ソンソン弁当箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソンソン弁当箱
sonsonbentobako
出身地 日本の旗 日本 仙台市
ジャンル パンク・ロック
ポストパンク
ニュー・ウェイヴ
レーベル

デルタチューンズ
2009年 - 2015年

Sazanami Label
2016年 - )
公式サイト http://www.sonsonbentobako.com/
メンバー カジカ 哲平(ボーカル
ヒラマ ケンタ(ギター
トモミ・エントウィッスル(ベース
コブヤ リョウタ (ドラムス
小川 ツバサ(ギター
旧メンバー おいしいね。たけし(ドラムス
むらせ 鯨(ギター
ジェット リカ (ベース

ソンソン弁当箱(ソンソンべんとうばこ)は、日本の5人組ロックバンド

来歴[編集]

  • 2008年、仙台で当時高校生だった初期メンバーを中心に結成されたNOTCRYANTが前身。[1]
    • 当初カジカはベースをやっていたがドラムの脱退もありパートチェンジを経てカジカがボーカルに。[2]その後大学受験で休止後かねてからバンド名に納得のいってなかったバンド名の改名を決意し、2009年7月にオシリペンペンズの石井モタコ氏に命名されソンソン弁当箱と改名。[2]
    • 同日に会場限定ミニアルバム「ゆとり教育が生んだもの」を発売。
  • 2010年3月にギターの小川 翼が脱退。当時同居人であったむらせ鯨が新メンバーとして加入。その後全国でライブ活動を開始し、8月20日に青森AOMORI ROCK FESTIVAL '10 ~夏の魔物~、山形 MOGAMI ROCK FESTIVAL '10 に出演。
    • 9月に東京で初自主企画イベントとなるカルチャーショック都庁1を新宿MARZで開催。
    • 10月に1stアルバム「ロマンの日本」を発売。2011年1月同作品がCDショップ大賞地方賞を受賞[3]
  • 2011年03月 オリジナルメンバーでドラム担当のおしいいね。たけしが脱退。新ドラマーとしてコブヤリョウタが加入。[4]
    • 3月11日地元仙台で東日本大震災に見舞われる。予定していたレコーディングは中止に。震災直後カジカが中心となり県内の大勢の被災者の安否確認代行を行い、その模様は日本国内でもニュースになり[5]アメリカの国営放送ABCでも特集された。[6]その後「ずっと尊敬していたミュージシャンの一人」[7]という中川敬の誘いでSOUL FLOWER UNIONの被災地ツアーに同行。
    • 6月ギターのむらせ鯨が脱退。新ギターとしてヒラマケンタが加入。
    • 7月17日AOMORI ROCK FESTIVAL '11~夏の魔物~に出演。
    • 8月28日 ARABAKI ROCK FEST ’11に出演。
    • 11月 2ndフルAlbum「チャンネルがそのまま」全国発売。
  • 2012年1月カジカの病気療養の為休止を発表。
  • 2014年10月26日片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ「KEDA-MONO/MONO-NOKE」ツアーに出演。
    • 11月9日THEラブ人間リリースツアー「下北沢にて'14」に出演。
  • 2015年3月、オリジナルメンバーの小川ツバサがバンドに復帰。
    • 6月、集英社文庫より発売された作家伊坂幸太郎のエッセイ「仙台ぐらし」に、ソンソン弁当箱についてのエッセイが掲載される。
    • 10月3日MEGA★ROCKS 2015に出演
    • 10月23日Droog "naked droog"tour 2015に出演
    • 12月11日、うみのてラストツアー「UMINOTE LAST TRAIN」をもってジェットリカが大学の学業優先のため脱退。
  • 2016年2月16日地元仙台での自主企画イベント「WAVEWAVEWAVE Vol.1」を開催しヒカシュー が出演。
    • 6月25日地元仙台での自主企画イベント「WAVEWAVEWAVE Vol.2」を開催し町田康率いる、汝、我が民に非ズ が出演。
    • 10月 3rdフルAlbum「BAKURO」全国発売。

