ハンブレッダーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンブレッダーズ
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル
活動期間 2009年 -
レーベル ハンブレコード
(2018年 - 2019年)
トイズファクトリー
(2020年 - )
事務所
  • SME/次世代ロック研究開発室( - 2021年)
  • SME/株式会社 次世代(2021年 - )
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー
旧メンバー
  • まっちゃん(ベース)
  • 吉野エクスプロージョン(ギター)
ハンブレッダーズ
YouTube
チャンネル
活動期間 2013年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約7.33万人
総再生回数 約1390万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月9日時点。
テンプレートを表示

ハンブレッダーズ(Humbreaders)は、日本の4人組ロックバンド。2009年に大阪府で結成、2020年メジャーデビュー。レーベルはトイズファクトリー

概要[編集]

Vo.ムツムロアキラと旧Gt.(現サポート)吉野エクスプロージョンが中心となって高校の文化祭に出るため結成された、大阪発の4人組4ピースバンド。

2020年2月19日メジャーデビュー。メジャーデビュー後もしばらくは大阪に住んでいたが、2021年6月に上京。

初期のキャッチコピーは「ネバーエンディング思春期」。また初期は「Hum breaders」と英語表記で活動しており、Vo.は旧Gt.(現サポート)吉野エクスプロージョンが多かった。Vo.ムツムロが書く青春を思い出させるを踏んだ甘酸っぱい歌詞が音楽好きの共感を呼び、中高生を中心に大人気。

バンド名の由来[編集]

某ハンバーガーショップでバンド名を決めようとなったが中々決まらず「判断基準がブレてきた」という所から「ハンブレッダーズ」と名付けられた。

しかしVo.ムツムロがYouTubeで不定期配信している『ハンブレッダーズの見るラジオ』でバンド名の由来を聞かれた時、当時のメンバーが一人一人思いついたバンド名を紙に書いたら全員「ハンブレッダーズ」だったと言っている。よく"ハンブレッターズ"と間違えられる。

楽曲制作[編集]

作詞は全てVo.ムツムロ アキラが行っている。弾き語りでメンバーに聞かせてそこからメンバー全員で作曲していく。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

ムツムロ アキラ( (1994-03-03) 1994年3月3日(28歳) - )
本名、六室 慧(むつむろ あきら)。ボーカルギター担当。
  • 初期は「六室慧」名義で活動していた。身長172㎝。妹が二人いる。小学校の頃転校したことがある。
  • 中学時代は剣道部だったが、練習の厳しさなどからすぐに嫌になり、クラシックギターを始めることを口実にやめた。クラシックギターは父親に買ってもらった[1]
  • 小学生の時、模試で全国50位以内に入ったことがある。趣味は映画鑑賞、スニーカー収集など。「ワールドイズマイン」のMVで美女に絡まれてにやついていたのは演技だと自供しているが、あやしいところである。
  • 東京進出時、同じ駅を使っていたため、100円ショップでタッパーを買った帰りに、ホームセンターで突っ張り棒を買った木島に偶然出会ったというエピソードがある(その時木島は、隠れようにもどうしようもなかったという)。
でらし( (1994-09-01) 1994年9月1日(28歳) - )
本名、小野寺 一貴(おのでら かずたか)。ベース、コーラス担当。
  • 栃木県足利市出身。みどり幼稚園、足利高校、同志社大学経済学部卒業。身長168㎝。血液型A型。元秒針、title。ちゃんとした姉が二人いる[3]
  • 中学時代は卓球部に所属。高校生でベースにのめりこんだ。大学の軽音サークルの新歓でVo.ムツムロと出会う。
  • 2016年4月、前Ba.まっちゃん脱退に伴い加入。スピッツUNISON SQUARE GARDENの大ファン[4]
  • 趣味はゲーム、アニメ、サウナなど。『でらし【game】』としてYouTubeでゲーム配信をしている。半角スペースにうるさい。メンバーのSNSをフォローしていない。
木島( (1994-01-23) 1994年1月23日(28歳) - )
本名、木島 友規(きじま ゆうき)。ドラム担当。
  • 大阪府出身、青山幼稚園、同志社香里中学、同志社香里高校、同志社大学卒業。同志社大学大学院修了。
  • 中学時代はテニス部に所属していた。ギター、ベースを始めるが挫折し、父親もしていたドラムを始める。好きなアーティストは、スピッツ、Base Ball Bearパスピエ[5]

ukicaster( (1993-10-30) 1993年10月30日(29歳) - )

