APOGEE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
APOGEE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ニュー・ウェーヴ
活動期間 2001年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
2006年 - )
公式サイト APOGEE POINT
メンバー 永野亮 (ボーカルギター
間野航 (ドラムスコーラス
大城嘉彦 (シンセサイザー、ギター)
内垣洋祐 (ベース、コーラス)

APOGEE(アポジー)は、日本ロックバンドである。所属レコード会社ビクターエンタテインメントブラックミュージックニュー・ウェーヴの要素を併せ持つバンドである。

概要[編集]

名称は、ボーカルの永野の好みでアルファベットの「A」から始まる名前を探している中、目をつぶって辞書を指した場所に「APOGEE」が含まれていたのがきっかけで命名された。「最高点」「頂点」という意味[1]がバンドのイメージと合致したという[2]

『夜間飛行』のジャケットに始まり、PVやウェブサイトでは必ずといって良い程鹿が登場する。またライブ時に大城が弾くシンセサイザーの上に地球儀が置いてあり、この2つがイメージアイテムになりつつある。

毎回PVは手の込んだ作品となっており注目を集めている[3]。また『Just a Seeker's Song』で登場したキャラクターはその後の楽曲PVに登場したりグッズ化されるなど[4]、APOGEE特有の存在として定着した。

ウェブサイトは毎回発売されるCDにあわせたデザインに変更されている(インディーズ時代の『Preview』も含む)。メジャー後のデザインは山口真人が担当。

メンバー全員の趣味は全く異なるが[5]、音を通して互いの良さや考え方に対して理解を深めていくという。この過程が常にAPOGEEの音作りの根底にある。特定の作詞作曲担当はおらず、良い物・人に訴えられる物になれば元は誰でもいいというスタンスである。曲に対して4人の意思が一致した時に「完成」となる[6]

活動[編集]

  • 2001年
    夏、元々大学のサークルで知り合いであった永野亮と間野航がバンドを結成。フレーミング・リップスなどのコピーを中心に活動する中、デモテープを聴かせた事などがきっかけで同サークルの大城嘉彦が加入する。その後、ベーシスト募集の張り紙[7]をした際の唯一の応募者である内垣洋祐を加え、正式結成となった[8][9]。2003年より本格的に活動を開始。
  • 2004年
    1月にコンピレーションアルバム『GUT1+1』(フォーライフミュージックエンタテイメント)に坂本龍一らと共に参加し、注目を集める。同年9月に1st マキシシングル『Preview』(Colla Disc)をリリース。
  • 2006年
    2月にマキシシングル『夜間飛行』でメジャーデビューを果たす。後にシングル2枚と初のアルバム「Fantastic」を発表。各方面から高い評価を得る[8]COUNTDOWN JAPAN初出演(以降3年連続)。
  • 2007年
    7月に約8ヶ月ぶりとなるシングル「Just a Seeker's Song」を発売。SUMMER SONIC'07初出演。11月には5thSingle「アヒル」を発売する。また、10月から大城嘉彦がMCを務めるラジオ番組「桃源郷立大城図書館」が放送開始。
  • 2008年
    1月16日に2ndAlbum「Touch in Light」を発売。3月からは初の全国ツアー「APOGEE presents Touchi in Light TOUR 2008」を開催。3月27日の渋谷CLUB QUATTRO(Sold Out)は、MUSIC-ON!TV『Asahi Super Dry presents The Live』で全国生中継される。3月29日に大城嘉彦のラジオ番組「桃源郷立大城図書館」が放送終了。それに伴い、4月5日より永野亮がMCの新番組「うたうながのギター」(略してう・な・ぎ)を放送開始。当番組の企画から、業界初のカバー曲12週連続限定配信をスタート(厳密には13週連続。最後にオリジナル楽曲「スプリング・ストレンジャー(Acoustic Ver.)」を配信)。夏には初のROCK IN JAPAN FES.2009に出演。
  • 2009年
    3月25日 TOWER RECORDS限定シングル『スプリング・ストレンジャー』リリース。即、完売。6月3日 3rd Album「夢幻タワー」リリース。またアルバムのリリースを受け「APOGEE LIVE TOUR 2009 “ 夢幻タワー ”」を開催予定。
  • 2013年
    10月20日、代官山UNITで約3年ぶりとなるワンマンライブを行う。ニューシングル『FALL INTO THE SLY』の会場限定盤(ジャケットが緑)も販売。

メンバー[編集]

