小谷美紗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小谷 美紗子
生誕 (1976-11-04) 1976年11月4日(42歳)
出身地 日本の旗 日本京都府宮津市
学歴 暁星女子高等学校卒業
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 1996年 -
レーベル MCAビクター1996年 - 1997年
ユニバーサルビクター(1997年 - 1999年
UNIVERSAL J2000年 - 2002年
東芝EMI2003年
HIP LAND MUSIC2005年 - 2007年2009年 - 2010年
UNIVERSAL SIGMAA&M RECORDS2008年
HILLSTONE Records(2013年 - 2014年
Music For Life(2016年
事務所 HIP LAND MUSIC
共同作業者 玉田豊夢ドラム
山口寛雄ベース
公式サイト http://www.odanimisako.com/
桑田佳祐ベートーヴェンビートルズ

小谷 美紗子(おだに みさこ、1976年11月4日 - )は、日本の女性シンガーソングライター京都府宮津市出身。暁星女子高等学校(現:京都暁星高等学校)卒業[1]血液型はA型。

概要[編集]

1996年にデビュー。ピアノ弾き語りを中心とした楽曲を多く発表している。2005年からはドラマー玉田豊夢ベーシスト山口寛雄[注 1]と共に、「小谷美紗子Trio」としてトリオ編成のバンドで音楽活動を行っている。

音楽性[編集]

作詞作曲を自ら手掛けるほか、ピアノ弾き語りの楽曲においては自らセルフプロデュースもこなす。デビュー時には「若き日のキャロル・キング」と形容されたこともあった[2]

eastern youth[3]LOST IN TIMEASIAN KUNG-FU GENERATIONbloodthirsty butchers田渕ひさ子[4]凛として時雨皆川真人[4]GOING UNDER GROUND松本素生[5]SAKEROCK星野源[5]中村一義奥華子[6]、お笑い芸人の青木さやか[3][7]ダイノジ大谷ノブ彦[5]など、彼女のファンであることを公言している著名人も多い。中には、田渕ひさ子やeastern youthの二宮友和、元SUPER BUTTER DOGで100sの池田貴史など、楽曲に参加したアーティストも多数いる。ガガガSPはアルバム『うたき』収録曲「明日からではなく」を自身のアルバム『ガガガSP登場』でカバーしている。

来歴[編集]

幼少の頃に姉と兄の影響でクラシックピアノを始め、音楽に触れる。13歳の頃から音楽大学の教授へピアノの個人レッスンを受けるかたわら、本格的に作詞作曲を始める。

1994年、高校3年生の時にオーストラリアへ留学し、学業のかたわらで音楽制作を続ける。1995年、オーストラリアの高校課程を卒業し、帰国。姉の知人を介して現在の事務所のスタッフにデモテープが渡ったことでデビューのきっかけをつかむ。

1996年3月、暁星女子高等学校を卒業し、デビューに向けて上京。10月、19歳の時にシングル「嘆きの雪」でMCAビクターよりデビュー。「嘆きの雪」は、エフエム・ノースウェーブの同年11月度のメガプレイに選ばれた。

1997年2月には2枚目のシングル「自分」と初のアルバム『PROFILE -too early to tell-』を発売。3月にはテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』へ初出演した。

1998年1月、初の全国ツアーを全国6ヶ所で行う。10月、自身初となる弾き語りツアー『migaru』を全国15ヶ所で行う。

2003年3月、東芝EMI移籍後初となるシングル「Off you go」を発売。10月にはodani misako・ta-ta[注 2]を結成し、初のカバーミニアルバム『feather』を発売。

2005年より、アルバム『night』の制作の際にサポートメンバーを務めた玉田豊夢と、彼の紹介した山口寛雄と共に小谷美紗子Trioを結成。4月、アルバム『adore』を、所属事務所が運営するインディーズレーベルであるHIP LAND MUSICより発売。本作より楽曲のセルフプロデュースを始める。以降は作品発表の他、2007年ROCK IN JAPAN FESTIVALへの参加などライブ活動も積極的にこなすようになる。