  • ギター担当。通称うきくん
  • 2022年10月4日より正式メンバーとして加入。[6]
  • 猫とストラトキャスターが好き。UNISON SQUARE GARDENの大ファン

サポートメンバー[編集]

  • 吉野エクスプロージョン (1994-01-18) 1994年1月18日(28歳))((夜と)SAMPO)
2019年5月8日をもってサポートに降格。
  • yokodori(元tone tone/Yatto_Aetane)
  • 永田涼司(Couple)

旧メンバー[編集]

  • まっちゃん
  • 吉野エクスプロージョン

略歴[編集]

  • 高校1年生の時に文化祭に出演するために結成。10月31日に初ライブ[7]
2015年
  • 10月 - 加速するラブズとのツーマンライブ会場にて共同制作曲 “青春共騒色” の音源を無料配布。
2016年
  • 2月 - 1stアルバム「RE YOUTH」を会場限定発売。ベーシストが交代。
  • 8月 - 1stシングルを会場限定リリース&レコ発イベントを開催(ソールドアウト)。
2017年
  • 2月 - 2ndシングルを会場限定でリリース。
  • 8月 - SUMMER SONIC2017に出演。
  • 9月 - ベランパレードとツーマンツアーを東阪福で行う。
  • 12月 - eo Music Try決勝ライブに出場、ミズノ賞と準グランプリをW受賞。
2018年
  • 1月 - 初の全国流通版「純異性交遊」を発売。サウンドディレクターとしてスピッツのディレクター竹内修が参加[8]
  • 11月 - 2ndアルバム「イマジナリー・ノンフィクション」発売。
  • 12月 - ムツムロアキラが喉の不調によりドクターストップを勧告されたため年末イベント3公演をキャンセル[9]
2019年
  • 5月 - 吉野エクスプロージョンがサポートギターに降格。
2020
2021年
2022年
  • ukicasterが正式メンバーに加入。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2nd Demo CD
  1. 青春の残響
  2. スロウダウン
  3. 反撃の光
完売
BOY NEEDS GIRL
  1. RADIO GIRL
  2. アイラブドユー
  3. ロストインユース
完売
2016年8月21日 フェイクファー / コントレイルは空に溶けて
  1. フェイクファー
  2. コントレイルは空に溶けて
完売
2017年2月26日 スクールマジシャンガール / 既読無視殺人未遂
  1. スクールマジシャンガール
  2. 既読無視殺人未遂
完売
2021年1月20日 COLORS TFCC-89694
  1. COLORS
  2. フェイバリットソング
  3. パーカー
オリコン最高18位
2021年7月21日 ワールドイズマイン TFCC-89711
  1. ワールドイズマイン
  2. ファイナルボーイフレンド (2021)
  3. 遠足
オリコン最高27位

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2019年6月12日 銀河高速
2020年4月20日 ライブハウスで会おうぜ
2022年6月24日 カラオケ・サマーバケーション
2022年10月5日

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st mini 2016年2月28日 RE YOUTH
  1. 逃飛行
  2. 君がいなくたって
  3. ブルーアイズ・ホワイトガール
  4. 席替え
  5. ミッドナイトフリクションベイビー
  6. パルプンテ
  7. チェリーボーイ・シンドローム
完売
1st 2018年1月17日 純異性交遊 HUMB-001
  1. DAY DREAM BEAT
  2. スクールマジシャンガール(純mix)
  3. ユーモアセンス
  4. 常識の範疇
  5. フェイクファー(純mix)
  6. 睡眠至上主義
  7. ファイナルボーイフレンド
  8. 付き合ってないけどお互いに
オリコン最高64位
2nd 2018年11月21日 イマジナリー・ノンフィクション HUMB-002
  1. 弱者の為の騒音を
  2. 口笛を吹くように
  3. CRYING BABY
  4. エンドレスヘイト
  5. RADIO GIRL
オリコン最高62位
1st Full Album 2020年2月19日 ユースレスマシン TFCC-86706:初回特装盤
TFCC-86707:通常盤
  1. ユースレスマシン
  2. 見開きページ
  3. ユアペース
  4. ブランコに揺られて
  5. マイラブリーボアダム
  6. 約束
  7. 聞こえないように
  8. 都会に憧れて
  9. SUMMER PLANNING
  10. 逃飛行
  11. 大掃除の後

