KANA-BOON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
KANA-BOON
出身地 日本の旗 日本 大阪府堺市
ジャンル ロック
インディー・ロック[1]
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック[1]
J-POP
活動期間 2008年 -
レーベル Ki/oon Music (2013年 - )
事務所 Hip Land Music (2013年 - )
公式サイト KANA-BOON - カナブーン official site
KANA-BOON(カナブーン)official site
メンバー 谷口鮪(ボーカルギター
古賀隼斗(ギターコーラス
飯田祐馬(ベース・コーラス)
小泉貴裕(ドラムス

KANA-BOON(カナブーン)は、日本の4人組ロックバンド[2]ライブハウス三国ヶ丘FUZZで育った[3]

メンバー[編集]

概要[編集]

  • 高校入学した当時バンドをやりたいと思っていた谷口が、たまたま隣の席になった小泉を誘い、その後古賀、初代ベースを芋蔓式に誘う形でメンバーが通っていた高校(和泉工業高校)の軽音楽部内で結成された。
  • バンド名はギター古賀が命名。結成当初バンド名を決める際、インターネットスラングの「ブーン」をメンバー達が気に入っていた(実際には古賀のマイブームであったらしい)ことからバンド名には「ブーン」を入れる事になり[2]、「なんとなくKAT-TUNと字面が似てるから」という理由で中央にハイフンを入れ、『KANA-BOON』に決定した[8]
  • 高校時代はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしていた[4]
  • 作詞・作曲は全て谷口が行なっているが、結成当時からアレンジはセッションで行われ、その後話し合いをして作られている。
  • 彼らの楽曲のPVの最後にはおまけ映像が収録されたり、俳優や女優、エキストラなどのキャスティングが多いのが特徴の一つとなっている[注 1]

略歴[編集]

作品[編集]

自主制作盤[編集]

発売日 タイトル 規格 収録曲 備考
シングル
1 不明 NEW BAND STAGE CD 廃盤済み
2 2009年 雨と夜行列車
3 LOCKER ROOM
4 2010年 まさにウォーウォーウォー
5 2011年7月27日 結晶星
6 2012年11月2日 目をとじて
7 2012年12月9日 耳をふさいで
8 2013年1月5日 口をとざして
9 2013年2月2日 手も足も出ない
10 2013年3月20日 僕らはいつまで経ってもさ
ミニアルバム
1 2010年11月21日 感情起爆剤 CD 廃盤済み
2 2012年5月27日 わかってないのは僕だった。

全国流通盤[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 収録アルバム
最高位 登場回数
1st 2013年9月25日 盛者必衰の理、お断り 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2303・2304 10位 7回 DOPPEL
通常盤:CD KSCL-2305
2nd 2014年2月26日 結晶星 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2373・2374 8位 12回 TIME
通常盤:CD KSCL-2375
3rd 2014年5月21日 フルドライブ 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2403・2404 6位 8回
通常盤:CD KSCL-2405
4th 2014年8月27日 生きてゆく 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2463・2464 19位 5回
通常盤:CD KSCL-2465
5th 2014年11月26日 シルエット 完全生産限定盤:CD+DVD+グッズ KSCL-2517~2519 11位 9回
通常盤:CD KSCL-2520
6th 2015年5月13日 なんでもねだり 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2573・2574 9位 6回 Origin
通常盤:CD KSCL-2575
7th 2015年8月5日 ダイバー 初回生産限定盤:CD+グッズ KSCL-2613・2614 11位 8回
通常盤:CD KSCL-2615
Sp 2015年11月11日 talking/ナナヒツジ 初回生産限定盤A:CD+DVD KSCL-2631・2632 11位 8回
初回生産限定盤B:CD+DVD KSCL-2633・2634
通常盤:CD KSCL-2635
8th 2016年1月20日 ランアンドラン 通常盤:CD KSCL-2685 9位 3回
9th 2016年10月5日 Wake up 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2771・2772 16位 3回 NAMiDA
通常盤:CD KSCL-2773
10th 2017年3月1日 Fighter 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2867・2868 13位 7回
通常盤:CD KSCL-2869
期間生産限定盤:CD KSCL-2870
11th 2017年7月12日 バトンロード 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2914・2915 18位 3回
通常盤:CD KSCL-2916

