エフエム栃木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エフエム栃木
F.M. Tochigi Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 栃木県
系列 JFN系
略称 RADIO BERRY、RB
愛称 RADIO BERRY
コールサイン JOSV-FM
開局日 1994年4月1日
本社 〒320-8550
栃木県宇都宮市中央一丁目2番1号
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 宇都宮 76.4MHz / 1kW
主な中継局 足利 78.3MHz
葛生 84.4MHz
今市 79.1MHz
塩原 78.5MHz
公式サイト RADIO BERRY-76.4FM|FM栃木
テンプレートを表示
エフエム栃木本社 B-HILLS前(2007年9月)

株式会社エフエム栃木(エフエムとちぎ、F.M.Tochigi Broadcasting Co., Ltd.)は、栃木県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

愛称は RADIO BERRY(レディオ・ベリー)、コールサインはJOSV-FM。JFN系列局。

主要株主は栃木県、足利銀行栃木銀行カンセキ下野新聞社など。

概要[編集]

開局の経緯[編集]

栃木県内では1980年代前半から県域FM局開局の要望があった[要文献特定詳細情報]。 民放FM局周波数割当ての増えた1980年代でも、栃木県は、茨城、岐阜と共に県域AM局の経営安定の観点から県域FM局の周波数割り当ては見送られていた。この情勢から1980年代後半、足利銀行などの主導で準備委員会が作られ、岐阜、佐賀民放FM局の周波数が、追加割当てされたのを契機に法人が設立された。

1994年4月1日開局。外国語放送局を除き関東地方では最も歴史の浅い県域民放ラジオ局である。

編成[編集]

開局時からRADIO BERRYを名乗り、開始・終了時の局名告知で併用している以外基本的に「エフエム栃木」の呼称を使用しない。一方、JFNにおけるネット各局の資料では一貫して「FM栃木」となっている。当初から現代的なCIジングルを持ち、放送の他イベント、紙媒体に於いて音とデザインで局の統一感を押し出している。ジングルについてはフロリダ州のFM局「WRMF」のものと全く同様の楽曲とメロディが使用されているものがある。

JFN系列では、エフエム秋田FM OSAKAエフエム香川と並び完全24時間放送を行っている。但し不定期に放送機器メンテナンスにより休止する場合がある。

JFN系列の地方局として番組供給会社JFNCの番組比率が高く、自社制作番組は平日の朝・夕中心となっている。自社番組放送時間は57時間2分/週(生活情報、B-HOT!等含む)、自社制作率は約33.9%である(2016年4月現在)。前後して開局した後発のJFN系FM局と比較Ħ自社制作率は比較的高い。

一方、1990年代と比べて広告収入が減少したり新社屋建設費の返済が経営を圧迫し赤字が続いており、製作費削減のため2009年4月改編では平日昼間帯の自社制作枠廃止や平日夜間・土日のニュースをJFNCに委託、外部パーソナリティ起用の縮小、週末を中心とする生活情報の短縮などを行っている。自社制作率は開局当初の水準に一時逆戻りして3割を切ったこともある(2010年4月時点での自社制作率は27.5%)。

自社制作番組では、地域情報など音楽以外の企画を盛り込むことが多く、商都・宇都宮の局であるためか地元中小商業関係のCMも多いことも特徴として挙げられる[要出典]。その他、県内のショッピングセンターやアウトレットモールなどからの公開収録も比較的多い。

また、県内市町が提供する自治体情報番組が多く設定されている。

毎時55分など、自社制作枠の数分の交通情報・気象情報・ヘッドラインニュースは、ネットワーク番組に挟まれる時間にも存在する。週末にも毎時55分に交通情報を中心として自社制作枠が設定されている。車社会化の傾向が強い県という特有の事情もあり、地方都市圏でありながら交通情報の放送回数が多めであった。

各情報ごとにBGMを使用しており、JFNニュースは開局以来BGM無しであったが2009年1月よりローカル枠と同じBGMを使用している。なお、現在各生活情報で使用されているBGMは4代目である(2014年4月現在)。

また、夏季の高校野球地方大会開催時には「高校野球リポート」を、冬季には栃木県内および近隣のスキー場情報に特化した「ゲレンデインフォメーション」といった季節に合わせたミニ情報番組も編成される。現在は放送されていないが比較的が多い県のため、雷情報に特化した「Thunder Report」(サンダーリポート)などの情報もあった。現在でも「Radio Berry Weather」内で雷情報は時間を長めにとってつたえることもある。

また、特筆すべき点としてツインリンクもてぎが放送エリア内に立地することから、開局から2000年代初頭にかけてモータースポーツ関連番組が数多く編成されていた(MOTOR FREAKやツインリンクもてぎFUN!TIME、インディジャパン300マイル開催に合わせて放送される平日帯特番Lunchtime@Indy cafeなど)。