2008年、古巣であるUNIVERSAL MUSICに回帰。8月、2006年の限定シングルを再録したシングル「Who -08-」と、Trioとしての活動の集大成となるベストアルバム『Odani Misako Trio』を発売。

2010年5月、バウンディより2年ぶりのアルバム『ことのは』を発売。

2011年、新曲「3月のこと」を発表。特設サイトが設けられる[8]

2013年12月、HILLSTONE Recordsより6年ぶりのフルアルバム『us』を公式通販限定で発売。2014年1月には一般販売も開始。

2014年10月22日、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催されたライブイベント「女とピアノ」にシンガーソングライターの奥華子と共に参加、ツーマンライブを行った[6]

2015年11月、Mr.Childrenの全国ツーマンツアーにて北海道Zepp Sapporoで参加。

2016年4月、Music for Lifeより弾き語りベスト「MIONSTER」を発売。6月より7都市8公演の弾き語りツアーを行う。

2017年10月、東京・LIQUIDROOMにて「小谷美紗子20th Anniversary Special LIVE 『両手にウヘヘ祭り』」を開催。ゲストミュージシャンに小倉博和(Gt)、梶木良子(Pf)、佐藤準(Pf)、田渕ひさ子(Gt)、玉田豊夢(Dr)、二宮友和(Ba)、山口寛雄(Ba)、池田貴史(Key)が参加した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1996年10月23日 嘆きの雪 MVCD-1001 MCA
2nd 1997年2月21日 自分 MVDD-49 MCA
3rd 1997年4月23日 永遠にねむる MVDH-1 MCA
4th 1997年10月22日 The stone MVDH-6 Universal
NHK総合水曜ドラマの花束』枠内放送ドラマ『結婚前夜』主題歌
5th 1997年11月21日 あなたはやって来る 〜Dear Santa〜 MVDH-9 Universal
6th 1998年10月21日 こんな風にして終わるもの MVDH-18 Universal
7th 1999年2月24日 火の川 MVDH-21 Universal
8th 2000年9月20日 眠りのうた UUCH-5002 Universal
NHK-FMミュージック・スクエア』エンディングテーマ
9th 2000年11月1日 edelweiss UUCH-5005 Universal
TBS系ドラマ『永遠の1/2』主題歌
10th 2002年2月6日 街灯の下で UUCH-5051 Universal
11th 2002年3月21日 ハル UUCH-5053 Universal
12th 2003年3月26日 Off you go TOCT-4464 EMIミュージック・ジャパン
13th 2003年11月27日 虹色の吹雪 TOCT-4637 EMIミュージック・ジャパン
14th 2006年3月22日 Who HLMCD-0002 HIP LAND MUSIC
タワーレコード限定発売
オリコン最高127位
15th 2007年5月16日 YOU HLMCD-0004 HIP LAND MUSIC
初回限定生産
オリコン最高104位
16th 2008年8月13日 Who -08- UMCK5216 UNIVERSAL SIGMA
テレビ朝日系ドラマ『ゴンゾウ 伝説の刑事』主題歌
オリコン最高81位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
オリジナルアルバム
1st 1997年2月21日 PROFILE -too early to tell- MVCD-43 MCA
2nd 1997年12月3日 i MVCH-29009 Universal
3rd 1999年3月25日 うた き MVCH-29030 Universal
4th 2000年11月11日 宇宙のママ UUCH-1006 Universal
5th 2002年3月21日 Then UUCH-1049 Universal
6th 2003年5月14日 night TOCT-25027 EMIミュージック・ジャパン
7th 2005年4月13日 adore HLMCD-0001 HIP LAND MUSIC
8th 2006年5月17日 CATCH HLMCD-0003 HIP LAND MUSIC
オリコン最高107位、登場回数3回
9th 2007年6月13日 OUT HLMCD-0005 HIP LAND MUSIC
オリコン最高52位、登場回数3回
10th 2010年5月12日 ことの は RDCA-1014 HIP LAND MUSIC
オリコン最高62位、登場回数3回
11th 2014年1月22日 us HSR-0003 HILLSTONE Records
オリコン最高176位
カバーミニアルバム
1st 2003年10月29日 feather TOCT-22229 odani misako・ta-ta名義
ベストアルバム
1st 2002年2月6日 Quarternote -THE BEST OF ODANI MISAKO 1996-2000 UUCH-1043 Universal
2nd 2007年3月7日 Quarternote 2nd -THE BEST OF ODANI MISAKO 1996-2003- UPCH-1536 UNIVERSAL J
オリコン最高200位
3rd 2008年8月27日 Odani Misako Trio UMCK-9236:初回限定盤
UMCK-1271:通常盤
UNIVERSAL SIGMA
オリコン最高82位、登場回数3回
4th 2016年5月20日 MONSTER MFLR-1002 Music For Life
弾き語りオールタイムベスト

