カロリーメイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チーズ味のパッケージ
左上: カロリーメイトの箱
左下: カロリーメイトの包紙
右上: カロリーメイト
右下: カロリーメイト(裏側)

カロリーメイト (CalorieMate) は、大塚製薬から発売されている栄養調整食品群の商品名(登録商標第1609035号ほか)である。1983年に日本国内で発売が開始され、広く普及した。

概要[編集]

大塚製薬の当時の社長であった大塚明彦が「バランスよく栄養を手軽に取る」というコンセプトのもと、スコットランドの伝統的な菓子であるショートブレッドから着想を得て考案したブロックタイプと、医療向けの濃厚流動食からヒントを得た缶タイプがある。先行発売されたポカリスエットと並んで、現在の同社を代表する商品となっている。人間の生存に不可欠な重要栄養素である、タンパク質脂質糖質・11種類のビタミン・6種類のミネラル(ゼリータイプはタンパク質・脂質・糖質・10種類のビタミン・4種類のミネラル)がバランスよく含まれている。

発売当初はチーズ味のブロックとミルク味の缶のみの商品構成であった。1983年11月に缶のコーヒー味、1984年4月にブロックのフルーツ味を発売した。1990年代になるとブロックにはチョコレート味などの新しい味や、ゼリーの新しい形状のものも登場している。また、大塚製薬の佐賀栄養製品研究所より「朝食には、糖質だけでなく、五大栄養素のバランスが大事」という様々な試験結果が発表(日本臨床栄養 29(1) 35-43(2007))されており[1]、栄養バランスの重要性についての認識が一般に広まるにつれ、朝食や忙しい人の手軽な食事、夜食、非常食などの用途で親しまれている。

日本水泳連盟シンクロナイズド・スイミング特別オリンピック強化対象選手2名を対象として、短期間のカロリーメイトを用いた減量を行わせた結果、除脂肪体重および体力の著しい低下なしに減量できること、血液性状の変化および形態の変化からみても有効であることが示唆された[2]。また、カロリーメイトが胆嚢収縮剤として有用とする研究成果がある[3]

商品形態[編集]

大塚製薬のカロリーメイト固形拡大画像
ブロック
柔らかく水分が少ない固形。四角柱状で十個の穴が開けられており、クッキーというよりもショートブレッドに近い形状。1本100キロカロリーチーズ味(1983年4月発売)、フルーツ味(1984年4月発売)、チョコレート味(1993年10月発売)、メープル味(2009年9月発売)、プレーン(2014年9月発売)が販売されている[4]。かつてはベジタブル味(2000年9月発売、2004年販売終了)、ポテト味(2007年4月発売、2014年販売終了)も販売されていた[4]
1箱に2本入ったアルミ包装のパック2個が内包された4本入りがスーパーマーケットドラッグストアなどを中心に販売されているほか、1996年7月よりコンビニエンスストアなどでは2本パック1個が内包された2本入りも販売されている。当初、2本入りはイベントでの配布などに使われた非売品であった。発売当時から「内袋のパッケージが開けにくい」という商品の利便性における大きな課題を抱えていたが、中央部に切り口を付けることで改善され、現在では上下に切り口をギザギザに広げ上下部分から開けることができる。
味以外のバリエーションとしては、災害用非常食として3年の賞味期限を持つ「カロリーメイトロングライフ」という商品が存在する[5]。これは、企業・自治体の備蓄用の為に販売されている。60箱入りのケース単位で販売され、2本入り箱、チョコレート味が用意されている。ロングライフの栄養成分の構成は、市販のブロックタイプとは一部異なっている。
リキッド
1979年に医療用に開発された濃厚流動食「ハイネックス-R」[6]を、一般消費者向けに改良を重ね誕生した流動食タイプ。過去には缶タイプと呼ばれていたが2019年10月7日に商品がリニューアルされ、「リキッドタイプ」と名称が改められた。1本 (200ml) あたり200キロカロリー。カフェオレ味、フルーツミックス味、ヨーグルト味が販売されている[7]
かつてはミルク味・コーヒー味・ココア味・コーンスープ味や、糖分のデキストリンをマルチオリゴ糖にし、タンパク質を10グラムに増量したニューカロリーメイトも販売されていた(リニューアルされた3種類のリキッドタイプは、タンパク質の含有量が全て10グラムに統一されている)。
ゼリー
持ちやすい小型のゼリー飲料タイプ。飲み口つきのアルミパウチ袋入り。1袋 (215g) あたり200キロカロリー(コンビエンスストア限定で、100キロカロリーのアップル味も販売)。アップル味(2002年9月発売・2016年5月リニューアル)、ライム&グレープフルーツ味(2016年5月発売)が販売されている[8]。なおゼリータイプのみ、ブロックタイプ・リキッドタイプのカロリーメイトには含まれているビタミンCは含有されていない。かつてはフルーティ ミルク味が販売されていた。

過去に生産されていた商品[編集]

スティック
細長い棒状のビスケット。ライトシナモン味(2001年6月発売)、チョコレート味(2002年3月発売)が販売されていたが、共に2004年販売を終了した。

