鉄骨飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鉄骨飲料
種類 清涼飲料水
製造元 サントリーフーズ
販売元 サントリーフーズ
発祥国 日本
販売開始 1989年
公式サイト SUNTORY 鉄骨飲料
テンプレートを表示

鉄骨飲料(てっこついんりょう)は、かつてサントリーフーズ株式会社から発売されていた清涼飲料水である。

概要[編集]

鉄分(鉄化合物)、カルシウム(カルシウム化合物)、およびCPP(カゼインホスホペプチド)を配合した、特定保健用食品である。

歴史[編集]

1989年の発売開始から1年間で1億5000万本以上が販売された。鷲尾いさ子が出演するテレビCM第1弾が話題となり、以後も新しいバージョンが作られ放映された。また、CMに使われていたオリジナル曲をフルコーラスアレンジした曲である『鉄骨娘』が1990年CDカセットテープビデオテープとして販売され、1990年9月末までにCDとテープは合計で約14万枚[1]、ビデオテープは約1万4000本[1]の売り上げとなった。

1995年には、当時の厚生省から特定保健用食品としての標示許可を受けた。また味も改良され、ラベルデザインも金色を配したものに変更された。

1999年にもリニューアルが行われる。味が改良されるとともに、ラベルから金色が無くなり、発売開始当初に近い配色となった。

2010年3月に約11年ぶりとなる改良が行われた。容器がガラス瓶からペットボトルに変更された。また容量が120mlから200mlに増量され、カルシウム含有量が200mgに増量された。このリニューアルに伴い、約20年ぶりにテレビCMを行うこととなり、2010年3月30日に放送が開始された[2]。CMの制作にあたっては、1989年当時のCMの制作スタッフが再び携わることとなった。このCMでは、当初のCMの独特の世界観を受け継いでおり、歌詞には変更がなされている。また登場人物には『鉄骨女神』という呼称を用いており、『鉄骨女神』は弥生が演じている[2][3]

CMソングのCD[編集]

姉妹商品[編集]

本商品が最初に話題となっていた当時は、清涼飲料の味を付けた飴が並行して販売されることが多く、パッケージのデザインを同じくした「鉄骨飴」という姉妹商品も販売されていた。こちらも鉄分が入っており、またグレープフルーツ味であった。

関連する商品[編集]

1991年には、名前に同じ語感をもつ商品として「熱血飲料」が当社より発売された。CMソングには、前述の鉄骨飲料のCMソングで作詞・作曲・編曲を手掛けた東京バナナボーイズの「熱血キッドの唄」が使用され、同曲もCD化された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「商品名を連射 CMソングのパワー再び」『日経流通新聞』1990年10月23日付、28頁。
  2. ^ a b 「サントリー 鉄骨飲料」新TV-CM「そろそろ鉄骨」篇オンエア開始 “あの鉄骨飲料CM”が約20年ぶりに復活! 新・鉄骨女神は、弥生さん!! サントリー食品株式会社 ニュースリリース 2010年3月24日(2010年4月20日閲覧)
  3. ^ “「鉄骨飲料」CMが20年ぶりに復活! 現代版は小雪の姉・弥生が歌い踊る”. オリコンスタイル. (2010年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/74630/full/ 2013年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]