2007年から、鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎの関連からかエフエム三重鈴鹿8時間耐久ロードレースの特番を同時生放送するなどJFN系列局との番組共同制作も行われているほか、同年より9月にロードレース世界選手権(モトGP)特番を関東の系列外各局と4局ネット(エフエムナックファイブ横浜エフエム放送ベイエフエム)で放送している。なお、2009年シーズンはモトGP開催が春だったため放送時期も4月に移動している。

スポーツ関連では栃木県内に本拠地を置くプロスポーツチームの栃木SCJリーグ)、リンク栃木ブレックスBリーグ)、HC日光アイスバックスアジアリーグ)、宇都宮ブリッツェン自転車ロードレース)を積極的に取り上げており特に平日夕方のB・E・A・T18時台に日替わりでコーナーを設け放送している。

2010年3月6日には、ブレックスアリーナ宇都宮で行われたリンク栃木ブレックスvsレラカムイ北海道の試合において、日本のFM放送初のプロバスケット実況生中継を行った。また、JBLに続いて2011年10月26日にはJ2栃木SCのホームゲームも初めて実況生中継を実施している(なお、この2011年J2第7節東京ヴェルディ戦はRADIO BERRYスペシャルマッチとして実施された)。

過去[編集]

2006年4月より同年12月まで日曜深夜にMIDNIGHT OASISを開始し完全24時間化を行ったが、この試みは短期間で終わる。その後、再び日曜深夜26:00 - 28:00に放送機材メンテナンスの為放送休止となっていたが2010年4月より再度日曜深夜の終夜放送を再開し、2010年4月現在完全24時間化されている。(ただ、2009年には度々BLACK BERRYを不定期で日曜深夜に放送していた)なお、2010年4月現在日曜深夜を含めた完全24時間放送を実施している放送局はJFN系列では他にエフエム香川FM OSAKAのみである。

1994年の開局当初は平日21時台にスピッツの草野マサムネら若手ミュージシャンが日替わり出演する帯番組「BROTHER TO KIDS」や土曜18:00 - 21:00にはクラブDJ横浜エフエム放送で既に実績のあった当時若手DJの栗原治久をメインとした生放送リクエスト番組「RADIO BERRY WEEKEND REQUEST」を制作するなど積極的に番組の自社制作を行っていた。また、東北地方でブロックネットされていたSing Like Talkingの藤田千章が出演する「Feel The Music」をネット受けした上で後に自社製作化(藤田君と西村君のTake To The Limit)するなどネット番組にも関与する試みが見られた。

マスコットキャラクター[編集]

マスコットキャラクターイチゴロー。 開局5周年を記念してキャラクターの愛称が公募され、1999年4月1日放送の特番でベリオと命名される。この「ベリオ」はしばらくはタイムテーブル等に登場していたが、徐々に登用が減っていった。現在イチゴローと呼ばれているキャラクターは2代目ベリオとも言えるが、デザインは初代とかなり異なる。このイチゴローの愛称は、2003年夏に開局10周年を記念して新キャラクターネーミング募集で公募され決定した。

周波数・出力[編集]

羽黒山
親局 周波数 空中線電力 ERP 所在地 備考
宇都宮 76.4MHz 1kW 3.9kW 宇都宮市(旧・河内郡上河内村)宮山田町字向山
羽黒山送信所
中継局 周波数 空中線電力 ERP 所在地 備考
足利 78.3MHz 30W 83W 足利市迫間町
大坊山
葛生 84.4MHz 10W 11.5W 佐野市(旧葛生町)長坂町
東方高地
今市 79.1MHz 3W 9.1W 日光市(旧今市市)倉ヶ崎
茶臼山
塩原 78.5MHz 1W 1.6W 那須塩原市(旧塩原町)
塩原字畑下

サービスエリアは、栃木県全域のほか茨城県群馬県の一部地域である[1]

演奏所[編集]

本社・演奏所の概要[編集]

宇都宮市一条三丁目の国道119号(東京街道)沿いにあった本社社屋が手狭となったため、2007年11月12日月曜日に現在地の宇都宮市中心部の中央一丁目2-1(シンボルロード沿い)への本社を移転した。

新社屋はオリオン通りの南側約120メートルの駐車場跡地に建設された3階建て賃貸ビルで、同社のみ入居する専有ビルである。

デジタル化に対応した最新の放送機器を導入し、またスタジオもシンボルロードに面した1階にガラス張りの生放送番組用の第1スタジオ(B-HILLS(ビー・ヒルズ))の他、3階に主に収録番組用やbpm(2009年3月放送終了)で使用されていたスタジオ(Crystal Berry(クリスタルベリー))とニュースや気象情報を送出できるミニスタジオ(いちごBOX(‐ボックス))が建設された。

また、1階にイベントスペースが設けられ様々な催しが開催可能である。

アクセス[編集]

  • JR宇都宮駅(西口)からバス(東武駅前方面各系統)で県庁前バス停下車徒歩約3分、または市内循環バスきぶな号総合福祉センター前バス停下車すぐ。
  • 東武宇都宮線東武宇都宮駅(東口)からオリオン通りを東へ徒歩約5分。
駐車場は無い。

