小林太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林 太郎
出生名 小林太郎
生誕 (1990-06-26) 1990年6月26日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
ジャンル オルタナティブ・ロック
ハードロック
ガレージロック
ポスト・グランジ
フォーク・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 2008年 -
レーベル Driftwood Record
2009年 - 2011年
STANDING THERE, ROCKS
2012年 - 2015年
日本コロムビア
2016年 - 2017年
MOTHERSMILK RECORD
2018年 - 2022年6月30日)
公式サイト https://www.kobayashitaro.com/
小林太郎
YouTube
チャンネル
活動期間 2006年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約1.07万人
総再生回数 約320万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年1月9日時点。
テンプレートを表示
小林太郎
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
ジャンル ゲーム実況
登録者数 約3500万人
総再生回数 約20万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年1月9日時点。
テンプレートを表示

小林 太郎(こばやし たろう、1990年6月26日[1] - )は、日本のシンガーソングライター静岡県浜松市出身[1]

高校生時代にバンド「小林太郎とマサカリカツイダーズ」で音楽番組主催音楽イベント優勝し、高校卒業後ソロ活動スタート。その後、バンド「小林太郎とYE$MAN」を結成。(ギターボーカル)後、ソロ活動に専念。

来歴[編集]

2008年
テレビ番組「ストリートファイターズ」内の企画「ストファイHジェネ祭り'08」にバンド「小林太郎とマサカリカツイダーズ」で出場(ギターボーカル)、優勝を果たす。
2009年
12月 - ソロプロジェクト始動が発表される。
2010年
1月6日 - 公式ホームページがオープン。
1月13日 - 1st Album「Orkonpood」がタワーレコード先行リリース。
4月14日 - ボーナス・トラック「リバース」を加えた全国流通盤がリリース。
2011年
2011年夏より新たに吉田隼人(ベース)、高田風(ギター)、高梨貴志(ドラムス)をバンドメンバーに迎え「小林太郎とYE$MAN」として活動を始める。
2012年
1月20日 - 再びソロで活動再開を報告。
7月11日 - アルバム「MILESTONE」でメジャーデビュー
2017年
4月2日 - 公式サイトにて昨年、一般女性と結婚したことを発表。
2018年
5月23日 - 自主レーベル「MOTHERSMILK RECORD」より5曲入りCD「SQUEEZE」を発表。
2022年
1月26日 - 自主レーベル「MOTHERSMILK RECORD」より11曲入りアルバム「合法」を発表。
12月1日 - DOLCESTARへの所属を発表。

人物[編集]

  • 「小林太郎とマサカリカツイダーズ」時代は、奇抜な衣装と独特のMCで観客の笑いを誘う、といったユーモラスな存在を維持していた。
  • 「小林太郎」名義で活動を始めてからは、一変して謎に満ちた魅力を放つ。
  • フライングVとボーダーの服がトレードマークで、公式キャラクターのデザインにもなっている。
  • 大好物は、茶碗蒸し

影響[編集]

  • ヴォーカリストとしては小学5年生時に実家が経営していたカラオケバーでポルノグラフィティの「アゲハ蝶」を歌った際、「太郎は音程がいいね」と褒められたことが嬉しくて歌うのが好きになったと語っている。初めて買ったCDはCHEMISTRYの「You Go Your Way」で、他にはCHAGE and ASKAMr.Childrenを好んで聞いていた。
  • バンドマンを目指すようになったのはBUMP OF CHICKENに出会い、「こんな音作りをしてみたい」と思ったことがきっかけであった。この時に好きだったバンドとしては他にASIAN KUNG-FU GENERATIONELLEGARDENを挙げている。また中学3年時には初めてのバンドを組み、文化祭でL'Arc〜en〜Cielの「Heaven's Drive」を演奏した。
  • 16〜17歳ころになると本格的に洋楽に興味を示すようになり、グランジオルタナティヴ・ロックに傾倒するようになる。インディーズ時代まではヴォーカルや音作りに加え、ボーダーの服に代表されるファッション面においてもニルヴァーナや同バンドのフロントマン、カート・コバーンへの意識がうかがえる。ニルヴァーナからの影響はインタヴューでも度々口にしており、初めてカートの歌声を聞いたときは「ロックの真髄」に触れた気がした。(ニルヴァーナから)ロックのダーティなイメージや爆発力を知ったと語っている。同じくグランジ、オルタナティヴシーンではアリス・イン・チェインズサウンドガーデンソニック・ユースダイナソーJr.コーンリンキン・パークトゥールのメイナード・ジェームス・キーナン率いるア・パーフェクト・サークル等も影響を受けたバンドとして挙げている。
  • オルタナティヴ・ロック以外ではビートルズキンクスZZトップエアロスミス等60〜70年代のロックンロールやパーラメントファンカデリック等のPファンクからの影響を口にしている。
  • インディーズアルバム『Orkonpood』発売時のインタヴューでは自身の歌唱法について、サウンドガーデンのクリス・コーネルニッケルバックチャド・クルーガーに憧れた。ロックもバラードも歌えて、これは最強だと思って真似したと語った。
  • メジャー1枚目のフルアルバム『tremolo』発売時のインタビューでは同アルバム収録の「星わたり」について、GOING STEADYの「銀河鉄道の夜」を聴いて、こんな曲が書きたいと思い18歳の時に書き上げた。書き上げた時から「ここに自分の核がある」と思い、いつか必ず収録しようと思っていたと語った。
  • 2枚目のミニアルバム『IGNITE』では70年代のアメリカンハードロック調の音楽性を示し、エアロスミス、ZZトップ、AC/DCを意識した楽曲製作を行ったと語っている。 また、アルバム7曲目にはステッペンウルフの楽曲「Born to Be Wild」のカバーを収録した。さらに同アルバムの初回限定盤付属DVDにはレニー・クラヴィッツマルーン5、ビートルズの楽曲をカバーしたスタジオセッション映像を収録している。