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st VHS:1999年4月21日
DVD:2002年12月18日
弾き語る MVVH-10:VHS
UPBH-1073:DVD

参加作品[編集]

  • 亜波根綾乃「星の声」(1999年、楽曲提供)
  • Sing Like Talking「星降らない夜 featuring 小谷美紗子」(2003年、ボーカル参加)
  • eastern youth「矯正視力〇・六」(2004年、コーラス参加)
  • 斎藤誠「Delicate」(2008年、ボーカル参加)
  • miscorner/c+llooqtortion「KENKASHINAIDE」(2009年、作詞・ボーカル参加)
  • さかいゆう「パズル」(2012年、作詞)
  • 安藤裕子「Silk Road」(2016年、楽曲提供)
  • 有安杏果「裸」(2016年、作詞・楽曲提供)
  • さくらももこ×来生たかおOne Week」(2017年、1曲目「月曜日の朝」のボーカル)

収録作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1999年11月10日 『21世紀への贈りもの 〜オフコース・メロディーズ』 WPCV-10044 さよなら」カバー収録
2003年10月01日 『DISCOVER THE SONGS~J-STANDARD。~』 TOCT-25227 「さよなら」カバー収録
2003年11月26日 『LOVE51~アイニコイ』 UICZ-4087 「惜しみなく愛を」収録
2004年2月25日 『DISCOVER THE SONGS 1+1』 TOCT-25324 「さよなら」カバー収録
2005年4月6日 『authentica 〜mellow』 SRCL-5896 「Off you go」収録
2006年6月14日 元気ですか YCCW-10027 狼になりたい」(小谷美紗子Trio + 100s名義)カバー収録
2008年7月23日 極東最前線2 VPCC-84440 「東京 〜イースタン小谷.Ver.〜」収録
アルバム『Out』に収録された「東京」をeastern youthと共に再録音
2008年8月27日 『「ゴンゾウ 伝説の刑事」オリジナルサウンドトラック』 UMCK-1270 「Who (Piano Duo)」収録
2008年9月10日 『SMILE!-ごっつ!ひっつ!-』 ZZCD-80028 「Out」収録
2009年04月08日 『Shout at YUMING ROCKS』 TOCT-26809 「ひこうき雲」(odani misako・ta-ta名義)カバー収録
2012年03月07日 東京こんぴ VICL-63845 「東京」収録
2013年11月06日 『クリスマス ラブ ソングス ~冬の涙の処方箋~』 UICZ-8132 「嘆きの雪」収録

書籍[編集]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
遠藤雄二 「Off you go」
坂牧良太 「照れるような光」
島田大介 「Who -08-」
Higuchinsky 「自分」
丸山太郎 「線路」
三好大輔 「YOU」
森田空海 「永遠にねむる」
不明 「The Stone」「Who」「あなたはやって来る〜Dear Santa〜」「こんな風にして終わるもの」「火の川」「手の中」「嘆きの雪」「眠りのうた」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2006年 - Trio Tour
  • 2009年 - Odani misako Trio TOUR2009冬
  • 2009年 - 小谷美紗子 弾き語りライブ
  • 2010年 - 小谷美紗子 Trio Tour 2010 ことの は
  • 2016年06月08日〜06月30日 - 小谷美紗子 弾き語りTOUR「MONSTER」

出演イベント[編集]