メンバー[編集]

カジカ哲平(かじか てっぺい)
宮城県仙台市出身、1990年 - )
ボーカル、作詞作曲を担当。
ヒラマケンタ(ひらま けんた)
宮城県仙台市出身、1991年 - )
ギターを担当。
トモミ・エントウィッスル
ベースを担当。
宮城県仙台市出身、1993年 - )
2015年加入
コブヤリョウタ(こぶや りょうた)
宮城県名取市出身、1990年 - )
ドラムを担当。
小川 ツバサ(おがわ つばさ )
宮城県仙台市出身、1991年 - )
ギター担当。
2010年3月脱退。2015年3月復帰。

元メンバー[編集]

おいしいね。たけし
ドラム)担当。結成時メンバー。
2011年3月脱退。
むらせ 鯨(むらせ くじら)
ギター)担当。
2011年6月脱退
ジェットリカ(じぇっと りか)
宮城県仙台市出身、1991年 - )
ベースを担当。
2015年12月11日脱退

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2010年10月6日 ロマンの日本 ZEDT-1
  1. AHC
  2. イクシム
  3. 心中しよう
  4. 朝のにおい
  5. ロックンロール
  6. Teenagers Destroy Teenagers
  7. こたつ
  8. NAI
  9. これっきりで充分
  10. 少年はブラジャーを外す
  11. ここからが天国
delta tunes/Zealot
第3回CDショップ大賞地方賞 東北ブロック賞受賞。[8]
2nd 2011年11月9日 チャンネルがそのまま ZEDT-3
  1. プラスチックバット
  2. SODA
  3. TRASH
  4. 電気屋のおっさん
  5. 変わらない
  6. マンホール開けたら3LDK
  7. メシ喰えない
  8. キノウタベタキミ
delta tunes
3rd 2016年10月5日 BAKURO SZDW-1023
  1. パッション
  2. 超自由国家独立宣言
  3. ケーフェイ
  4. TEEM
  5. CACC
  6. BATSUGUN
  7. 2040
  8. Trash
  9. ビタミンカフェインハンバーガー
Sazanami Label

ライブ会場限定音源[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2009年7月30日 ゆとり教育が生んだもの DTLD-2
  1. YOU 理想!
  2. 少年はブラジャーを外す
  3. マンホール開けたら3LDK
  4. こたつ
  5. 女子高生ナイフ
1000枚限定 完売
2nd 2015年3月29日 PremiumDemo Tracks
  1. BATSUGUN
  2. パッション
完売

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
飯塚花笑 プラスチックバット
カジカ哲平 パッション

出典[編集]

  1. ^ ひよこNo.29 ソンソン弁当箱”. 2014年2月7日閲覧。
  2. ^ a b ソンソン弁当箱 BIO”. 2014年2月7日閲覧。
  3. ^ 第3回(2011)受賞作品発表”. CDショップ大賞 (2011年1月10日). 2014年2月7日閲覧。
  4. ^ ソンソン弁当箱、3月の仙台公演をもってドラマーが交代”. TOWER RECORDS ONLINE ニュース (2011年2月28日). 2014年2月7日閲覧。
  5. ^ 自転車で安否確認に奔走 脳性まひの高齢者のもとへも”. ソーシャルニュース Ceron.jp[セロン] (2011年3月25日). 2014年2月7日閲覧。
  6. ^ “[http://abcnews.go.com/WNT/video/japanese-musician-aid-13170191 Japanese Musician Comes to the Aid of Others Teppi Kajika is the frontman of metal band and his own search and rescue mission]”. 米国国営放送ABC (2011年3月18日). 2014年2月7日閲覧。
  7. ^ チャンネルは変えられる!!3.11の怒りを込めた新作”. TOWER RECORDS ONLINE ニュース (2011年11月2日). 2014年2月7日閲覧。
  8. ^ 第3回(2011)受賞作品発表”. CDショップ大賞 (2011年1月10日). 2014年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]