その他[編集]

2005年12月より、自社制作の一部番組で静止画によるスタジオライブカメラの配信(15秒毎に更新)が始まった。PC・携帯電話ともホームページより見ることができる。2007年11月の局舎移転後も、自社制作番組での静止画によるスタジオライブカメラ配信は続けられている。

局舎の移転[編集]

2006年6月に手狭になった旧社屋からの移転が発表され、2007年夏を目処に市街地に移転することとなった。その後、移転先を中央1丁目の駐車場空き地に選定し移転作業を開始。2007年1月13日に地鎮祭が行われた。

設計は渡辺有規建築企画事務所、建設は東武建設と県内の業者により設計・建設される。延べ床面積は約1,195平方メートル。

1階にはガラス張りのスタジオやイベントスペースを設置。この新スタジオの名称は一般公募によりB-HILLSと名付けられた。スタジオはワンマンスタジオを1つ加え3つに増やす。

なお、約4億円の放送設備を移転にあわせ設置した。

旧本社・演奏所の概要[編集]

エフエム栃木本社 旧社屋(一条三丁目)外観

1994年4月の開局時より2007年11月まで使用されていた旧本社・演奏所(局舎)は、東武宇都宮線から見える宇都宮市一条三丁目のあいおいニッセイ同和損保宇都宮ビルの1階と2階を使用していた。その内1階にある本社スタジオは、ガラス張りになっており、東京街道側からブース内部を見ることができた。またブース周辺に聞こえるようスピーカーにより放送を流していた。(あまり大きい音ではない。また深夜は流すのを止めている)また同ビルのエントランスを入ると放送が聞こえるようになっている。スタジオ(ブース)数は2。

会社概要[編集]

エフエム栃木 県北オフィス(那須塩原市)
  • 正式社名 : 株式会社エフエム栃木
  • 英称 : F.M. Tochigi Broadcasting Co,. Ltd.
  • 代表取締役社長 : 神野 俊彦
  • 本社所在地(演奏所に同じ) : 栃木県宇都宮市中央一丁目2番地1号
  • 東京支社 : 東京都千代田区麹町1-8 JFNセンタービル5階
  • 県北オフィス : 栃木県那須塩原市大原間西1-10-6 TMC経営支援センター2階
  • 創立 : 1993年(平成5年)4月1日
  • 開局 : 1994年(平成6年)4月1日
  • 資本金 : 8億円

資本構成[編集]

企業・団体は当時の名称。出典:[2][3]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
8億円 30億4000万円 5万円 16,000株 69
株主 株式数 比率
下野新聞社 1,280株 8.00%
読売新聞社 0,900株 5.62%
栃木県 0,800株 5.00%
足利銀行 0,750株 4.68%
栃木銀行 0,750株 4.68%
とちぎテレビ 0,640株 4.00%
カンセキ 0,544株 3.40%
藤井産業 0,500株 3.12%
中日新聞社 0,480株 3.00%
朝日新聞社 0,480株 3.00%
日本経済新聞社 0,480株 3.00%
滝沢ハム 0,480株 3.00%

過去の資本構成[編集]

沿革[編集]

  • 1990年(平成2年)9月 栃木県に周波数76.4MHzの割当て。
  • 1993年(平成5年)
    • 4月1日 株式会社エフエム栃木創立。
    • 11月 愛称を“RADIO BERRY”に決定。
  • 1994年(平成6年)
    • 3月24日 サービス放送開始。
    • 4月1日 開局・本放送開始(全国で44番目の民放FM局)。
  • 1995年(平成7年)4月1日 文字多重放送(見えるラジオ)開始。コールサインはJOSV-FCM。
  • 2007年(平成19年)11月12日 社屋移転、中央一丁目の新社屋スタジオより放送開始。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月17日 放送開始(午前4時)から午後1時27分の約9時間半、トラブルのため足利中継局(78.3MHz)の放送が中断する事故が発生。
    • 4月1日 那須塩原市大原間西(JR那須塩原駅前)に県北オフィス開設。
    • 10月1日 緊急地震速報の放送運用開始。
  • 2011年(平成23年)4月12日 radikoの試験放送を開始。対象は栃木県内のみ。
  • 2014年(平成26年)
    • 3月31日 FM文字多重放送廃止。
    • 4月1日 開局20周年を迎える。キャッチコピーは「ハタッチ!」

主な番組[編集]

現在放送中の番組[編集]

月〜木

★…生放送番組
2016年4月1日現在

生活情報[編集]

RADIOBERRY News[編集]

全国及び栃木県内のニュースを伝える。ニュースの最後に提供元クレジットが入る。JFNニュースは冒頭に「RADIOBERRY Newsをお伝えします」とアナウンサー佐藤望の録音タイトルアナウンスが入る。2009年1月より自社制作のニュースが削減(平日11:55,14:47,18:53の枠を廃止)するとともにJFNニュースにもBGMが流れるようになった。平日は8本(内4本はJFNニュース)、土曜・日曜は7本(すべてJFNニュース)を放送している。

