつけられていた。現在は桑田一人で番組進行を行っているが、ノンスポンサーとなって以降は番組終盤にアミューズのプロモーターである井内洋子のコーナーが設けられている。また、番組中はこの番組のディレクターである佐藤輝夫の名が出る事もある。

番組内ではサザン・桑田自身、メンバーの近況報告や、放送日のテーマに沿ったリスナーからのハガキや書き込みでトークを繰り広げる。番組の最後の「生唄コーナー」ではギター弾き語りの生唄を披露していたが、2011年以降は不定期行われた。(以下の「生唄のコーナー」も参照)

2014年1月4日放送分からは街頭インタビューも行われるようになった。

番組内で放送禁止用語を言うのは日常茶飯事で、特にクイズコーナーの場合は必ずと言っていいほど答えの選択肢にエッチかつ放送禁止用語に引っかかるような内容を出すなど、放送開始から放送禁止用語を桑田が連発するのが恒例と言える程の番組になっている。桑田がテレビ出演する際にもラジオと同じ感覚で口走ってしまう場面もある。お題が「男と女の悩み事」「裸に関するエピソード」などではリスナーが「下ネタの方が番組で紹介される」と下ネタ等、放送禁止用語スレスレの内容が多い。

前出の通り年に数回、「1、2のサザンクイズ」と言う、電話を通じてのリスナー参加型のクイズがあり、リスナーに向けても下ネタ(場合によってはセクハラや放送禁止用語)を連発してリスナーを困惑させることもある。桑田曰く、「Hなことを言って女の子を困らせるのが好きなの」との事。

音楽講座などのコーナーも好評で、楽器を始めたりバンドを組んでいるリスナーなどからも多くのはがきが来る。なお、まれにハガキを破ることがある。

また、サザンオールスターズや桑田ソロの新曲は必ずこの番組で最初に解禁される(通常は夜遊び放送2日後の月曜日に解禁)。ただし、コピー流通を防ぐためにフルコーラス流しても曲の頭と最後はわざと喋っている。

桑田がスケジュールの都合(年末年始やお盆期間、コンサートで東京以外に滞在中の場合など)などにより出演できない場合は、事前に収録した録音番組となるが、急な場合はこれに限らない。桑田が体調を崩した際、岸谷五朗が代わりにパーソナリティを務めた(2004年11月27日放送)。なお録音となる場合は事前(大抵前々週の放送)に録音を行う告知が行われ、お便りの募集を行う。

制作段階の新曲の仮歌や、ライヴ用に制作したジングルなど一般発売されないレアな音源をかけることもある。番組2年目の1996年にはアルバム『Young Love』のリリース前の仮歌をオンエアした。この音源は全編デタラメ英語で、製作途中の楽曲を公に披露するという大変貴重なものであった。また、2005年7月2日放送分ではサザンオールスターズ結成以前のアマチュア時代に録音された「茅ヶ崎に背を向けて」の原曲の一部を放送した。

この番組の前身は日曜夜11時、のちに土曜11時へ移動して放送されていた1時間番組「Canon FMワンダーランド」で、音楽評論家の萩原健太ちわきまゆみがDJを務めていた。

殆どの地域の新聞のラテ欄には、スペースの関係上「桑田佳祐」または「桑田佳祐の夜遊び」としか表記されていない(キヤノン提供時代には、「桑田佳祐のランド」と表記する新聞もあった。)。

2012年で放送17周年を迎えた。

テーマソング[編集]

その週のお題やゲストなどの状況によっては、テーマソングが変わったり放送されないことがたまにある。例えば、2014年1月11日放送分では同年1月3日に死去したやしきたかじんを追悼するため「やっぱ好きやねん」を流している。

番組内容[編集]

毎週それぞれのテーマに関してリスナーからのはがき・メール・FAXを読むのが基本だが、不定期で行われている恒例のプログラムとしては以下のものがある。

主なプログラム[編集]

