海賊旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海賊旗

海賊旗(かいぞくき)は海賊として船の乗組員を同定するために掲げられた旗。欧米では「ジョリー・ロジャー(Jolly Roger)」とも呼ばれる。海賊たちは敵を怯えさせたり、降伏しないと危害を加えると言うメッセージを相手に伝えるために使用していた[1]

デザイン[編集]

「ジョリー・ロジャー」は、黒地に頭蓋骨と、交差した2本の大腿骨(髑髏と骨参照)というデザインである[2]。元々こういったシンボルは、墓石芸術に見られるもので、17世紀末~18世紀初期には存在していた[3]。また、様々なデザインが存在するが、どれも死を連想させるものであった[1]

ジョン・ラカム等は骨の代わりにカットラスを交差させたデザインを用いていたほか、黒髭砂時計を持った骸骨をモチーフにしていた

語源[編集]

「ジョリー・ロジャー」の語源は正確にはわかっていない。遡れる限りでの初出は1724年に出版されたチャールズ・ジョンソンの『海賊史』である。その中でジョンソンは1721年バーソロミュー・ロバーツ1723年フランシス・スプリッグスという海賊がそれぞれの旗を「ジョリー・ロジャー」と名づけたと引用している。ただし、両者の旗とも髑髏のデザインではなかったとされる。リチャード・ホーキンスが1724年に海賊に捕らわれた際、彼らが髑髏の旗を掲げており、それを「ジョリー・ロジャー」と呼んでいたと記している[4]

有力な説は2つ存在しその内1つは、船乗りが戦闘をする際に掲げる赤旗、フランス語でジョリールージュという言葉が英語になったもの、と言う説で、2つ目が悪魔を表す俗語「オールド・ロジャー(Old Rojer)」に関連するという説である[1]


慣例[編集]

テロ対策訓練で海賊旗を掲げテロリスト船を演じるびざん型巡視船「かりば」。

1700年カーボベルデ諸島で海賊エマニュエル・ウィン英語版が使用していた黒地に交際した骨、頭蓋骨、砂時計という旗がジョリー・ロジャーの最初の目撃例である[1]。また、海賊を処刑する絞首台の上にも海賊旗が掲げられるように定められていた[5]


現在の日本では、海上保安庁水上警察のテロ取締訓練に登場する「テロリスト」役の船が海賊旗を掲げる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d クーン、(2013)、p189~191
  2. ^ ジョリー‐ロジャー【Jolly Roger】 の意味2017年2月閲覧
  3. ^ マーカス、(2014)、p215
  4. ^ マーカス、(2014)、p214
  5. ^ マーカス、(2014)、p7

出典[編集]

  • マーカス・レディカー(著)、和田光弘・小島崇・森丈夫・笠井俊和(訳)、『海賊たちの黄金時代:アトランティック・ヒストリーの世界』2014年8月、ミネルヴァ書房
  • ガブリエル・クーン(著)、菰田真介(訳)、『海賊旗を掲げて:黄金期海賊の歴史と遺産』2013年11月、夜光社

関連項目[編集]