KANA-BOON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KANA-BOON
Kana-boon.jpg
古賀、谷口、小泉、飯田(L→R)
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大阪府堺市
ジャンル ロック
インディーロック
オルタナティヴ・ロック
J-POP
活動期間 2008年 -
レーベル Ki/oon Music (2013年 - )
事務所 HIP LAND MUSIC (2013年 - )
公式サイト kanaboon.jp
www.kanaboon.com
テンプレートを表示

KANA-BOON(カナブーン)は、大阪府堺市ライブハウス三国ヶ丘FUZZで育った日本の4人組ロックバンド。所属事務所はヒップランドミュージック。所属レーベルSME系のKi/oon Music

メンバー[編集]

谷口 鮪(たにぐち まぐろ):Vo.Gt.
  • 1990年5月3日生まれ(26歳)。
  • KANA-BOONの全楽曲の作詞・作曲を行なっている中心的人物。
  • 鮪というのは高校時代のあだ名であり、顔が正面から見たに似ているところに由来する。
  • 学生時代にマキシマム ザ ホルモンを聴き、音楽が好きになったとのこと。また、ASIAN KUNG-FU GENERATIONも憧れであると語っている。[1]
  • 幼少時代から周囲を盛り上げたりすることが好きであったが、その反面複雑な家庭環境で育ってきており実質勘当状態であることを明かしている[2][3]
  • 高所恐怖症である。
  • 海老が大好物。
古賀 隼斗(こが はやと):Gt./Cho.
  • 1990年6月29日生まれ(25歳)。
  • 愛称は「ツナ」。[注 1]但しTwitterで谷口と間違えられる[注 2]事があるため、最近は「ツナ」と名乗ることは少ない。
  • メンバーの小泉とは幼馴染であり、彼の勧誘を受けてKANA-BOONのメンバーに加わった。
  • ライブでは黒シャツ・黒スキニーを着用する事が多い。本人曰く『高校卒業2年後くらいから黒の服を多用するようになった』。
  • 高校を卒業してから就職していた経歴があり、しばらくは仕事とバンドを両立していたが、現在は退職している。
  • Nothing's Carved In Stone生形真一のギターの奏法に最も影響を受けたとGiGS3月号で語っている。
  • 甘党で辛党でもある。
  • ニコニコ動画が好きで、ニコニコ動画で人気の実況者グループ『最終兵器俺達』のメンバー、キヨとはゲームをしたことがある。
飯田 祐馬(めしだ ゆうま):Ba./Cho.
  • 1990年6月27日生まれ(25歳)。
  • メンバー内で唯一初期メンバーではなく(2011年9月に加入)、高校も別だった(他の三人は全員同じ高校)。
  • KANA-BOONのキャラクターである『アサヒレン』の生みの親。(アサヒレンの名前の由来は同盟バンドであるコンテンポラリーな生活のVo./Gt.の朝日廉)
  • BUMP OF CHICKEN直井由文に最も影響を受けたとGiGS3月号で語っている。
  • ショートヘアでたまに髪を結ぶ女性に弱い。
  • 大学生の頃プリクラを撮るのにハマっていたという。
  • キュウソネコカミのファン。
小泉 貴裕(こいずみ たかひろ):Dr.
  • 1991年1月8日生まれ(25歳)。
  • メンバーの古賀とは幼馴染である。
  • 学生の頃は野球部に所属していた。
  • おだやかな性格であり、メンバーからは「こいちゃん」と呼ばれている。
  • ASIAN KUNG-FU GENERATIONの伊地知潔のプレイに最も影響を受けたとGiGS3月号で語っている。
  • 好きな色は青。

概要[編集]

  • バンド名はギター古賀が命名。結成当初バンド名を決める際、インターネットスラングの「ブーン」をメンバー達が気に入っていた(実際には古賀のマイブームであったらしい)ことからバンド名には「ブーン」を入れる事になり、「なんとなくKAT-TUNと字面が似てるから」という理由で中央にハイフンを入れ、『KANA-BOON』に決定した[4]
  • 高校時代はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしていた[1]
  • 作詞・作曲は全て谷口が行なっているが、結成当時からアレンジはセッションで行われ、その後話し合いをして作られている。
  • 彼らの楽曲のPVの最後には、おまけ映像が収録されている[5]ほか、毎回俳優や女優、エキストラなどのキャスティングが恒例となっている。

略歴[編集]

作品[編集]

自主制作盤[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 備考
シングル 2009年 雨と夜行列車 廃盤
シングル 2009年 LOCKER ROOM 廃盤
シングル 2010年 まさにウォーウォーウォー 廃盤
1stミニアルバム 2010年11月21日 感情起爆剤 廃盤
シングル 2011年7月7日 結晶星 廃盤
2ndミニアルバム 2012年5月27日 わかってないのは僕だった 廃盤
シングル 2012年11月2日 目をとじて 廃盤
シングル 2012年12月9日 耳をふさいで 廃盤
シングル 2013年1月5日 口をとざして 廃盤
シングル 2013年2月2日 手も足も出ない 廃盤
シングル 2013年3月20日 僕らはいつまで経ってもさ 廃盤

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2012年2月25日 ずんざコンピ(大阪 VS 名古屋) 無料配布、廃盤
2012年6月15日 三国ヶ丘FUZZオムニバスCD2012 無料配布、廃盤
2012年10月12日 The denkibranミナミホイール2012コンピ 無料配布、廃盤

全国流通盤(インディーズ)[編集]