2009年3月までは、土曜・日曜も深夜早朝を除き待機アナウンサーにより生放送で自社制作のローカルニュースを放送していたが、2009年4月よりすべてJFNニュースをネットするようになった。

月~木 金曜 土曜 日曜
8 8:51 8:51 ☆8:55 ☆8:55
9
10
11 ☆11:55 ☆11:55 ☆11:55 ☆11:55
12 12:55 12:55 ☆12:55
13
14 ☆14:55
15 15:55 15:55
16 ☆16:55 ☆16:55
17 17:53 17:53
18 ☆18:55 ☆18:55 ☆18:55 ☆18:55
19 ☆19:55 ☆19:55
20 ☆20:55 ☆20:55
21 ☆21:55 ☆21:55
22 ☆22:55 ☆22:55

☆…JFNニュース

RADIOBERRY Weather[編集]

栃木県及び近県(茨城県、群馬県南部、東京地方)の天気予報を伝える。 主に栃木県南部・北部の天気、予想気温(宇都宮、大田原)、気象に関する注意報・警報が伝えられる。 月〜木曜は5本、金曜は7本、土曜は6本、日曜は5本を放送している。 平日夕方のB-BOX内の16:26頃の放送はスタジオとウェザーニューズを結び放送している。

月〜木 金曜 土曜 日曜
7 7:51 7:51
8 8:30 8:30 8:20
9 9:23
9:57
9:55
10 10:55 10:55
11
12 12:55
13
14 14:52 14:55
15 15:55
16 16:26
16:57
16:26
16:57
17 17:57 17:24
17:57
17:55 17:55


RADIOBERRY Traffic[編集]

栃木県内及び茨城県西部の一般道路及び関東地方、東北地方南部の高速道路の情報が伝えられる。 高速道路は東北自動車道北関東自動車道日光宇都宮道路及び東京外環自動車道常磐自動車道磐越自動車道の情報を主に伝えている。 一般道路は栃木県内のほか、茨城県西部(特に古河市筑西市桜川市笠間市国道4号国道50号国道354号)も伝えられる。 朝の情報番組B-UP!内では、道路に加え県内のJR・東武各線の運行情報も伝えられる。 平日は14本(7:35〜18:50)、土曜7本(8:23〜17:57)、日曜6本(9:57〜17:57)を放送。

月〜木 金曜 土曜 日曜
7 7:35
7:53
7:35
7:53
8 8:20
8:53
8:20
8:53
8:23
9 9:26 9:26 9:20
9:57
9:57
10 10:25 10:14 10:57 10:57
11 11:57
12 12:57 12:57 12:57
13 13:55
14
15 15:57 15:57 15:55 15:57
16 16:28
16:55
16:28
16:55
17 17:26
17:55
17:26
17:55
17:57 17:57
18 18:26
18:50
18:26
18:50

RADIOBERRY ゲレンデインフォメーション[編集]

冬季のみ放送される。栃木県及び近県(主に福島県)のゲレンデ情報が放送される。 平日及び土曜日に朝と夕方の2本が放送される。

放送されないTOKYO FMの全国ネット番組[編集]

この枠は開局当初よりローカルとなっている(特別編成を除く)。

終了した番組[編集]

1998年

  • ★festa mode風になる瞬間(金19:00〜19:55)…1998年3月終了
  • F-kiss chase my dream!(水20:30〜20:55)…1998年6月終了
  • ★am/pm Big Up(土11:00〜11:55)…1998年9月終了
  • Mobile Catch!(金20:00〜20:55)…1998年12月終了

1999年

  • 佐伯進のインディー50(金21:00〜21:50)…1999年3月終了
  • 栃木トヨタ MIDNIGHT SALOON(土24:00〜24:55)…1999年3月終了
  • SOUND CRUISING(土12:35〜12:55)…1999年9月終了

2000年

初代DJ…栗原治久、鹿島田千帆(鹿島田は初期のみ)
2代目DJ…アリtoキリギリス
3代目DJ…アウトブレイク
4代目DJ…アクシャン

2001年

  • ★平家みちよ Sound Planet(金19:00〜19:55)…2001年9月終了

2002年

  • 風のシンフォニー(土8:00〜8:55)…2002年6月終了

2003年

  • ★RADIO BERRY BRIGHT MORNING(月〜金7:30〜10:00)…2003年3月終了

 開局時からの自社制作朝ワイド

  • ★RADIO BERRY MUSIC TRANSFER(月〜金17:00〜18:55)…2003年3月終了

 開局時からの自社制作夕方ワイド

2004年

  • ★来音王国(ライオンキングダム)(金19:00〜19:55)…2004年3月終了
  • サトーカメラプレゼンツ Teens Revolution(木21:00〜21:30)…時期不明
  • good FELLOWS(土18:00〜18:55)…時期不明
  • ★AFTERNOON DELIGHT(金13:00〜15:50)…2004年3月終了

