シンボルマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シンボルマークとは、その家系会社団体個人などを象徴する意匠マーク

スポーツの国際大会などの行事マスコットもこの一種にあたる。古くは、ローマ帝国時代に使った、「魚類」のマーク、騎士旗指物デザインから、家紋などもこれに数えられる。他に、ヨーロッパの古い町では、居酒屋や各種専門店の看板のマーク、デザインなども面白いものが多い。

ヨーロッパには、こうしたものを研究する紋章学という分野もある。

学校でもシンボルマークを定めているところがある。多くの場合、校章にも同じデザインが用いられるが、シンボルマークと校章とで別のデザインを使う学校もある。

さまざまなシンボルマークの例[編集]

都道府県章の一覧

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新装改訂版 CI=マーク・ロゴの変遷』六耀社太田徹也、1997年)

関連項目[編集]