cinema staff (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
cinema staff
cinema staffスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル under_bar
チャート最高順位
cinema staff 年表
Blue,under the imagination
2010年
cinema staff
(2011年)
SALVAGE YOU
2012年
テンプレートを表示

cinema staff』(シネマスタッフ)は、cinema staffの1枚目のオリジナルアルバム2011年6月1日under_barからリリースされた[2]

概要[編集]

cinema staffにとっての初となるオリジナルアルバム。シングル曲は収録されておらず、収録曲11曲全てが初出の楽曲である[3]

前作のミニアルバム「Blue,under the imagination」リリース後から約1年間かけて制作された[4]。「砂漠から海への旅」が、今作のテーマであり、岐阜県育ちの彼ら故に、「海は憧れの象徴であり、到達点というイメージがある」とメンバーはコメントしている[3]。また、セルフタイトルのアルバムとなったが、アルバム制作の中盤までタイトルをどうするか悩んでおり、セルフタイトルになった理由について、「楽曲が揃っていくうちに、セルフタイトルにふさわしい作品になったから」と三島はコメントしている[4]

収録曲[編集]

(全作詞:三島想平、作曲・編曲:cinema staff)

  1. 白い砂漠のマーチ [3:45]
    「砂漠」を題材にしたテーマ楽曲。
    三島は、「この楽曲ができたことで自由度が増した」と話しており、久野は「この曲で世界が拡がった」とコメントしている[4]
  2. 火傷 [3:53]
  3. skeleton [3:20]
    今作のリード曲。
    MVが存在する。
  4. 明晰夢 [4:09]
  5. You Equal Me [3:02]
  6. super throw [4:15]
  7. cockpit [3:01]
  8. 実験室 [5:10]
  9. 錆のテーマ [3:28]
  10. どうやら [4:10]
    今作に収録されている楽曲の中で、一番古くに制作された楽曲[4]
  11. 海について [7:23]
    3部作構成の楽曲であり、このアルバムの「砂漠からの海への旅」のテーマにもある、「海」を題材にした楽曲[2]
    7分を超える大作であり、「最後にふさわしい大作を作ろうとしていくうちに、妄想がどんどん膨らんでいった」とコメントしている[4]

関連項目[編集]

出典[編集]