2006年

  • ★B-Cafe(金13:00〜15:50)…2006年3月終了
  • ROCK JEAN(土18:30〜18:52)…2006年9月終了
  • Bon Couple(木20:00〜20:30)…2006年10月終了
  • BERRY-BOP HIGHSCHOOL(金20:00〜21:55)…2006年11月終了

2007年

  • SIRIUSの烈・元気!(木20:00〜20:30)…2007年1月終了
  • MIDNIGHT OASIS(日26:00〜28:00)…2007年1月終了
  • au presents EZ RADIO SHOW(金19:00〜19:55)…2007年3月終了
  • 劇団新鮮グミpresents 猿の秘密基地…(土23:55〜24:00)…2007年9月終了

2008年

2009年

  • bpm…2009年3月終了
  • ★SatomiNの生中もういっぱい!…2009年3月終了

2010年

  • ★September Rie と ジルデコ chihiRo の いつだってハーモニー♪(水20:30〜20:55)…2010年終了

2011年

  • SC_FM『ヨネラジ』…(火20:55〜20:58)…2011年1月終了
  • Dr.まるの未来科学研究所…(木20:00〜20:30)…2011年1月終了
  • 週刊Naniこれクション!…(木20:30〜20:53)…2011年2月終了
  • ツインリンクもてぎFUN TIME…(土9:00〜9:20)…2011年2月終了
  • akubi Living…(日24:30〜25:00)…2011年3月終了
  • 葵キペディア (金21:30〜21:55)…2011年9月終了

2014年

  • 大栃木人…(月・火10:55〜11:00)…2014年3月終了
  • ★MY CITY とちぎFM…(月15:00〜15:55)…2014年3月終了
  • ★益子style…(火12:00〜12:49)…2014年3月終了
  • ★“ほっと”HOTもおか…(火15:00〜15:55)…2014年3月終了
  • ★高根沢たんたんFM…(水12:00〜12:49)…2014年3月終了
  • ★那珂良しラジオ…(木12:00〜12:49)…2014年3月終了
  • ★Nikko Wave…(木15:00〜15:55)…2014年3月終了
  • B-BOX…(月~木16:00〜18:53)…2014年3月終了
  • B-BOX FRIDAY HYPER!…(金13:00〜18:55)…2014年3月終了

2015年

2016年

2017年ら・ら・なすTime…木12:00~12:49…遅くとも2017年3月までに放送終了

終了年 不明

  • 結婚式レシピ…月・火・水14:47〜14:55
  • 川村卓也のたくやんちゃレディオ!…20:55〜21:00
  • ROCK JEAN…21:30〜21:55
  • 水越けいこの思い出JUKE BOX…8:25〜8:55
  • K-ONECT…12:30〜12:55
  • ソノスジ…9:30〜9:55
  • ★EXEb…月20:00〜20:30
  • 大島 崚のホームルームに集合!…水20:55〜21:00
  • アーティスト・プロデュース・スーパー・エディション…21:00〜21:55
  • T-BERRYラボ…木21:00〜21:30
  • 烏山城カントリークラブpresentsゴルフiko!(土12:30〜12:54)

★…生放送番組 この他、90年代末に冬季限定で「ダウンヒルウェーブ」「Winter Island」などのウィンタースポーツ情報番組を金曜15時台に放送していた。

アナウンサー・パーソナリティ[編集]

アナウンサー
以上の専属アナウンサーのほか、栃木放送の関連企業である「栃放エンタープライズ」を介して、同局所属のアナウンサーがニュース番組に派遣されることもある。
生放送番組パーソナリティー
リポーター
レギュラー番組パーソナリティー
アーティスト番組パーソナリティー

過去に在籍していたアナウンサー・パーソナリティ[編集]

愛称“RADIO BERRY”について[編集]

「Radio」はFM・AMの枠にとらわれず、純粋にリスナーの求める情報と音楽を追求する姿勢を表し、「Berry」は栃木県名産の「いちご=Strawberry」をモチーフとし、世代を越えて誰からも親しまれ、いつも若々しく、みずみずしい放送局でありたいとの願いが込められている・・・とのことだが、 開局前の1993年、エフエム栃木は愛称を全国に公募。しかし、これといったものがなく、応募作品「ストロベリー」などを参考に選考委員会で創ったものである。

自局放送番組では必ず「RADIO BERRY」と呼ぶが、TOKYO FM・JFN系列番組の場合は「FM栃木」の名称を使用する。

なお、同局のフリーペーパーはBERRY TIMES。歌手の竹仲絵里が「おいしい音楽」というコラムを毎月連載していたが、2007年3月号で終了した。県内のスーパーなど各種施設で無料配布中である。 また、120円切手同封で郵送も可能である。

BERRY TIMES設置店マップ

主催イベント[編集]