永野亮 (ながの りょう 1979年10月23日生[10]-)ボーカルギター担当。

  • 広島県出身。
  • ニックネームは「コパチ」、サインは「cpty」と表記する(名付け親はyoheyOKAMOTO[11])。
  • ビンジョウバカネ(現在活動休止中)のメンバーでもある。
  • NOKKO&GOに楽曲提供をする等、ソングライターとしても活動。
  • リーダーと言う肩書きは無いが、メディア出演は他のメンバーよりも多い。
  • リスペクトしている歌手はマイケル・ジャクソンプリンス。プリンスのファンクラブに入っていた。[12][13]
  • ギターを始める前はヴァイオリンを弾いていた。
  • 身長161センチ[13]。同メンバーの大城と間野は、過去に「身長が180センチ位あったら、永野は音楽ではなく普通にモテる道に進んでいたのでは」と話した事があるという[9]
  • 自身がMCを務めるラジオ番組「うたうながのギター」(K-MIX)で、他アーティストの曲をカバー(通称「うなぎのカバ焼き」)。一部がiTunesで配信された。

間野航(まの わたる 1978年6月29日生-)ドラム、コーラス担当。

  • 岡山県出身。
  • ニックネームは「間野ちゃん」、サインは「Mano」と表記する。
  • 元々ギタリストだったが、サークル時代にたまたま叩いたドラムの評価がそこそこ良かった為ドラマーに転向した[14]
  • 元Throwcurveメンバー(2002年8月脱退)。
  • 所属当時、レコード会社新人開発担当者からの「就職は考えているか」との質問に対し「ロックに就職です!!」と答えた事がある[15]
  • 好きなミュージシャンはニルヴァーナロバート・ジョンソンザ・クラッシュブルーハーツなど。
  • カマキリが大嫌いである。

大城嘉彦(おおしろ よしひこ 1979年7月14日生- )シンセサイザーギター、コーラス担当。

  • 静岡県出身。
  • メンバー(特に永野)からは「オッシー」と呼ばれている。サインは「Oscillo」と表記する。
  • 使用シンセサイザーは「Nord Lead 2」(clavia)で、メーカー国に因んだのか「スウェーデン人とのクオーター」と自称する事がある[16][17]
  • 影響を受けたミュージシャンはウィーザー
  • 幼少時からリスナー志向であり、レンタルショップでシングルCDを1位から10位までとりあえず借りて聴いていたという[9]
  • お笑いの大ファンで、特にラーメンズがお気に入りとのこと。
  • APOGEE結成前はギタリストだった。
  • APOGEE以外では、AYUSE KOZUEのシングル『eyes to eyes』にシンセサイザーで参加している。
  • 2009年、春秋シーズンの東京コレクションにモデルとして出演。
  • 現在 ELLE ONLINEにて初のblog大城嘉彦の『森の箱庭』執筆中。
  • 永野の担当する番組の開始以前に、「桃源郷立大城図書館」のパーソナリティを務めていた。独特の無機質な語り口調が特徴であった。

内垣洋祐(うちがき ようすけ 1974年9月26日生 -)ベース、コーラス担当。

永野、間野、大城の三人は慶應義塾大学出身。内垣は上智大学出身。

サポートメンバー[編集]

森ゆに キーボード担当。

  • KOMEのメンバーでもある。
  • 慶應義塾大学出身。永野らと同じサークルで2年後輩にあたる[22]
  • 2008年10月11日をもって、サポートメンバーを脱退。以降ソロ活動を行う。

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
indies 2004年9月4日 preview CLA-30010 インディーズ時代に唯一発売されたシングル。
『GHOST SONG』の最初の発表は屋根裏(渋谷)でのオーディション・ライブ内。演奏した曲の中で特に評価が高かったという[9]
1st 2006年2月22日 夜間飛行 VICL-35952 『夜間飛行』TBSカウントダウンTV」2006年3月度エンディングテーマ。
以降『グッド・バイ』までPVは田中祐介が担当。
2nd 2006年5月24日 ゴースト・ソング VICL-36063 PVはMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007最優秀特殊効果ビデオ賞、スペースシャワーTVビデオアワード最優秀監督賞を受賞。
『GHOST SONG』はデモテープのつもりで採ったものが意向に反してCD化されていた為、メンバー全員の希望で再録し発表となった。
オリコン最高156位
3rd 2006年10月25日 グッド・バイ VICL-36169 オリコン最高155位
4th 2006年10月25日 Just a Seeker's Song VICL-36311 PVは大月壮担当、キャラクターデザインはレザイ美樹
『Waltz』は天井から吊したマイクでレコーディングされた[23]
初のオリコン100位入りを果たした。(98位)
ジャケットのキャラクターの名前は一般公募された。(左がAPO、右がGEE。)
広告批評「2007年ミュージックビデオベストテン」8位
5th 2007年11月7日 アヒル VICL-36343 『アヒル』テレビ朝日業界技術狩人 ギョーテック」2007年10月~12月度エンディングテーマ。
PV担当は東弘明。日本のPVで初めて、映画のVFXシーン等に使われる映像ソフト『boujou』が導入された[24]
オリコン初登場は97位。
6th 2009年3月25日 スプリング・ストレンジャー NCS-663 配信されたソロ曲のバンドアレンジ。
タワーレコード限定発売。
7th 2014年3月5日 Fall Into The Sky DQC-9029 タワーレコード限定発売。
7th 2015年4月8日 TOO FAR/landscape LTT8-0004 LEO今井参加

