トルネード竜巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トルネード竜巻
出身地 日本の旗 日本, 東京都
学歴 慶應義塾大学
ジャンル J-POP
活動期間 1998年 - 2009年
レーベル スピードスターレコード2004年 - 2009年
事務所 スピードスター・ミュージック2004年 - 2009年
公式サイト Official Website
メンバー 名嘉真祈子
曽我淳一
二木大介
柿澤龍介

トルネード竜巻(トルネードたつまき)は、日本のバンド。2009年より活動休止[1]。休止前の所属事務所スピードスター・ミュージック、所属レコード会社はビクターエンタテインメント・スピードスターレコードだった。

略歴[編集]

1998年6月、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの音楽サークルにて結成された[1]。もともとはキーボードの曽我とギターの二木を中心としたインストゥルメンタル・バンドであったが,ボーカルの名嘉、ドラムの柿澤を迎えてポップス・バンドに生まれ変わった[2]。インディーズで発表した2枚のミニ・アルバムが好評を得た後、2004年2月にシングル「ブレイド」でメジャーデビュー[3]2009年2月7日、公式サイトにて当面の活動休止が発表された[1]

メンバー[編集]

ボーカル担当。活動休止後は常盤ゆうのバンド「ぱいなっぷるくらぶ」などで活動。
School Food Punishmentサポートメンバー(コーラス担当)
キーボード担当。活動休止後は桑田佳祐清浦夏実つじあやののサポートなどを行っている。
映画「魁!!男塾」の音楽を担当。
アニメ「鬼灯さん家のアネキ」の音楽を担当。
ギター担当。活動休止後はQuinka,with a Yawnのサポートのほか、Webデザイナーとしても活動。
  • 柿澤 龍介(かきざわ りゅうすけ、1976年7月21日生まれ、神奈川県出身、A型)
ドラム&タブラ担当。活動休止後は音楽活動の傍ら音楽講師も務める。
Hot Buttered Loveサポートメンバー

サポートメンバー[編集]

  • 御供 信弘(みとも のぶひろ)
ベース担当。
正式メンバーではないが、ほぼ全てのレコーディングと大半のライブに参加している。

音楽[編集]

ジャズプログレッシブロックの要素、轟音ギターやノイズを織り交ぜた、高密度で高品位なポップミュージックを制作。

ほとんどの楽曲の作曲作詞は曽我、もしくは曽我と名嘉によるものである。

作曲[編集]

最初期からアルバム「アラートボックス」までは、転調・転拍子の多用や別々に作られたフレーズを繋ぎ合わせたような曲が多く見られた。代表として、ワンコーラスでホ長調→ハ長調→嬰ヘ長調、Cメロから最後のサビに向けてニ長調→ト長調と小刻みな転調を繰り返す「ブレイド」などがあげられる。

これらの中にはトータルで4拍子になるよう4+3拍子と4+5拍子を組み合わせた「ローカルメトロ」のように明確な意図を感じさせるものもあるが、プリプロダクション時のアレンジ「夜明けのDAWN」から「恋にことば」への変遷のように、手直しを繰り返したプロセスが垣間見えるものもある。

このような楽曲はマニアックな音楽ファンの高い支持を受ける一方、一般にはバンドに対して「複雑・難解」というイメージが先行した。しかし曽我が「15分で書き上げた」という「パークサイドは夢の中」以降、「言葉のすきま」「サンデイ」のように、一つのフレーズ・一つのコード進行を生かした曲が増えてきている。

作詞[編集]

いわゆるラブソングこそほとんどないものの、曲とは対照的に一貫して平易な言葉で綴られている。アルバム中一曲は、言葉遊びによるナンセンス詞が含まれる(「One Note Robot」「おなじあなのムジアナ」等)。また、「ブレイド」「Road To Montreux」「空想の音楽」のように、いわゆるJ-POPや音楽業界への批評的な視点を感じさせる詞も見られる。

ディスコグラフィー[編集]

インディーズ時代(ミニアルバム)[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2002年11月13日 One night robot kicks the rock CLA-60007 colla disc / SUPER NOVA MUSIC
2nd 2003年6月11日 Analogman fill in the blanks CLA-60011 colla disc / SUPER NOVA MUSIC

フルアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2004年6月16日 アラートボックス VICL-61399 オリコン最高194位
2nd 2005年10月21日 ふれるときこえ VICL-61751:初回生産限定盤[CD-EXTRA仕様]
VICL-61752:通常盤
オリコン最高270位

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2004年12月16日 Fairview VICL-61549 オリコン圏外

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2004年2月18日 ブレイド VICL-35616 オリコン最高185位
2nd 2004年5月19日 恋にことば VICL-35656 オリコン最高183位
3rd 2005年5月21日 パークサイドは夢の中 VICL-35825 JAPANESE DREAM2005年5月度JDグランプリ受賞曲
4th 2005年8月24日 言葉のすきま VICL-35881:初回限定盤
VICL-35882:通常盤
JAPANESE DREAM2005年8月度JDグランプリ受賞曲

配信限定[編集]

  1. 「ログ」 2005年12月9日[4]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2002年9月19日 喫茶ロック now その2 FVCC-80164 Flavour of Sound
2003年7月30日 The Many Moods of Smiley Smile MUCT-1004 Teenage Symphony
2005年4月6日 BARFOUT!presents『authentica~mellow』 SRCL-5896 gr8! records
2007年2月21日 NIRGILIS『GIRL』 DFCL-1342 オリコン最高270位
2009年12月2日 colla disc presents LOST TREASURES 2000-2009 VICL-63511 Victor Entertainment

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
島田大介 「ブレイド」「言葉のすきま」「恋にことば」
島田大介+四つ葉加工 「Fairview 〜眺めの良い景色」
不明 「パークサイドは夢の中」「風向きアンブレラ」

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
ブレイド TBS系列COUNT DOWN TVオープニングテーマ

主な活動[編集]

  • トルネード竜巻自らが主催するライブイベント「One night robot Kicks the rock(通称OK)」を定期的に開催。
  • Web上でアップルコンピュータドルビーの日本法人サイトとのコラボレーションを展開している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c トルネード竜巻が活動休止を発表”. ナタリー (2009年2月8日). 2013年8月5日閲覧。
  2. ^ FACTORY #0141 トルネード竜巻 PROFILE”. フジテレビ (2009年2月8日). 2013年8月5日閲覧。
  3. ^ アーティスト詳細 - トルネード竜巻”. TOWER RECORDS ONLINE (2012年7月30日). 2013年8月5日閲覧。
  4. ^ リッスンジャパン、iTunes Music Store等の音楽配信サイトのみで販売。

外部リンク[編集]