パッケージデザイン[編集]

パッケージデザインは、ポカリスエットのデザインも手がけたライトパブリシティの代表取締役社長でグラフィックデザイナー細谷巌の手による。「Calorie Mate」のロゴは、最初はゴシック体でデザインしてみたが、良いものにならず、ライトパブリシティのタイポグラファー深野匡が書いたブラッシュ・スクリプト体に変えてみたところ、良いデザインができ上がり、それが採用された[9]。タイポグラファーのヘルムート・シュミットが関わったという情報もある[10]。発売後は、文字の太さなど、細かな修正しか加えられていない。なお、赤い文字の部分は、含有されている栄養素が英語表記されている。

CM[編集]

CMや広告では「忙しい人や頑張っている人を応援する人向けの栄養補助食品」としての位置づけを強調したものが多い。発売当時は広告制作プロダクション、ライトパブリシティのコピーライターで現会長の秋山晶がコピーと企画を担当した[11]。CMには王貞治(当時は読売ジャイアンツ監督)が出演していたことで知られる[12]。ほかにも、伊藤淳史が登場した「ワカゾー」シリーズのCMが人気を集めた。最近では、『メタルギアソリッド3』、『絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-』とのコラボレーション企画としてゲーム中に登場したり、『24』をCMで使ったり、『24』のDVDを1枚同梱させたパッケージも販売された。また、『WARROCK』とのコラボもしている。

その他[編集]

番組・出演・愛用など[編集]

架空の設定[編集]

カロリーメイトが登場するコンピュータゲーム[編集]

同様製品・類似品など[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大塚製薬、朝食として栄養調整食品の摂取が脳活動を高めることを脳科学的見地から確認。 - livedoorニュース
  2. ^ 松原末佐,今村裕行,国方和宏,今井優,皆吉正博「シンクロナイズド・スイミング選手の減量に関する研究―特別オリンピック強化対象選手を対象として―」『理学療法のための運動生理』第5巻第4号、理学療法科学学会、1990年、 175-180頁、 doi:10.1589/rika1986.5.175
  3. ^ 新井由季,玉田喜一,佐藤幸浩,和田伸一,田野茂夫,花塚和伸,大橋明,菅野健太郎 (2005) (日本語), カロリーメイト缶®を用いた胆嚢収縮能超音波検査, 一般財団法人 日本消化器病学会, doi:10.11405/nisshoshi.102.1412 
  4. ^ a b これまでの歩み | カロリーメイトについて | カロリーメイト公式サイト | 大塚製薬” (日本語). www.otsuka.co.jp. 2020年6月13日閲覧。
  5. ^ ロングライフ | 製品情報 | カロリーメイト公式サイト | 大塚製薬” (日本語). www.otsuka.co.jp. 2020年6月13日閲覧。
  6. ^ 誕生秘話 | カロリーメイトについて | カロリーメイト公式サイト | 大塚製薬” (日本語). www.otsuka.co.jp. 2020年6月13日閲覧。
  7. ^ リキッドタイプ | 製品情報 | カロリーメイト公式サイト | 大塚製薬” (日本語). www.otsuka.co.jp. 2020年6月13日閲覧。
  8. ^ ゼリータイプ | 製品情報 | カロリーメイト公式サイト | 大塚製薬” (日本語). www.otsuka.co.jp. 2020年6月13日閲覧。
  9. ^ 細谷巌 『イメージの翼2・GAN HOSOYA ART DIRECTION』旺文社 1988年
  10. ^ 【デザインを学ぶ学生・社会人の方必見】ヘルムート・シュミット氏講演会+展覧会 - 東洋美術学校 TOPICS
  11. ^ 秋山はこの他に米・フロリダ州ケネディ宇宙センターを舞台に、宇宙飛行士やそこで働くスタッフを題材にしたCMを企画。宇宙空間で活動しながらも、栄養を手軽に取れるという点を強調した「テクノ食」というコンセプトでCMを撮影した。このCMで秋山は「1991年、きわめて普通の食事になっているだろう」というメッセージを入れたが、その後の社会の繁忙化に伴い、それは現実のものとなった。
  12. ^ 「昭和40年男」 Vol.29 2015年2月号 p.106-109
  13. ^ 平祐奈、桜並木道を“青春”ダッシュ”. ORICON (2015年4月18日). 2015年4月20日閲覧。
  14. ^ “藤巻亮太、カロリーメイト新CMでタブゾンビ迎え「3月9日」セルフカバー”. 音楽ナタリー. (2016年11月30日). http://natalie.mu/music/news/211239 2016年11月30日閲覧。 
  15. ^ 外国人初の女流棋士カロリーナ女流1級がカロリーメイトとコラボ「日本語的にはダジャレと…」”. Sponichi Annex (2018年4月3日). 2018年4月5日閲覧。
  16. ^ “米津玄師、本人出演の「カロリーメイト」CMで新曲初公開”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2020年7月29日). https://news.dwango.jp/music/52263-2007 2020年7月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]