サントリー角瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サントリー角瓶
Suntory Kakubin.jpg
サントリー角瓶
(黄角、2007年-2016年まで発売された仕様)
基本情報
種類 ウイスキー
(ブレンデットウイスキー)
度数 40%
(黄角、白角共に)
主原料 モルトグレーン
原産国 日本の旗 日本
製造元 サントリースピリッツ
販売元 サントリー酒類(二代目)
詳細情報
テンプレートを表示

サントリー角瓶(サントリーかくびん)は、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーブランドの一つである。

同社の前身である、寿屋時代の1937年(昭和12年)に発売され、専用ガラスの独特な亀甲模様と角ばった形が特徴で、角型あるいは角ばった瓶であることから「角瓶」「角」と通称され[1]、のちに正式な製品名として「角瓶」の名が採用された。21世紀現在の今日でも販売の続く、ジャパニーズウイスキーの長寿製品である。

歴史[編集]

前史[編集]

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎スコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ(後のニッカウヰスキーの創業者となる)竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、「白札」(その後のサントリーホワイト)を発売した。発売時のフレーズは「断じて舶来を要せず」という意気軒昂なものであった。

しかし、ウイスキーの味に馴染みのなかった当時の日本人からは、白札は「煙臭い」等と言われ受け入れられなかった。市場での失敗の原因は、消費者の舶来指向とウイスキー市場そのものの成熟度の低さに加え、経験不足のまま製造された初期の「白札」はピート臭が強すぎる(いわゆるスモーキー)傾向があり、飲みにくい酒になってしまったことであった。当時、原酒の熟成度やブレンディングの研究が十分でなく、ゆえに竹鶴は改良の猶予を求めたものの、ウイスキー事業が資本投下のみで収益を上げられない状態が続き、経営に差し支えるため鳥井はウイスキー発売に踏み切らざるを得なかったのである。また翌年1930年(昭和5年)には廉価版ウイスキーとして、「赤札」(その後のサントリーレッド)を発売するが、これも売れ行きは芳しくなく途中で販売中止を余儀なくされることになった。

この頃から鳥井と竹鶴のスタンスの違いは明白になってきていた。本格的ウイスキーの国産化という基本目標は共通していたものの、酒蔵の息子として産まれた職人肌の技術者で、本場流スコッチウイスキーの再現に強くこだわる竹鶴の姿勢に、薬種問屋の丁稚上がりで広告戦略にも長けた経営者の鳥井は、必ずしも全面的賛同はしていなかったのである。

実のところ、鳥井は全く採算の取れないウイスキー事業を「身を削りつつ」維持し続けていた。当時の寿屋の主力商品「赤玉ポートワイン」(その後の赤玉スイートワイン)での収益は、その多くがウイスキー事業での赤字で損なわれ、サイドビジネスとして実績を上げつつあった喫煙者向け歯磨き粉「スモカ歯磨」の製造権・商標を売却してしのいだほどであった。この現実が竹鶴の理想論と合致しないのはやむを得ないことであった。

その失敗で得た経験を踏まえながら、鳥井は竹鶴に長男・鳥井吉太郎をウイスキー製造の責任者として、教育を任せると共に、休むことなく原酒の仕込みを続けてゆく。ピートの焚き方、蒸溜の仕方など試行錯誤を繰り返しながら、1932年(昭和7年)には「サントリー十年ウヰスキー 角瓶」を発売、1934年(昭和9年)の竹鶴の契約満了に伴う退社[2]を経て、鳥井はウイスキー製造の方針を根本的に改めることになる。それは、ウイスキーとしての十分な品質を達成しながら、日本人にも受け入れやすい味とし、なおかつ収益を上げられる商品の開発だった。1935年(昭和10年)には「サントリー特角」を発売し、徐々に手応えをつかんでゆく。

角瓶の発売と成功[編集]

2015年2月に数量限定で販売された「サントリーウヰスキー12年 復刻版」。1937年に発売された味とデザインのボトルを再現している(ただし、細部は若干異なる)

「白札」から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウヰスキー12年」が発売された。のちに「角瓶」と呼ばれるウイスキーである。竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。

鳥井が幾度もピートの炊き方を変え、原酒のブレンドを試行錯誤し完成させた原酒を東京・銀座のバーなどで店主にテイスティングしてもらいヒントを仰ぐなどの努力を重ね、誕生させたスモーキーな原酒が評価されると共に、かつ山崎蒸留所で仕込み続けた原酒が熟成を迎えたことなどが功を奏し、これが失敗したら寿屋は倒産しかないという危機的状況下であったが、おりしも日本が戦時体制に突入しつつあり舶来ウイスキーが輸入停止になったこともあり、「角瓶」は好調に売り上げを延ばしてゆく。苦節を重ねた末、鳥井の初志がついに実現する運びとなった。損失を重ねていた寿屋のウイスキー事業は、この「角瓶」が軌道に乗ったことで抱えた損失を一掃するほどの成功を収める。