2003年に開局10周年記念イベントとして行われたロック・フェスティバルで、以後毎年9月に開催されている。当初の会場はろまんちっく村(宇都宮市農林公園)及びHEAVEN'S ROCK宇都宮(旧宇都宮VOGUE)で、2006年以降は真岡市の井頭公園をメイン会場としている。
年月日 出場者
2003年9月13日 KUMACHIスキマスイッチスネオヘアーマカロニコンプレックスWONDERS
2003年9月14日 キャプテンストライダムTHE JERRY LEE PHANTOMTHE NEATBEATSTHE PRIVATES
2003年9月15日 ASIAN KUNG-FU GENERATIONCRUNCHジャパハリネットTHE STAND UPTHE PAN
GRAPEVINEGOING UNDER GROUNDTHE HIGH-LOWSTheピーズTHE BOOMHermann H.&The Pacemakers
2004年9月13日 THE宇都宮ROCK STARSAPES黒くぬれJunちゃこぺんトコイツヨシFREE WAYマスタリングカフェSHURIKEN(SpecialGuest)
2004年9月14日 CRUNCH/コンコンジャンプ/THE STAND UP/マスラヲコミッショナー
2004年9月15日 キャプテンストライダム/SCARLETスムルース椿屋四重奏WONDERS
2004年9月16日 THE JERRY LEE PHANTOM/THE NEATBEATS+クハラカズユキフラワーカンパニーズ/マカロニコンプレックス/THE LOCAL ART
2004年9月17日 KUMACHI/残像カフェ東京60WATTSTHE NEUTRALMagnum BOWL8
2004年9月18日 諌山実生大林正樹熊木杏里竹仲絵里山口晶
2004年9月19日 河口恭吾/GOING UNDER GROUND/斉藤和義Do As Infinitynobodyknows+浜崎貴司&MCUPE'ZBONNIE PINKMALCOPULLTOP JUICE(Opening Act)
2005年9月10日 THE宇都宮ROCK STARS/黒くぬれ/JZしばのまり子DIRTY OLD MEN/ちゃこぺん/BIGAMISTファーマーズ
2005年9月11日 JERRY LEE PHANTOM/新宿フォークScoobie DoメガネビジョンRadio Caroline
2005年9月12日 THEイナズマ戦隊/SHURIKEN/THE STAND UP/BEAN BAG/マカロニコンプレックス
2005年9月13日 ANATAKIKOUtobaccojuice風味堂bonobos/Magnum BOWL8
2005年9月14日 音速ラインつばきメレンゲランクヘッド/WONDERS
2005年9月15日 熊木杏里/佐藤ひろこナチュラル ハイnavy&ivory馬場俊英
2005年9月16日 APES/cune/KUMACHI/スムルース/ザ・ベイビースターズ
2005年9月17日 おおはた雄一ゲントウキストレンジヌードカルト/竹仲絵里/ビアンコネロ
2005年9月18日 キャプテンストライダム/GOING UNDER GROUND/斉藤和義/スネオヘアー/セカイイチDEPAPEPE/THE HIGH-LOWS/PUFFYマツリルカ(浜崎貴司+MCU)
2006年9月8日 APES/ELLIE's scramble stoneオトナモード/しばのまり子/the strange drama/Dirty Old Men
2006年9月9日 セカイイチ/曽我部恵一BAND/THE NEATBEATS/フラワーカンパニーズ/マカロニコンプレックス
2006年9月10日 ジェット機SHURIKEN/THE STAND UP/the BOOGIE JACKYum!Yum!ORANGE
2006年9月11日 ANATAKIKOU/アナログフィッシュ/STANスパルタローカルズメガネビジョン
2006年9月12日 イマイユウ/残像カフェ/Hanaboyロクセンチワカバ
2006年9月13日 UNDER THE COUNTER/つばき/てるる...No Regret Lifeplane
2006年9月14日 the ARROWS東京60WATTSTHE BEACHSPOLYSICSriddim saunter
2006年9月15日 e-sound speakerキンモクセイビアンコネロFREENOTEポメラニアンズ
2006年9月16日 植村花菜熊谷尚武ケイタク馬場俊英平絵里香
2006年9月17日 アンジェラ・アキGANGA ZUMBA/キャプテンストライダム/くるり/GRAPEVINE/GOING UNDER GROUND/浜崎貴司/森山直太朗YO-KING
2007年9月8日 スイミーズ太陽族midnightPumpkin/Yum!Yum!ORANGE
2007年9月9日 UNDER THE COUNTER/シュノーケル/スムルース/No Regret Life/メガネビジョン
2007年9月10日 EDDY/熊谷尚武/the strange drama/ビアンコネロ/FREENOTE
2007年9月11日 ザ50回転ズ/曽我部恵一BAND/てるる.../TOMOVSKY/マカロニコンプレックス
2007年9月12日 ala/Dirty Old Men/THE BEACHS/hare-brained unityROCK'A'TRENCH
2007年9月13日 e-sound speaker/甲斐名都/キンモクセイ/残像カフェ/風鈴カラン
2007年9月14日 ANATAKIKOU/オトナモード/セカイイチ/つばき/ラムランプ
2007年9月15日 工藤慎太郎佐藤ひろこ谷口宗一拝郷メイコ平川地一丁目
2007年9月16日 ASIAN KUNG-FU GENERATION/GANBA ZUMBA/キャプテンストライダム/GOING UNDER GROUND/GO!GO!7188/斉藤和義/元ちとせFUNKY MONKEY BABYS/風味堂
2008年9月6日 ザ・キャプテンズコダマセントラルステーション/風鈴カラン/ワカバ/!wagero!
2008年9月7日 e-sound speaker/ghostnoteサクラメリーメン/Dirty Old Men/つばき
2008年9月8日 せきずい/THE NEUTRAL/ビアンコネロ/ひなた/ラムランプ
2008年9月9日 KELUN/残像カフェ/Scoobie Do/THE NEATBEATS/No Regret Life
2008年9月10日 カラーボトル/スムルース/セカイイチ/メガネビジョン/LOST IN TIME
2008年9月11日 ANATAKIKOU/APOGEEUNCHAIN/鶴/riddim saunter
2008年9月12日 オトナモード/スイミーズ/超飛行少年UNISON SQUARE GARDENLaugh Line
2008年9月13日 イマイユウ/神山みさ/熊谷尚武/TAKAHIRO千綿偉功
2008年9月14日 中孝介いきものがかり/音速ライン/GOING UNDER GROUND/斉藤和義/サンボマスターSEAMO/FUNKY MONKEY BABYS/真心ブラザーズpe'zmoku(Opening Act)