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位 登場回数
1st 2013年10月30日 DOPPEL 通常盤:CD KSCL-2315 3位 30回
2nd 2015年1月21日 TIME 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2533・2534 4位 22回
通常盤:CD KSCL-2315
3rd 2016年2月17日 Origin 初回生産限定盤A:2CD KSCL-2686・2687 6位 12回
初回生産限定盤B:CD+DVD KSCL-2688・2689
通常盤:CD KSCL-2690
4th 2017年9月27日 NAMiDA 完全生産限定盤:CD+グッズ KSCL-2969・2970 7位 6回
通常盤:CD KSCL-2971

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位 登場回数
1st 2013年4月24日 僕がCDを出したら 通常盤:CD RDCA-1030 14位 42回
2nd 2018年5月30日 アスター 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-6308・6309 16位 TBA
通常盤:CD KSCL-6310

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位 登場回数
1st 2018年3月14日 KBB vol.1 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-3040・3041 27位 2回
通常盤:CD KSCL-3042

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位 登場回数
1st 2014年11月26日 KANA-BOON MOVIE 01
KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー 2014
DVD KSBL-6168 10位 3回
2nd 2015年3月18日 KANA-BOON MOVIE 02
KB CLIPS ~幼虫からサナギ編~
DVD KSBL-6175 39位 3回
Blu-ray KSXL-80 58位
3rd 2015年9月16日 KANA-BOON MOVIE 03
KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015
~夢のアリーナ編~ at 日本武道館
2DVD KSBL-6182・6183 9位 5回
Blu-ray KSXL-82 22位 3回
4th 2016年12月2日 KANA-BOON MOVIE 04
KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016 at 幕張メッセ
2DVD KSBL-6248・6249 20位 2回
Blu-ray KSXL-209 131位 1回
5th 2017年3月1日 SPACE SHOWER TV presents
もぎもぎKANA-BOON 2014-2015
2DVD KSBL-6261・6262 25位 1回
Blu-ray KSXL-209 67位
6th 2018年3月14日 KANA-BOON MOVIE 05
KB CLIPS~サナギからもぞもぞ編~
DVD KSBL-6303 35位 1回
Blu-ray KSXL- 46位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1 2012年2月25日 ずんざコンピ(大阪 VS 名古屋) A.oh!! 無料配布、廃盤
2 2012年6月15日 三国ヶ丘FUZZオムニバスCD2012 ないものねだり
3 2012年10月12日 The denkibranミナミホイール2012コンピ
4 2013年3月20日 あっ、良い音楽ここにあります。その参 ワールド FIVER-021
5 2014年6月4日 DJやついいちろう『PARTY』 ないものねだり VIZL-683
VICL-64172
6 2014年6月25日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents
NANO-MUGEN COMPILATION 2014
フルドライブ KSCL-2419
7 2016年7月27日 ROCK THE BEST 1.2. step to you VICL-64597
8 2017年3月29日 AKG TRIBUTE 君という花 KSCL-2896

バンドスコア[編集]

  • KANA-BOONのバンバン!ズババン!バンドスコア!2014年9月3日[15]
  • 帰ってきた! KANA-BOON のバンバン!ズババン!バンドスコア!(2015年8月27日[16]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
岩口哲也 ウォーリーヒーロー
鎌谷聡次郎 シルエット」「ダイバー
スミス フルドライブ
須藤カンジ 「スノーグローブ」「TIME
ヒグチリョウ × ヲノワタル 結晶星
山岸聖太 ないものねだり」「盛者必衰の理、お断り」「1.2. step to you」「生きてゆく」「Wake up
田辺秀伸 なんでもねだり
多田卓也 talking」「anger in the mind(short ver.)
bait ランアンドラン
池田圭 Fighter

ライブ[編集]

主催イベント・ツアー[編集]