  • 1、2のサザンクイズ(主に新譜リリース前に行われる。リスナーにクイズ参加者を募り、電話で回答してもらう)
  • ティーチャー桑田の音楽講座!
  • ダジャレコンテスト
  • ○○の名前を考えよう!(ツアータイトルやアルバムタイトルなどをリスナーから募集)
  • ○の句会(季節ごとに番組が指定した季語を含んだ川柳俳句短歌を募集。春の場合は「春の句会」という具合に○には四季が入る)
  • なんでも掲示板 (インターネットの公式サイトにある掲示板に書き込まれたネタを手当たり次第読んでくれる)
  • ○周年生唄スペシャル(番組○回記念などの場合もあり)
  • ○○記念スペシャルライブ(TOKYO FM HALLにて記念ライブを行う。観客は事前に公式サイトで募集される)
  • 棚から(ムギュッと)ひとつかみ(桑田がスタジオにレコードプレイヤーを持ち込み、自宅から持ってきたアナログレコードをかける。山下達郎の番組の同名コーナーパロディであり、桑田も認めている。)
  • 愛のメッセンジャーサービス(近年になって頻繁に行われるようになった名物企画の一つ。その名の通りいつもは言えなかったり既に亡くなってしまった人に対しての愛のメッセージを桑田が代読する)

よく行われるコーナー[編集]

アルバム全曲聴きのコーナー[編集]

2014年1月4日放送分より開始。桑田が好きな洋楽のアルバムを全曲まとめてかける。

一曲入魂コーナー[編集]

桑田が好きな曲をかける。洋楽を紹介することが多く、邦楽を紹介することは、滅多にない。しばらく行われなかったが、2014年1月4日放送分から再開。

生唄のコーナー[編集]

桑田がギター1本で弾き語りをする。その唄は原曲通りであったりエッチな替え歌になったり、商品化はされそうにない下ネタ、時事ネタ、内輪ネタ交じりの即興の曲やその日のためだけに作られた曲が1回限り歌われたり、洋楽のカヴァーであったりと、さまざまである。事前に収録したギター・コーラスに合わせて歌うこともあり、幅が広く、趣向を凝らしている。リスナーからのリクエストや自分で適当に選曲し、番組を全て生唄ライブで構成することもある。

2003年に「新潟ブルース」の替え歌を桑田が歌った際に新潟出身の田中角栄の物まねをしたが、当然ながら放送禁止用語を連発してしまった。尚後に「リスナーが選ぶ好きな生歌コーナー」で上位にランクインされた。尚この件はこれに限った話ではなく、意図的に替え歌に放送禁止用語を使うのは当たり前になっている。

2011年以降(桑田が復帰後)は不定期となり、大半がリクエストの葉書やメールを読んだりしている。

今週の八小節のコーナー[編集]

2011年から生唄の行われない週に行っているコーナー。主に時事問題や自分の内面などを8小節の楽曲にしたためギター弾き語りにより披露を行う。

桑田佳祐が選ぶベスト20[編集]

2011年から始まった企画で、毎年12月最後の週に行われている。2012年までは邦楽のみを取り上げていたが、2013年からは洋楽も取り上げられるようになった。また、ランキングではあるものの桑田自身は「順位はあまり気にしないで」と繰り返し述べている。

ほのぼの対談[編集]

毎年、1月の第一週に妻の原由子をゲストに迎えての放送。夫婦ならではの「ほのぼの感」があり、少々暴走気味な桑田を支えている様子が放送されている。なお、下ネタは一切無い。 番組の最後は2人で生唄を披露する。

この企画は同じJFN系列で放送されている「山下達郎のサンデーソングブック」の年忘れ夫婦放談とも共通している。

2011年以降(桑田が復帰後)はこの企画を一切やっていない。

過去のゲスト[編集]

桑田活動休止時の対応[編集]

2010年8月7日以降、桑田の病気治療・療養に伴う活動休止があり、この番組も一時降板しミュージシャン仲間であり大学の後輩の斎藤誠が代行パーソナリティを務めた。また8月14日以降は毎週桑田の音楽仲間や親交のある著名人をゲストに招き、桑田やサザンへの思い出などを語る。桑田自身も番組にメッセージを送り(本人曰く「長文ツイッター」、ビクター所属のマネージャー山内が代読する形となる)、近況などを伝えていた。

2011年1月1日の生放送より桑田は復帰している。

特別拡大版での放送[編集]

桑田佳祐の激しい夜遊び[編集]

「桑田佳祐のやさしい夜遊び」15周年×TOKYO FM開局40周年記念特別番組『桑田佳祐の激しい夜遊び ~真夜中の生歌オール・リクエスト・ショー 途中疲れたらCDかけるんでゴメンねスペシャル~』は、2010年5月3日25:00 - 29:00に放送された特別番組。TOKYO FMから4時間にわたり生歌ライブや電話クイズを放送。

