宇都宮ブリッツェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宇都宮ブリッツェン
Utsunomiya Blitzen
チーム情報
UCIコード BLZ
本拠地 日本の旗 日本
創設年 2009年
種目 ロードレース
シクロクロス
格付け UCIコンチネンタルチーム
自転車 MERIDA
首脳陣
代表者 廣瀬佳正
監督 清水裕輔
過去のチーム名
2009
2010–
ブリッツェン宇都宮プロレーシング
宇都宮ブリッツェン
サイクルスポーツマネージメント株式会社
Cycle Sports Management Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 321-0962
栃木県宇都宮市今泉町2995-9
設立 2008年10月
業種 サービス業
事業内容 プロサイクルロードレースチームの運営他
代表者 代表取締役会長 砂川幹男
代表取締役社長 柿沼章
関係する人物 廣瀬佳正
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

宇都宮ブリッツェン(うつのみやブリッツェン)は、栃木県宇都宮市を本拠地とする自転車ロードレースのプロチーム(コンチネンタルチーム)である。「ブリッツェン(BLITZEN)」はドイツ語で「稲妻が輝く」という意味で、「雷都宇都宮」に因んで命名された。サイクルスポーツマネージメント株式会社が運営している。

概略[編集]

毎年世界トップクラスが参加するジャパンカップサイクルロードレース、そしてアジア初の世界選手権自転車競技大会ロードレースの開催地として知られている宇都宮市において、同市出身のプロレーサーである廣瀬佳正が「地元でプロチーム設立したい」という夢の実現のため、2007年よりブラッキー中島の協力を得て企画書を作り関係各所を回って賛同を集めた。2008年3月に元々宇都宮市の職員で、サイクリングなどを通じて自転車の街づくりをやろうとしていた砂川幹男より返事があり[1]、同年夏より準備に取り掛かり、10月20日に発足した。

宇都宮に密着したクラブチームとして地元スポンサーを募り、宿舎・クラブハウスを整備し、国際自転車競技連盟UCI)に加盟の上、2009年よりチーム始動。UCI加盟には選手8名が必要のため、契約金節約も兼ねて地元栃木県出身の柿沼章が監督兼選手を、廣瀬はコーチ兼選手としてそれぞれ選手登録した[2]。運営会社のサイクルスポーツマネージメント株式会社の社長・ゼネラルマネージャーには馬場隆司が就任した。

株式会社インターマックス代表で「日本人で初めて近代ツールを走った」今中大介がテクニカル・アドバイザーとして、栃木県出身の競輪選手神山雄一郎もスプリント・アドバイザーとしてチームに加入した。元F1ドライバーでロードレーサーとしても活躍する片山右京もドライバー・スタッフ(当初はメンタル・アドバイザー)として参加。2010年には「BLITZEN Team UKYO」として実業団ERクラスに参戦。同年のジャパンカップではブリッツェン正規メンバーとしてクリテリウムに出場した。

歴史[編集]