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2006年11月22日 Fantastic VICL-62174 タイトルは大城嘉彦が考案[9]
『ロードムービー』の歌詞が一部誤って表記されている[25]
オリコン最高89位
2nd 2008年1月16日 Touch in Light VICL-62678 大城嘉彦が初めてギターを兼任した。
オリコン最高46位、登場回数3回
3rd 2009年6月3日 夢幻タワー VICL-63346 オリコン最高55位
4th 2014年8月6日 OUT OF BLUE DQC-1331 オリコン最高53位

配信限定[編集]

ラジオ番組「うたうながのギター」の弾き語り企画が概ね好評だった事から、様々なアーティストの曲のカバーを12週連続で、翌週にソロ名義でオリジナル曲を配信した。(紹介ページ

  1. A Perfect Sky(BONNIE PINK)
  2. 少年時代(井上陽水)
  3. FIRST LOVE(宇多田ヒカル)
  4. いかれたBABY(フィッシュマンズ)
  5. 笑えれば(ウルフルズ)
  6. (スピッツ)
  7. 恋に落ちたら(Crystal Kay)
  8. Hello, my friend(松任谷由実)
  9. ラブ・ストーリーは突然に(小田和正)
  10. 恋は桃色(細野晴臣)
  11. クリスマス・イブ(山下達郎)
  12. 美しく燃える森(東京スカパラダイス・オーケストラ)
  13. スプリング・ストレンジャー(永野 亮 from APOGEE)

永野亮ソロ作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
アルバム 2012年6月6日 はじめよう LTT8-0001 阿部芙蓉美YeYeが参加
LITTLE 8 RECORDS
オリコン最高163位
シングル 2012年12月26日 Fa Fa Fa LTT8-2001 LITTLE 8 RECORDS

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2011年11月9日 坂本真綾Driving in the silence 5.今年いちばん(作詞:坂本真綾、作曲:永野亮)
6.たとえばリンゴが手に落ちるように(作詞:坂本真綾、作曲:永野亮)
楽曲提供
2013年4月10日 竹達彩奈apple symphony 8.ナナナナンバーワン(作詞・作曲・編曲:永野亮) 楽曲提供
2013年11月27日 ナハト・ムジィク ~眠れぬ夜の眠れる音楽集~ 通販およびヴィレッジヴァンガード限定
2014年9月3日 Aimer誰か、海を。 EP 5.Cold Sun (Ryo Nagano Remix) リミックス
2015年7月15日 Little Glee Monster人生は一度きり/ガオガオ・オールスター 1.人生は一度きり(作詞:蓬田智樹、Carlos K.、津川ゆりあ・作曲:永野亮、Carlos K.・編曲 :Carlos K.) 楽曲提供

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
新井風愉 「つながるのうた」(永野亮)「はじめよう」(永野亮)
大月壮 「Just a Seeker's Song」「スプリング・ストレンジャー
田中裕介 「夜間飛行」「ゴースト・ソング」「グッド・バイ」「1,2,3
中角壮一 slowmotion」「Star Honey」「ゆりかご
七字重雄 五億回の瞬き
東弘明 「アヒル」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2008年 - Touch in Light Tour 2008
  • 2009年 - APOGEE LIVE TOUR 2009 "夢幻タワー"
  • 2009年 - APOGEE LIVE TOUR 2009 "夢幻タワー" 第2棟
  • 2010年 - APOGEE「~perigeepoint~」
  • 2013年10月20日 - APOGEE ワンマンlive2013
  • 2014年04月29日 - APOGEEワンマンライブ2014
  • 2014年 - 「APOGEE『OUT OF BLUE』リリースパーティ
  • 2015年 - APOGEEワンマンライブ2015『LIVE OF BLUE』

出演イベント[編集]

  • 2005年11月04日 - 東京コントロール Vol.3
  • 2006年07月23日 - ウドー・ミュージック・フェスティバル
  • 2006年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 06/07
  • 2007年08月12日 - SUMMER SONIC 2007
  • 2007年12月05日 - 9mm Parabellum Bullet Termination Tour 07
  • 2007年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008
  • 2008年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09
  • 2009年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2012年04月26日 - ウォッチングザスカイ present MUSIC FOR LIFE IN DUO(永野のみ)
  • 2012年08月18日 - SUMMER SONIC 2012(永野のみ)
  • 2012年08月24日 - Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺(永野のみ)
  • 2012年10月06日 - MEGA☆ROCKS 2012(永野のみ)
  • 2012年10月14日 - MINAMI WHEEL 2012(永野のみ)
  • 2012年11月13日 - LIVE! TOWER RECORDS×mona records Presents"オトナトーン"(永野のみ)
  • 2013年04月12日 - Prague「3rd Album『ある篝火について』Release Live 2Days at 下北沢GARAGE」(大城のみ)
  • 2013年06月07日 - TONE FLAKES Vol.46(永野のみ)
  • 2014年07月12日 - LIVE FACTORY 2014
  • 2014年08月24日 - APOGEE x group_inou LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY

