藤巻亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤巻 亮太
出生名 藤巻 亮太
生誕 (1980-01-12) 1980年1月12日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 山梨県東八代郡御坂町(現笛吹市
学歴 前橋工科大学工学部
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2000年 -
レーベル OORONG RECORDS(2000年~2013年)
SPEEDSTAR RECORDS
(2014年~)
事務所 烏龍舎(〜2018年)
共同作業者 レミオロメン
吉井和哉
藤巻亮太
YouTube
チャンネル
活動期間 2014年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約1万500人
総再生回数 約375万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月15日時点。
テンプレートを表示

藤巻 亮太(ふじまき りょうた、1980年1月12日 - )は、レミオロメンボーカルギター。ほぼ全ての楽曲の作詞作曲をしていた。山梨県東八代郡御坂町(現笛吹市)出身。既婚。 身長172cm。

人物、エピソード[編集]

レミオロメンではボーカルギターをしている。また楽曲の全ての作詞とほぼ全ての楽曲の作曲をしている。

結成後、レミオロメンというバンド名を決める際のジャンケンで一番に勝ち、当時「OK Computer」や「Kid A」で高い評価を得ていたイギリスのロックバンド、レディオヘッドの頭文字「レ」をとった。

永遠のスターはTHE YELLOW MONKEY吉井和哉である。これは藤巻がコンビニでバイトしていたころ店内でよくTHE YELLOW MONKEYの楽曲が流れていたためであると2007年3月30日放送の僕らの音楽で公言している。また、コラボレーション・ゲストに吉井を希望し「楽園」を2人で歌い初の共演を果たした。その後2009年8月15日にはJ-WAVE LIVE 2000+9(2日目)にトリとして出演後、アンコールで同日出演した吉井をステージに招き「JAM」を熱唱した。その他雑誌等で対談もしている。

非常に多くのギターを所有しておりライブでは楽曲に合わせてしばしばギターを交換している。主に使用されるのはフェンダー・ストラトキャスターフェンダー・ジャズマスターリッケンバッカーエピフォン・カジノグレッチなど。

30歳になる前に富士山に登頂したいと地元山梨山中湖で開催されたSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009のライブ出演の2日前に富士登山し登頂した[1]

ヒット曲である粉雪をリリースした頃は右目にかかるほどの長めのアシンメトリーであった。

初めて友達とセッションしたのはユニコーンの「すばらしい日々」。これが音楽の世界にはまっていくきっかけになった[2]。初めて作った曲のタイトルは「コンクリート」[3]。大学在学中「ライン」というバンドを組んでいた。

高校時代に購入したギブソン・レスポールをライブで使用することがある[4]。落ち着く時間は「吉田拓郎の曲を聴いている時」[5]

登山家野口健と雑誌の対談をきっかけに交流を持ち、富士山の清掃活動に参加し、2010年の年末から翌年にかけてヒマラヤ登山を共にした[6]。2011年2月5日放送のフジテレビミュージックフェアでヒマラヤの登山についてのコメントを行った[7]。また、東日本大震災後、「歌の炊き出し」を幾度か行い、そのときに出来た「光をあつめて」で2012年2月29日にソロデビューすることが2011年12月6日に発表された[8]。なお、2014年10月からSPEEDSTAR RECORDSに移籍している。

2018年5月31日にこれまで所属していた烏龍舎からの独立を発表。同年10月7日に自身初の主催フェス「Mt.FUJIMAKI 2018」を地元山梨にて開催。

2019年4月3日、レミオロメン時代の曲を、アコースティック中心のアレンジでセルフカバーするアルバム「RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010」をリリース。4~6月、弾き語り全国ツアー「藤巻亮太“In the beginning”」を開催。同年6月14日、 公益財団法人 日本オリンピック委員会主催「オリンピックコンサート2019」にてゲストアーティストとして「粉雪」「もっと遠くへ」「3月9日」を歌唱。6月26日、サントリーウイスキー「角瓶」TV-CMソング「ウイスキーが、お好きでしょ」、8月7日「僕らの街」(NEXCO中日本CMソング)を配信限定リリース。9月29日には2回目となる自身主催の野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI 2019」を、山中湖交流プラザきららにて開催した。