そして当時、日本海軍[3]への大量納入に成功、「海軍指定品」となったことも大きな助けとなった。巨大な軍需販路を得ただけでなく、軍需品という理由で統制厳しい太平洋戦争当時でも原料となる穀物等の供給を受けられたのである。なお角瓶は海軍だけでなく日本陸軍でも愛飲されており、一例として発売開始から約1年半後の1939年(昭和14年)5月、陸軍糧秣廠関東軍野戦酒保用として大量に送付した嗜好品の品目の中に「サントリーウヰスキー(角瓶)」の名で四合瓶9,600本がある(「サントリーウヰスキー(丸瓶)」4,800本とともに)[4]

この勢いを駆って1940年(昭和15年)には、さらに上級のブレンデッド・ウイスキーオールド」を完成させたが、戦時下の折、当局より贅沢品と識別され販売許可は下りることなく、発売は戦後の1950年(昭和25年)まで遅れることとなった。

その間、角瓶はサントリーの最上級ウイスキーとして市場にブランドイメージを築いた。戦時中に陸海軍に従軍し戦地で「角瓶」に遭遇、日本製とは知らずにウイスキーの味を覚え、戦後に帰国して国産ブランドと知った出征者も多いという。

定番商品として定着[編集]

専用ジョッキに入った「角ハイボール」

発売当時の名称は「サントリーウヰスキー12年」だったが、原酒の一部に12年物を使っていただけであり、スコッチなどの規準に比してもやや誇大気味の名称であることから、長くは使われていない。

一方、その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」・「」の愛称が定着し[1][5]1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。

原酒使用率が高いため、当時の日本の税制では特級ウイスキーの区分に含まれたが、高級酒扱いの「オールド」に比べ、やや求めやすい価格であったこともあって固定ファンを獲得し、定番商品として根強い支持を得ることになった。この間にも、蒸留所の整備やサントリー自社によるグレーンウイスキー生産の開始などによって、品質やブレンディングの改良が継続された。

1989年(平成元年)4月のウイスキーの等級廃止と税制改正に伴う日本でのウイスキー価格の大幅低下に伴い、1990年代以降は大衆酒と言って良い程度に価格が低下し[6]、国産大衆ウイスキーの市場で広く普及している。それでも発売当時より現在まで続く瓶の形と、ブレンドに若干の変化はあったものの適度な香りを持った味は今日まで継続されて一般にも親しまれており、ジャパニーズウイスキーの代表的存在となっている。

価格低下に伴う普及に合わせ、本来の「角瓶」である「黄角」以外の姉妹商品も展開されるようになった。1992年(平成4年)には、ホッグスヘッド樽で熟成された白州蒸溜所産のモルト原酒をキーモルトとしてブレンドし、尚且つ辛口でスッキリとした味わい(発売当初[7])を持つ「白角」、1999年(平成11年)には、芳醇でマイルドな「味わい角瓶」、さらに2007年(平成19年)には「味わい角瓶」に代わり、アルコール43度でパンチョン樽で熟成された山崎蒸留所産のモルト原酒をキーモルトとしてブレンドされ、近年の「オールド」に似た風味も感じるリッチな飲みごたえの「角瓶<黒43°>」が投入され(2016年4月を以って終売)、更に2013年(平成25年)には「角瓶」の上級品としてスクエアボトルに青ラベルの「新プレミアム<43°>」が投入された(先述の黒角同様、2016年4月を以って終売)。2014年(平成26年)現在も共通の亀甲ボトルを用いたこのラインナップで販売が続いているほか、業務用・ヘビーユーザー向けの大型ボトル(ガラス瓶・ペットボトル)も用意されている。

その一方でサントリーでは、低迷傾向にあった日本のウイスキー市場での販売増を目指し、2008年からは「角瓶」をソーダで割って飲むハイボールの普及・宣伝活動を開始・注力しており、この結果、全国的な「角ハイボール」ブームが起こり、2008年・2009年と2年連続で同社のウイスキー出荷量が前年を上回るという成果をあげている[8]。そのブームは2010年6月以降には原酒不足の懸念から出荷量を調整する必要が生じたほどである[8]

その他[編集]