2009年9月4日 ザ・キャプテンズ/Cure Rubbishドクターベイビー/ひなた
2009年9月5日 アンダーグラフ/スムルース/せきずい/ラムランプ
2009年9月6日 オトナモード/竹仲絵里/D.W.ニコルズ堂島孝平
2009年9月7日 サクラメリーメン/THE NEATRAL/Peaky SALT山口貴大
2009年9月8日 e-sound speaker/つばき/DOESのあのわ
2009年9月9日 the chef cooks meserial TV drama/Dirty Old Men/竹内電気
2009年9月10日 スイミーズ/椿屋四重奏/monobrightLOVE LOVE LOVE
2009年9月11日 キャプテンストライダム/セカイイチ/People In The Box/UNISON SQUARE GARDEN
2009年9月12日 Aqua Timezザ・クロマニヨンズ/GOING UNDER GROUND/GO!GO!7188/10-FEETTHE BOOM/FUNKY MONKEY BABYS/BONNIE PINK/ROCK'A'TRENCH/カラーボトル(Opening Act)
2010年9月3日 大知正紘/カラーボトル/Cure Rubbish/サクラメリーメン
2010年9月4日 JiLL-Decoy association/竹仲絵里/山口貴大/ワカバ
2010年9月5日 OverTheDogs/竹内電気/ピロカルピンへきれき
2010年9月6日 OCEANLANE/Dirty Old Men/つばき/Lyu:Lyu
2010年9月7日 American Short Hair/e-sound speaker/ウラニーノ近藤夏子Leaflet Design
2010年9月8日 a flood of circle/セカイイチ/FoZZtone/LOVE LOVE LOVE
2010年9月9日 アンダーグラフ/熊谷尚武/ひなた/ラムランプ/LOOP CHILD
2010年9月10日 S.R.Sのあのわほたる日和/メレンゲ
2010年9月11日 ARUYOBLACK BORDERS
2010年9月12日 andymori/ザ・クロマニヨンズ/GOING UNDER GROUND/SPECIAL OTHERS/フラワーカンパニーズ/THE BOOM/THE BAWDIESUNICORNSonar Pocket(Opening Act)/Dirty Old Men(Opening Act)
2011年8月19日 カラーボトル/空中ループ/スムルース/竹内電気
2011年8月20日 アシガルユース/Cure Rubbish/LOVE LOVE LOVE/LOOP CHILD
2011年8月21日 AJISAI真空ホロウ/ピロカルピン/a little risky
2011年8月26日 齊藤ジョニー/JiLL-Decoy association/世武裕子羊毛とおはな
2011年8月27日 長友聖也/ビアンコネロ/やなわらばー/山口貴大/横田悠二
2011年8月28日 石野田奈津代/竹仲絵里/Dew
2011年9月2日 カミナリグモ/セカイイチ/TRIPLANE/Lyu:Lyu
2011年9月3日 オズ/Dirty Old Men/フーバーオーバーアップル斎藤と愉快なヘラクレスたち
2011年9月4日 音速ライン/チリヌルヲワカlego big morl
2011年9月11日 HY/斉藤和義/[Champagne]ストレイテナー/SPECIAL OTHERS/Sonar Pocket/フラワーカンパニーズ/THE BAWDIES/MONGOL800/大知正紘(Opening Act)
2012年8月19日 高橋優FLYING KIDSmoumoon
2012年8月24日 コトリンゴ/世武裕子/日食なつこ/羊毛とおはな
2012年8月25日 アンダーグラフ/Cure Rubbish/Dew/山口貴大/横田悠二
2012年8月26日 高橋ちか/竹仲絵里/拝郷メイコ
2012年8月30日 KEYTALK/竹内電気/秀吉FLiP
2012年8月31日 アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち/アシガルユース/空想委員会Droogbanbi
2012年9月1日 AJISAI/Dirty Old Men/ピロカルピン/Lyu:Lyu
2012年9月9日 ASIAN KUNG-FU GENERATION/木村カエラ/ザ・クロマニヨンズ/GOING UNDER GROUND/[Champagne]/東京スカパラダイスオーケストラBIGMAMA/THE BAWDIES/齊藤ジョニー(Opening Act)
2013年7月12日 きのこ帝国/GOING UNDER GROUND/BIGMAMA/DIRTY OLD MEN
2013年8月24日 suzumoku/NIKIIE/
2013年8月25日 井手綾香住岡梨奈/竹仲絵里
2013年8月28日 indigo la End/真空ホロウ/FoZZtone/polly/Lyu:Lyu
2013年8月29日 OverTheDogs/グッドモーニングアメリカSAKANAMONSHIT HAPPENING
2013年8月30日 KEYTALK/the chef cooks me/Czecho No RepublicPHONO TONESふくろうず
2013年8月31日 アシガルユース/カラーボトルTHEイナズマ戦隊パンパンの塔wacci
2013年9月1日 小林太郎/DIRTY OLD MEN/Dr.DOWNERDrop'sBYEE the ROUND
2013年9月8日 安藤裕子/[Champagne]/SCANDALChara/東京スカパラダイスオーケストラ/Dragon Ash秦基博/BIGMAMA/Base Ball Bear/UNISON SQUARE GARDEN
2014年8月10日 藍坊主グッドモーニングアメリカcinema staffpolly(Opening Act)
2014年8月23日 おおたえみり南壽あさ子NIKIIE
2014年8月24日 タイナカ彩智/竹仲絵里/見田村千晴
2014年8月25日 The CheseraseraSuck a Stew Dry/DIRTY OLD MEN/LEGO BIG MORL
2014年8月26日 シナリオアートTAMTAM/Czecho No Republic/bonobos
2014年8月27日 asobiusgo!go!vanillasテスラは泣かない。Hello Sleepwalkers
2014年8月28日 The cold tommy/真空ホロウ/ドラマチックアラスカLAMP IN TERREN
2014年8月29日 OverTheDogs/SHIT HAPPENING/SUPER BEAVERphatmans after school
2014年8月31日 QOOLANDsaid04 Limited SazabysBrian the Sun/polly/ワタナベマユ
2014年9月7日 AlexandrosSPECIAL OTHERSthe telephones10-FEETパスピエHEY-SMITHTHE BAWDIESUNISON SQUARE GARDENRIP SLYME家入レオ(Starting Act)