ディスコグラフィ[編集]

インディーズ[編集]

EP[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2018年5月23日 SQUEEZE MTMR-001

スプリットEP[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2019年2月27日 ESCAPE MTMR-004 レーベルメイト「Academic BANANA」とのスプリットEP

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2010年1月13日
(タワーレコード限定盤)
2010年4月14日
(全国流通盤)
Orkonpood AKTR-10001
(タワーレコード限定盤)
AKDR-10001
(全国流通盤)
第3回CDショップ大賞東海ブロック賞受賞
オリコン最高103位、登場回数9回
2nd 2011年1月19日 DANCING SHIVA AKDR-10002 オリコン最高40位、登場回数4回
2022年1月26日 合法 MTMR-005

配信[編集]

  • 2019年09月21日 ドラゴンキリング
  • 2020年07月08日 踏み出す一歩目 2020 Remix
  • 2020年10月23日 sickness
  • 2021年09月06日 骨伝導[6]
  • 2021年09月06日 GAMING SHOUT
  • 2022年11月08日 On a Starless Night

メジャー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年7月17日 鼓動 KICM-91458:初回限定盤
KICM-1458:通常盤
オリコン最高55位

配信限定シングル[編集]

  • 太陽(2013年11月6日) iTunes、DAM★うた/DAM★うたフル/DAM★コール、その他着うた/着うたフル
  1. 太陽
  • Armour Zone(2016年4月5日) Amazonミュージック
  1. 「Armour Zone(tv size)」 作詞:マイクスギヤマ/作曲:山田信夫/編曲:高橋哲也
  2. 「KAMEN RIDER AMAZONS MAIN THEME」 作曲:蓜島邦明
  3. 「KAMEN RIDER AMAZONS BGM single edition」 作曲:蓜島邦明
  • Armour Zone(Full Version)(2016年6月17日) Amazonミュージック、iTunes、レコチョク、テレ朝サウンド
  1. 「Armour Zone」 作詞:マイクスギヤマ/作曲:山田信夫/編曲:高橋哲也
  2. 「Armour Zone(オリジナル・カラオケ)」

※Armour Zoneフルサイズは「仮面ライダーアマゾンズ オリジナル・サウンドトラック」(2016年8月3日)にも収録

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年7月11日 MILESTONE KICS-1785 オリコン最高49位
2nd 2014年2月12日 IGINITE KICS-93013:初回限定盤
KICS-3013:通常盤
オリコン最高58位
3rd 2015年2月4日 DOWNBEAT KICS-3160 オリコン最高100位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年1月16日 tremolo KICS-1859 オリコン最高50位
2nd 2015年11月25日 URBANO KICS-93311

バンド・スコア[編集]

  • DANCING SHIVA(2010年12月31日)


ミュージックビデオ[編集]

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
美紗子ちゃん テレビ朝日系「警部補 矢部謙三」主題歌
鼓動 テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」2013年6月度オープニングテーマ
IGNITE HARLEY-DAVIDSON DEMORIDE CARAVAN オフィシャルタイアップソング
Armour Zone Amazonプライム・ビデオ「仮面ライダーアマゾンズ」主題歌
DIE SET DOWN Amazonプライム・ビデオ「仮面ライダーアマゾンズ Season 2」主題歌
EAT,KILL ALL 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」主題歌(Project.R(小林太郎、NoB))[7]