レギュラー出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 桃源郷立大城図書館(2007年10月6日〜2008年3月29日。毎週土曜深夜24:00~25:00、静岡エフエム放送。MC:大城嘉彦)
  • うたうながのギター(2009年4月5日~、毎月第1日19:00~20:00、静岡エフエム放送。MC:永野亮。 以前は、2008年4月5日〜2009年3月28日まで土曜深夜24:00~25:00でに放送していた)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元は天文用語。「地球の周りを回る人工衛星の楕円軌道上で、一番地球から遠い点、すなわち遠地点」の意
  2. ^ SAPPORO LIFE Artist Interview vol.60「APOGEE」[1]、2006年。
  3. ^ Listen Japan 音楽ニュース「APOGEE、新曲PVフル視聴&ライヴ情報が続々と決定」[2]、2007年11月8日、等。
  4. ^ 記念に販売されたストラップは、デザイナー自身が人形制作から袋詰めまで手がけている。rezai blog『APO and GEEドール。[3]』、2007年12月6日。
  5. ^ 内垣曰く「北極と南極くらい違う。共通点は寒い所だという事だけという感じ」。HOT EXPRESS インタビュー「APOGEE 『夜間飛行』」[4]、2006年2月27日。
  6. ^ HOT EXPRESS インタビュー「APOGEE 『夜間飛行』」、2006年2月27日。
  7. ^ 書かれた文章は「当方逸材揃い、楽曲に自信あり」「細野晴臣求む」。内垣はその内容の大きさに、自分と気があうかもしれないと思い応募した。フジテレビ『FACTORY』サイト内、#0164 APOGEE、SKUNK SHOT BOOSTER RESPONSE、2007年8月18日。
  8. ^ a b Victor Entertainment「APOGEE」[5]
  9. ^ a b c d e TOKYO FM discord『BACK STAGE TEXT [6]』、2006年11月12日。
  10. ^ 生年月日情報はすべて『CDでーた』2006年3月号、株式会社角川マガジンズ、2006年2月20日。
  11. ^ Hermann H.&The Pacemakers公式サイトブログ[7]、2006年12月27日付。(トップページからはアクセス出来ない。閲覧不能になる可能性有り。)yoheyOKAMOTOは永野らのサークルの先輩。
  12. ^ 以下他のメンバーも含め好きなミュージシャンに関しては、ミュージックビデオ専門 VMC [8] INTERVIEWS #67 APOGEE、2007年7月4日。
  13. ^ a b vie+ 「beauty ヴィープラス的 今、裸にしたい男たち」File.10 [9]、2003年10月22日。(ビンジョウバカネ名義でのインタビュー)
  14. ^ APOGEE 永野/間野特集『QUIP Magazine』、ハイラインレコーズ、2006年4月21日。
  15. ^ Throwcurve公式サイト「BAND HISTORY」[10]、2002年(尚、サイト移転に伴い左記リンク先は更新を終了している)。
  16. ^ 発言の発端はSPACE SHOWER TV「Oxala!」、2006年11月20日放送分。クイズのネタとして作られた嘘であり、純粋な日本人である事が明言された。
  17. ^ 公式サイト内APOGEE NOTE 2007年5月31日分では、実家を「SwedenのHamamatsu」と記している。
  18. ^ KOME[11]臨時掲示板への森ゆに本人の書き込みで発表された。以後は「森ゆに・内垣洋祐」という連名の名義で活動。2007年12月7日付。
  19. ^ 静岡エフエム放送「桃源郷立大城図書館」、2007年10月6日。
  20. ^ HIROSHIMA FM 「Vibe ON! GUEST&HIROSHIMA」 [12]、2006年11月8日。
  21. ^ 公式サイト APOGEE NOTE 2007年10月27日分
  22. ^ QOOL.jp「ビンジョウバカネインタビュー」 [13]、2004年1月14日。
  23. ^ ミュージックビデオ専門 VMC INTERVIEWS #67 APOGEE、2007年7月4日。
  24. ^ BARKS NEWS[14]『日本のPVで初の技術を導入! APOGEEの新曲「アヒル」』、2007年11月10日。
  25. ^ 『Quip Magazine』2月号、2007年1月25日。

外部リンク[編集]