  • 2009年
    • ベテランと実力派の中核ライダー、そして将来性のある若手まで、バランスの取れたチーム編成でチーム始動[3]
    • 4月26日、デビュー戦の「第43回全日本実業団東日本サイクルロードレース大会」で、長沼隆行が勝利した。
    • 10月25日、ジャパンカップサイクルロードレースでは廣瀬佳正が山岳賞を獲得。
    • i-nos により ブリッツェン公式応援ソング「world goes round」が制作されている。
    • シーズン末で、清水良行が退団。
  • 2010年
    • 2010年のチームには栗村修が監督に就任、前監督の柿沼章は選手に復帰、若杉厚仁が加入した。
    • 4月1日、チームの運営母体サイクルスポーツマネージメント株式会社の新社長に砂川幹男が就任。
    • 5月27日〜5月30日、UCI2.2 ツール・ド・熊野の第1ステージにて、辻善光がシーズン初優勝を飾る。第3ステージでも辻は日本人最高位となるステージ4位に入り、スプリント能力を発揮。個人総合ポイント賞で辻が3位に、個人総合山岳賞でも長沼隆行が3位にそれぞれ入って、2人が表彰台に上がった。
    • 6月27日、広島森林公園にて開催された全日本選手権において、中村誠が10位でゴール、ツール・ド・熊野の辻に続いてUCIポイントをチームとして獲得。
    • 8月1日、Jサイクルツアー松川ロードにて、チームのサポートを受けた中村誠が力強い走りで念願のJサイクルツアー初勝利をあげる。
    • 10月19日、Jサイクルツアー輪島ロードにおいて、中村誠が2位。この結果、宇都宮ブリッツェンはJサイクルツアーの年間チームランキング3位を決め、個人ランキングでも中村が6位まで順位を上げる。
    • 11月14日、ツール・ド・おきなわ第2ステージで長沼隆行が果敢なアタックを決めて山岳賞を獲得する。
    • シーズン末、創立以来チームを支えてきた長沼隆行と斉藤祥太が退団。
  • 2012年
    • 期待の若手飯野智行が加入。
    • シーズン末をもって若杉厚仁と初山翔が退団、キャプテン廣瀬佳正が現役引退し、ゼネラルマネージャーに就任。
  • 2013年
    • ベテランの鈴木真理を迎えてスプリント強化。キャプテンは中村誠が就任。
    • シーズン末をもって栗村修監督が退任。飯野智行、中村誠、郡司昌紀が現役を引退した。
  • 2015年
    • 2015年シーズンは、2014年シーズンの選手・監督が全員そのまま契約を更新[4]
    • シーズン末をもって、城田大和が退団、青柳憲輝が現役引退。
  • 2016年
    • 飯野智行が現役復帰、雨澤毅明小野寺玲が加入[5]
    • 9月1日 運営会社のサイクルスポーツマネージメント株式会社の事務所移転。
    • シーズン末をもって、大久保陣と掘孝明が退団。
  • 2017年
    • 馬渡伸弥岡篤志が加入[6]
    • 5月 ジュニア育成プログラム「UP B-ling System」開始[7][8]
    • 10月21日 ジャパンカップ・クリテリウムにて今季限りで退団を表明した鈴木真理がレース3回目のスプリント賞を獲得[9]
    • 10月22日 ジャパンカップサイクルロードレースにて雨澤毅明が3位でゴールしチーム創設以来初のジャパンカップの表彰台に立った[10]
    • 12月10日 第23回全日本シクロクロス選手権大会 小坂光が優勝。ブリッツェンとしても初のナショナルチャンピオンジャージ獲得[11]
    • シーズン末をもって、鈴木真理が退団。
  • 2018年
    • 鈴木龍が加入、増田成幸がキャプテンに就任。
    • 1月17日 鈴木真理と「ブリッツェン・ステラ」および「ブラウ・ブリッツェン」のコーチ契約締結[12]
    • 3月末 ブリッツェンフェアリーおよびブリッツェンフェアリー自転車競技部が解散[13]

ウィーラースクール[編集]

チーム設立時から地域貢献活動として、小中高校等に出向いて自転車安全運転教室をウィーラースクールジャパンブラッキー中島隆章からノウハウを伝授してもらい、それをブリッツェンなりにアレンジして毎年実施している。

  • ウィーラースクール実績(2017年7月11日現在[14])
累計実施回数:154回
累計受講生徒数:43,727名
  • ウィーラースクールのほか、宇都宮市の高齢者向け介護予防事業「いきいき自転車教室」、毎年夏には新聞店とコラボし「自転車教室&補助輪外し教室」なども開催している。
  • 2010年3月4日、チーム立ち上げ当初より積極的に行ってきたウィーラースクールの実績に対し、栃木県警宇都宮中央署より感謝状を授与された[15]

ブリッツェンフェアリー[編集]

  • チーム創設時から活動していたレースクイーン
  • 2015年にブリッツェンフェアリー自転車競技部が誕生。
  • 2018年3月末をもって活動終了し解散[13]

ブリッツェンフェアリー自転車競技部[編集]

  • 2015年2月に結成し4月末のサイクルイベントでデビュー[16]
  • サイクルイベントにゲストライダーとして参加や、サイクルイベントMCなどで活躍。
  • 競技部メンバー
MAI(監督)
REI(主将)
MIHO(副主将)
AOI ※2015年12月1日加入[17]
AZUSA ※2017年1月31日卒業[18]
NENE ※2015年11月で卒業[19]

ブリッツェン・ステラ[編集]

ジュニア育成を目的として、2017年5月より「UP B-ling System(アップビーリングシステム)」スタート(トライアウトは4月に実施)。8月にチーム名を「ブリッツェン・ステラ」、チームジャージは黄色と決定[20]。 自転車だけでなく、ランニングなどの基礎トレーニングや幅跳び、シャトルランリレーなどを組み入れた練習を通して、交通ルールや安全走行のマナーだけでなく、集団でのチームプレイやフェアプレイ精神を学ぶことで、スポーツのみならず日常生活においても優れた人間性の育成を目指している[7]

対象者 - 栃木県内在住の小学4〜6年の男女。
練習場所 - 宇都宮競輪場、宇都宮市森林公園、道場宿緑地等(基本各自保護者による送迎)。
コーチ - 鈴木真理、柿沼章などが担当。

ブラウ・ブリッツェン[編集]