関連イベント・施設[編集]

  • INDY CAFE 2004年からツインリンクもてぎで開催されるインディジャパン300mileに併せて期間限定でオープンしていた。宇都宮市の大通り沿いにある「TEPCO La Fonte」(東京電力栃木支社) の1階イベントスペースにレース開催にあわせてオープンする。栃木を代表するシェフが手がけたパスタや週替わりのオリジナルスイーツなどを楽しむことができる。インディジャパン300mileの「300」に併せて、コーヒー等のドリンク類は300円で提供されていた。生放送も可能なサテライトスタジオを併設しているのでレギュラーの番組をここから公開生放送という形で放送することがある。また、オープン中は特別編成となり、昼間の時間帯(ランチタイム)に公開生放送を行っている。
    • 2006年は3月13日〜4月23日に開設された。
    • 2007年は3月12日〜4月22日に開設された。
    • 2008年は3月3日〜4月20日に開設された。
    • 2009年はインディジャパン300mileの開催日程変更により、二輪レースロードレース世界選手権(MotoGP)を特集した「MotoGP CAFE」を展開。開設期間は短縮された。(4月3日〜4月26日)
  • 新星堂宇都宮ララスクエア店 JR宇都宮駅前にあるララスクエアの5階にある新星堂には小さいイベントスペースがあり、ここで公開生放送や公開録音を行うことがある。

社会貢献活動[編集]

  • 喜連川ほっとベリータイム

2008年4月より社会貢献活動の一環として、栃木県さくら市の喜連川社会復帰促進センター内の所内放送として、受刑者向けの特別番組(60分)を制作・放送している。なお、この試みは2か月に一度のペースで今後も継続して行われる予定である。

参考:第140回エフエム栃木 放送番組審議会議事録

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エフエム栃木会社概要(2014年6月19日閲覧)
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、288頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、268頁。
  4. ^ 2017年4月開始
  5. ^ 以前は9:25~9:30
  6. ^ 以前は火曜日12:00〜12:49に生放送していた。
  7. ^ 2017年4月開始

関連項目[編集]

その他の栃木県の放送局[編集]

外部リンク[編集]