  • 2004年02月21日 - SING LIKE TALKING Amusement Pocket 2003-2004 "RENASCENCE TOUR"
  • 2006年08月18日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO(「小谷美紗子Trio」として出演)
  • 2007年02月03日 - DIENOJI ROCK FESTIVAL VOLUME 2
  • 2007年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.07(「小谷美紗子Trio」として出演)x
  • 2007年07月27日 - FUJI ROCK FESTIVAL '07
  • 2007年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007(「小谷美紗子Trio」として出演)
  • 2007年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年05月04日 - 祝春一番2008
  • 2008年07月27日 - SETSTOCK'08
  • 2008年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
  • 2008年08月30日 - RUSH BALL 2008
  • 2009年06月25日 - 空から降ってくる
  • 2009年06月30日 - 小谷美紗子Trio/SPANK PAGE "NAGOYA CLUB QUATTRO 20th ANNIVERSARY SPECIAL"
  • 2010年05月01日 - ARABAKI ROCK FEST.10
  • 2011年05月25日 - QUATTRO MIRAGE VOL.2 ~MORE ACTION, MORE HOPE.~
  • 2011年09月17日 - 残響祭 7th Anniversary
  • 2012年04月26日 - ウォッチングザスカイ present MUSIC FOR LIFE IN DUO
  • 2012年05月05日 - 祝春一番2012
  • 2012年11月29日 - 初恋の嵐 ワンマンライヴ "Storm of Last love"
  • 2013年05月05日 - 祝春一番2013
  • 2013年05月30日 - MUSIC FOR LIFE VOL.3
  • 2013年09月25日 - 宮川企画「マイセルフ、ユアセルフ」
  • 2013年12月22日 - December's Calling
  • 2014年05月04日 - 祝春一番2014
  • 2014年08月24日 - WILD BUNCH FEST. 2014
  • 2014年09月20日 - GAMA ROCK FES 2014
  • 2014年10月12日 - ザンジバルナイト 2014
  • 2014年10月22日 - MUSIC for LIFE presents 女とピアノ
  • 2014年12月03日 - Good Bye 2014 ~A Happy New Year 2015~ 「Wordplay vol.17」
  • 2015年05月05日 - 祝春一番2015
  • 2015年11月19日 - Mr.Children 2マンLIVE
  • 2016年02月24日 - ウタウタイタチノウタゲ ~如月編~
  • 2016年05月05日 - 祝春一番2016
  • 2016年10月17日 - ピテカントロプスになる日 vol.2~Woman Sings"やな"Song~

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2人ともバンド「100s」のメンバー。
  2. ^ 小谷美紗子を中心として、ギターに田渕ひさ子ベースに二宮友和(元eastern youth)、キーボード池田貴史レキシ)、ドラムス玉田豊夢が集ったスペシャル・バンド。

出典[編集]

  1. ^ 平賀哲雄. “『小谷美紗子』SPECIAL INTERVIEW”. hotexpress music magazine. 2009年4月18日閲覧。
  2. ^ 「好きだという思いを、石に閉じ込め-」『オリコン・ウィーク The Ichiban』、オリコン・エンタテインメント、1997年11月10日。
  3. ^ a b 大人のロックフェスティバル2008 注目のアーティスト 小谷美紗子”. e-days. 2009年4月18日閲覧。
  4. ^ a b 小谷美紗子二年ぶりのアルバム『adore』特別サイト 参加ミュージシャン紹介ページ”. HIP LAND MUSIC. 2009年4月18日閲覧。
  5. ^ a b c 小谷美紗子 New Album「OUT」特設ページ”. HIP LAND MUSIC. 2009年4月18日閲覧。
  6. ^ a b 小谷美紗子×奥華子“ピアノ女子”ツーマン”. 音楽ナタリー (2014年9月5日). 2015年10月21日閲覧。
  7. ^ 小谷美紗子/CATCH - CDJournal.com ディスク(CD)”. CDJournal. 2009年4月18日閲覧。
  8. ^ 小谷美紗子 3月のこと http://www.odanimisako.com/sangatsunokoto/ 2014年2月15日閲覧

外部リンク[編集]