初回特装盤ボーナスディスク

  1. ハンブレッダーズのミッドナイト放送室
  2. ~ユースレスマシン解説編~M-2 銀河高速
  • ムツムロ アキラ書き下ろしエッセイ集
  • 三方背スリーブケース入り
メジャーデビュー作
オリコン最高24位
2nd Full Album 2021年11月24日 ギター[12] TFCC-86789~86790:初回生産限定盤
TFCC-86791:通常盤
  1. 再生
  2. ギター
  3. BGMになるなよ
  4. ガチャガチャ
  5. スローモーション
  6. STILL DREAMING
  7. COLORS
  8. 名前
  9. 天国
  10. プロポーズ
  11. ワールドイズマイン
  12. アイソレーション
  13. 君は絶対
  14. ライブハウスで会おうぜ

Blu-ray(初回生産限定盤のみ)

  • ハンブレッダーズ “きっと何かが変わるはず”ワンマンツアー」at TSUTAYA O-EAST
  1. 銀河高速
  2. 見開きページ
  3. 弱者の為の騒音を
  4. SUMMER PLANNING
  5. 都会に憧れて
  6. ユアペース
  7. パーカー
  8. ファイナルボーイフレンド
  9. COLORS
  10. フェイバリットソング
  11. ユースレスマシン
  12. ライブハウスで会おうぜ
  13. STILL DREAMING
  14. DAY DREAM BEAT
  • Special Booklet(初回生産限定盤のみ)
オリコン最高27位
3rd Full Album 2022年11月9日 ヤバすぎるスピード[12] TFCC-86881~86882:初回生産限定盤

TFCC-86883:通常盤

  1. 起きろ!
  2. ヤバすぎるスピード
  3. いいね
  4. 才能
  5. パーティーを抜け出して
  6. アイラブユー
  7. AI LOVE YOU
  8. ヒューマンエラー
  9. カラオケ・サマーバケーション
  10. 東京

Blu-ray (初回生産限定盤のみ)

  • 「ハンブレッダーズ ワンマンツアー2022 “ギター!ギター!ギター!”」at TOKYO DOME CITY HALL
  1. 再生
  2. ギター
  3. ユースレスマシン
  4. アイソレーション
  5. COLORS
  6. スローモーション
  7. STILL DREAMING
  8. ガチャガチャ
  9. 名前
  10. 天国
  11. プロポーズ
  12. ワールドイズマイン
  13. 弱者の為の騒音を
  14. BGMになるなよ
  15. 君は絶対
  16. 銀河高速
  17. ライブハウスで会おうぜ
  18. フェイバリットソング

DVD[編集]

  • “Cagayake!BOYZ”ワンマンツアー at 梅田CLUB QUATTRO(2019年8月13日)
    ライブ会場・通販限定発売

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2016年01月20日 JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.13-赤盤- RO69JACK 2015 ROJR-0051 口笛を吹くように
2017年12月06日 physical new graffiti vol.1 UXCL-129 逃飛行

楽曲提供[編集]

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 曲名 備考
2016/02/10 Hiroko Kadoguchi チェリーボーイ・シンドローム [撮影補佐] でらし
2016/06/28 席替え
2016/07/25 福島吉人 フェイクファー
2017/01/07 スクールマジシャンガール
2017/05/17 逃飛行
2017/12/24 オカダトウイチロウ DAY DREAM BEAT 出演:大橋祐哉(劇団ハネオロシ)
2018/10/26 脇坂侑希 弱者の為の騒音を
2018/12/01 オカダトウイチロウ CRYING BABY
2019/05/21 銀河高速
2020/01/31 深津昌和 ユースレスマシン
2020/04/01 オカダトウイチロウ ライブハウスで会おうぜ
2021/01/18 深津昌和 COLORS Producer:大野敏嗣0副音声Movieあり
2021/07/10 ワールドイズマイン Producer:大野敏嗣0副音声Movieあり
2021/11/07 再生
2021/11/19 名前

