ダイエット生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダイエット生
基本情報
種類 発泡酒
度数 3.5%
主原料 麦芽ホップ
副原料 大麦糖類酸味料クエン酸K甘味料アセスルファムKスクラロース)、苦味料(発売当初はガルシニアも使用されていた)
原産国 日本
製造元 サントリー酒類
販売元 サントリー酒類
詳細情報
テンプレートを表示

ダイエット生(ダイエットなま)は、サントリー(現・サントリー酒類)から発売されていた低カロリー発泡酒の一つ。2001年10月販売開始。2012年3月製造終了[1]

概要[編集]

2001年10月10日に発売開始され、同社製造の発泡酒よりカロリーが50%、糖質が70%、プリン体が50%それぞれカットされている。2000年代初旬は「健康志向」の機運が高まっていたことで、サントリーは発泡酒で初めて「カロリーオフ」「ダイエット」をテーマにし、味とカロリーオフの両立を実現した当商品を新発売したところ、カロリーオフカテゴリーの初回出荷数で当時の過去最高値を記録し、支持されシェアを伸ばしたこともあり、食品ヒット大賞を受賞した[2][3]

2008年10月7日に、ダイエット〈生〉クリアテイストにリニューアルされたが、2009年12月中旬に再びリニューアルし、うまみと後味のキレを向上させ、名称はダイエット〈生〉のみに戻った。350mlと500mlの缶製品の他に、小瓶(334mlのサントリー専用瓶)でも販売されていた。

しかし、2002年4月に発売された淡麗グリーンラベルとの競争が激化した上、2009年より第三のビールからも機能系商品が登場したことで売り上げが減少し、サントリーは発泡酒事業の縮小方針を示している影響[4]から、2012年3月中旬に製造を終了した[1]

コマーシャル[編集]

発売当初、イメージキャラクターに当時の首相だった小泉純一郎の息子・小泉孝太郎が起用され(後に俵孝太郎爆笑問題木内晶子三瓶と共演)話題を呼んだ。このデビューCMの出演料をめぐっては、小泉純一郎が国会で石井一から「息子が5000万円の出演料をもらったから発泡酒増税を見送ったのではないか。」と追及を受け、それに対して「ウソ言うな!」と反論したというエピソードがある。

2003年からは、川平慈英白石美帆を起用。その後、ルーシー・リュー飯島直子今井美樹福山雅治などが出演した。2009年の市村正親加藤ローサ佐藤隆太[5]の出演していたシリーズ以降、CMは制作されなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ダイエット生”. 発泡酒. サントリー. 2012年5月13日閲覧。 “ダイエット<生>については、3月中旬製造分をもちまして出荷終了となっております。”
  2. ^ 食品ヒット大賞特集:優秀ヒット賞=ダイエット<生>(サントリー) - 日本食糧新聞 2002年2月5日
  3. ^ ビール業界における、発泡酒・新ジャンルの競争 (PDF) - 水越康介(首都大学東京)私的市場戦略研究室
  4. ^ 発泡酒の元祖サントリー、新商品出しません 社長が表明 - 朝日新聞 2012年1月29日
  5. ^ 2010年より競合するアサヒ オフのCMに出演。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]