Documentary (秦基博のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Documentary
秦基博スタジオ・アルバム
リリース
レーベル Ariola Japan
チャート最高順位
秦基博 年表
ALRIGHT
(2008年)
Documentary
(2010年)
Signed POP
(2013年)
『Documentary』収録のシングル
  1. 朝が来る前に
    リリース: 2009年1月21日
  2. Halation
    リリース: 2009年8月12日
  3. アイ
    リリース: 2010年1月13日
  4. 透明だった世界
    リリース: 2010年8月11日
  5. メトロ・フィルム
    リリース: 2010年9月8日
テンプレートを表示

Documentary』(ドキュメンタリー)は、秦基博の3枚目のアルバム

解説[編集]

  • 3ヶ月連続リリースの第3弾。
  • オリコンウィークリーチャートで、シングル・アルバム通じて自身初となるTOP3入りを果たした。
  • 初回生産限定盤には、ツアー『GREEN MIND 2010』最終公演の模様を収めたDVD付の初回盤Aと、未発表音源やコラボ曲を含む名曲カバー集CD付の初回盤Bの2種類が発売された。
  • 2011年1月20日、第3回CDショップ大賞の準大賞を受賞した。[1]

収録曲[編集]

  1. ドキュメンタリー
  2. アイ
    • 9thシングル「アイ」収録
  3. SEA
  4. oppo
  5. 猿みたいにキスをする
    • かせきさいだぁと、大坪加奈が参加している。
    • 12thシングル「水無月」にスタジオライブバージョンが収録されている。
  6. Halation
    • 8thシングル「Halation」収録
  7. 透明だった世界
    • 10thシングル「透明だった世界」収録
  8. 今日もきっと
  9. パレードパレード
  10. 朝が来る前に
    • 7thシングル「朝が来る前に」収録
  11. Selva
  12. アゼリアと放課後
  13. メトロ・フィルム(Album ver.)
    • 11thシングル「メトロ・フィルム」収録
    • シングルバージョンとは違いフェードアウトしない形になっている。

初回生産限定盤A Disc2(DVD)[編集]

  • 『GREEN MIND 2010』 2010年5月22日・河口湖ステラシアター
  1. Theme of GREEN MIND
  2. 休日
  3. 季節が笑う
  4. 花咲きポプラ
  5. 新しい歌
  6. やわらかな午後に遅い朝食を
  7. 色彩
  8. 鱗(うろこ)
  9. 夜が明ける
  10. 虹が消えた日
  11. アイ
  12. 今日もきっと
  13. フォーエバーソング
  14. シンクロ

初回生産限定盤B Disc2(CD)[編集]

  1. ミルクティー(Live at The Room)
  2. 夜をぶっとばせ
  3. 晩夏(ひとりの季節)
  4. そろそろいかなくちゃ(Hata Motohiro ver.)
    • 原曲:スガシカオ
    • 大橋卓弥の1stソロシングル「はじまりの歌」収録
    • 全パートを秦基博が歌ったCD未発表バージョンで収録されている。
  5. ラーメン’95 / 秦基博+大橋卓弥(from スキマスイッチ
  6. 僕の今いる夜は with 槇原敬之
    • 原曲:M&THE RADIODOGS
    • 2ndアルバム『ALRIGHT』収録
  7. 眠りの森(Authentic Session with 秦基博) / 冨田ラボ
  8. エイリアンズ(Live at The Room)
  9. なごり雪(Hata Motohiro ver.)
  10. 空中ブランコ(Live at 神奈川県民ホール from GREEN MIND vol.1)
    • 原曲:一青窈
    • 2ndアルバム『ALRIGHT』収録曲のライブ音源
    • 秦は、この曲で作曲提供をしている。
  11. スローバラード(Live from 美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND 2009))

脚注[編集]

[ヘルプ]