タイアップ[編集]

起用年 曲名 タイアップ
2018年 弱者の為の騒音を 関西テレビミュージャック』11月度エンディングテーマ
2020年 ユースレスマシン 関西テレビドラマ『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』主題歌
2020年2月スペースシャワーTVPOWER PUSH
2021年 COLORS テレビアニメ『真・中華一番!』第2期エンディングテーマ
STILL DREAMING CMソング『第一建設工業「夢の先篇」ー 鉄道の仕事は、街づくりだ。』ー
ワールドイズマイン テレビアニメ『迷宮ブラックカンパニー』エンディングテーマ
名前 テレビアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』エンディングテーマ
スローモーション ポカリスエット協力Webムービー「15歳での挫折と決断。インターハイで果たす3年前の約束」テーマソング
2022年 テレビアニメ『忍の一時』オープニングテーマ

受賞[編集]

  • “The 8th Music Revolution”2015 ジャパンファイナリスト
  • LD&K “宇田川コーリング U21” ファイナリスト
  • “RO69JACK2015” 入賞
  • eo music try 2015 ノミネート
  • “RO69JACK2017” 入賞
  • eo music try 2017 準グランプリ&ミズノ賞受賞
  • 2019年CDショップ大賞関西ブロック賞(純異性交遊)

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

開催日 タイトル 備考
2016年2月28日〜3月25日 RE YOUTH レコ発ツアー
2017年2月25日〜3月12日 「スクールマジシャンガール/既読無視殺人未遂」リリースツアー
2018年9月29日〜10月20日 ハンブレッダーズ「秋のグーパンまつり」
2018年12月2日〜12月15日 ハンブレッダーズ "こどものままで おとなになろう"ツアー
2019年3月23日〜4月29日 「Cagayake!BOYZ」ワンマンツアー
2019年8月13日〜8月18日 ハンブレッダーズ「"続けてみることにした"ツアー」
2019年10月20日〜2020年1月13日 ハンブレッダーズ 秋のグーパンまつり2019
2020年3月12日〜4月19日 "この先の人生に必要がない"ワンマンツアー
2021年10月13日〜11月21日 ハンブレッダーズ 秋のグーパンまつり2021
2022年2月5日~4月8日 ハンブレッダーズ ワンマンツアー2022 “ギター!ギター!ギター!”
2022年6月25日、7月10日 ハンブレッダーズ ワンマンライブ2022 “ホール!ホール!ホール!”

出演イベント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アルキタ”. 2021年2月11日閲覧。
  2. ^ Skream!”. 2021年2月12日閲覧。
  3. ^ 69号室の住人2021年11月30日、ハンブレッダーズの巻
  4. ^ JANGLELIFE”. 2021年2月12日閲覧。
  5. ^ J-WEB NEWS”. 2021年2月12日閲覧。
  6. ^ ハンブレッダーズ @Humbreaders のツイート”. twitter. 2022年10月4日閲覧。
  7. ^ ハンブレッダーズ 公式ブログ - メジャーデビューの話 - Powered by LINE
  8. ^ ハンブレッダーズ、初の全国流通盤は代表曲リミックス含む8曲入り - 音楽ナタリー
  9. ^ ハンブレッダーズ、ムツムロアキラの喉の不調でライブキャンセル - 音楽ナタリー
  10. ^ ハンブレッダーズ、来年トイズファクトリーよりメジャーデビュー(動画あり) - 音楽ナタリー
  11. ^ “ハンブレッダーズ、『Mステ』YouTube企画「Spotlight」に初登場 インタビュー&「再生」のパフォーマンス映像を公開”. Musicman. (2021年12月24日). https://www.musicman.co.jp/artist/447675 2021年12月24日閲覧。 
  12. ^ a b ハンブレッダーズ Official Site DISCOGRAPHY 2021.11.24 2nd Full Album

外部リンク[編集]