  • 追加公演は赤色で表記
日程 タイトル 公演スケジュール 備考
2011年 5月3日 KANA-BOONvsコンテンポラリーな生活 コンテンポラリーな生活との対バンライブ
11月21日 第1回 堺活性化運動 初の自主企画
アルバム『感情起爆剤』レコ発イベント
2013年 4月25日 KANA-BOON VS コンテンポラリーな生活 2マンライブ! コンテンポラリーな生活との対バンライブ
6月16日 - 7月31日 激ブライアンカナブンブン丸 Brian the Sunとの対バンライブ
11月4日11月5日 僕がステージに立ったら
2014年 5月17日 - 7月4日 KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー 初のワンマンツアー
8月30日 KANA-BOON野外ワンマン
ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス
過去最大規模ワンマン 16,320人動員
2015年 2月23日 - 2月26日 KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015
~クアトロだってばよ!編~
3月23日3月31日 KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015
~夢のアリーナ編~
バンド初の武道館公演
4月4日 - 5月21日 KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015
~全国とぅるとぅる編~
2016年 4月11日 - 7月10日 KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016 バンド初の海外公演
6月20日 堺市政令指定都市移行10周年記念 堺活性化運動
~KANA-BOONもしれっと10周年!古墳のような大きな人になりたい~
9月21日 激ブライアンカナブンブン丸 ~Season Ⅱ~ Brian the Sunとの対バンライブ
11月24日 - 12月8日 KANA-BOON冬のワンマンライブ
~セットリストはぼく・わたしにまかせな祭~
ファンによる楽曲の人気投票を行い、
それによってセットリストを決定した
2017年 10月14日 - 12月31日 KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017

楽曲提供[編集]

アーティスト タイトル 収録先 補足
2015年 関ジャニ∞ ナントカナルサ アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!! 作詞・作曲:谷口鮪[17]

受賞歴[編集]

  • Music Try・特別賞(2011年)
  • 第7回CDショップ大賞・ニューブラッド賞「DOPPEL」・「僕がCDを出したら」(2013年)

出演[編集]

現在出演中の番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アルバム2枚目『TIME』収録の『スノーグローブ』、同3枚目『Origin』収録の『anger in the mind』を除く。

出典[編集]

  1. ^ a b Kana-Boon reviews, music, news”. sputnikmusic. sputnikmusic.com. 2017年4月1日閲覧。
  2. ^ a b “KANA-BOON(カナブーン)の情報”. Real Sound. http://realsound.jp/artist/name/kana-boon/ 2017年4月1日閲覧。 
  3. ^ KANA-BOON「音楽で堺に貢献したい」”. エルマガジェイピー. 2016年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  4. ^ a b 完全解析 KANA-BOONは何がどう凄いのか!?(nexus、2015年8月5日閲覧)
  5. ^ 谷口鮪 2万字インタヴュー「居場所」を求め続けた25年の半生を語る”. RO69. 2015年6月23日閲覧。
  6. ^ ROCKIN'ON JAPAN 3月号(2015年1月30日発売)
  7. ^ a b c 月刊ギグス2015年3月号より
  8. ^ NHK EテレRの法則」2015年5月13日放送分。
  9. ^ KANA-BOON、劇場版『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』主題歌を担当”. excite music (2015年6月15日). 2015年6月15日閲覧。
  10. ^ KANA-BOON×シナリオアート「ノイタミナ」テーマ曲でスプリット盤”. ナタリー (2015年9月3日). 2015年9月3日閲覧。
  11. ^ KANA-BOON、2カ月連続リリース&初海外ライブ含むツアーの開催が決定”. ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  12. ^ “KANA-BOON、初代「堺親善アーティスト」に 9・29就任式”. ORICON STYLE. (2016年8月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2076910/full/ 2016年8月17日閲覧。 
  13. ^ KANA-BOON、人生の喜怒哀楽を表現したフルアルバム「NAMiDA」発表”. 音楽ナタリー (2017年7月28日). 2017年7月28日閲覧。
  14. ^ KANA-BOONデビュー5周年企画でB面集&MV集、地元で5DAYSライブ”. 音楽ナタリー (2018年1月1日). 2018年1月1日閲覧。
  15. ^ “KANA-BOON、初のオフィシャル・バンドスコアを9/3に発売決定”. RO69. (2014年7月24日). https://rockinon.com/news/detail/106325 2014年9月6日閲覧。 
  16. ^ “オフィシャル・バンドスコア第2弾!!『帰ってきた! KANA-BOON のバンバン!ズババン!バンドスコア!』8 月27日(木)発売決定!!”. SonyMusicサイト. (2014年7月24日). https://rockinon.com/news/detail/106325 2016年3月16日閲覧。 
  17. ^ 関ジャニ∞新アルバムにOKAMOTO'S、KANA-BOON、サンボが楽曲提供
  18. ^ スペースシャワーTV 番組・ランキング>レギュラー番組
  19. ^ “クリープハイプ×谷口鮪コラボが石原さとみの“東京探し”新CM彩る”. 音楽ナタリー. (2017年1月6日). http://natalie.mu/music/news/215833 2017年1月6日閲覧。 

外部リンク[編集]