曲目[編集]

  1. お願いD.J.サザンオールスターズ
  2. 真夜中のダンディー(桑田佳祐)
  3. 時間よ止まれ矢沢永吉
  4. 時代中島みゆき
  5. Before You Accuse Me(ボ・ディドリー
  6. Bell Bottom Blues(デレク・アンド・ザ・ドミノス
  7. White Room(Cream
  8. ランナウェイシャネルズ
  9. 異邦人久保田早紀
  10. 山谷ブルース (岡林信康
  11. サルビアの花(早川義夫
  12. かもめ(淺川マキ
  13. 傘がない(井上陽水
  14. The Dock of the Bay(オーティス・レディング
  15. You've Lost That Lovin' Feeling(ライチャス・ブラザーズ)
  16. Stand!(スライ&ザ・ファミリー・ストーン
  17. 魔法使いサリーのうた(スリーグレイセス
  18. Something Stupid(フランク&ナンシー・シナトラ
  19. (サザンオールスターズ)
  20. ラチエン通りのシスター(サザンオールスターズ)
  21. You've Got to Hide Your Love Awayビートルズ
  22. No Replay(ビートルズ)
  23. I Should Have Known Better(ビートルズ)
  24. The Long And Winding Road(ビートルズ)
  25. 時の流れに身をまかせテレサ・テン
  26. 蘇州夜曲渡辺はま子
  27. 涙そうそうBEGIN
  28. あの時君は若かったザ・スパイダース
  29. 君といつまでも加山雄三
  30. Smile(トニー・ベネット
  31. Hello Dolly(ルイ・アームストロング
  32. Jumpin' Jack Flash(ローリング・ストーンズ
  33. Born to be Wild(ステッペン・ウルフ
  34. Stairway to Heavenレッド・ツェッペリン
  35. 可愛いミーナ(桑田佳祐)
  36. 祭りのあと(桑田佳祐)

参加ミュージシャン[編集]

桑田佳祐のめでたい夜遊び[編集]

祝・生誕55周年&「MUSIC MAN」リリース記念『三井住友フィナンシャルグループ Presents 桑田佳祐のめでたい夜遊び ~いつもより55分延長して GO! GO! バースデースペシャル~』は、2011年2月26日23:00 - 24:55に放送された特別番組

祝・ニューアルバム発売記念 「MUSIC MAN」マン開!桑田佳祐オールリクエスト祭り!
こちらは、「めでたい夜遊び」に先駆けて、TOKYO FMスペシャルウィーク期間中の2011年2月23日8:30 - 19:00(Blue OceanLOVE CONNECTIONやまだひさしシナプスシンクロノシティ)に東京ローカルで行われた特別企画。

33回目のデビュー記念日スペシャル[編集]

三井住友銀行Presents 桑田佳祐のやさしい夜遊び 33回目のデビュー記念日に勝手にひとりで生歌スペシャルは、2011年6月25日23:00 - 24:55に放送された特別番組

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キヤノンはこの番組のスポンサー降板後は提供枠を土曜昼の12:00 - 12:30枠の『PHOTO WEEKEND』に移動した。現在は、この番組を引き継ぐ形で始まった『Canon Photo Weekend〜散歩の達人Radio』のほか、土曜夜の21:30 - 21:55枠の『PLAY with Yu supported by Canon PIXUS』でもスポンサーを担当している
  2. ^ また2010年4月3日から2011年3月26日までは番組前(カウキャッチャー)・内に常石グループがCMを流していた(CM枠1分×2、いわゆるパーティシペーション))
  3. ^ このほか、サザン関連タイトルの告知・宣伝CM(ビクターエンタテインメント/ビクタータイシタWOWOW)がパーティシペーションで流れていた。
  4. ^ [1]
  5. ^ このほか各種地図が中心の出版社・ゼンリンが大口スポンサーとして参加。
  6. ^ 当該週は諸事情により三井住友銀行のCMを流せなかった週のため、ACジャパンのCMに差し替え。

外部リンク[編集]

TOKYO FMJFN 土曜23:00枠
前番組 番組名 次番組
中島みゆき お時間拝借(日曜23時へ移動)
桑田佳祐のキヤノン
FMワンダーランド 〜やさしい夜遊び〜

TSUNEISHI GROUP
SATURDAY NIGHT CRUISE
桑田佳祐のやさしい夜遊び

桑田佳祐のやさしい夜遊び
---