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2012年10月21日-27日(3公演) - TOUR2012 "MILESTONE"
  • 2013年01月16日-19日(3公演) - 小林太郎 VS Short Tour
    w/ another sunnyday/THE NAMPA BOYS/UNCHAIN
  • 2013年02月18日 - 小林太郎 Ustreamスタジオ生ライブ配信
  • 2013年03月02日-9日(3公演) - TOUR2013 "tremolo"
  • 2013年09月20日 - 小林太郎「VS Short Tour Vol.2」
    w/ another sunnyday/黒猫チェルシー/LUNKHEAD/Droog/onelifecrew
  • 2013年11月15日-12月5日(5公演) - 小林太郎「Tour2013“SOL Y SOMBRA”」
  • 2014年03月28日 - 小林太郎 インストアライブ
  • 2016年03月12日 - 3月21日(3公演)- 小林太郎「Tour2016“URBANO”」
  • 2017年12月12日 - 「I WANNA DRINK TO…VOL.0」
  • 2018年03月14日 - MOTHERSMILK RECORD presents 「I WANNA DRINK TO… vol.1」
  • 2018年04月14日 - 招待制のライブは豆腐の角に頭でもぶつけてろ
  • 2018年04月29日 - 招待制のライブはあつあつたこ焼きで上顎やけどしてしまえ
  • 2018年04月30日 - 招待制のライブについておっくんと盛り上がったから2マンやるよ
  • 2018年06月26日 - 小林太郎バースデー&アカバナリリース記念ライブ
  • 2018年07月08日 - MOTHERSMILK RECORD presents 「I WANNA DRINK TO…VOL.2広島編」
  • 2018年08月24日 - 「I WANNA DRINK TO... vol.3」
  • 2018年11月18日 - 小林太郎 vs Academic BANANA 特別編〜今回のツアーは北の国から〜
  • 2018年11月25日 - 小林太郎 vs Academic BANANAオープニングアクト募集オーディションLIVE
  • 2018年12月14日 - 小林太郎 vs Academic BANANAスプリットEPリリース記念ツアー〜東京編〜
  • 2018年12月23日 - 小林太郎 vs Academic BANANAスプリットEPリリース記念ツアー〜浜松編〜
  • 2018年12月28日 - 小林太郎 vs Academic BANANAスプリットEPリリース記念ツアー〜大阪編〜
  • 2019年01月20日 - 「I WANA DRINK TO… VOL.4」〜廣島へ逃亡編〜
  • 2019年04月19日 - 小林太郎×Academic BANANA

『ESCAPE』Release Party!!

  • 2019年08月25日 - 小林太郎 真夏のWANG★MANG2019
  • 2019年09月23日 - ワンマンライブ合同アフターパーティー
  • 2020年02月29日 - 小林太郎ワンマンLIVE「お花見WANG★MANG2020」大阪→中止
  • 2020年03月08日 - 小林太郎ワンマンLIVE「お花見WANG★MANG2020」東京→中止
  • 2021年09月27日 - マザミFES→延期
  • 2022年04月28日 - マザミFES Vol.1
  • 2022年11月06日、07日 - 『On a Starless Night』~ホシノナイヨルニ~

配信ライブ[編集]

  • 2021年03月28日 - 小林太郎 アコースティック配信ライブ2021春
  • 2021年06月26日 - 小林太郎 バースデーライブ配信
  • 2021年10月09日 - マザミFES Vol.0
  • 2021年10月10日 - マザミFES Vol.0 アフタートーク
  • 2021年12月12日 - Stella Magna スペシャルライブinグラブルフェス2021
  • 2022年02月16日 - 小林太郎"合法"リリース記念ライブ配信

出演ライブ、イベント[編集]

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 小林太郎とキヅカイモンスターズ[8](K-MIX、2011年1月1日 - 2012年9月29日・土曜25:30 - 26:00)
  • 小林太郎のオルタナイトラジオ[9]K-mix、2012年10月6日 - ・土曜25:30 - 26:00)

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「[インタビュー]小林太郎」『宇宙船』vol.153(SUMMER 2016.夏)、ホビージャパン、2016年7月1日、 51頁、 ISBN 978-4-7986-1261-4
  2. ^ PVが制作された。
  3. ^ a b 「ストファイHジェネ祭り2008」の決勝戦で「小林太郎とマサカリカツイダーズ」名義で演奏した曲の一つ。
  4. ^ テレビ朝日系列のドラマ「警部補 矢部謙三」の主題歌。PVが制作された。
  5. ^ 全国流通盤ボーナス・トラック。
  6. ^ [1] 小林太郎が「骨伝導/GAMING SHOUT!!」を配信開始
  7. ^ Real Sound 小林太郎×NoBが語る、『仮面ライダーアマゾンズ』主題歌へ込めた熱い思い
  8. ^ "小林太郎とキヅカイモンスターズ" K-MIX”. 2013年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月25日閲覧。
  9. ^ 小林太郎のオルタナイトラジオ|K-mix  ALWAYS BE WITH YOU

外部リンク[編集]