リリース タイトル 規格 レーベル 規格品番 最高位[注 3]
1stミニアルバム 2013年4月24日 僕がCDを出したら CD Hip Land MUSIC RDCA-1030 14位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2013年3月20日 あっ、良い音楽ここにあります。その参 FIVER-021 FIVE RAT RECORDS

メジャー流通盤[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 3]
1st 2013年9月25日 盛者必衰の理、お断り 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2303/4(初回生産限定盤)
KSCL-2305(通常盤)
10位
2nd 2014年2月26日 結晶星 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2373/4(初回生産限定盤)
KSCL-2375(通常盤)
08位
3rd 2014年5月21日 フルドライブ 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2403/4(初回生産限定盤)
KSCL-2405(通常盤)
06位
4th 2014年8月27日 生きてゆく 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2463/4(初回生産限定盤)
KSCL 2465(通常盤)
19位
5th 2014年11月26日 シルエット 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2517〜9(完全生産限定盤)
KSCL-2520(通常盤)
11位
6th 2015年5月13日 なんでもねだり 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2573/4(初回生産限定盤)
KSCL-2575(通常盤)
09位
7th 2015年8月5日 ダイバー 12cmCD+缶バッジ
12cmCD
KSCL-2613/4(初回生産限定盤)
KSCL-2615(通常盤)
11位
スプリットシングル 2015年11月11日 talking/ナナヒツジ 12cmCD+DVD
12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2631/2(初回生産限定盤A)
KSCL-2633/4(初回生産限定盤B)
KSCL-2635(通常盤)
14位
8th 2016年1月20日 ランアンドラン 12cmCD KSCL-2685 9位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 3]
1st 2013年10月30日 DOPPEL CD KSCL-2315 03位
2nd 2015年1月21日 TIME 12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2533/4(初回生産限定盤)
KSCL-2535(通常盤)
04位
3rd 2016年2月17日 Origin 12cmCD+CD
12cmCD+DVD
12cmCD
KSCL-2686/7(初回生産限定盤A)
KSCL-2688/9(初回生産限定盤B)
KSCL-2690(通常盤)
06位

映像作品[編集]

  • KANA-BOON MOVIE 01 / KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー 2014KSBL-6168、2014年11月26日)
  • KANA-BOON MOVIE 02 / KB CLIPS 〜幼虫からサナギ編〜KSXL 80(Blu-ray/KSBL 6175(DVD)、2015年3月18日
  • KANA-BOON MOVIE 03 / KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜 at 日本武道館KSXL-82(Blu-ray)/KSBL-6182(DVD)、2015年9月16日

バンドスコア[編集]

  • KANA-BOONのバンバン!ズババン!バンドスコア!2014年9月3日[9]
  • 帰ってきた! KANA-BOON のバンバン!ズババン!バンドスコア!(2015年8月27日[10]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
岩口哲也 ウォーリーヒーロー
鎌谷聡次郎 シルエット
スミス フルドライブ
須藤カンジ 「スノーグローブ」「TIME
ヒグチリョウ × ヲノワタル 結晶星
山岸聖太 ないものねだり」「盛者必衰の理、お断り」「1.2. step to you」「生きてゆく
田辺秀伸 なんでもねだり
多田卓也 talking
bait ランアンドラン
不明 ダイバー

楽曲提供[編集]

アーティスト タイトル 収録先 補足
2015年 関ジャニ∞ ナントカナルサ アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD‼ 作詞・作曲:谷口鮪[11]

受賞歴[編集]

  • Music Try・特別賞(2011年)
  • 第7回CDショップ大賞・ニューブラッド賞「DOPPEL」・「僕がCDを出したら」(2013年)

出演[編集]

現在出演中の番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 結成初期にツノのような髪型をしていたため。だんだんなまって『ツナ』になったという。
  2. ^ 『鮪』は英語で「tuna」(ツナ)である。
  3. ^ a b c オリコンウィークリーチャートに基づく。

出典[編集]

  1. ^ a b 完全解析 KANA-BOONは何がどう凄いのか!?(nexus、2015年8月5日閲覧)
  2. ^ 谷口鮪 2万字インタヴュー「居場所」を求め続けた25年の半生を語る”. RO69. 2015年6月23日閲覧。
  3. ^ ROCKIN'ON JAPAN 3月号(2015年1月30日発売)
  4. ^ NHK EテレRの法則」2015年5月13日放送分。
  5. ^ メジャー2ndアルバム「TIME」の収録曲「スノーグローブ」を除く。
  6. ^ KANA-BOON、劇場版『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』主題歌を担当”. excite music (2015年6月15日). 2015年6月15日閲覧。
  7. ^ KANA-BOON×シナリオアート「ノイタミナ」テーマ曲でスプリット盤”. ナタリー (2015年9月3日). 2015年9月3日閲覧。
  8. ^ KANA-BOON、2カ月連続リリース&初海外ライブ含むツアーの開催が決定”. ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  9. ^ “KANA-BOON、初のオフィシャル・バンドスコアを9/3に発売決定”. RO69. (2014年7月24日). http://ro69.jp/news/detail/106325 2014年9月6日閲覧。 
  10. ^ “オフィシャル・バンドスコア第2弾!!『帰ってきた! KANA-BOON のバンバン!ズババン!バンドスコア!』8 月27日(木)発売決定!!”. SonyMusicサイト. (2014年7月24日). http://ro69.jp/news/detail/106325 2016年3月16日閲覧。 
  11. ^ 関ジャニ∞、錦戸亮ドラマ主題歌シングル「侍唄」はレキシ作”. 音楽ナタリー (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  12. ^ スペースシャワーTV 番組・ランキング>レギュラー番組

外部リンク[編集]