2020年1月11日、テレビ東京系『ウルトラマン クロニクルZERO&GEED』オープニング主題歌「Heroes」を配信限定リリース。1月29日、BUCK-TICKトリビュートアルバム『PARADE III ~RESPECTIVE TRACKSOF BUCK-TICK~』に参加。(M13「JUST ONE MORE KISS」)2月25日~29日には初の5日間連続公演「RYOTA FUJIMAKI 紀伊國屋サザンシアター 5days 『Back to the Music!!!』」を紀伊國屋サザンシアターにて開催。7月5日には配信ライブ「ON YOUR LIVE 2020」を開催した。9月3日、2020年初の3ピースバンド編成での配信ライブ『THANK YOU aLIVE 2020 ~The Music Runners~』を開催。10月4日、【特別コラボ】『春風亭一之輔・藤巻亮太 二人会 ~芝浜粉雪~』を人見記念講堂にて開催。11月11日、デビュー20周年を迎える中島美嘉とタッグを組んだ周年記念スペシャル企画ソング『真冬のハーモニー』を先行配信。12月1日、サントリーホールにて Ryota Fujimaki 『The Premium Concert 2020』を開催した。

2021年、震災復興支援ラジオでの共演がきっかけで誕生した川嶋あいとのコラボレーション楽曲「どうにか今日まで生きてきた feat. 藤巻亮太」を3月12日に配信リリース。10月2日に第4回「Mt.FUJIMAKI 2021」を山中湖交流プラザきららにて開催[9]

ディスコグラフィ[編集]

2012年2月29日にシングル「光をあつめて」でソロデビュー。

シングル[編集]

リリース日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2012年2月29日 光をあつめて AVCO-36072 19位
2nd 2012年8月15日 月食/Beautiful day AVCO-36076 (数量限定生産盤) 32位
3rd 2014年12月17日 ing VICL-37001 36位
4th 2015年12月16日 大切な人/8分前の僕ら VICL-37288 42位

配信限定シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 備考
1st 2014年10月1日 アメンボ デジタル・ダウンロード 山梨放送開局60周年記念映画「太陽の坐る場所」主題歌
2nd 2016年5月11日 go my way 日本テレビ系アニメ「エンドライド」エンディングテーマ
3rd 2019年6月26日 ウイスキーが、お好きでしょ サントリーウィスキー「角瓶」CMソング
4th 2019年8月7日 僕らの街 NEXCO中日本 中部横断道 新清水JCT~富沢IC開通 CMソング
5th 2019年9月11日 Summer Swing 「Mt.FUJIMAKI」テーマソング
6th 2020年1月11日 Heroes テレビ東京系「ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED」オープニング主題歌
7th 2021年9月11日 まほろば サントリー天然水「北アルプス」テーマソング

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル 規格品番 規格 最高位
1st 2012年10月17日 オオカミ青年 AVCO-36074/B - C (初回盤)
AVCO-36075/B (初回盤)
AVCO-36077/B(通常盤)
AVCO-36078(通常盤)
2CD+DVD
2CD
CD+DVD
CD
12位
2nd 2016年3月23日 日日是好日 VICL-65039 CD 22位
3rd 2017年9月20日 北極星 VICL-64845(初回盤)

VICL-64846(通常盤) 

20位

ミニアルバム[編集]

リリース日 タイトル 規格品番 規格 最高位
1st 2015年5月13日 旅立ちの日 VIZL-844(初回盤)
VICL-64444(通常盤)
CD+写真
CD
16位

セルフカバーアルバム[編集]

リリース日 タイトル 規格品番 規格 最高位
1st 2019年4月3日 RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010 VICL-65156 CD 17位

参加作品[編集]