  • ラベルのシンボルマークとして長年使われたサントリーのシンボル「向獅子マーク」は、1990年代にサントリーのCI導入に伴い、社章として一時期使われた「」の字を図案化したマークに変更される[9]が、2007年の商品リニューアルから「向獅子マーク」が復活した。
  • アルコール度数は、最初の角瓶が発売された1937年から1990年代初頭まで、43度[10]を継続していたが、それ以降はハードリカーの売り上げ低迷などもあり、現在アルコール度数は40度で販売されている。ただしアルコール度数が40度では、味的に薄く、物足りないと感じる層も多いため、こうした層に向けて2007年より「角瓶<黒43°>」が誕生した。
  • 北海道では「角サン」とも呼ばれ、サントリーも北海道に限り営業宣材で「角サン」の愛称を使用している。「サン」はサントリーを略したものである。
  • 1960年代には、似たようなボトルデザインの製品として、三楽オーシャン(現・メルシャン)から「三楽オーシャンウイスキー・ブライト」という製品が発売されていた。角瓶が当時のランクで特級だったのに対し、ブライトは2級品だったことや、当時の洋酒愛好家から批判が相次ぎわずか1年足らずで消えている。
  • 1975年から1977年にかけて全国紙にて広告展開され、1980年代に起きたコピーライターブームの中から登場した仲畑貴志サン・アド在籍時代に同製品のコピーを数多く手掛け、これまでに「娘の帰りが遅い夜」・「角÷H2O」・「新發賣 昭和拾弐年・角」などの広告を残している(仲畑自身はこの広告で自身のコピーセンスを磨いたことなどから、本人曰く「僕のミルク」であるとも言っている)。
  • 2012年4月からはBS-TBSで放送の提供番組「ハイボール万歳」が始まった。出演は細川茂樹武田修宏塚地武雅。「角ハイボール」のある酒場を紹介する番組[11]である。

CM[編集]

角ハイボール[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 東京高裁 平成14年(行ケ)第581号 平成15年8月29日判決 (PDF)
  2. ^ その後北海道余市町に居を構えた竹鶴は、大日本果汁株式会社(後のニッカウヰスキー)を設立し、サントリーとは異なった個性あるウイスキー造りに邁進することになる。
  3. ^ 日本海軍は、英国海軍をその草創期から手本にしていたため、海軍士官の嗜好酒にはウイスキーが多く用いられていた。
  4. ^ 陸軍省衣糧課 「野戦酒保品追送ニ関スル件(陸満密第二三七号)」 1939年5月2日、アジア歴史資料センター Ref.C01003450900
  5. ^ これについては寿屋が、現在の角瓶である「サントリーウヰスキー12年」が発売される前に、1932年(昭和7年)に「サントリー十年ウヰスキー 角瓶」や、1935年(昭和10年)に「サントリー特角」といったウイスキーを発売していたことから、世間一般で「角瓶」「角」との呼び名がつく前に、すでに寿屋がその「角」という愛称をつけていたという説もある。
  6. ^ しかし、近年では世界的なウイスキーブームと度重なる原酒不足の影響により角瓶もその例にもれず2016年4月より1984年以来、約32年ぶりに値上げされる結果となり、2017年3月現在の時点での市場実売価格は700ml瓶で1,200円-1,300円程度となっている。
  7. ^ 2016年4月の全面改良より「CLEAR & SMOOTH」をコンセプトに大幅にブレンドが見直されたため、当初から持っていた「淡麗辛口」のコンセプトから路線変更されることとなった。
  8. ^ a b 顧客のインサイトをつかめ!第1回 「取りあえずハイボール」成功の裏に三重苦の克服日経情報ストラテジー』2010年10月号掲載、日経BP・ITproウェブサイト2011年8月8日掲載。
  9. ^ ちなみに2017年現在のサントリーの商品でラベルの意匠に「響」マークが採用されているのは「ドライジン エクストラ」と「ドライジン スムーズ」だけとなっている(サントリードライジン エクストラ 720ml/サントリー ドライジン エクストラ キングサイズ 1800ml/サントリー ドライジン スムーズ 720ml)。
  10. ^ 詳しくは同頁参照。
  11. ^ 当初は「角ハイボール」のある酒場のみの紹介だったが、後に「ジムビームハイボール」のある酒場も紹介されるようになった。
  12. ^ この他鹿賀が出演した同じCMのシリーズに、鹿賀がベッドの上で映画を見ながら、角瓶を飲む「映像&ウイスキー」や、ある女性と電話で話をしている鹿賀が「俺の角瓶は…どうなっているんだ!」と叫ぶサスペンス風に撮られた「電話&ウイスキー」のシリーズCMがある。
  13. ^ その年の年末では再びゴスペラーズに戻っている。
  14. ^ 2017年12月まで起用。
  15. ^ 〜「角ハイボール」新TV-CM〜 新イメージキャラクターに井川遥さん『いらっしゃいませ』篇 2月7日(金)オンエア開始 2014.1.29 ニュースリリース(2014年1月29日)、サントリー酒類、2014年2月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 横山眞理子「鳥井信治郎」『実録 創業者列伝II』学習研究社、2005年、ISBN 4-05-603782-5

外部リンク[編集]