髑髏と骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インド・ムンバイにある髑髏と骨を使用した「高電圧注意」の標識。
海賊旗
EUの標準的な有毒物質シンボル。Directive 67/548/EECの規定

髑髏と骨(どくろとほね、: skull and crossbones)は、人間頭蓋骨を交差させた標識シンボル[1]。「ドクロマーク」「頭蓋骨と交差した骨」とも呼ばれる。

正面に頭蓋骨を設置し、その後ろないし下に大腿骨を交差させたデザインが一般的である。

このデザインは中世後期から、の象徴、特に墓石の記念碑として使用された。現代では、一般に死に至る危険、特に有毒物質であることを警告するハザードシンボルとして使用される[1]

Unicodeには、この記号を表すU+2620 skull and crossbones (HTML: ☠)が実装されている[2]

歴史[編集]

このシンボルは古代から使用されていたものであり、中世の死の舞踏の象徴として広まった。少なくとも12世紀から、軍旗や記章に、それを表示する者の凶悪さを表すものとして使われてきた。それは14世紀以降の海賊行為とも関連していた(海賊旗)。15世紀になると、このシンボルは今日よく知られた形に発展した。

12世紀の発足し1307年に崩壊したテンプル騎士団は、自艦隊に属する船舶を特定するために頭蓋骨の旗を採用した[3]。海賊旗の髑髏と骨は、テンプル騎士団よりも先行する可能性がある[4]

このシンボルは、多くの墓地、特にスペインの墓地の入口の模様として使用された[5]。19世紀以康、毒やその他の危険な液体・粉体の容器に表示される警告としても使われている。髑髏と骨は、18世紀から19世紀にかけて北欧で作られた十字架でもよく使われている。この十字架は、葬儀の際に棺に置かれ、その後、故人の家族に与えられた[6]

1829年に、米国ニューヨーク州において有害物質容器のすべてにこの標識を取り付けるように義務付け[7]られて以来、世界中で用いられるようになり、現在様々なデザインが存在する。

用途[編集]

現在でも危険物ないし毒薬の標識として一般に用いられている。スカル・アンド・ボーンズのような、秘密結社にも利用されている。ブラジル特殊警察作戦大隊のように、警察や軍組織が紋章として利用している例もある。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2620 - ☠
☠
SKULL AND CROSSBONES
💀 U+1F480 - 💀
💀
SKULL
🕱 U+1F571 - 🕱
🕱
black skull and crossbones

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Dictionary and Thesaurus | Merriam-Webster”. Merriam-webster.com. 2018年9月4日閲覧。
  2. ^ Skull and Crossbones Emoji”. Emojipedia. 2017年11月19日閲覧。
  3. ^ Symbolism of the Skull and Crossbones - Otherwise Known as the Deaths Head”. Bibliotecapleyades.net. 2017年11月19日閲覧。
  4. ^ History of the Skull & Crossbones Symbol Used in Poison Warning Signs and Labels”. Mysafetysign.com. 2017年11月19日閲覧。
  5. ^ BLESSED IF I KNOW”. Freepages.genealogy.rootsweb.ancestry.com. 2017年11月19日閲覧。
  6. ^ Blair, Margot. “Rosary Workshop: Rosary - Museum Crucifixes Europe - (Early Latin American) Skulls”. Rosaryworkshop.com. 2017年11月19日閲覧。
  7. ^ Griffenhagen, George B.; Bogard, Mary (1999-11-19) (英語). History of Drug Containers and Their Labels. Amer. Inst. History of Pharmacy. https://books.google.co.uk/books?id=N4N9bsxc2LYC&pg=PA92&dq=skull+and+crossbones+symbol+of+poison&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjhi4jak8vXAhUBJFAKHWuTBqIQuwUIKjAA#v=onepage&q&f=false 2018年2月12日閲覧。.