  • JAPAN UNITED with MUSIC「All You Need Is Love」(2012年3月7日)
  • デビュー20周年を迎える中島美嘉とタッグを組んだ周年記念スペシャル企画ソング「真冬のハーモニー」(作詞・作曲:藤巻亮太)(2020年11月11日 先行配信)
  • 震災復興支援ラジオでの共演がきっかけで誕生した川嶋あいとのコラボレーション楽曲「どうにか今日まで生きてきた feat. 藤巻亮太」(2021年3月12日に配信)

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 曲名 備考
2012年 柿本ケンサク 光をあつめて
竹内スグル 月食
袴田晃司 オオカミ青年
2014年 柿本ケンサク ing
2015年 高木聡 旅立ちの日
大久保拓朗 大切な人
菱川勢一 8分前の僕ら
2016年 日日是好日
go my way
2017年 イケダケイ 北極星
3月9日
2019年 ムラカミタツヤ 僕らの街
Summer Swing
2021年 広瀬奈々子 / 津野愛 まほろば

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
3月9日 大塚製薬カロリーメイト」のCMソング(セルフカバー)[10]
アメンボ 山梨放送開局60周年記念作品 映画「太陽の坐る場所」主題歌
Beautiful day 学校法人モード学園 総合メディカル学園(首都医校/大阪医専/名古屋医専)CMソング
8分前の僕ら ネスレ「KIT MUSIC」第一弾ソング
大切な人 NIVEAブランド” 2015年TV-CMソング
おくりもの AOKIフレッシャーズTV-CMソング
優しい星 三井アウトレットパーク ウインターセール篇」TVCMソング
go my way TVアニメ「エンドライド」エンディングテーマ
北極星 リブ・マックス ホテルズ&リゾート」TVCMソング
LIFE ツール・ド・東北』公式テーマソング
ウイスキーが、お好きでしょ サントリーウィスキー「角瓶」CMソング
僕らの街 中部横断自動車道 新清水JCT~富沢IC間 開通記念TVCMソング
Heroes テレビ東京系「ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED」オープニング主題歌
この道どんな道 TBS駅伝(プリンセスクイーンズニューイヤー駅伝)テーマ曲

レギュラー[編集]

ラジオ[編集]

  • 野口健×藤巻亮太のROCK THE EAHTH!(TOKYO FM、2014年7月 - 9月)
  • 藤巻亮太の日日是好日 (JFN系列各局、2016年4月 - 2018年9月)
  • J-WAVE開局25周年 復興支援ラジオ番組「Hitachi Systems HEART TO HEART」(株式会社日立システムズ提供) 7代目ナビゲーターに就任。(2019年4月~2020年3月)
被災地を取材する中で感じた想いと、現地の人々の願いを一つに紡ぎ、楽曲「大地の歌」を書き下ろし、2020年3月11日にJ-WAVE『GOOD NEIGHBORS』で初披露。

連載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ SUMMER LIVE "STAND BY ME"
  2. ^ FM802『MUSIC FREAKS』、2003年10月12日 FM802藤巻亮太ラジオ
  3. ^ J-WAVE『TOMORROW』、2007年3月13日
  4. ^ レミオロメン『TOUR 2008"Wonderful & Beautiful"』、ビクターエンタテインメント、2008年5月14日。
  5. ^ FLYING POSTMAN PRESS 2008年1月号、2頁
  6. ^ 【エンタがビタミン♪】レミオロメン藤巻亮太、正月に野口健とヒマラヤ登山していた。大自然で奇跡のライブも。 ライブドアニュース(2011年01月27日)、2011年2月7日閲覧。
  7. ^ ミュージックフェアのバックナンバー(2011年2月5日放送) フジテレビ、2011年2月7日閲覧。
  8. ^ 公式サイト「藤巻亮太 2012年2月ソロデビュー決定!」
  9. ^ "藤巻亮太、10月に故郷・山梨で「Mt.FUJIMAKI」フェス". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 June 2021. 2021年6月20日閲覧
  10. ^ “藤巻亮太、カロリーメイト新CMでタブゾンビ迎え「3月9日」セルフカバー”. 音楽ナタリー. (2016年11月30日). http://natalie.mu/music/news/211239 2016年11月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]