宇都宮ブリッツェン公認の下部レーシングチームとして2010年に発足。同年7月と12月にトライアウト(選手選抜試験)を行い、JBCF(実業団)Jエリートツアーに参戦している。チームジャージはトップチームの赤い部分を青にしたものだったが、2012年シーズンより青基調の別デザインに変更。監督は廣瀬佳正、メンバーは約20名。ちなみに2012年9月には安田大サーカス団長安田が入団試験に合格しチームに加入している[21]

2018年陣容[編集]

選手名 国籍 生年月日 前年所属チーム
増田成幸 日本の旗 日本 1983年10月23日
鈴木譲 日本の旗 日本 1985年11月6日
阿部嵩之 日本の旗 日本 1986年6月12日
飯野智行 日本の旗 日本 1989年10月5日
鈴木龍 日本の旗 日本 1992年9月29日 ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム
馬渡伸弥 日本の旗 日本 1994年6月25日
雨澤毅明 日本の旗 日本 1995年2月4日
小野寺玲 日本の旗 日本 1995年9月3日
岡篤志 日本の旗 日本 1995年9月3日
小坂光(シクロクロス) 日本の旗 日本 1988年10月21日

歴代陣容[編集]


主な媒体[編集]

【テレビ】

【AMラジオ】

【FMラジオ】

  • RADIO BERRY76.4FM『B-BOX“Allez!BLITZEN”』2014年3月31日で終了
  • RADIO BERRY 76.4FM『「B・E・A・T」とちぎロードスピリッツ』 ※那須ブラーゼンと交互に出演
  • NHK宇都宮放送局周波数 宇都宮80.3MHz『とちぎ6時です! ブリッツェンVロード』

【コミュニティFM】

  • コミュニティFM ミヤラジ 毎月第三水曜日(下野新聞NEWS CAFEより公開生配信)にブリッツェンのコーナーが設けられている。

【インターネットラジオ】

  • Web R@dio Station"くりらじ"『“BLITZEN Podcast”』 2013年12月26日で終了
  • ミヤラジUST配信の準備放送で毎月第三水曜日にブリッツェンのコーナーが設けられていたが、ミヤラジのコミュニティFM開局のため、2017年2月15日で終了した。
当初は廣瀬佳正がコーナーMC担当していた。2015年-2016年は堀孝明がコーナーMC担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「自転車が好き、宇都宮が好き。情熱だけで動いていた」 廣瀬佳正選手インタビュー(前編)cyclist - (2017年7月31日観覧)
  2. ^ 「柿沼章さん」インタビュー第二弾!CATEYE LIFE - (2017年7月31日観覧)
  3. ^ BLITZEN宇都宮プロレーシングチームの2009チーム体制を発表!CyclingTime - (2017年7月31日観覧)
  4. ^ 宇都宮ブリッツェンが2015年シーズン体制を発表cyclist 2014年12月24日
  5. ^ 宇都宮ブリッツェンが2016年体制を発表cyclist 2015年12月18日
  6. ^ 2017年チーム体制について宇都宮ブリッツェンレポートブログ 2016年12月16日
  7. ^ a b ジュニア育成プログラム「アップビーリングシステム」宇都宮ブリッツェン公式サイト
  8. ^ 宇都宮ブリッツェン「アップ・ビーリング・システム」cyclesports.jp 2017年3月30日
  9. ^ Live!!! ジャパンカップ クリテ宇都宮ブリッツェンLiveブログ 2017年10月21日
  10. ^ Live!!! ジャパンカップ ロードレース宇都宮ブリッツェンLiveブログ 2017年10月22日
  11. ^ 全日本シクロクロス選手権大会宇都宮ブリッツェンレポートブログ 2017年12月13日
  12. ^ 鈴木真理氏、育成チームコーチ就任のお知らせ宇都宮ブリッツェンインフォメーション 2018年1月18日
  13. ^ a b ブリッツェンフェアリー解散のお知らせ公式サイトインフォメーション 2017年11月29日
  14. ^ " 7月11日(火)地域貢献活動公式facebook
  15. ^ 栃木県警中央署より感謝状を授与宇都宮ブリッツェンレポートブログ 2010年3月4日
  16. ^ ブリッツェンフェアリー自転車競技部がデビュー 初心者NENEさんのサイピク挑戦記シクロワイアード 2015年5月22日 - (2017年12月10日観覧)
  17. ^ 新メンバー加入のお知らせ自転車競技部facebook 2015年12月1日
  18. ^ AZUSA卒業自転車競技部facebook 2017年2月1日
  19. ^ シーズンエンドパーティ自転車競技部facebook 2015年11月28日
  20. ^ ブリッツェンステラ鈴木真理ブログ 2017年8月9日 - (2017年12月9日観覧)
  21. ^ 自転車の進め最終回 - 団長安田の自転車男・2012年9月24日

外部リンク[編集]